メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

子供のひどい花粉症、今のままでは成長や性格、家族の幸せにまで影響を及ぼすかも? 常識を覆す新発想の情報強者が取り入れる来春を見据えた花粉症対策とは?

今や国民病と言われる花粉症、
どんどん発症時期が低年齢化しています



今や国民の約半数が花粉症と言われる時代。
子供の花粉症も増加しており、しかも発症時期はどんどん低年齢化しています。

少し前までは小学生あたりで発症する子どもが多かったのですが、
近年は3~4歳あたりで発症する子どもが増えているそうです。
また、5~9歳では5人に1人が花粉症を抱えていると言われています。
(参考:鼻アレルギー診療ガイドライン 2016年版)

中には赤ちゃんのうちから花粉症を発症するケースもあり、
まだ自分で鼻もかめずに呼吸がしづらく苦しんでいるのを見ると、
「死んでしまうんじゃないか」と大きな不安にかられることもあります。

小さな子どもがひどい鼻づまりで苦しんで、
ティッシュでかみすぎて鼻がただれたり、鼻血が出たり、
そして、夜もなかなか寝つけずに、
「こんな鼻いやだ!」と泣いている姿を見るのは、
親としては本当に辛いことです。

『代われるものなら代わってあげたい!』

それが、花粉症に苦しむお子さんを持つ親御さんの、率直な気持ちだと思います。

ある日急に発症することも。
小さな子どもほど、こまめな観察が大切です。



春先にピークを迎える花粉症ですが、ある日いきなり発症することも珍しくありません。
「うちの子は大丈夫そうだ」と思っていても毎年注意が必要です!

スギ花粉の飛散する時期(1月下旬~4月)は風邪やインフルエンザと流行時期が重なるので、
なかなか花粉症だと気づかないままでいることもあります。

特に小さな子どもだと、自分の症状を詳しく伝えることが難しいです。
熱がないのにくしゃみ・鼻水が止まらず、目のかゆみを伴う場合は花粉症の可能性が高くなりますので、
この時期は周囲が注意してあげることが大切です。

大人と子どもの花粉症の症状も少し異なります。
一般的な花粉症の症状といえば、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどですが、
子どもの症状の特徴は「鼻づまり」「目のかゆみ」が強く出ることが多いようです。

ひどい症状を放置しても、対症療法を取っても、
結局は子どものみならず家族全体のQOLが低下!


最近はQOL(Quarity of life:単に疾病がないということではなく、
身体的にも精神的にも社会的にも完全に満足のいく状態にあること)
という言葉をよく耳にします。

花粉症の症状がいかに個人のQOLを低下させるかという事実については
すでに多くの研究が行われていますが、

花粉症に苦しむ方であれば、肉体面、精神面、仕事面など日常のあらゆるシーンで、
普段どおりにうまくいかない」というもどかしさを実感しておられるはずです。

花粉症の症状からくる子どもの睡眠不足は影響大!



花粉症になると、鼻づまりや目のかゆみなどから睡眠不足に陥ることはよく知られていますが、
花粉症の子どもが睡眠不足になると、大人よりも深刻な影響があります。

子どもが小学校低学年くらいまでの間は、鼻づまりによって睡眠の質が下がると、
脳や身体の成長に大きな影響を与える恐れがあります。

睡眠不足では成長ホルモンが十分に分泌されないので、
身長がなかなか伸びない、顎や胸郭の発育が遅れる、運動能力が低いなど、身体の発育面での影響や、
集中できない、情緒が乏しい、キレやすい、といった精神面での影響を及ぼします。


特に子どもの脳は、睡眠によって発達しているといっても過言ではなく、
一生を左右することも考えられるのです。

薬を服用しても、QOLが上がるとは限りません



海外で、複数の疾患がそれぞれどのくらいの生産損失を与えるかについて
調査したところ、偏頭痛・気管支喘息・うつ病などの疾患よりも、
花粉症・アレルギー性鼻炎の生産損失額が最も大きかったことが明らかになっています。

