メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

牛乳って健康にいい・悪い?どっち?|牛乳以外で手軽にミネラルを摂るプチテクニック

Kasumi Fujimaki
管理栄養士&1児のママ。大学卒業後、認可保育園にて5年10か月勤務。現在は、子育て応援サークル“papa aina―パパ アイナ―”を主宰。ほっこりできる空間づくりをモットーに子どもの発達に合わせた離乳食や食に関する講座、手作りスイーツ付きのママ会を開催している。最近は、育児や美爪など他分野のスペシャリストの方とコラボして様々なイベントを共催中。マイブームは、プチグルテンフリーと美容、アロマなど。

実は今、牛乳を飲まないという人が増えてきています。

その理由として、

■人間の食性に合っていないこと
■牛乳自体の品質や安全性

といった問題があります。

今回は、牛乳が飲まれなくなっている理由と、
牛乳以外でカルシウムを補うプチテクニックをお伝えしていきます。

牛乳の成分は子牛に合うようにできている!
人間の赤ちゃんには母乳が一番



一般的に母乳といえば、人間の赤ちゃんの飲みものです。

では母乳が人間の赤ちゃんの飲みものならば、
牛乳は誰が飲むものでしょうか?

本質に戻って考えてみましょう。

牛乳の成分は子牛の成長に合うようになっている



牛乳は、牛の乳という文字通り、
牛の赤ちゃんの飲みものです。

人間に限らず、犬や猫などの哺乳類は、
生まれてからしばらくの間、お母さんのお乳を飲んで育ちます。

ですが大人になってからも、お母さんのお乳を飲んでいる動物はいません。

つまり、お母さんのお乳はその赤ちゃんのための飲みものです


ここからの内容は、あなたの中での
「牛乳は身体に良いもの」
という考えを少しの間だけ、頭の隅っこに移していただきたいと思います。

牛乳が牛の赤ちゃんの飲みものだとすれば、
牛乳を人間の子どもや大人が飲んでいるのは少し不自然な感じがします

さらに言うと、牛は何年くらいで大人の牛になるのでしょうか?

乳牛や肉用牛の場合、
生まれてからわずか2年くらい
大人の牛として、妊娠の準備や出荷がされるそうです(※1、※2)。

人間で2歳といえば、どう考えてもひとり立ちできる年齢ではありません。

何がお伝えしたいのかというと、
牛と人間では、大人になるまでの期間が全く違うということです


大人になるまでの期間が違うということは、
母乳の成分や大人になるまでに必要な食べ物も変わってきます。

牛乳は「短期間で身体が大きくなる牛の赤ちゃん」に適しているのです。
ですが、成人するまでに時間のかかる人間にとって適切な飲み物と言えるのでしょうか。

日本人は牛乳を消化しにくい人が多い



私の友人には、牛乳を飲むと上手く消化できずにお腹がゴロゴロするという人がいます。
あなたのまわりでも、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするという人はいませんか?

もし牛乳のアレルギーではないのに、牛乳を飲んだ時に

■お腹がゴロゴロする
■お腹が張る
■下痢や吐き気


などの症状がある場合は、乳糖不耐症の可能性があります。

牛乳には、乳糖という成分が含まれています。
乳糖不耐症とは、乳糖を上手く消化できず、腸にトラブルが起きてしまうことをいいます。

実はこの乳糖不耐症は、日本人に多い症状だということはご存知でしょうか?

日本人はもともと農耕民族だったせいか、
植物性の食文化が根付いており、
体質も動物性のものを消化しにくいという傾向があります。

なぜなら日本人は、
乳糖を分解する酵素が2歳を過ぎると急激に減ってしまうことが原因です。

一方、北ヨーロッパやモンゴルなどの砂漠地方の人は、
家畜の乳を飲む習慣があったので、
2歳を過ぎても乳糖を分解する酵素が残っています


もしあなたが牛乳を飲んで何か不快な症状が出るのであれば、
牛乳を上手く消化できていないのかもしれません。


☆副作用なく効率的にミネラル摂取!ミネリー「飲むミネラル」

日本ではなぜ牛乳を飲まない人が増えているの?



近年、食の安全が見直されつつありますが、
まだまだ心配なことも多いのが現状です。

ではここからは、現在の牛乳を取り巻く問題についてお伝えします。

今の牛乳の栄養成分は、脂質がとても多い!



