よみもの

現代病にならないために必要なこと。それは「免疫力を高めること」につきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
green-juice-769129_640

免疫力をいかに正常化させることができるかどうか


糖質制限、断食、デトックス、ゲルソン、甲田療法、玄米菜食・・・・
予防にも様々な方法があり、皆さんの中でも混乱されている方も多いかもしれません。

いろんなものがありますが、治療としては良いものであってもがん予防を続けていくとなると一般人が実践するには難しいことも少なくありません。

まずは「免疫力を高めること」これが大前提です。

今回は、免疫力向上に注目して、予防の視点で、私たちが日々生きていく中で無理なくできるものをご紹介いたします。


体温を上げる

体温が1度さがると免疫力が37パーセント落ちる。

thermometer-106380_960_720
「冷えは万病のもと」とよく言われますが、免疫力と体温には深い関係をあります。
一般的に、体温が1度下がると免疫力が約37%、基礎代謝が12%、体内酵素の働きが50%低下すると言われています。

体温が低いと免疫の主役である白血球の機能が低下してしまい、体の血流も低下するため白血球が体の隅々まで運ばれなくなってしまいます。

体温を37℃に保つことは、体の機能を最大限に引き出すことにつながります。


冷え性で手足、お腹の冷えを毎年感じている女性は、生理不順になりやすく、生理痛が強く出ることが多く、子宮に関連した病気になりやすくなります。

よもぎ蒸し、あずきカイロで体の芯まで温めたり、氷の入った冷たい飲み物を控えるようにしたり、部屋が冷えるとき用にカーディガンなど常に持ち歩いて服装をコントロールしましょう。
今は大丈夫でも、冷えからくるこれから先の健康には注意が必要です。


参考記事
生理痛が当たり前だと思ってたら大間違い!実はもっと怖い病気が隠れていることも・・

筋肉を動かす

自分で発熱する力をつくる

347af9920074153l
体温が低い状態を改善する方法に重ね着をしたりすることも効果的ですが、自分で発熱をする力をつけるようにしましょう。
そのためには、筋肉が必要です。
近年では、女性はするスリム系に憧れるあまり間違ったダイエットのやり方で筋肉を減らしリバウンドで脂肪をつける人が20代・30代女性に多いです。妊娠にも少なからず影響してきます。
逆に、雑誌のモデルをやられている方ほど、しっかりと運動をして筋肉をつけています。
ヨガ、軽めのウォーキングのような有酸素運動を取り入れている方が多いです。

ちょっとした時間にスクワットや、腹筋をやってみる、大きい歩幅で歩くだけでも良いです。
筋肉の中でも特に、背筋とももの筋肉をつけることでエネルギーを生み出すミトコンドリアの数が増えやすく、熱をたくさん生み出すことができます。
運動も併用しながら、少しずつ気候に合わせた無理ない服装ができるようにしていきましょう。

参考記事
がんは「酸素」が嫌いだった!酸素不足もがんを引き起こす一因に。酸素を取り入れてがんになりにくい体になろう

自律神経を整える

ストレスをためないこと。

7676579466_42b4fd82d1_b
自律神経を整えることは、あらゆる体の機能を正常に働かせるのに大切なことです。

そのためには、ストレスをためないことも大切です。
ストレスが過剰にたまると交感神経が過剰に働いて、いつでも戦闘体制になり、同時に免疫の機能も低下しやすくなっていまします。

免疫の中でも悪いものを倒す白血球の仲間の「リンパ球」は、副交感神経で活発になります。
入浴をすることで、血流も巡りやすくなり体温も上昇し、リラックス効果で免疫力も向上します。

熱すぎるお湯だと交感神経が働いてしまいますので、40℃いかない程度のぬるま湯を10〜15分浸かると効果的です。

参考記事
ストレスは三段階のプロセスに及んで私たちの体を蝕んでいた。侮れない「ストレス」がもたらす体・心・命を壊す本当に怖い話。

また自律神経は、私たちが念じても入り変えることができません。しかし、腹式呼吸による深い呼吸は、自律神経が乱れた時に唯一自分で制御できる手段の1つです。交感神経が過剰に働くと呼吸は浅くなってしまいます。意識して、深呼吸する機会を作って副交感神経を少しでも働かせ、酸素が血液にしっかりと巡るようにしましょう。

参考記事
がんは「酸素」が嫌いだった!酸素不足もがんを引き起こす一因に。酸素を取り入れてがんになりにくい体になろう

睡眠も免疫を上げるのに大変重要な役割をしております。睡眠時に骨髄では白血球、赤血球、リンパ液などが生産され、血流が良くなり体が持つ病気や病原体への抵抗力や免疫力を高める働きもあります。睡眠をおろそかにせず、最低でも6時間睡眠が取れるような生活を過ごすようにいたしましょう。

参考記事
眠れない原因を徹底解説します!現代人にありがちな4つの不眠症から見る対処法。

食生活と血液をきれいにする毒だし

砂糖、ジャンクフード、農薬のついた食材、添加物を蓄積させない。なるべく取り入れない。


pyramid 出典:末期がん闘病記

免疫力を上げるときに、見直してほしいのが毎日の食生活です。


糖質、脂質、塩分の多い食事や、ジャンクフード、お菓子を食べていたり、農薬が使われている食材、添加物の多いものを選択したりしていては血液に溜まっていきやすくなります。

まずは、食材、調味料を無農薬や自然栽培のものに切り替えるなど、良いものを選択できるようにしましょう。

食べ過ぎないこと、腹8分目は何よりも重要

また食べ過ぎもよくありません。

食べ過ぎると消化しきれずに腸内環境が悪化することにより血液が汚れたり、そのほかにも免疫力を直接的に左右する白血球の動きが鈍くなり、免疫力が低下していまますので、がんに耐えうる状態になってしまいます。

