メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

糖を抜かずに、むしろ補給して健康と美を手に入れる方法。エネルギー効率の良い糖はどれ?一押し甘味料と簡単おやつ5選!

工藤 万季
ナチュラルライフアドバイザー 株式会社BHCL代表取締役 一般社団法人ビューティヘルスコンシャスライフ協会代表理事 1987年生まれ、愛媛県出身 アーユルヴェーダのデトックスメニューをベースにした 「キッチャリークレンズ」をプロデュース、指導。 SNSでは食べて痩せると話題に。 夫婦で40kgのダイエットに成功。 本当の健康とはカラダとココロが調和してこそ。 自然に沿って暮らすための知識やコツを都会的で洗練された暮らしに無理なく 取り入れる。内側からの綺麗になりたいナチュラルライフを求める人たちへの 情報を発信している。その他、日本各地で料理教室やイベントを開催する他、 メディアへの出演等、精力的に活動。現在は1児のナチュラルママとしても活動中。 http://bhc-life.com

こんにちは。ナチュラルライフアドバイザーの工藤万季です。

皆さんは「甘いものはダイエットの敵」と思っていませんか?


確かに毎日のように市販のスイーツを食べていれば太ってしまうでしょう。
ですが本来、甘いものはあなたを太らせるものではありません。

正しい選び方と摂り方を知れば、実は糖というのはあなたの身体を健やかに、美しく変えてさえくれます。

スクリーンショット 2018-05-11 8.10.12
わたしは(授乳中ということもあり)毎日かなりの量の糖を摂取していますが、体重は40kg台半ばをキープしています。

「糖を摂取していますが」というより「糖を摂取しているから」と言いたいところです。
糖は上手に選んで食べれば、太るどころか代謝を上げて痩せやすい体質を作ってくれるものなのです。

最後には私の大好きな、美味しくて最高に身体にいいおやつもいくつかご紹介します。

糖は抜かないで!

belly-2473__480
糖質制限ダイエットがブームですが、糖質制限は痩せるというメリットよりも、
人間の身体の仕組みからするとデメリットの方がずっと大きいと言えます。

確かに糖質を抜けば一時的には痩せますが、それよりも上手に糖を摂って、長い目で見て健康で代謝のよい身体作りを目指しましょう。


なぜ糖を抜いてはいけないのか


私たちは糖をエネルギーとして生きています。
寝ることにすらエネルギーが使われますから、ただ生きるためにもエネルギーが必要です
そしてそのエネルギーの一番の材料となるのが糖です。

エネルギーは糖の他にも脂質とタンパク質を材料とします。
糖の代わりに脂質やタンパク質をエネルギーとして使用すれば、一時的に痩せることは可能です。
自分の身体を破壊してエネルギーを作るからです。

ですが主に脂質とタンパク質からエネルギーを作ろうとすることには、大きなリスクがあります。

脂質とタンパク質を主なエネルギー源にするデメリット

sad-2514026__480

①身体を壊すことになる

脂質とタンパク質からエネルギーを作るということは、身体を壊してエネルギーに換えるということです。
筋肉を削ることで代謝が下がって太りやすくなったり、タンパク質を削ることで肌や髪もボロボロになっていきます。

②体内にストレス物質が溜まる


・タンパク質をエネルギー源にした場合
アンモニアという毒性のストレス物質が体内で生み出されます。

アンモニアのデトックスには二酸化炭素が必要となりますが、タンパク質をエネルギー源にしてしまうと、エネルギー生産の過程で十分な二酸化炭素が確保できません。

そのためデトックスできないアンモニアが溜まってしまいます。

・脂質をエネルギー源にした場合
脂質をエネルギー源にすると、乳酸が発生し、それが溜まると炎症反応が起こります。

身体に現れる不調や病気は全て、そこに炎症が起こって発症します。
つまり炎症が起こるということは、様々な病気につながるということです。

糖をエネルギー源にするメリット

fitness-332278__480
糖をエネルギー源にすれば、身体を壊さずにエネルギーを生み出すことができます。
飢餓状態など緊急時には身体を削ってエネルギーに当てることもあり得ますが、長い目で見て身体を生かし、ストレス物質を体内で発生させないためには、糖が必要です。

