メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

肌を疲弊させるクレンジングをやめてみませんか?「肌断食」におすすめの無添加「竹塩石鹸」で、サビない肌を取り戻そう!

くみんちゅ
家族の体は、おかあさんの作るごはんでできている。 「こだわるけどとらわれない」をモットーに、誰もが作れる安心安全なレシピ作りを展開。 「もう何も食べられるものがない」から視点を変えてみる。 膨大にあふれる加工品や市販菓子より、 台所でにぎる塩おにぎりひとつ。 子供に、若者に、安全な食卓を。 さて、今日もごはんをつくりましょ。 FB ブログ

以前からおすすめしている私のスキンケア方法、「プチ肌断食」
今回は、そんなプチ肌断食にぴったりの無添加石鹸を紹介したいと思います。

みなさん、「肌断食」って聞いたことありますか?

肌断食とは、肌を疲弊させる原因である
・ぬりすぎ
・つけすぎ
・洗いすぎ

という「しすぎの習慣」をやめて、肌本来の免疫力を高めること。

最近ではしすぎの習慣を見直して、素肌力を高めるメソッドや著書が数多く出ています。
私も、その考え方にはとても影響を受けました。


私のスキンケアは、洗顔の後、オーガニックのスキンケアオイルをぬって、手作り化粧水をなじませて、終わり。
これだけです。

乳液も美容液も保湿クリームもつけません。
そして、たまにオーガニックのスキンケアを肌への栄養補給として与えるぐらいです。

何もつけなくなったら、何もいらなくなりました。

毎日がプチ肌断食です。

若い頃はまだ素肌に対する知識もあまりなく、
化粧水、乳液、美容液、保湿クリーム…とにかくいろいろな基礎化粧品を塗りたくっていましたが、
その頃は確実に肌が悪かった!

cosmetics-2389779_960_720
合成ポリマーやシリコン、合成ワックスはお肌の潤いや免疫力を低下させ、肌荒れや乾燥の原因になることは
INYOU読者の方々ならもう知っているはず。

ケミカルなファンデーションを落とすには界面活性剤が必要不可欠で、
界面活性剤を使ったクレンジングに頼ることにより
毛穴詰まりがひどくなったり、肌の「酸化=老化」をどんどん加速させることに繋がりかねません。

cosmetics-2116383_960_720
石油系や界面活性剤入りのケミカルファンデを使う
  ↓
界面活性剤入りクレンジングで洗う
  ↓
乾燥するから保湿する
  ↓
またケミカルファンデを使う
  ↓
またクレンジングで乾燥する
  ↓
また保湿する。


という悪循環の繰り返して、素肌の健康は衰えていくばかり。
最終的に「乾燥するから何か塗らなければいられない肌」が出来上がっていました。

そして肌の荒れや乾燥が進んでから、美容液や保湿クリームなどを塗っても遅いんですよね・・。

様々な外的環境ストレスから肌を守ることは大切ですが、使用する化粧品、クレンジングで肌を痛めていては本末転倒。

いろいろ塗りたくったり、洗いすぎている人よりも、
お化粧も日焼け止めも全くしていない人の方が、シミが1個もなかったり、お肌がツルツル、ぷりんぷりん!
って方、多いですよね。(うちの祖母がまさにそうでした!)

私の目標は93歳の祖母のすっぴん素肌です。

「3つのしすぎ」が肌にものすごく負担をかけると分かったのは、
ある時、風邪をひいて2〜3日寝込んでいた時のこと。
もちろん寝込んでいたから数日間は化粧水も保湿も何にもしなかったし、
洗顔だって3日間していませんでした。
(3日間お風呂も入らなかったし笑)

sleeping-1159279_960_720

▶︎ ここをクリックして、おすすめの竹塩石鹸を見る


とにかく、肌に負担をかけることを一切しなかった3日間。

風邪が治り、
たまたま手にとった石鹸だけで洗顔した後、
自分の肌の状態がすごく良くなっていることに気づいたのです。

ザラつきもなく、すっきりしていて、
しっとりツヤツヤ、めっちゃ元気な肌に!