また、イギリスの花粉症の学生を対象にした実験では、
その症状そのもの、あるいは薬(脳に移行しやすいと言われる抗ヒスタミン薬)の服用によって、
どれぐらい試験の成績に影響を及ぼすかについて調査が行われました。

すると驚いたことに、試験での成績低下のリスクは、
花粉症の症状そのもので1.43倍、
薬の服用で1.71倍
にもなることが明らかになったんです。
薬で辛い症状が抑えられたように見えても、
実はさらに成績低下のリスクが増加していたなんて、夢にも思いませんよね。

参考:アレルギーi(アレルギーに関する情報サイト)

薬の副作用は免れず、しかも根本的解決になりません

近年では、すでに弊害が明らかになっているステロイド投与というよりも、
新旧の抗ヒスタミン薬(花粉症の症状の原因を引き起こすヒスタミンの作用を弱める)
による症状緩和が主流になっています。

旧世代の抗ヒスタミン薬では、眠くなり、記憶力や計算能力、反応時間が低下することが知られています。
ところが「眠くなりにくい」と宣伝される新世代の抗ヒスタミン薬についても、
副作用がないわけではありません。

添付文書には微量ながらも眠気の副作用(約0.5~2.3%)はあると記載されており、
眠気を感じなくても、判断力や作業効率低下の可能性がある
ことは否めませんし、
服用によって脳の満腹中枢への刺激がなくなり、グレリンといわれるホルモンの分泌が減るため、
過剰に食べてしまい、体重増加につながる可能性も指摘されています。

また、医師の処方箋がなく自分でドラッグストアに行って花粉症薬を選ぶとか、
医師の中には誤った薬の処方をするケースもあることから、
かえってQOLを下げることもあります。
(睡眠不足の花粉症患者のため、わざと眠くなりやすい旧世代の抗ヒスタミン薬を処方し、
患者は眠りやすくなるものの、朝になっても眠気が取れなくなって生活に支障が出るなど)

花粉症によって、経済的・時間的にも膨大なロスが発生!



自分や家族が花粉症の場合、薬を飲むだけでなく、
家でも外でもさまざまな対策をされていると思います。

□ 外ではメガネとマスク、帽子は必須
□ 洗濯物を外に干したら、取り込む時に必ず花粉を払う
□ 外に干せない大きなものはコインランドリーを利用する
□ マスクとティッシュの消費が激増
□ 何台もの空気清浄機を購入した
□ カーテンや寝具を花粉のつきにくいものに取り替えた
□ 窓が開けられない
□ 洗濯乾燥機の使用が増えて電気代がかさむ
□ 頻繁に室内の掃除をしなければならない
□ 帰宅しても、花粉を払い落とさないと入れない


また、どんなにこれらを頑張っても努力が報われないこともありますよね。
掃除をしても、外から花粉がどっさり家に入ってくるとその掃除が無駄になり、
家の中から花粉をシャットアウトしたとしても、
長時間外でマスクをしないでいれば、症状が出てきてしまいます。

本当に花粉症の精神的ストレスは計り知れません!
こんな生活がいつまで続くんだろうと考えると気が遠くなってしまいます。

これらにかける時間やお金がなくなったとしたら、
物理的にも精神的にも、どれほど毎日が幸せになることでしょうか。


食生活を変えたり、サプリメントを摂ったり、さまざまな花粉症ケアも紹介されており、
体質改善は確かに大切なことではあるのですが、
残念ながら辛い症状がすぐに改善されるわけではありません。

根治療法として、
スギの花粉を体内に取り込んで徐々に体を慣らしていく「免疫療法」も知られるようになり、
治療対象年齢も5歳以上に拡大されました。

しかし、医師の管理のもとで行い、通院が必要なこと、
小さな子どもに1日1回飲ませる大変さ、
しかもすべての人に効果があるとは限らず、
重篤な副作用が出る可能性を承知の上での治療です。

どこを見渡しても、良い方法が存在しない。

特にIN YOU Marketのお客様は、
できるだけ身体に負担のかからない、ナチュラルな花粉症対策を望まれているはずです。

こんな花粉症グッズを待っていた!
次世代型の花粉症レスキュースプレーとは?