実は今の牛乳は、
乳脂肪率が高いので牛の赤ちゃんが飲むと、下痢をすることが多いといわれています。

もしかすると、あなたが今朝飲んだ牛乳は「牛の赤ちゃんの内臓が受け付けられない牛乳」だったかもしれません。

「どういうこと?」

と、思われた方のために簡単にお話をさせていただきます。

あなたは、スーパーなどにある牛乳の乳脂肪率を見たことはありますか?
今、世の中に流通している牛乳の乳脂肪率は高いものが多く、
3.6%3.7%程度は当たり前になっています(※3)。

乳脂肪率が高くなったのは、1996年に発覚した全農連の「水増し牛乳事件」が原因です。

名前の通り、牛乳を水で薄めて販売していた事件ですが、
事件をきっかけに一定の乳脂肪率以上でないと質の良い牛乳と認められなくなったのです

酪農家の方たちは、牛乳を売るために乳脂肪率を上げた結果、
牛の赤ちゃんが飲んでも上手く消化できず、
下痢をしてしまうようになったそうです。

このように、草をのんびり食べていた時代の牛とはまるで違う現代の牛乳ですが、
脂質が増えていることで発がんの可能性も指摘されているのです。

こちらの記事もおすすめいたします。
☆癌細胞が消えた!?乳製品断ちで乳がん再発予防?乳製品に含まれるホルモンと癌の関係性とは。人間に牛乳は必要か?
☆「牛乳=健康」の時代は終わった|牛乳神話がもたらした弊害とは? 人工的に搾乳量を増やした結果、完全食からNG食品へと変わった牛乳。

今の牛乳は健康をおびやかす?
動物性飼料や遺伝子組み換え飼料にご注意!



今、牛が食べている餌の安全性が問題になっています。

先ほどお伝えした牛乳の「水増し事件」をきっかけに、
酪農家の方々は、牛乳の脂肪率を高くすることに必死になりました

牛が牧草だけを食べていた時代、
牛乳の脂肪率は高くてもせいぜい3.2%程度で、
さらに不安定なものだったそうです


そこで経営を安定させるために導入されたのが、
動物性飼料遺伝子組み換え飼料でした。

乳牛の餌となる動物性飼料とは?

畜産でよく使われる動物性飼料は、魚粉肉骨粉です。

トウモロコシや大豆かすなどに混ぜられ、濃厚飼料として使われてきました。

BSE事件の後は、飼料の規制が見直されましたが、動物性の飼料自体は今でも使われています。(※4)

遺伝子組み換え飼料とは、

乳脂肪率をあげるためによく使われているのが、綿実です。

アメリカやオーストラリアから輸入される綿は、
ほとんどが遺伝子組み換え作物だといわれています。
日本の綿の自給率はほとんどないので、
輸入飼料に依存しなければいけないのが現状です。

そもそも草食動物の牛が動物性飼料を食べているのは不自然ですし、
安全性に不安が多い遺伝子組み換え飼料を食べているのも不安があります。

そして、その牛からとれた牛乳を飲んでいる私たちの健康がどうなっていくのかは
まったくの未知数なのです。

将来、何世代先にもわたって起こりうる影響がどのようなものになるか、
まったくわからない技術から生まれた植物を飼料として与えることは本当に正しいと言えるのでしょうか?


カルシウムを牛乳以外から効率よく補うには?



日本に昔からある食材の多くは、カルシウムの補給に優れています。

そもそも牛乳が身体に良いといわれるのは、
骨や歯の材料になるカルシウムが豊富に含まれているからです。

今回は日本に昔からある食べ物で、効率よくカルシウムを補う方法をお伝えします。

牛乳は、カルシウムとマグネシウムとのバランスが悪い!
食品から手軽にミネラルを摂るプチテクニック



実は、カルシウムが身体の中で上手く働くには、
マグネシウムの存在が必要です。

どういうことかというと、
カルシウム:マグネシウム=1~2:1のバランスで存在している状態が理想だといわれています。

ちなみに牛乳の場合は、
カルシウム:マグネシウム=11:1
なので、理想のバランスからはほど遠くなっています。

参考までにカルシウムとマグネシウムを多く含む食べものはコチラです。

カルシウムを多く含む食べもの

カルシウムは、大豆や納豆、油揚げなどの大豆製品
小松菜やほうれん草などの青菜
あおさやひじきなどの海藻類などに多く含まれています。

☆食生活の乱れが気になるあなたへ!ミネリーラテシリーズ「スーパーアルカリグリーンエナジー」

マグネシウムを多く含む食べもの

マグネシウムは、アーモンドなどのナッツ類の他に、
カルシウムと同じく大豆や納豆、油揚げなどの大豆製品
あおさやひじきなどの海藻類に多く含まれています。

牛乳以外でカルシウムの補給をしたい方は、
上記の食べ物を意識して食べられることをおすすめします。

また、毎日忙しくて食事をゆっくりとる時間がないという方には、
IN YOU Marketイチ押しの「ミネリーラテシリーズ」をお試しください!