もちろん、風邪による発熱のおかげで免疫力が高まり、体内がデトックスされたのも関係しているのかもしれませんが、
それだけでなく、強制的に行った肌断食のおかげで、肌の自然治癒力が戻ってきた感じがありました。

それをきっかけに、「肌断食」のことを調べ始め、
できるだけ自分の肌の免疫力やバリア機能を信じてみようと思い、今に至ります。

私のプチ肌断食は、日頃の「ぬりすぎ・つけすぎ・洗いすぎ」で疲れ切った素肌をしっかり休めることが目的です。

要は内臓のファスティングと同じです!

毎日毎日のスキンケアでお疲れ気味の素肌を休ませて、また栄養の吸収が良くなるようにしてあげれば、
肌表面のバリア機能も正常に働くようになりますもんね。

toner-906142_960_720

▶︎ ここをクリックして、おすすめの竹塩石鹸を見る


私のプチ肌断食には特に決まったやり方はなく、自己流ですが、
基本はまず、
1、メイクをしない日をつくる。
(するとしても石鹸で落とせるミネラルファンデを選ぶ。)
2、抗酸化力のある石鹸だけで洗顔のみ。
(お湯は肌を乾燥させる元なので、必ず水、またはぬるま湯で洗顔します。)
3、化粧水も乳液も美容液も肌断食の時はすべてお休み。
(スキンケアのしすぎで疲れてしまった肌をしっかり休ませる。)

期間は肌がしっとりしてくるまで。
最初の1〜2日は、乾燥したりザラザラしたりする感じがするかもしれませんが、
それを乗り越えると、自分本来の「健康な素肌」がよみがえってきます!

だいたい私は4〜5日ぐらいプチ肌断食をすると、
素肌がちゃんと皮脂をコントロールするようになり、保湿クリームなしでも困らない丈夫な肌が戻ってきます。

皮脂は天然の保湿クリーム。
自分の肌に一番合った基礎化粧品ですからね。

肌断食にもおすすめ!毎日使っても肌に負担がかからない、スキンケア効果を兼ね備えた無添加の「竹塩石鹸」。

24067896_1470884203019368_4526959530367821085_n

▶︎ ここをクリックして、おすすめの竹塩石鹸を見る


素肌の健康のために一番大切なのは、洗顔。
そして、肌断食にも大切なのは、石鹸選び。

石鹸選びがおろそかだと、後が続きません!

シミ、しわ、くすみ、乾燥など、、、
肌を酸化させる大元は、
・紫外線
・化粧品
・過剰なクレンジング


だからこそ、肌に負担をかけない良質な無添加の石鹸で、クレンジングに頼らない洗顔をすることが大切。

私の最近のお気に入りの石鹸は、還元力の非常に高い竹塩を含有した「高濃度竹塩石鹸(しっとりタイプ)」です。

24129562_1470884219686033_5209638293909837778_n
これは、めちゃくちゃおすすめ!
とにかく還元力が高いというのがこの石鹸の最大の特徴です。

物がサビたり、古くなったりすることを「酸化」というのに対し、
その酸化した状態を元に戻そうとすることを「還元」といいます。

「酸化」に対抗するのは「還元」です。

竹塩石鹸には、還元力の非常に高い「還元竹塩」を贅沢に使っているので、
化粧品や紫外線や環境ストレスなどで酸化したお肌に直接アプローチしてくれます。

竹塩とは、青竹に天然の塩をつめて1000度~1500度もの高温の炭窯で焼いた塩のことで、竹炭の炭素や豊富なミネラルがしみこんでいます。
殺菌・消炎作用に優れており、天然ビタミンE・スクワランも豊富。

スクリーンショット 2017-11-27 12.31.11

▶︎ ここをクリックして、おすすめの竹塩石鹸を見る


また、竹塩は微細な汚れを吸着する働きもあるので、ニキビや吹き出物の原因の毛穴汚れをしっかり落としつつ、
栄養を補給して、酸化=老化を防ぎます。

まさに「肌断食」にはもってこいの石鹸ですね!