実は、即効性が期待出来、
かつナチュラルな花粉症対策グッズがこの世に存在したんです!

辛い症状でお悩みの全ての方の強い味方、
花粉症レスキュースプレーです。

従来の花粉対策スプレーは、
衣服や顔・髪などに花粉がつくのをブロックするためのものでした。

ところが、このレスキュースプレーはこの常識をくつがえし、

『花粉に身体を順応させる』

という、まったく新しいタイプのスプレーです。

花粉をむやみに避けるのではなく、花粉を感じない身体へ。
根本的に体質を変えていくサポートをします。

国産のスギもしくはヒノキのフローラルウォーターが主な原料で、
(フローラルウォーターとは、ある植物を水蒸気で蒸留し、
アロマオイルを抽出する際に得られる副産物で、「芳香蒸留水」とも呼ばれます)

この「蒸留」に大きなポイントがあります。

長年の研究の成果により、
植物の最も有効成分が抽出できる部分を使って、
最も有効成分が出るような抽出方法から作られた、
貴重なものなんです。


これを鼻腔に向けてシュッと噴霧することで、
花粉に対して根本的に自分の体を順応させていき、
辛い花粉症の症状を軽減に向かわせます。

病院で行われる免疫治療はアナフィラキシーなどのリスクがありますが、
副作用のない花粉対策を実現しました!

15年の研究の末についに完成!植物の力をかりた天然由来成分で作られた花粉レスキュースプレー

¥ 4,860 〜¥ 22,500(税込)

花粉ピーク時でも、そうでなくても、
いつからでも簡単に始められます!

花粉症の根治療法としての「免疫療法」とは違い、

□ 医師の管理下で行う必要がなく、定期的に通院しなくてもいい!
□ 花粉のピーク時でも、そうでなくても、いつでも始められる!
□ スプレーするだけなので、投薬のような難しさが一切ない!


こんなにハードルの低い花粉症対策がほかにあるでしょうか?

花粉のピーク時に始めれば辛い症状の軽減が期待でき、
飛散のない時期であればピーク時に起こる症状の予防になります。

花粉飛散前であれば、1日1回を目安に鼻腔に向けてスプレーするだけ。

花粉ピーク時は、鼻水・鼻づまりなど不快だと感じたらその都度、
目頭や鼻腔に向けて直接スプレーします。
(目はこすらないよう、そのまま肌になじませます)

マスクをしている時は、内側にスプレーするのもおすすめですよ!

15年の研究の末についに完成!植物の力をかりた天然由来成分で作られた花粉レスキュースプレー

¥ 4,860 〜¥ 22,500(税込)

驚愕の効果を体感された方が次々と続出!



500名の花粉症の方に体感実験を行ったところ、
なんと7割以上の方が『症状が良くなった』と回答したこのスプレー。

私も、スギ、ヒノキ花粉が一段落したものの朝晩鼻をグシュグシュさせている娘二人に
スプレーしてみたところ、あっという間に鼻づまりがなくなり、
何これ、不思議!」と非常に驚いていました。

医師の指導の下に行う免疫療法も、
なぜ効果があるのかまだ具体的なことは解明されていませんが、
この花粉症スプレーも同様に、どういう理屈で症状が改善に向かうのか、
詳しいことはまだよくわかっていません。

ところが、あまりにもたくさんの方の「辛い症状が改善した!」という声に、

お医者様を始めとして医療関係者からも熱い注目を集めつつあり、
今後のさらなる解明に大きな期待が寄せられているんです!

驚きの効果を体感できた方々の声をご紹介します。

自然の成分のみでこの効果は信じられません!



「飛散量の多かった2013年に花粉症が悪化し、
鼻はもちろん身体中に蕁麻疹が出て顔はただれ辛い思いをいたしました。
接客業のため、マスクはよほどの事がない限りすることができず、
薬に頼ってしのいできました。

今年はこちらのスギ花粉用レスキュースプレーを試すために、
薬は一切飲まず鼻孔にシュッ!
上を向いて粘膜に浸透させてから出掛けています。

1月末から使い始めましたがなんと、花粉ピークの3月中旬を薬なしで、
全く辛くもなく乗り越えようとしています!


