よみもの

がんは「酸素」が嫌いだった!酸素不足もがんを引き起こす一因に。酸素を取り入れてがんになりにくい体になろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
fotorcreated

日常的に酸素を取り入れることの意味

がんが嫌う酸素を取り入れる必要性。酸素不足はがんを寄せ付けてしまう。

呼吸 出典:WooRis

私たちは、日々呼吸をしています。
酸素は、当たり前にあるような存在で、特に意識していない方が多いのではないでしょうか。

その度に酸素は、肺を通って血液に流れていきます。

酸素不足もがんを招く一因だということをご存知でしょうか?

もちろん、酸素が足りていてもそれ以外の因子も関係した結果、がんになってしまう方がいらっしゃいますので、
酸素だけが問題、ということではありませんが、糖や低体温などがんが好む要素のひとつに「酸素不足」があります。

がん細胞についての簡単なおさらい

がん予防をするにも、がん細胞の弱点を知る必要があります。
以前に書いた記事では、がん細胞の好きなもの、嫌いなものとして以下のものを紹介させていただきました。

がん細胞の好きなもの
□糖質(ブドウ糖:グルコース)
□35℃の環境
□酸性の環境(血液のpH)

がん細胞の嫌いなもの
□酸素
□高体温(平熱体温37℃)
□アルカリ性の環境(血液のpH)


参考記事
がんが大好きなものと,大嫌いなものを知ろう!死因理由一位の「がんに負けない体を作る方法」教えます。

がんと糖質の関係性。がん予防やダイエットに「糖質制限食」を行うことは果たして正しいのか?

がん細胞は酸素が嫌い?!

ミトコンドリアを増やすには酸素が必要だった!


がん細胞は、原始時代の細胞と同じ分類の細胞なので、酸素は嫌いなのです。

糖でしかエネルギーを作れない、そのかわりに無限に増殖することができます。

この中で、今回は私たちには有効に働く酸素に注目してがん予防についてお伝えいたします。
この酸素との関連も知っていることで、がん予防をより良いものにすることができます。

酸素に注目する理由の1つは、活性酸素を生み出すことでがんの増殖を抑えることができることです。

もう1つが、私たちの生体機能をしっかりと働くためのエネルギー産生の場となっている、ミトコンドリアに注目する必要があるのです。

しっかりと肺に酸素が行き渡り、血液を巡ってミトコンドリアでエネルギーをたくさん作れれば、体の機能でがん細胞ができそうになるのを止めたり、できても増殖を抑えることができるのです。


また、近年ではがん細胞は、正常細胞が体内で傷ついた時に穴を適切に塞げればいいのですが、あまりに正常細胞で時間がかかると、免疫ががん細胞を誘導してがん細胞で穴を塞ぐことがわかってきています。

こんな体の反応からも、しっかりと細胞分裂して正常細胞で修復できるためにするためにも、エネルギーを作ることは大切な鍵になります。

これらの理由から、酸素を取り入れてミトコンドリアの数が多いことが重要なポイントとなるのです。

ミトコンドリアを増やし、活動しやすくするために必要なこと

空腹状態をつくる・断食をする

bottle-852133_960_720
近年では「1日3食」いただくよりも適度な空腹状態にしておいた方が調子がいいことを気づき始める人も少なくありません。

この適度な空腹状態により

「成長ホルモン」:肌や傷ができやすい粘膜の再生・修復を促します。
「サーチュイン遺伝子」:遺伝子の修復を促し長寿・アンチエイジングにも関係します。
「アディポネクチン」:適度な脂肪細胞から分泌されることにより血管の若返りに関係します。

促されることで血液の酸素、栄養を隅々に行き渡らせることができるようになります。
すべて生体機能を正常に機能させるのに重要な役割があります。

これらのおかげで、がん細胞が生まれることも、増殖して大きくなることも最小限に抑えることができるようになります。

これから始める皆さんも「腹八分目」や「お腹が鳴ってから食事をする」、
「毎朝のプチ断食」のように、無理せずに行えるものから少しずつ実践してみましょう。

熱を生み出す

寒いからと言って何枚も重ね着は危険。自分で熱を作れなくなる。

141209_uchi_ey 出典:モテ子BEAUTY

体温をあげるために重ね着をする方がいますが、これは根本的な解決にはなりません。


特に冬に寒いからといって重ね着を何枚もすることはオススメできません。
服で保温を強化すると体がその分だけ熱産生を怠けてしまって、自分で熱を作らなくなってしまいます。

それは、次第に使わないエネルギーの材料を脂肪に変えてしまいます。

冬でも我慢できる程度の服装にして、自分で熱を作るように促すことで、ミトコンドリアの数が増えて体温を上がるようになります。


外から服をきて温めるのではなく、白湯を取り入れた深部体温を上げる方法や、玄米ご飯を含めお米ををいただくことで、体から熱を作りやすくなります。

細胞レベルで健康に。体に備わる「ミトコンドリア」を活性化させ、病にならない体を作る方法とは。

ガンは低体温が大好き!ただのお湯じゃない、白湯の知られざる健康効果がスゴイ!10分でできる簡単な作り方。

筋肉を増やすことで服に頼らず、自分で熱を作ることができるようになり、脂肪も燃焼されて健康的な痩せた体にもなります。

リラックスして深呼吸をする時間を作る。

yoga
酸素をうまく取り入れるにはリラックスした状態で腹式呼吸・深呼吸するのも有効な方法だといえます。
特に現代人はストレスが溜まっているので、呼吸をうまく行えなず、日常的に浅い呼吸をしている方が多い傾向にあります。

wellness-285587_960_720
日頃、あまり運動しない方は、ヨガの軽めの運動と呼吸法も身につけることから始めるのがいいでしょう。
体を動かす準備ができて、呼吸も深い呼吸ができるようになるためオススメです。

中でも、ヨガなどの呼吸法を整えておこなうトレーニングは、日ごろ緊張した私たちの体をほぐしてくれるばかりでなく、酸素を意識的に取り入れることにもつながるのです。

また寝る前にベッドの上やお風呂の中で深呼吸を行う時間をつくることもおすすめです。

運動の必要性。有酸素運動を通じて酸素を取り入れる。
太ももと背筋にミトコンドリアが集中している!

