よみもの

今や日本のトイレで当たり前となった「ウォシュレット」が腸内環境を悪化させ、重篤な病気を引き起こすかもしれない危険なリスク。外部の力に頼らず、腸に負担をかけないで宿便を出す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウォシュレット_2005_(1279495918)

腸内洗浄でお腹の中を一掃することは、お腹の中に便が溜まることより体調を崩す原因になります

abdominal-pain-2821941_640

人間の排泄とは「上から入れたものを下から出す。」この繰り返しです。


なんらかの消化器の不調によってその上から入れたものが戻ってしまう嘔吐と、
腸の不調や疾患によって便秘や下痢をしてしまうのは人間の健康的な生活を営めなくなる要因となりますが。

その中でも慢性的疾患として一番多いのが「便秘」 。
便秘が続く事でストレスが溜まるほか、肌荒れや腹部膨満など特に女性の美容に大敵の症状が現れてしまうため、
中には専門のクリニックで行っている「腸内洗浄」に通う人も多いようです。

そしてこういうクリニックのホームページに訪問すると、よく見るのは「宿便」という言葉


確かに「宿便」という言葉がとてもイヤーな響きをしていて、これが腸内にあるということを考えるだけで洗い流したい気分になってしまうのも無理はありませんが、
そもそも宿便があっても定期的な排泄があれば長期にわたって腸内にとどまるという心配はありません。

それよりも、一番怖いのは便だけでなく腸内細菌が一気に体外に排出されてしまうということです。


腸をピカピカに掃除にすることよりも大事なのは、腸をしっかりと機能させて腸内細菌が活発に活動していることです。

ad-2946440_640
私たちは自分の腸の内部を病院で検査する機会がない限りチェックすることは出来ませんよね。
だから大便がお腹の中に留まっているのがなんか不快で、なるべくならいつでもお腹をスッキリとさせたいと思ってしまうのが普通です。
でも、本当はお腹の中に便があることはそんなに悪いことではありません。

私たちは胎児の時に母親の無菌状態の子宮から誕生して、生後一年をかけてゆっくりと腸内細菌叢を築きながら免疫を覚えていきます。
生後一ヶ月未満の赤ちゃんが感染症にかかりやすいのもそういった理由からです。

だから便が溜まることより何より体にとって危険なのは私たち大人が腸内洗浄をして、腸の中のものをなにもかも一掃してしまうこと。
要するに私たちが生後一ヶ月未満の赤ちゃんのように腸内細菌叢の構築をし直すということになり、
その期間中は免疫機能が大幅に低下しているということに繋がっているのです。


清潔好きの日本が生んだウォシュレット崇拝文化が危険な腸のトラブルを引き起こす可能性

wc-1284608_640
section_b_graf01 2
温水洗浄便座の普及率
出典:内閣府 消費動向調査


グラフは1992年から2017年までの温水洗浄便座の一般世帯の普及率、保有状況を示したグラフです。
20年前までは贅沢なものであったウォシュレット付きトイレはいまや一般世帯でも80%を占めるほど当たり前の存在になっていて、
海からの旅行者からもその機能性の高さが人気ですが、この便利なウォシュレットも使い方を間違えると
思わぬ不調を引き起こす可能性があることはあまり知られていません。

私たちの肛門の周辺には「皮膚常在菌」というものが存在しています。
この皮膚常在菌は皮膚を「酸性」に保つために付いているもので、この事で肛門から有害なウイルスや細菌がくっついてこないように守ってくれる働きをしています。
しかし、ウォシュレットで1日に何度も肛門を洗浄していると、あの強力な水圧によってこの大切な皮膚常在菌と酸性に保っていたバリアまでが洗い流されてトラブルを起こしやすい状態になってしまうそうです。

中でも一番多いのが排便のたびに肛門の周辺に痛みが生じる「肛門周囲皮膚炎」という病気で、
これが悪化すると膿が溜まり激しい痛みと高熱、全身の倦怠感を感じるようになり、最悪の場合は敗血症を引き起こす危険性もあります。

クリニックでの腸内細菌は勿論ですが、ウォシュレットも便利ですがなるべく使いすぎないように、
使うとしても1日1回以内に止めるようにして洗浄のしすぎにはくれぐれも注意しましょう。


本来は上から入れて下から出す一本の管から始まった私たち。
その自然の摂理から逆らわずに自然の摂理に合わせて口に入れるもので腸内環境を整えていきましょう

vegetables-1578255_640
私たち現代人は即効性を求めるあまり、ついつい外部から刺激を与えて腸内をスッキリきれいにしてしまいたい欲望に駆られますが、
大事なのは腸をデトックスすることだけではなく同時に腸内環境を整えること。

