メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

「え、満腹状態だと免疫力が低下?!」意外と知らない免疫力の秘密。

松浦 愛
facebook 株式会社インユー代表取締役CEO/編集長 オーガニックブランドMineryプロデューサー 「すべての人にオーガニックな暮らしを」をコンセプトとして掲げ、オーガニックの普及と拡大を目指し、日夜活動中。 最近の趣味はアート、食べ歩き、乗馬など。 運営サービスはIN YOUや編集長自らが選りすぐったお気に入り商品を扱う、オーガニックオンラインマーケットIN YOU Marketなど。

常に満腹は、危険!「食べないこと」が良いワケ。

NEW

連日、好きなものを好きなだけ食べた翌週にはアレレ?!
喉が痛み、体調を崩して風邪に!「あんなに栄養価のあるものを沢山食べたのになぜだろう・・。」
そんなご経験はありませんか?
ひょっとすると朝昼晩、欠かさず三食腹一杯になるまで食べているうちは、健康になれないかもしれません。

体内に備わった免疫システムを日頃から強化し、正常な状態で働くようにすると、病気にかかりにくくなることを既にご存知の方は多いでしょう。

では、免疫力の向上と食べる量(満腹度)には密接な関係性があるということは知っていますか?

「一体、何の関係があるの?」と思ったアナタ。

実は、私たちの身体は満腹時ではなく「空腹時」に最も免疫力が高まってくるというのです。
免疫力をUPさせるには、白血球の量を増やし、活発化させることが近道。

ところが、私たちが満腹になると白血球の食欲も2分の1ほどまで低下してしまい、
「休憩モード」に入ってしまうのです。

断食には、白血球の「親玉」であるマクロファージの数値を上げる効果があります。
食べないことで、風邪の引きにくい身体になるばかりか、がんの発病リスクの低下も期待できます。
がん患者が食事療法として断食をすると、マクロファージが不要細胞を食べてくれるので、がん細胞が減っていくといいます。

普段食べているものがどんなに良質な食品であっても、満腹状態であればあるほど、
免疫力は低下してしまうということ。
ヘルシーなものを満腹に食べていれば健康かと思いきや、どうやらそういうワケでもなさそう。
たまには「何も食べない時間を作ること」も大事かもしれません。

また、空腹時の他に免疫力がUPするタイミングとしては、運動時やお風呂に入ったとき、発熱時などがあります。
体調を崩して発熱がある時に食欲がなくなるのは、白血球が外敵と闘うため活動力が高まっていることが関係しているのです。

免疫力低下によりかかりやすくなる病気と予防食


免疫力が下がると下記のようなあらゆる病気にかかりやすくなってしまいます。

がん、腎臓病、慢性リンパ性白血病、心臓病、心筋梗塞、脳血栓、肝炎、認知症、糖尿病、染色体異常、腫瘍、口内炎、歯周病、インフルエンザ、中毒症など


病気にかからないためにも、日頃から免疫力を上げておきたいですよね。
それでは、どんなものを食べておけばいいのでしょうか。
特に下記の野菜がおススメ。

115

・レタス
・白菜
・小松菜
・ブロッコリー
・にんにく
・玉ねぎ
・ナス
・ほうれん草
・ピーマン
・大根
・きゅうり
・人参
・かぼちゃ
・アボガド


レタスや白菜は一見、栄養価が低そうに見えますが、実は白血球と合わさることにより、
野菜のエキスががん細胞を壊してくれる作用を持つ「腫瘍壊死因子(TNF-α)」を作り出してくれます。
野菜の中でもトップレベルで免疫力UPに貢献してくれる心強い食べ物なので、サラダにして食べてみるといいかも。
その他、緑色や黄色系の野菜を中心に摂ると良さそう。

免疫力を高めるための5つのルール


白血球の活動力を上げ、免疫力を強化させるためには、
下記の5つを徹底しましょう。

3606837401_b9c5aa8a78_o

食べ過ぎない。

無農薬野菜・発酵食品・玄米・穀物を中心にバランスよく食す。

軽い運動(ウォーキングなど)をする。

食物繊維をとる。

入浴する。



食べ過ぎず、
体温を上げ、
消化に良い、
良質なものを食べることが鉄則です!


私も、以前まではとにかく毎食お腹がはちきれそうになるくらい食べていました。
しかし、なぜかいい物を食べているのに風邪っぽくなることも・・
記憶を辿ってみると、毎日沢山食べてたなぁ…と反省しました。
食べ過ぎがひとつの原因になっていたのかもしれません。
今は一週間に何度か、ランチだけ抜く「プチ断食」を実践しています。
免疫システムの集中する腸内環境をクリーンな状態にしておくことは、病気から身を守ることにつながります。
「腹八分目」という言葉にこんな深い意味があったとは・・。

まさに「過ぎたるは、猶及ばざるが如し。」ですな。
毎日、食べ過ぎているアナタ。
たまには自分のカラダのことを思って少しだけお腹を減らしてみては?

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

松浦ブログへ

松浦 愛
facebook 株式会社インユー代表取締役CEO/編集長 オーガニックブランドMineryプロデューサー 「すべての人にオーガニックな暮らしを」をコンセプトとして掲げ、オーガニックの普及と拡大を目指し、日夜活動中。 最近の趣味はアート、食べ歩き、乗馬など。 運営サービスはIN YOUや編集長自らが選りすぐったお気に入り商品を扱う、オーガニックオンラインマーケットIN YOU Marketなど。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