豆乳やアーモンドミルクなど、植物性ミルクにこのパウダーを溶かすだけ。



同じくミネリーブランドの「飲むミネラル」を一緒に混ぜれば、
豊富な植物性ミネラルもプラスされる上、
毎日飲みたくなるような美味しいドリンクに早変わりします!
こんなに手軽でクオリティの高い栄養補給はなかなかありません。
牛乳を飲む習慣の代わりにいかがですか?

☆食事で補いきれないミネラルはこれ1つ!ミネリー「飲むミネラル」

日本人が牛乳を飲まないことは自然な選択



今や私たちが牛乳を飲まない選択をすることは、
人間の食性や牛乳の安全性を考えれば自然なことです。

最後に今回の記事についておさらいをします。

■日本人は、牛乳に含まれる乳糖を消化できない人が多い。
■今の牛乳は牛の赤ちゃんが、下痢するほど乳脂肪率が高い。
■安全性に不安のある飼料が、牛乳の乳脂肪率を高めるために使われている。


新しい考え方は、なかなか世間には受け入れられません。

今までの常識にとらわれず、なぜ牛乳を飲まない人が増えているのか確かめてみましょう。

オーガニック食品やコスメをお得に買えるオーガニックストアIN YOU Market


IN YOU Market

IN YOU Market最強のヴィーガン・サプリメントで毎日が輝きだす!

<1日200円の健康習慣!>ミネラルならこれ1つ。あなたの毎日が輝き始める無味無臭「飲むミネラル」 by Minery(ミネリー)カナダ原生林から誕生!重金属・農薬テスト済|たっぷり2.5-3.5ヶ月分でお得!

¥ 18,225 (税込)

薬膳キノコの力に特化したオーガニックサプリ「スーパーマッシュルームチョコラテ」【単品】|豆乳やアーモンドミルクに溶かすだけの美味しい健康習慣!Minery ミネリーラテシリーズ

¥ 9,300 (税込)

抗酸化に注目したオーガニックサプリ「アロエビタミンCミックスラテ」【単品】|豆乳やアーモンドミルクに溶かして飲む美味しい健康習慣!Minery ミネリーラテシリーズ

¥ 10,500 (税込)

アルカリ性食品に特化したオーガニックサプリ「スーパーアルカリグリーンエナジーラテ」【単品】|豆乳やアーモンドミルクに溶かすだけの美味しい健康習慣!Minery ミネリーラテシリーズ

¥ 11,100 (税込)

毎日続けたくなる!完全オーガニック&ヴィーガンプロテインパウダー【お好きな味を自由に組み合わせ可能!】

¥ 7,290 (税込)

こちらもおすすめです!

「牛乳=健康」の時代は終わった|牛乳神話がもたらした弊害とは? 人工的に搾乳量を増やした結果、完全食からNG食品へと変わった牛乳。

癌細胞が消えた!?乳製品断ちで乳がん再発予防?乳製品に含まれるホルモンと癌の関係性とは。人間に牛乳は必要か?

今もなお牛乳を習慣で飲んでいるあなたへ。その牛乳、まずは3週間辞めてみてください|保健師が教える、牛乳の真実

〈参考〉
・※1:大野ファーム
・※2:独立行政法人 家畜改良センター岩手牧場
・※3:放射能と食品汚染: 輸入食肉・輸入添加物・遺伝子組み換え・・・脅かされる食の安全
・※4:飼料をめぐる情勢 農林水産省

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Kasumi Fujimaki
管理栄養士&1児のママ。大学卒業後、認可保育園にて5年10か月勤務。現在は、子育て応援サークル“papa aina―パパ アイナ―”を主宰。ほっこりできる空間づくりをモットーに子どもの発達に合わせた離乳食や食に関する講座、手作りスイーツ付きのママ会を開催している。最近は、育児や美爪など他分野のスペシャリストの方とコラボして様々なイベントを共催中。マイブームは、プチグルテンフリーと美容、アロマなど。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