メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
本物のオーガニックが見つかるオーガニックショップ IN YOU Market 本物のオーガニックが見つかるオーガニックショップ
IN YOU Market
朝起きたばかりなのに疲れている・・それミネラル不足では?

コレステロールは本当に健康に悪いのか|その真実と食事での対処法

french fries 923687 1280

あなたの中に「コレステロール=健康に良くない脂質」というイメージはありませんか?

ただ20代後半や30代前半の方だと、あまり“ピンッ”と来ないかもしれませんね。

実は、女性の方は男性にはない理由で、コレステロールの問題に直面する時があります
そこで今回は、今すぐ知っておきたいコレステロールのお話コレステロールと上手に付き合って行くための食事のプチポイントをお伝えしていきます。

コレステロールの正体と、悪者扱いをされる理由とは?


コレステロールの正体は、
皆さんもご存知の通り脂質です。

脂質にもいろいろな種類がありますが、
どうしてコレステロールが、健康に関するテレビ番組や雑誌、SNSなどで何かと話題に上がるのでしょうか?

まず、コレステロールが私たちの身体にどんな影響を与えているのかをお話をます。

コレステロールは、私たちの身体になくてはならないもの


何かと悪者扱いをされているコレステロールですが、

・細胞膜
・ミエリン鞘(神経細胞の一部)
・女性ホルモンなどのステロイドホルモン
・胆汁酸

など、コレステロールは私たちの身体をつくるために必要不可欠な材料です。

それにも関わらず、どうして「コレステロール=健康に良くない」というイメージがついたのでしょうか?
それは、身体の中でのコレステロールの運ばれ方に関係しています。

「善玉」、「悪玉」という名前が、
コレステロールへの誤解を産んでいる


身体の中でのコレステロールの運ばれ方について詳しく見ていきましょう。

例えばあなたの身体の中で、細胞膜やホルモンを作るために「コレステロールが必要だ!!」と訴えている場所があったとします。そうするとあなたの身体は、肝臓で合成したコレステロールを必要としている場所(細胞)まで運びます。

ところが、ここである問題が発生します。
脂質であるコレステロールは本来、ほとんどが水分で出来ている血液に溶け込むことが出来ません
そのため、たんぱく質に包まれた状態になることで血液中に溶け込み、運ばれます
このような状態になったコレステロールのことを「LDLコレステロール」と呼びます。

LDLコレステロールをもう少し馴染みのある言い方に変えると、悪玉コレステロールです。おそらく健康に興味のある方なら、この呼び名を聞いたことはあるのではないでしょうか?

ちなみに身体中の細胞から余ったコレステロールを回収して、肝臓に届けてくれるのが善玉コレステロール(HDLコレステロール)です。

つまり、余ったコレステロールを回収するから「善玉」、身体中にコレステロールを運ぶから「悪玉」と呼ばれているだけです。つまり“悪”と名前がついているものの、悪玉コレステロールも本来は私たちの身体に必要な存在です。
では、悪玉コレステロールのいったい何が問題なのでしょうか?

動脈硬化などの病気は、活性酸素が原因だった


動脈硬化などを引き起こす原因は悪玉コレステロールではなく、正しくは酸化された悪玉コレステロールです。

どういうことなのか、説明をしていきます。

活性酸素によって、本来の仕事ができなくなる悪玉コレステロール

IN YOUの読者の方だとご存知の方が多いかもしれませんが、
身体の中に入った酸素は化学変化により、活性酸素というとても不安定な酸素になります

不安定な活性酸素は安定するために悪玉コレステロールにくっつき、
悪玉コレステロールを酸化させてしまいます
このことの何が問題かというと、悪玉コレステロールは酸化すると細胞の中に入れなくなり、細胞に届かなくなることです。このままでは、酸化された悪玉コレステロールが血液中にどんどん増えてしまい、まるでお祭りの時の人混み状態になってしまいます。