きちんと糖でエネルギーが回るとき、糖はミトコンドリア内でATP(エネルギー)と二酸化炭素及び水に変換されます。
一番効率よく、多大なエネルギーを産生してれるのが糖なのです。

痩せやすい身体を作る糖って?

appetite-1239056__480-1
糖は決して切らすべきでないものですが、もちろんどんな種類の糖でもいいということではありません。

ここでいう「糖」とは、砂糖や甘いもの全般とは違います。


人間の身体にとって必要な糖というのは、単純に「味覚的に甘いもの」なら何でもいいわけではないのです。

私たちが摂るべき糖。

それは「効率よくエネルギーに変換される糖」です。
体内で簡単に分解され、素早くエネルギーになってくれるような糖を選んで食べましょう。
分解が複雑な糖は、エネルギーになるまでに時間がかかってしまって逆に負担となります。

食べた糖が消化や分解の負担をかけることなく、素早く体内でエネルギーに変換されると、身体はそのエネルギーを他に必要なところにどんどん割くことができます。

食事の消化や吸収もそうですし、老廃物の排泄、肌や髪の再生、細胞の生まれ変わり、血流の促進…
こういったことがスムーズに進むようになります。

つまり、エネルギーに変換されやすい糖を食べると、身体の代謝は上がっていくのです。
代謝がよければ、食べても太りにくく、体温は高く保たれ、活発に動けるだけの元気があり、少しくらいお菓子などの嗜好品を食べてもきちんと排出できます。

質の悪い糖はカットすることが前提

eclair-3366430__480
ですが一つ注意すべき点が。

いくら理想的な糖を摂ったとしても、エネルギー効率のよくない糖を同時にたくさん食べていれば意味がありません。
良質な糖を摂ることは大事ですが、それよりも先に、日常的に食べている質のよくない糖をやめてみましょう。
世の中に出回っている糖の中にはエネルギーに変換されにくいものが多く、注意が必要です。

例えばこんなものです。

エネルギー的に効率の良くない甘いものリスト


・精製されたお砂糖がたっぷり含まれた、コンビニやスーパーで売られているお菓子
・「低糖質」「ダイエット〇〇」を謳った、人工甘味料が使われているお菓子
・カフェの甘いドリンク
などなど…

これらを日頃飲んだり食べたりしながら、さらにそこに良質な糖をプラスするのではなく、質の良くない糖はカットした上で、以下にあげるような糖を食べるようにしてみてくださいね。

厳選!甘いものを食べるならこれ。オススメの糖5選!


①黒糖

sugar-3388021__480
私はお腹が減った時、甘いものを身体が欲している時、よくボリボリと黒糖をかじっています。
出かけるときも持ち歩いているほどです。

(授乳中の今はとにかくエネルギーを吸い取られるので、一日に黒糖の小袋まるまる一袋食べることも…
授乳中でない方は適量にしてくださいね。)

本物の黒糖には、ビタミンやミネラルがたっぷり入っています。
糖だけでなくビタミンとミネラルが一緒にあることで、糖をエネルギーに変換するなどの身体の様々な働きが円滑に行われます。