症状はごくたまに鼻がツーンとしたり、目頭が痒くなるくらいです。
以前のように滝のような鼻水に悩んだり『目玉を取り外してジャブジャブ洗いたい』と、
イライラせずに快適な春を過ごせています!毎年使いたいです!」

例年とは比べ物にならないほど快適になりました!



「シュッシュッっと、2回プッシュくらいで喉のかゆみに一挙に効き、
楽になったんです!たったの2プッシュで。驚きました。

次に効き目に即効性を感じたのは目です。目のかゆみもかなり楽になりました。

顔のあかみ、かゆみ、発疹は、
毎年二週間ほどお化粧ができないほどひどいものでしたが、
今年はお化粧が出来ない日は1日もありませんでした。


赤み、かゆみゼロではありませんが、劇的に快適に過ごすことができて良かったです。
クシャミや鼻水もだいぶ楽になりました。
来年も購入させて頂くと思います。快適な春をありがとうございます。」

目の痒みに凄く効きました



「目頭にしみこませるようにつけたところ 痒みがなくなりました。
花粉がとれたみたいな感じを受けました。
今回の花粉症では 1日だけくしゃみがひどかっただけで 済みました。

今まで鼻が詰まって夜も眠れませんでしたが、
今では朝まで一度も起きる事なく安眠する事が出来ています。」

他にも、たくさんの喜びの声があるんです。

◆ 「30年来ずっと薬を飲んでいたのに、
こちらのレスキュースプレーだけで過ごせる様になった。」
「特に杉の季節の目のかゆみにはかなり効果的でした。
シュッとひと吹きしたら瞼の重さも取れてクリアになった感じがしました。
しかもかなり持続性があるので助かりました。」

◆ 「20代からスギ花粉で辛い春を過ごしていました。
薬飲むと鼻水は押さえられましたが乾燥しすぎたり眠気がありました。
なんとか快適過ごしたくてブロック注射にも挑戦しましたが、
あまり効果はありませんでした。

3年前にお友達の紹介でこのスプレーに出会い薬に頼らず、
毎年花粉の季節を迎えても安心して過ごすことができています。
鼻水やくしゃみ、目のかゆみ症状が出たらシュッとスプレーするだけで症状が収まります。
しかも毎年花粉症の症状は緩和されています。
スプレーの使用頻度も毎年少なくなっています。」(3年継続使用の方)

◆ 「娘の花粉症ですが、今年はスプレーのお陰で、例年にない軽い症状ですんでいます。
本人も楽になったと大喜び。寝る時の鼻詰まりや、目のかゆみ、顔の腫れ等、
間違いなく軽減されています。スプレーの威力を実感!!」

◆ 「昨日、どうしても出なければならず…でも慌てていて、花粉メガネを忘れ…
でも、でも、でも!!昨晩も、今日も、少しくしゃみが出て、目が痒いぐらいで、
鼻も普通に息が出来ているんです!

信じられません…本当に嬉しいです…

今年は楽勝だ〜!と、思っていましたが、一気に来てしまいました。
でも、スプレーのお陰で、この程度の症状で治っているのは、
例年を考えると、よくわかります

とにかく、熟睡ではないですが、毎日眠れるのは本当に有難い事です…

今まで酷い年は、苦しくて呼吸困難になるので、
ベッドに座りながら寝ていたので…」

◆ 「鼻をかんで、噴霧して、数分で鼻水が止まりました。
また、くしゃみや鼻水が出た時に噴霧すると、また止まりました。
だいたいはこの流れでその後は止まってしまいます。
効果のほどには感服でした。」

花粉症対策の新しい対策として、
じわじわ広がりを見せる花粉症スプレー、
あなたも是非はじめてみませんか?


不快感のない春を迎えよう!

15年の研究の末についに完成!植物の力をかりた天然由来成分で作られた花粉レスキュースプレー

¥ 4,860 〜¥ 22,500 (税込)

こちらの記事もおすすめです


副作用のあるアレルギー免疫療法はもうこりごり!来春に備えて今から取り入れる未来型の花粉症対策とは?

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