そして、酸化された悪玉コレステロールが原因で様々な炎症が引き起こされるのです。

それを解決する上で活躍するのが、マクロファージです。

マクロファージは、白血球の一種で掃除屋さんの役目をしてくれる存在(※1)。酸化された悪玉コレステロールを食べることで、血液の中を掃除してくれます

「ふう、これ安心!!」かと思いきや、実はそうでもないのです。

掃除屋だったマクロファージが、トラブルの原因になる


酸化した悪玉コレステロールを食べたマクロファージを「泡沫細胞」と呼びます。泡沫細胞と呼ばれる理由は、悪玉コレステロールを食べたマクロファージはお腹がいっぱいになり、「泡立った」ように見えるからです。

もともと泡沫細胞自体はとても小さいので、通常であれば問題にはなりません。
ただ、「塵もつもれば山となる」ということわざがあるように、泡沫細胞が増えすぎると、
・動脈硬化
・脳血管疾患
・心疾患

などの循環器の病気に繋がりやすくなります

そして、その状況を防ぐためには、

・血液中の悪玉コレステロールの濃度を適正に保つ
・過剰な活性酸素が体内に蓄積しないようにする

ことが大切になってきます。

また特に、女性の方にお伝えしたいことがあります。

何かといえば、女性は閉経を迎えると女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減るので、血液中の悪玉コレステロールが増えやすくなるということです

悪玉コレステロールが増えやすいということは、活性酸素によって酸化される悪玉コレステロールが増えるということなので、動脈硬化などのリスクが高まります。

そこで女性の方は、次にご紹介する食事のポイントを実践されることをおすすめします。

女性に嬉しい成分がたっぷり!抗酸化サプリ「アロエビタミンCミックスラテ」植物の微量栄養素に注目したオーガニックサプリ

¥10,500 (税込)


悪玉コレステロールの増加と酸化防止のための食事方法


血液中の悪玉コレステロールを減らし、また酸化しにくくするためには、毎日の食事を通じた日常的ケアが大切になってきます。

ここではそのうち、特にポイントとなる食事でのケア法を2つご紹介します(※2)。

食事を通じたケアの方法①:水溶性食物繊維で摂り過ぎたコレステロールを排出しよう


野菜や果物に含まれる食物繊維のうち、水に溶ける水溶性食物繊維にはコレステロールの吸収を抑えてくれる力があります。現代の日本人は「食の欧米化」により肉中心の生活に偏りやすいため、野菜や果物の水溶性食物繊維はしっかり摂りたいところです。

基本的に野菜や果物には、水溶性と不溶性両方の食物繊維が含まれています。

そして不溶性食物繊維には有害金属などを吸着して、排出してくれるデトックス効果があるといわれています。ですから、水溶性食物繊維だけにこだわらず、いろいろな種類の野菜や果物などを食べることがおすすめです。

そうなると次に気になるのが、食物繊維の摂取量です。

厚生労働省では、18~29歳の女性の場合、1日18g以上の食物繊維の摂取が必要だと呼びかけています(※3)。

1日18gの食物繊維を分かりやすく例えるなら、中くらいのさつまいも3本分(皮付き)くらいです。

ここで注意してもらいたいことは、
一部のネットの記事などでは、食物繊維の摂取量について「1日に25g以上の食物繊維の摂取が必要」と記載している場合があることです。しかし実は、食物繊維が25g以上も必要になるのは脂質異常症と診断され、食事療法が必要な方の場合です。

厚生労働省は、食物繊維の摂り過ぎで生活習慣病のリスクが上がることはないとしていますが、摂取量のハードルが高いと続けることが大変になります。

健康に問題のない方の場合は、まず、いろいろな食材から1日18g以上の食物繊維を摂ることを目標にしましょう。


食物繊維をとろう!白米と同じ要領で簡単に炊ける!
岡山県産ぷちぷち無農薬自然栽培玄米2種セット【2セット(4個入り)】
¥8,056(税込)

