お悩み別

気温差や風邪にも負けない体を整える!その不調はヴァータ過剰になっているサインかも。アーユルヴェーダ式 健やかな秋の過ごし方と食べるべき食材。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hsbc-pear-1511656_960_720

こんにちは。IN YOUオーガニックアドバイザーのharunaです。

夏の暑さが通りすぎて、ほっとしたような、寂しいような気持ちになっている方もいるかもしれません。
夏の疲れが出てきたり、乾燥してくるこの季節。

体調がすぐれない方も増えているので、しっかりと対策をしておくことが大切になってきます。

今回は予防医学としてWHO(世界保健機構)でも認められている医学のひとつでもあるアーユルヴェーダで秋のケアの方法をご紹介します。


季節にあった過ごし方をリトウチャリヤーと言います。


季節に応じた過ごし方をアーユルヴェーダでは大切にしていて【リトウチャリヤー】と言います。

聞きなれない言葉ですよね。

IMG_0784
薬膳、陰陽五行をはじめとした東洋医学の考え方でも、季節ごとに体は少しずつ変化し、それに応じて食べるべきものが変わりますが、アーユルヴェーダにおいてもこれは同じ。

つまり、年中これを食べれていれば健康!ということではなく、
自分はずっとこの食べ物が合う!ということもありません。

季節に応じた適切な過ごし方、食べ物をチョイスする必要があるのです。

それを知るにはどうしたらいいのでしょうか?
まずは自分自身の体質と状態を見ることころから始めてください。


自分自信の【ドーシャ】のバランスはどうなのか…
体質別【ドーシャ】チェック!


アーユルヴェーダの体質論で、3つの【ドーシャ】と呼ばれるエネルギーで分けられます。
これらのバランスがとれている状態が健康を示すとアーユルヴェーダはいいます。

3つの【ドーシャ】=【トリドーシャ】

●【ヴァータ(風)】
●【ピッタ(火)】
●【カパ(水)】


産まれてから16歳までの潜在的な【ドーシャ】を「プラクリティ」(産まれながらの体質)といい、
今の後天的な【ドーシャ】を「ヴィクリティ」と呼びます。


「ヴィクリティ」は季節、年代もそうですが、社会に出たりと環境が変わることで変化することが多いです。

このふたつがすごくかけ離れていると、その人にとっての健康な状態ではないと考えます。
次の項目のうち、どのドーシャが一番多く当てはまるかチェックしてみてください。あくまでも目安になります。

IMG_0785
【ヴァータ(風)】タイプ

●落ち着きがない
●不安、恐怖心
●回転が早い
●優柔不断
●不規則な生活
●肩こり、腰痛、関節痛
●忍耐力がない


【ピッタ(火)】タイプ

●計画を立てるのが好き
●炎症
●好き嫌いがある
●怒りっぽい
●簡単に情報を吸収する
●嫉妬深い
●皮肉が多い


【カパ(水)】タイプ

●決断に時間がかかる
●冷え性
●穏やか
●出不精
●ものぐさ
●がんこ
●ストレスに強い


どの【ドーシャ】が一番多かったでしょうか?

結果を頭の片隅に置きながら以下を読んでみてください。

IMG_0787

秋から冬はヴァータ【風】が過剰になる季節=老化しやすい季節?!

winter-260831_640
【ドーシャ】のバランスは、時間帯、季節、年代によっても変動します。なので自分の体質とともに、時間帯、季節、年代に合わせた生活が必要となってくるのです。