ではウォシュレットも腸内洗浄も危険なら、宿便がとれるあのスッキリした状態をなんとか手に入れたいと思ったら、どんなことを意識していけばいいのでしょうか。

腸内デトックスを促しながら、腸内細菌を守り整える一番簡単なことをまとめてみました。


体調や時間に適したお水を飲見分ける

cup-1230651_960_720
日本人は欧米人に比べると水の飲み方や種類に対してとても無頓着だと言われています。
それは優れた水道局の濾過技術や山からの湧き水などに恵まれた国であるというのも要因かもしれませんが、水といっても軟水から硬水まで種類があります。

その時々や体の状態を見ながら飲む水を選び体の水分量や、
ミネラル分を調整するのが上手くなれば、排泄を体に害を及ぼすことなく促し、快適な腸内環境を整えていくことにも繋がります。

●体調が優れない時、就寝前飲む水

硬度が0〜100mgの軟水
軟水はミネラルの保有分が少ないため体にかける負担も最小限に抑えられるため体調を崩した時の水分補給としてはちょうど良い水分となってくれます。
また就寝前に軟水を摂取することで心筋梗塞や脳卒中を予防する効果もあります。

日本はアルカリ度数が高い良質な軟水が豊富です。
色々飲み比べて自分の体に合うものを探してみてください。

●高血圧や高脂血症、慢性疲労に飲む水

硬度が100mg〜300mgの中硬水

喉が乾き始めた時にこの中硬水を飲めば心筋梗塞や脳卒中の予防にもなりますが、高血圧や高脂血症の改善にも期待できるのがこの中硬水だと言われています。
基本的に体調不良や下痢の時、または就寝前などは体に負担がかかるのでオススメできませんが慢性疲労でお悩みの場合は中硬度の炭酸水がオススメです。

●便秘の改善や疲労回復、起床したとき飲む水

硬度が301mg以上の超硬水
宿便が溜まっていて気になる場合は超硬水をお勧めします。

硬水に含まれるマグネシウムは便を柔らかくしてカルシウムが腸の蠕動運動を促してくれるのでお腹が張る時はオススメです。
また便が硬くなりがちな場合は炭酸水を起床した後に飲むことで胃腸を活性化させたり便を柔らかくしてくれる効果もあります。

超硬水は国産のものが少ないためスーパーでは海外産のものが主流となります。
超硬水は初めは苦みや飲みにくさを感じてしまうかもしれませんが、まずは少しずつ試していくことでだんだんと美味しく感じられるようになる人も多いようです。

食物繊維を多く摂る

seaweed-2499345_960_720
「便秘には食物繊維」こんなこともう聞き飽きているとは思いますが食物繊維の働きは便がでやすくなる事だけではありません。
腸内の中では、高脂肪のものや添加物などによって悪玉菌が優勢になることで毒素が蔓延して炎症を引き起こしたり癌になったりすると言われていますが、
食物繊維には、この悪玉菌の異常繁殖を抑えて善玉化させてくれるというとっても有難い効果があります。

食物繊維には水溶性と不溶性の両方がありますが、腸内細菌のエサとなりやすい水溶性食物繊維と、
強力な吸引力によって腸内の不要なカスを絡め取る不溶性食物繊維をバランス良く摂ることで、腸内環境を整えながら最高のデトックスを行うことができるのです。

水溶性には昆布やわかめなどの海藻類やごぼう、にんにく、人参に多く含まれており、
不溶性にはきのこ類や香味野菜などに多く含まれています。


これらを偏らずに摂取していくことが腸内環境を改善していく鍵にもなります。

特にキャベツや豆類、こんにゃくなどは水溶性繊維と不溶性繊維を両方含んでいるので、
お腹が張っている時はこれらの食材を効率的にお料理に取り入れていきましょう。

● IN YOUオススメの天然ワカメ
●IN YOUオススメのごぼうペースト


清潔になりすぎてしまった日本が受けた代償。
寄生虫保有者と反比例して増加していくアレルギー疾患と花粉症患者

allergy-1738191_640
現在、日本国民の30%以上の人が何らかのアレルギー疾患を持っているとされており花粉症は年々増加の一途を辿っています。
ちなみに花粉症は60年前の日本人には見られなかった疾患だったそうです。

1963年に初めて花粉症の疾患が見つかったころ、世の中に無くなっていたのは寄生虫の感染者だったそうで、
日本の清潔志向が高まるにつれて寄生虫や回虫はほぼ消えていたのと反比例するように日本人はアレルギー疾患や自己免疫疾患が異常なほどに増加していったと言われています。

その原因は未だはっきりとはされていませんが、きっと日本人が清潔になり過ぎてしまったことも要因の1つだと考えられます。

要するに細菌感染を過度に押さえ込もうとして抗生剤を多用してきた結果、
現代の日本人は清潔になりすぎた体と引き換えに細菌バランスの崩れた免疫力の低下した体になってしまったのかもしれません


私たちの先祖となる最初の多細胞生物は生命活動のために最初に腸を作り出したと言われています。

最近の増殖を抑える抗生剤が今の時代に人類を繋げたことはもちろん忘れてはいけませんが、
同時に生物にとって最初の祖先である「腸」をないがしろにしてはいけません。

ましてや自分の不調を和らげるために無理やり洗浄をしたり下剤で刺激を与えるのは持ってのほか。
常に腸を敬い腸内細菌が元気に働いてくれるように意識していくことが結果的に免疫力の高い健康的な体を作っていくのだと思います。


