メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

コレステロールが低すぎると新たな病気を招くって本当?「コレステロール=悪者」は大間違い! 理学療法士が、「コレステロール」の本当の姿を伝えます。

tama
整体師。 養成学校卒業後、理学療法士として病院に勤務。その中で、対症療法に躍起する現代医学に疑問を抱き、食事や環境要因を含め健康を一から見直すようになる。 現在は整体師として患者様の施術を行いながら、代替医療や食に関する知識を広めるための啓蒙活動を行っている。

「コレステロール」と聞いて、あなたはどのようなことを連想しますか?
「高いと良くない」「身体に悪い」「健康診断で引っかかりやすい項目」
といった、どちらかというとネガティブなイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。

実際に、病院や健康診断で数値を指摘され、薬を服用している方もいるかもしれませんね。

しかし、コレステロールは、本来身体にとって欠かすことのできない栄養素の一つであり、
人体を構成する一つひとつの細胞を包む細胞膜を構成し、ホルモンをつくるという、
非常に重要な役割を担っています。

したがって、コレステロール値が低いことによって生じる弊害もあるということです。
薬を使って安易にコレステロールを下げることが、
人体の機能という巨大な歯車を狂わせるきっかけになるとしたら…

それでもあなたはその薬を飲み続けますか?



そもそもコレステロールって?

コレステロールの役割



コレステロールは脂肪の一種ですが、
その役割について知っている人は意外と少ないように思います。

コレステロールには、主に以下のような役割があります。

・細胞を包む細胞膜を形成する
・性ホルモンや副腎皮質ホルモンを作る
・胆汁酸を作る
・ビタミン類の代謝に関わる


このように、コレステロールの働きは多岐にわたり、
私たちが生きていく上で決して欠かすことができません。

一日に必要なコレステロール量は1000〜1500mgといわれていますが、
そのうちの3分の2は肝臓や脳で作り出されるため、
食べ物から補うべき量は3分の1とされています。


LDLとHDL



コレステロールは、たんぱく質と結合してリポたんぱく質という物質になります。

コレステロールを気にしている方であれば、
「LDL(悪玉)コレステロール」「HDL(善玉)コレステロール」という言葉を
よく耳にするかもしれませんが、これらは正確にいえばリポたんぱく質の一種です。

LDLは肝臓で作られたコレステロールを全身に運び、
HDLは余分なコレステロールを回収します。

一般的には、LDLが高値になると動脈硬化の原因になるといわれており、
これが「コレステロール=悪」というレッテルが貼られてしまう理由となっています。

籾付きの玄米を丸ごと黒焼き!ミネラルが豊富な黒焼き玄米サプリメント

¥ 8,640 (税込)


コレステロールは本当に悪者なのか

コレステロールが低い方ががんになりやすい?



動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病を引き起こす要因として、
何かと悪者扱いされることの多いコレステロール。

たしかに、コレステロールが過剰に増えると、病気になるリスクは高くなります。
しかし、最近では単にコレステロール値が高いことが悪いのではない、
ということが明らかになってきました。

それどころか、コレステロール値が低いことによって
ほかの深刻な病気を招くという見方もあるため、
コレステロールの治療については慎重にならなくてはなりません。

特に、コレステロールの低値とがん発症の間には関連があるという調査結果があり、
中でも胃や肝臓のがんはコレステロール値が低いことと密接な関係があるといわれています。

現代医療では、コレステロールを下げることに躍起になることはあっても、
コレステロールを下げないようにすることはほぼありません。

しかし、このような新たな事実が判明しつつもある昨今、
闇雲に薬を使ってコレステロールすることにどれほどの意義があるのでしょうか。

出典:「がん患者での脂質代謝」小宮一郎

動脈硬化の真の原因




コレステロールが原因で引き起こされる病気の一つに、動脈硬化があります。

病院でも、「動脈硬化が進んでいるから、コレステロールを下げましょう」
と言われたことがあるかもしれません。

動脈硬化とは、動脈の血管壁が肥厚したり硬くなったりすることで、
血液の流れが悪くなってしまう状態です。

「血中のLDLが増えると、血管壁に沈着し、その結果血管壁が硬くなる」
これが、LDLが動脈硬化の原因といわれる所以です。
しかし、厳密にいえば、本当の原因はLDLではありません。


動脈硬化は、以下のようなメカニズムで発症します。

  血中のLDLが活性酸素によって酸化される
 ⇒酸化したLDL(変性LDL)は、変性LDLのレセプタに結合する
 ⇒血管壁に取り込まれ、沈着する
 ⇒次第に血管壁が硬くなる(動脈硬化)