時間帯でいうと

●【ヴァータ(風)】2(14)時〜6(18)時
●【ピッタ(火)】10(22)時〜2(14)時
●【カパ(水)】6(18)時〜10(22)時


季節でいうと

●【ヴァータ(風)】秋から冬、または雨季、台風の時期
●【ピッタ(火)】夏から秋
●【カパ(水)】冬から春


年代別でいうと

●【ヴァータ(風)】は61歳以降
●【ピッタ(火)】は16歳〜60歳
●【カパ(水)】は0歳〜15歳


これは目安で、見た目、体力、精神力で前後します。

IMG_0791
(風)、(火)、(水)から想像できるように、年代別にみても

●【ヴァータ(風)】・・・潤いが減り、乾燥する年代。代謝の衰え
●【ピッタ(火)】・・・エネルギーに溢れ、メラメラと仕事、家事、子育て、趣味に力を注ぐ年代。経験を消化していく!
●【カパ(水)】・・・水がたっぷりのみずみずしいお肌の年代。組織を形成するのもカパなので、成長期を指します。


秋〜冬にかけては、【ヴァータ(風)】が過剰に反応なる季節!


ということは

あまりにも【ヴァータ(風)】を過剰にしてしまうと、
年代別で分かるように、乾燥し、代謝が衰え、老化してしまうのです。


そして元々【ヴァータ(風)】が強い人は、この時期に体調を崩しやすいので特に注意が必要です。

【ヴァータ(風)】だけど、全然そんなことない!大丈夫!と思う方も、そういう体質は持っています。

今は年代的に【ピッタ(火)】や【カパ(水】なだけの可能性もある

ので、気をつけることに越したことはありません。

IMG_0405

まずは夏に過剰になった【ピッタ(火)】を初秋に鎮めることが先決!

この時期は【ピッタ(火)】を整えつつ、
秋から冬にかけて過剰になる【ヴァータ(風)】にも気を配りながらの生活が大切になってきます。

夏の間に蓄積した熱を放出されるため、夏から秋にかけては【ピッタ(火)】が過剰になります。
ただし台風が多い時期は【ヴァータ(風)】が過剰になります。

IMG_0789

アーユルヴェーダから見た、秋にオススメの食材

purple-grapes-553462_960_720
秋には熱冷ましの秋茄子・ぶどう・梨がお勧め。

ちょうど日本でも旬の食べ物になりますね!

そして最高の油と言われている【ギー】はピッタを鎮め、
【オージャス(生命の活力)】が含まれています。
こちらは、積極的にとりましょう。

オススメのオーガニックギーはこちら


月光浴もこの時期にすると、過剰な【ピッタ(火)】を鎮めます。
日本でも「お月見」という月光浴があるので理にかなっていますよね。

しかし深夜の「お月見」はアーユルヴェーダではお勧めしていないので、夜更かしをしてお月見をするのはやめましょう。血液に【ピッタ(火)】が残るため次のような皮膚疾患が出やすくなります。

●炎症
●吹き出物
●かゆみ


胃や肝臓に疲れもみられます。

IMG_0788

10月半ば〜11月以降、台風の時期は【ヴァータ(風)】が過剰になりがち!

避けたいものと、取り入れたいもの〜乾燥、老化対策〜

hurricane-63121_960_720
この季節、台風の季節でもありヴァータが過剰になりがちになります。
普段からヴァータ体質の人はもちろん、全員が以下の点に、気をつける必要があります。

【ヴァータ(風)】を悪化させること

smoke-1001664_960_720

●体を冷やす
●乾燥
●風に当たる
●夜更かし
●不規則な生活
●落ち着きない
●移動が多い
●アルコール
●タバコ
●生野菜
●冷凍食品
●乾燥食品
●辛味
●苦味
●渋味


【ヴァータ(風)】のバランスをよくすること

bath-465577_640

●体をあたためること
●入浴
●オイルマッサージ
●呼吸法
●瞑想
●規則正しい生活
●落ち着く
●発汗
●暖かい食べ物
●甘味
●酸味
●塩味
●スパイス(生姜、シナモン、クローブ、クミン、フェンネル、カルダモン)