オススメの腸内環境にオススメの食材

PR: Recommended items by IN YOUMarket
1129163528_5a1e63402ff3a 添加物も砂糖も不使用。やっと本物に出会えた!古代から伝わる醸造技術で作られた無農薬のお茶でできたコンブッカ今すぐここをクリック!
inyoumarket_miniC0908 日本初上陸!IN YOU限定。EUオーガニック認証取得済み!ヴィーガン・プロバイオティクス(乳酸菌)サプリメント今すぐここをクリック!

オススメの記事

目の渇き・かゆみ・頭痛・イライラ。東洋医学から見る、春に食べるべき食材と春の不調対策方法。肝を養い気を巡らそう。

電磁波過敏症で辛い私の日々を救った最強のアルカリ性ドリンク。材料3つの「手作りレモンソーダ」の作り方。 酸性化した私たち現代人の体を救うお助けレシピ。

一見、腸内環境に良さそうだけど良くなかった!あなたが毎日食べている意外な腸内環境を乱す3つの食品大発表!



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

ショップ

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

mamiko
幼少期より喘息で入退院を繰り返す病弱な幼少期を過ごすが高校時代に留学したニュージーランドでの生活で喘息の発作が激減し、健康な学生時代を過ごす。 20代半ばに再び喘息に悩まされ、30代前半には癌が見つかりそこから初めて「食養」に興味を持ち始め体が喜ぶと感じたままに体に過ごした結果、抗がん剤治療を行わなかったのにもかかわらず癌細胞が壊死していたという不思議な体験をする。 現在は主婦業をしながら日本の食物を中心とした日本の薬膳を学んでいる。 保有資格:国際薬膳食育師
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. dsc_5879 全て10分以内でできる!食べられる材料で、お家で安心入浴剤&パッ…
  2. leaves-829513_960_720 不正出血・無月経・多嚢胞性卵巣。生理不順でホルモン剤を多用してい…
  3. beverage-cups-2147903_960_720 意外と簡単だった!今すぐ始めたい『プラスティック・フリー』生活の…
  4. chair-3321246_960_720 世界幸福度ランキング上位の北欧。幸福度の低い日本は54位。日本は…
  5. nectarine-1074997_960_720 毎日食べている野菜と果物に含まれる危険な残留農薬量ランキング ワ…
  6. FGR 世界初のビーガン・サッカークラブとなったフォレスト・グリーン・ロ…
  7. 2435637665_34a1b439d2_b 「アミノ酸等」と「アミノ酸」は全く違います。遺伝子組み換え技術を…
  8. 800px-Ayase_4chome_in_Adachi 日本の住宅は北欧よりも10倍お金がかかる驚愕の事実!短寿命で高額…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • 越野美樹
  • 佐野亜衣子
  • 松永加奈恵
  • 品川まどか
  • 工藤 万季
  • hiroro
  • izumi
  • うちゅう
  • riko tanaka
  • 河口あすか
  • lelien
  • 煙山 昭子
  • yuriesasaki
  • 池田 歩
  • yokosato
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • 桺町 瑠璃
  • haruna
  • 霜崎 ひろみ
  • ZuYu
  • 福原真一郎
  • hata ikue
  • 永樂茶百合
  • ayukotaniguchi
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • mamiko
  • Akitsu Kitahara
  • 柳千妃路
  • 加藤 晴之
  • MARIE
  • 中村 りえ
  • 滝野 清
  • AYANO
  • 加藤 貴大
  • Kawasaki Mariko
  • ゆみえこば
  • 山﨑 拓
  • 井村 政子
  • Kayo
  • 室谷 真由美
  • 山口 りりこ
  • UharaRisa
  • YoshiAraki
  • 森智世
  • Ayako Endo
  • 古村優里
  • 桑村 亜美
  • 柳原 里実
  • 豊池 晃
  • 深井ゆきえ
  • arikawatoshiko
  • yumi
  • 鈴木 こなみ
  • 小泉 沙耶
  • keiko nakagawara
  • joko
  • 近藤 栞
  • jyuan
  • 坂田 まこと
  • みずしま さちの
  • 佐藤いづみ
  • 袴田 はるか
  • Mao
  • AKIKO MIYAKAWA
  • akemi
  • 佐々木 里奈
  • ami iwasaki
  • 小西 尚子
  • 関塚 祥子
  • 桜桃
  • 三浦 郁惠
  • 坂の上零
  • nana
  • yoko
  • 高根 佳子
  • 平野浩靖
  • 阿南 まどか
  • みふすや
  • 由香
  •  肖瑶
  • ayumifukuda
  • 薬膳 ともこ
  • 日向葵
  • 水鳥川崇春
  • yoshimike
  • Ninomiya Koji

カテゴリー