黒糖といっても「加工黒糖」と表記のあるものは、加工の過程で別の物質が加わる分、
消化・分解作業が複雑になりますので、効率的なエネルギー源とは言えません。

加工されていない本物の黒糖を選びましょう。

②生のはちみつ

スクリーンショット 2018-05-11 8.12.03
こちらは私のはちみつコレクションです。

はちみつにも黒糖と同様に、ビタミンやミネラルがたっぷり入っています。
はちみつは熱するとせっかくの栄養成分が失われてしまいます。

一般に出回っているものは栄養が失われたはちみつも多いので、必ず非加熱のものを選びましょう。
私は朝一番にはちみつを舐めて、一日を始めるエネルギー源にしています。

③デーツ

dates-3341104__480
ねっとり甘くて美味しいデーツは、栄養豊富で良質なエネルギー源です。
私はいつもネットで生のデーツを注文しています。

そのまま食べても美味しいのですが、カカオ100%のチョコレートと一緒に口の中に入れてチョコレートのつもりで食べるのにはまっています。

また最近はフレッシュなクリームをつけて食べることも。
甘くて美味しいだけでなく、身体が最高に喜ぶデザートになります。

植物性のクリームにはプーファ(長鎖不飽和脂肪酸)が含まれているので、必ず動物性のものを選んでいます
皆さんが食べているホイップクリームはプーファを沢山含んだ植物油脂でできているものがほとんどと思われますので、
買う際には裏のラベルを見て注意をしていただきたいです。


またクリームを作る際には白砂糖ではなく黒糖、さらに気分でバニラエッセンスを混ぜて作っています。

プーファについてはこちらの記事をご覧ください。
良かれと思って買っているあなたへ。亜麻仁油、えごま油を避けた方がいい理由。ブームの中で語られなかった「オメガ3の事実」。

④焼きバナナ

バナナを丸ごとオーブンで、皮が真っ黒になるまで焼きます。
皮をむいてバターやギーをつけたり、シナモンやカルダモンをまぶして食べると美味しいだけでなく、糖と一緒に良質な油分やスパイスもとることができます。

質の良い糖と油は身体のエネルギー代謝に必須です。
焼くことで食感はとろりと、甘みも増して美味しいですよ。よく朝食に作っています。

⑤焼き芋にオーガニック・生クリーム

sweet-potato-514851__480
最近はさつまいもを焼いて、上に書いたような生クリームとはちみつをつけて食べるのもお気に入りです。
授乳中の私はかなりエネルギーを取られているので、こうしたものでエネルギー補給をしていますが、良質な糖と脂肪を摂れるとはいえハイカロリーなので、食べ過ぎにはご注意を。ただ、小麦でできたケーキなどよりは消化に良いので、お腹が空いた時のおやつにどうぞ。

動物性のクリームは有害物質がたまりやすい性質があるので、オーガニックをチョイスして。

最後に。
「甘いものをすべて我慢する」というこれまでの概念に縛られず、良質で効率のいい糖を適量摂取してみてくださいね。

おすすめの甘味のご紹介 農薬を使わない生蜂蜜グッズ

market_slider0423C 【IN YOUMarket限定!】活性酸素除去効果 世界トップレベルのチャーガとローズヒップ入り「国産・非加熱チャーガはちみつ」今すぐここをクリック!
0105154743_5a4f1f8f046c8 ハニーハンターが探し出した、人生未体験の感動の美味しさを叶えてくれる奇跡の無農薬はちみつ今すぐここをクリック!
IMG_1207 農薬不使用・無加糖・未精製・非加熱!超希少価値の高い、国産100%の一切混ぜ物を加えない天然の純粋はちみつ8種類お徳用パック今すぐここをクリック!

参考文献
「プーファ」フリーであなたはよみがえる! 生命場を歪ませるアルデヒド
41i9exRziCL._SX343_BO1204203200_

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

工藤 万季
ナチュラルライフアドバイザー 株式会社BHCL代表取締役 一般社団法人ビューティヘルスコンシャスライフ協会代表理事 1987年生まれ、愛媛県出身 アーユルヴェーダのデトックスメニューをベースにした 「キッチャリークレンズ」をプロデュース、指導。 SNSでは食べて痩せると話題に。 夫婦で40kgのダイエットに成功。 本当の健康とはカラダとココロが調和してこそ。 自然に沿って暮らすための知識やコツを都会的で洗練された暮らしに無理なく 取り入れる。内側からの綺麗になりたいナチュラルライフを求める人たちへの 情報を発信している。その他、日本各地で料理教室やイベントを開催する他、 メディアへの出演等、精力的に活動。現在は1児のナチュラルママとしても活動中。 http://bhc-life.com
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