食事方法②:野菜や果物が持つ抗酸化力で、悪玉コレステロールの酸化を防ごう


野菜や果物などの植物は紫外線から自分を守るために、様々な種類の抗酸化物質を備えています。

代表的な抗酸化物質としては、
ビタミンEカロテノイド、ビタミンC、ポリフェノールなどが挙げられます。

悪玉コレステロールが活性酸素によって酸化されないためには、野菜や果物に含まれる抗酸化物質の力を借りることがおすすめです。

ところが残念なことに抗酸化物質の力は、身体の中で長く続きません

よく、「野菜や果物を毎日、食べよう!!」と勧められるのは、抗酸化作用を身体の中で持続させるために、継続的にチャージする必要があるからです。

1食当たりの理想的な野菜の摂取量は、

・加熱してかさが減った野菜だと片手に一杯
生のままの野菜なら両手に一杯

だといわれています。ぜひ、毎日の食事の参考にしてみてくださいね。

体と環境にやさしい持続可能な農業を未来の日本のスタンダードに!
季節のおすすめオーガニック野菜セット【有機JAS認証】| 5品目
¥ 3,869 (税込)

野菜や果物の力でコレステロールと仲良く付き合おう


呼び方のせいで誤解を生みやすい善玉コレステロールと悪玉コレステロールですが、実際は両方とも私たちの身体に必要な存在です。

それでは、最後に今回の記事についておさらいをしておきましょう。

■活性酸素によって酸化された悪玉コレステロールは、マクロファージが食べて掃除をしてくれます。
■酸化された悪玉コレステロールを食べたマクロファージ(泡沫細胞)が増えすぎると動脈硬化などの病気に繋がりやすくなります。
■悪玉コレステロールを酸化させないためには、水溶性食物繊維と抗酸化物質の摂取がおすすめです。

活性酸素は、悪玉コレステロールを酸化させ、あなたの身体を病気に導こうとします。あなたの身体を守るために、野菜や果物の力を積極的に借りるようにすることが何よりも大切です。

オーガニック食品やコスメをお得に買えるオーガニックストアIN YOU Market

IN YOU Market

IN YOU おすすめの、抗酸化サプリメント

免疫力UPアイテム!ミネラルならこれ1つ。現代人の必須アイテム<1日200円の健康習慣>あなたの毎日が輝き始める無味無臭「飲むミネラル」 by Minery(ミネリー)

¥ 18,225 (税込)

添加物や有害物質、加工食品…酸性になりがちな現代人のpHバランスを整える!アルカリ性食品に特化したオーガニックサプリ「スーパーアルカリグリーンエナジーラテ」

¥ 11,100 (税込)

女性に嬉しい成分がたっぷり!抗酸化サプリ「アロエビタミンCミックスラテ」植物の微量栄養素に注目したオーガニックサプリ

¥10,500 (税込)

疲れ気味の時におすすめ!薬膳キノコの力に特化したオーガニックサプリ|豆乳やアーモンドミルクに溶かすだけの美味しい健康習慣!「スーパーマッシュルームチョコラテ」

¥ 9,300(税込)

日々の体調管理に!三つの驚くべき抗酸化パワーが凝縮|健やかな暮らしをサポートする現代人に必要なオーガニック・パウダー【スーパー・ラテシリーズ全3種セット】

¥ 29,190 (税込)


モリンガの先駆者が開発した、国内初発酵サプリ
栄養価が段違いにアップ!異次元のパワーを持つ「有機発酵モリンガ100%」
¥ 5,980 (税込)

こちらの記事もおすすめです!

コレステロールが低すぎると新たな病気を招くって本当?「コレステロール=悪者」は大間違い! 理学療法士が、「コレステロール」の本当の姿を伝えます。

「ドロドロ血を治すにはコレステロールを減らせばいい」は思い込み!?|血液サラサラを目指すために必要な食べ物や習慣とは?

極端な脂質やコレステロール制限はNG! 現役鍼灸師が教える、東洋医学からみた胆のう炎の予防対策。
<出展>
・※1:基礎栄養学 第4版 (新食品・栄養科学シリーズ―ガイドライン準拠)
・※2:臨床病態学 (新ガイドライン準拠エキスパート管理栄養士養成シリーズ)
・※3:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」炭水化物

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする
french fries 923687 1280

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