竹塩の原料はミネラル豊富な海塩なので、
スクラブ効果も抜群。
専用のネットでたっぷり泡立てて洗顔すれば、毛穴汚れもスッキリ。
メイクもしっかりと落ちますよ。

24174264_1472877402820048_3975191631431159337_n
「クレンジング剤を使わなくてもいい」。
これだけでもう、肌への負担は大幅に軽減できるんです!

クレンジング剤は使えば使うほど肌が疲れていき、素肌の還元力を衰えさせてしまいますが、
竹塩石鹸は、洗えば洗うほど、お肌が元気になるって感じです。

また、保湿成分のオリーブオイルも配合されているので、
洗い上がりは全くつっぱらず、乾燥しません。
洗顔だけで化粧水をつけなくてもキメが整うし、しっとりしている感じがします。

olive-oil-968657__480

▶︎ ここをクリックして、おすすめの竹塩石鹸を見る


美肌効果の高いビタミンBやセラミドなどが豊富な「米発酵エキス」も配合されているので、
毎日使い続けると、肌のキメが整うのが分かります。

「竹塩・オリーブオイル・発酵米」の3成分が、肌のくすみケア、乾燥ケアに効果が期待できますね!

ちなみに竹塩石鹸は、保湿力と洗浄力の両方に優れているので、これで髪や体も洗えるんですよ。

普通の石鹸シャンプーは、洗えば洗うほどキシキシの髪になりますが、
竹塩石鹸で髪を洗ってもキシまないし、かゆくならない。

だから、わが家ではたまに子供の髪をこの石鹸で洗ってあげています。

52a885a5a40ca34231095fa8f734b5f4_m

完全無添加、非加熱、ミネラルたっぷりだから、毎日使える!全身に使える!

22549621_1480787388894634_5330610985727785442_n 2
竹塩石鹸は、完全無添加。
「10個のフリー」を実現しています。

1、界面活性剤フリー
2、防腐剤フリー
3、アルコールフリー
4、合成香料フリー
5、鉱物油フリー
6、パラベンフリー
7、合成着色料フリー
8、動物性原料フリー
9、非加熱
10、水不使用

だから、毎日使っていても肌に負担がかからない。

そして、素肌が元気になってくる。

23795784_1470884326352689_2656631434231369200_n

▶︎ ここをクリックして、おすすめの竹塩石鹸を見る


また、無添加石鹸は浴室に置いておくと「溶けやすい」という欠点がありがち。
気づいたらお風呂場で小さくなっている・・ということもあるかと思いますが、
竹塩石鹸は熱も水も一切使わない「真空加圧製法」で作られており、機密性が高く、水分が入り込む隙間がありません。
だから、浴室の湿った場所に置いておいてもドロドロになりません。

竹塩 2017-11-27 12.29.59のコピー
竹塩石鹸の還元&うるおいパワーで、
余計なスキンケアがいらなくなる、
浴室で長持ちする、
髪も体も洗える。

かなり経済的!
私はこの石鹸、かなり好きです!

24068274_1470884323019356_6433789671833983930_n
さて、肌をお休みさせる肌断食。

竹塩石鹸を使って、サビない素肌づくりを試してみてはいかがでしょうか?

洗顔と最低限のスキンケアだけで、すっぴんでも健康だった頃のお肌に近づけてみませんか?

試してみなくちゃ始まらない。
やるとやらないでは、自分の肌の状態を知る上で、
見えてくることが違うかも。


▶︎ ここをクリックして、おすすめの竹塩石鹸を買う

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

くみんちゅ
家族の体は、おかあさんの作るごはんでできている。 「こだわるけどとらわれない」をモットーに、誰もが作れる安心安全なレシピ作りを展開。 「もう何も食べられるものがない」から視点を変えてみる。 膨大にあふれる加工品や市販菓子より、 台所でにぎる塩おにぎりひとつ。 子供に、若者に、安全な食卓を。 さて、今日もごはんをつくりましょ。 FB ブログ
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