この時期にオススメしたい、健康運UP!オススメオーガニックアイテムと食品

N612_misotodaizu_TP_V

オーガニック生蜂蜜(マヌカハニー)
オーガニックハーブティー
無農薬味噌
オーガニッククマザサ入浴剤
オーガニックベジタブルブロス


この時期に特に活用したいアイテムをご紹介します。
秋を健やかに過ごせて、運気UP!を期待できるかも。ぜひ、取り入れてみては。

【ヴァータ(風)】が悪化すると出やすい症状

woman-1006102_640

●肩こり
●腰痛
●関節痛
●皮膚の乾燥
●髪の毛の乾燥
●冷え
●老化
●不眠
●水分不足による便秘
●疲労感
●落ち着きがない
●気分が変わりやすい
●不安
●風邪を引きやすくなる


この時期に、こんな症状が出やすくなります。


秋とは言っても気温も様々。
秋は秋でも、【ピッタ(火)】よりの時期と、【ヴァータ(風)】よりの時期があり、季節に合わせた生活が大切になります。

アーユルヴェーダの考え方が、日本の文化や四季とも繋がっているなんて、おもしろいと感じませんか?
四季の変化、そして自分の体の変化を楽しみつつ、アーユルヴェーダ的生活をお試しください。


秋の季節にオススメ!
体も洗えるIN YOUオススメオーガニック入浴剤

91e5bb5e3ce455176364f1625a3363e8



長野県蓼科の国有林で農薬や化学肥料などを使わずに自生する、
パワーの強いクマザサの葉が主原料です。

クマザサの葉は、昔から、おにぎりを包むのに使われたり、
笹寿司にしたり、お料理に敷いたり、抗菌効果があることで知られていますね。
このクマザサのパワーを最大限に生かした、合成着色料や合成保存料などを使わない無添加入浴剤です。


オススメの記事

気温差や風邪にも負けない体を整える!その不調はヴァータ過剰になっているサインかも。アーユルヴェーダ式 健やかな秋の過ごし方と食べるべき食材。

アーユルヴェーダから見る、体質別 罪悪感のないスイーツ『ブリスボール』の作り方

アーユルヴェーダのドーシャ別にみるストレス時に起こしやすい行動と、その対策にオススメな食べ物


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

HANA化粧品

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

haruna
エステティシャン、セラピストの仕事について10年以上が経ち、特別なマシンなどを使うよりも、もっと自然なもので体をケアしたい!という思いが強くなりアーユルヴェーダ中心のトリートメントをしています。オーガニックが大好きで、体の変化をたのしみながら、心も体も自分史上最高の状態を模索中です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. bed-1575491_640 眠れない原因を徹底解説します!現代人にありがちな4つの不眠症から…
  2. 31 ご褒美おやつやパーティーに。簡単なのに完成度が高い!「もちもちど…
  3. ドレッシング_dressing_(6627035269) 身近に潜む目に見えぬ砂糖・人工甘味料。不自然な甘味料があなたの体…
  4. 2016年に流行る健康・オーガニックブーム大胆予測
  5. 15300713_1126694040763330_1469036687_n 本質的に体に良いものとは何か?鬼才シェフによるIN YOU限定完…
  6. 8190081256_f09781e8fa_z 学校給食の根深い問題。私は行動しない後悔より行動してみる方を選択…
  7. beverage-cups-2147903_960_720 意外と簡単だった!今すぐ始めたい『プラスティック・フリー』生活の…
  8. dsc_6133 酒粕大量消費レシピ【乳・小麦粉不使用】アッと驚く、「ヴィーガン粉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 越野美樹
  • 松永加奈恵
  • 佐野亜衣子
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • 河口あすか
  • 池田 歩
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • yuriesasaki
  • haruna
  • 加藤 晴之
  • 室谷 真由美
  • 煙山 昭子
  • lelien
  • クレイトンまき
  • Mint
  • 桺町 瑠璃
  • 工藤 万季
  • yokosato
  • Mao
  • 横田 浩
  • 佐藤いづみ
  • 坂田 まこと
  • 東條 由美子
  • 足立 由紀子
  • akemi
  • yumi
  • うちゅう
  • jyuan
  • Halu
  • yoshi.fukusawa
  • AKIKO MIYAKAWA
  • 加藤 貴大

カテゴリー

PAGE TOP