150_%e5%85%83%e6%b0%97%e3%81%aa%e5%a5%b3%e6%80%a7_re 出典:ヘルすぐ

体を動かすことに慣れてきたら、息を上がらない有酸素運動をしましょう。
インナーマッスルを増やすことで、ミトコンドリアの数もその分だけ増やすことができます。

また、ミトコンドリアは背筋と太ももに多く存在すると言われておりますので、背筋を伸ばして早歩きやスクワットをできる範囲で取り入れるのも良いでしょう。

回数を増やしたり、毎日やるよりも2、3日に1回のペースで運動を行う方が、筋肉の再生もしっかりと行われて、筋肉を傷めず少しずつ増した状態で運動ができます。

また、筋肉がつくことで熱を作ることができやすくなるため、冷え性を含めた冷えに関係する不調改善にもつながります。

まとめ

満腹・過剰な重ね着・有酸素運動不足が病気を招く!
ミトコンドリア活動、はじめよう。

main 出典:女性向けのダイエットに適したスポーツ

ミトコンドリアの数は1細胞あたりで100~3,000個程度と言われています。
ただ、1細胞あたりの数にかなりの差がありますので、同じ60兆個の細胞でも1細胞あたりで100個あるのと、3000個あるのとでは、体の効果に数以上の差が出てもおかしくありません。

体の甘えは、ミトコンドリアを減らすと考えていただければと思います。

満腹に食べること、過剰な重ね着、運動不足に注目していただいて、ミトコンドリアを増やす「ミト活」を行っていきましょう。

おすすめの記事 こちらも読んでみよう。

30年で3倍に増えた乳がん。乳がんリスクを上げる「6つのリスク要因」と、乳がんになりにくい生活の送り方。

ガンは味噌が苦手?! 毎日3杯以上の味噌汁で乳がんの発生率が40%も低下。「味噌活」をはじめるメリット 。

現代女性にとって最も身近ながん「乳がん」と食べ物の関係性。他人事でない、乳がんの実態と対策。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

宮本知明
薬剤師/GAJ認定ジェモセラピスト(植物療法士)/漢方ソムリエ。 病院薬剤師を経て“薬と共存しない生活”の念いからホリスティックな健康観と出逢う。新婚女性、新米ママさんを西洋医学・東洋医学・自然療法の良さを合わせた統合医療の知識をもった“ホリスティックな健康観を持つ女性”に育成する「ホリスティック医療家」として執筆業・講師業で活動中。 公式ブログ /公式HP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. うつになる前に知っておきたい、多くの若者を悩ませるストレス性精神…
  2. 「シナモン」は実は生姜を超える最強の温め食材!簡単すぎる自家製基…
  3. onion_powder_penzeys_spices_arlington_heights_ma 毎日使っている「だし(出汁)」の裏側。 スーパーでみかける「無添…
  4. FotorCreated 知らずに食べ続けている。毎日の食事に潜むショートケーキ一個分以上…
  5. panpa イーストパンは体を冷やす?安心材料で意外と簡単!天然酵母パンの作…
  6. 生活習慣病対策、肩こり、冷え、抜け毛まで。私が実践して効果的だっ…
  7. ffghhhhhh 「オリーブオイル8つの信じがたい真実。」市販オリーブオイルの8割…
  8. gf01a201503300900 春の不調にさようなら!春を10倍快適に過ごす具体的なマクロビオテ…

新着記事

デイリーランキング

ライター

  • 松浦愛
  • manami sasao
  • 小林謙太郎
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • 戸田 耕一郎
  • 宮本知明
  • まどか
  • izumi
  • 越野美樹
  • 佐次本陽子
  • TakiAki
  • IN YOU 編集部
  • 河口あすか
  • kimuratomomi
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 宮崎麻実/Mami Miyazaki
  • 前之園知子
  • 山口菜摘美
  • ami tominaga
  • 金戸 隆雄
  • 松永加奈恵
  • Koyuri
  • 高橋直弓
  • yuko matsuoka
  • 村井砂織
  • 加藤美希
  • 伊賀るり子
  • 増田佳子
  • 穴沢悦子
  • Shoko Fujii
  • 小池 桃香
  • 青山 ひかり
  • 千原 清花
  • 水川美希
  • ゆっか
  • 黒澤彩
  • 宮浦 浩美
  • Saori Tanaka
  • yuko funatsu
  • 茂木紀三巴
  • 松原 よしり
  • Mika K. Alpay
  • iisa
  • isacoco
  • 室谷 真由美
  • 湊 綾香
  • tori
  • 奈南有花
  • TakeuchiMariko
  • あおき ヒカリ
  • 山田朋枝
  • タカ大丸
  • 西田 かおり
  • kanaho takahashi

カテゴリー

PAGE TOP