時々断食などを取り入れたり、小食を心掛け、おなかがすいてから食べることを徹底しましょう。

参考記事
何気なく食べている食べ物があなたの腸を炎症させている!知らないとコワイ消化管の慢性炎症から起こるリーキーガット症候群とは。
便秘を放置しないで!女性死亡率第1位の大腸がんを引き起こす「悪玉菌与党政治」に勝たせない生活の送り方。

pyramid 出典http://kenkou.happippi.com/pyramid/

アメリカでがん予防に効果がある「デザイナーズフードリスト」に含まれる食品群も紹介されるようになってきております。上記はデザイナーフーズ・ピラミッドの図です。
1990年にアメリカの国立癌研究所が打ち出したプロジェクトでガン予防効果の高い食品40種類が示されています。
上に行けば行くほど、予防効果が高い、と考えられています。

ここに記載されているような食品を万遍なく摂取するようにして、免疫力向上とがん予防に役立ててみましょう。

また、毎日のお通じがないことも毒をためる原因となります。
腸内環境が悪いと、悪玉菌の影響で肝臓での解毒機能が正常に機能しなくなってしまいます。
プチ断食や、季節の変わり目に行うファスティングを行ったりするのも良いでしょう。

血液に汚れは、活性酸素を増やす要因にもなりますので、食品からのスカベンジャー成分や、水素カプセルを用いて活性酸素除去にも務めると良いでしょう。

参考記事
活性酸素を除去するスーパー戦士「スカベンジャーズ」は食品からも摂れる!病の原因「悪玉活性酸素」 を除去し体の負担を減らすには。

最後に


一番忘れてはいけないことが「生きることをあきらめないこと」です。
がん宣告と余命宣告の考え方の違いで、皆さんの人生を第2のスタートにできるかどうかに大きな差が生まれてきます。
治療後、家族で旅行に行く計画を立てたり、趣味を始めることを考えてみたり、家族で前へ向いていけるように目標を作りましょう。
そのうち余命を軽々と超えて、治療もしなくも経過観察で済む体に近くなっていきますよ。

今回ご紹介した内容は皆さんの「生きる希望」に後押しするものばかりです。
本日お伝えしたことを心にとめていただき、一日も早く実践してみてください。

この記事を読んだ人におすすめの記事

子宮がんを患って知った食の大切さ。私の体が劇的に再生した食べ物と、食べ方をご紹介します。

がんは酸性環境が好き!体内を自然治癒力を引き出す「アルカリ性環境」に変える方法とは

体に蓄積した有害物質を出す!今日から始められる断食と少食法で病知らず。究極のデトックス法とは。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

HANA化粧品

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

宮本知明
薬剤師/GAJ認定ジェモセラピスト(植物療法士)/漢方ソムリエ。 病院薬剤師を経て“薬と共存しない生活”の念いからホリスティックな健康観と出逢う。新婚女性、新米ママさんを西洋医学・東洋医学・自然療法の良さを合わせた統合医療の知識をもった“ホリスティックな健康観を持つ女性”に育成する「ホリスティック医療家」として執筆業・講師業で活動中。 公式ブログ /公式HP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 新常識!1歳半からの離乳開始で「魔のイヤイヤ期」を経験しなかった…
  2. _MG_1619 北信州の伝統食、「ぼたんこしょう味噌」と「なめ茸」が限定販売中!…
  3. 12899882_10208842588447860_2123857641_n 体液の浄化を促し、毒物の排泄をする身近な万能ハーブ「春のタンポポ…
  4. soymilk05 【検証】「豆乳は体に良いの?悪いの?」大豆製品のウソとホント。
  5. sugina2222 がんに有効な成分も!有害物質の排出に役立つ、デトックス野草「すぎ…
  6. img_4114 砂糖不使用!材料はたったの3つだけ。おせちに食べたい「林檎きんと…
  7. FotorCreatedff なぜ欧米はオーガニック愛好家が多いのか?日本人が肉中心のアメリカ…
  8. 「知らなかった」では済まされない?!魚に含まれる有害な「水銀」の…

新着記事

デイリーランキング

ライター

  • 松浦愛
  • manami sasao
  • 小林謙太郎
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • 戸田 耕一郎
  • 宮本知明
  • まどか
  • izumi
  • 越野美樹
  • 佐次本陽子
  • TakiAki
  • IN YOU 編集部
  • 河口あすか
  • kimuratomomi
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 前之園知子
  • 宮崎麻実/Mami Miyazaki
  • 山口菜摘美
  • ami tominaga
  • 金戸 隆雄
  • 松永加奈恵
  • Koyuri
  • 高橋直弓
  • yuko matsuoka
  • 村井砂織
  • 伊賀るり子
  • 加藤美希
  • 穴沢悦子
  • Shoko Fujii
  • 増田佳子
  • 小池 桃香
  • 青山 ひかり
  • 水川美希
  • 千原 清花
  • ゆっか
  • 黒澤彩
  • 宮浦 浩美
  • Saori Tanaka
  • yuko funatsu
  • Mika K. Alpay
  • iisa
  • isacoco
  • 室谷 真由美
  • 湊 綾香
  • 茂木紀三巴
  • 松原 よしり
  • tori
  • 奈南有花
  • TakeuchiMariko
  • あおき ヒカリ
  • 山田朋枝
  • タカ大丸
  • 西田 かおり
  • kanaho takahashi

カテゴリー

PAGE TOP