重要なことは、動脈壁に沈着するのはLDLではなく酸化したLDLであるということです。

正常なLDLであれば、変性LDLのレセプタに結合することはできません。
つまり、動脈硬化の真の原因はLDLではなく、LDLが酸化することにある、ということです。

LDLは、体内の活性酸素という物質によって酸化しますが、
活性酸素は喫煙や加齢、高血糖、ストレスなどの影響によって増加します。

したがって、動脈硬化を予防するのであれば、コレステロール値を下げるのではなく、
活性酸素を増やさない取り組みをしなければならないのです。


コレステロールは“適度”が一番

最も健康的なコレステロール値

これまでみてきた通り、コレステロールそのものは決して悪者ではありません。
むしろ、高くならないようにと気にしすぎることによって生じるリスクもあります。

血圧や体温などもどうですが、適切な数値というのは人によって様々です。
コレステロールも同様で、
すべての人に当てはまる適正値など本来存在しないはずです。

ただ、万人に共通していえることは、「高すぎるのは良くないけれど、低すぎるのもまた問題」。

結局は、どちらに振れても健康を害する可能性があるということです。

アメリカの研究では、血中のコレステロール値と寿命の関係を調べたところ、
総コレステロール値が180~200mg/dLの人が最も長寿だったという結果になったようです。

ちなみに、女性は妊娠後期になるとコレステロール値が高くなります。
これは、お腹の赤ちゃんが脂肪やタンパク質を要求しているためですが、
個人のライフステージによってもコレステロール値は変化するのです。

【燻製卵は来年のお届け】餌の素材の全てにこだわりました。放射性物質検査済み!薬剤無投与!ストレスフリー・フリーレンジ玉子 または燻製玉子セット

¥ 3,348 ~ ¥ 7,560 (税込)


卵は一日三個食べても問題ない



よく、コレステロールを気にして「卵は一日一個まで」としている人がいます。

しかし冒頭で説明した通り、コレステロールの大半は体の中で作られているため、
食べ物から摂るコレステロール量が多少増減したところで、
血中のコレステロール値が大きく変動することはありません。

仮に多く摂取しすぎたとしても、体内の自動調節メカニズムによって、
吸収を抑えるように働きます。

基本的には、卵は一日三個食べても問題ないといわれています。
ただ、農薬が使われている卵よりは、
オーガニックの卵を選んでいくことが大切になっていきます。

食事で気を付けることとして、コレステロールより糖質の摂取量に気をつけましょう。
コレステロールと同時に多量の糖質を摂ることで、
LDLが酸化し、動脈硬化のリスクが高くなるからです。

コレステロールが含まれている高脂肪の食事を摂る際は、
糖質の量を減らすことを意識するとよいでしょう。


まとめ

繰り返しになりますが、コレステロールはそれ自体が悪いわけではありません。
酸化することによって、血管壁に沈着し、
動脈硬化や心筋梗塞といった血管系の病気が生じるのです。

また、コレステロールが低ければ良いというわけではなく、
低すぎることで生じるリスクがあることも忘れてはなりません。

テレビや雑誌で流れている情報を鵜呑みにせず、
常に疑問を持ち、「真実とは何か」を模索し続けることが、
自分の健康を守ることにつながるのです。

IN YOU限定のオーガニックなサプリで体内栄養を補給

<たっぷり2.5-3.5ヶ月分でお得!>ミネラルならこれ1つ。あなたの毎日が輝き始める無味無臭「飲むミネラル」 by Minery(ミネリー)

¥ 18,225 (税込)

世界で最も厳しい基準ドイツ生まれのタブレット。毎日のヘルスサポートに「マルチビタミン& ミネラル・スーパー40 120粒」

¥ 8,100 ~ ¥ 24,124 (税込)

毎日続けたくなる!完全オーガニック&ヴィーガンプロテインパウダー【お好きな味を自由に組み合わせ可能!】

¥ 7,290 ~ ¥ 31,000 (税込)



この記事を読んだ方にオススメの記事

趣味で始めた無農薬菜園が仕事になりました。植物を育てるのに農薬は必要ない。自然栽培ルバーブができるまでのストーリー【オーガニックベンダーズ達の声 by IN YOU Market】

現代人の救世万能食材、オーガニック生姜を摂る理由。 効果の望める生姜パウダーの作り方を現役看護師が教えます。

異常な汗や喉の渇きにに悩んでいませんか?|東洋医学から考える陰と陽のバランスの崩れた「冷えのぼせさん」が取るべき食材

IN YOUライター募集中!


あなたの時間を社会のために有効活用しませんか?
年間読者数3000万人日本最大のオーガニックメディアの読者に発信しよう!


 IN YOU Writer 応募はこちらから 

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

tama
整体師。 養成学校卒業後、理学療法士として病院に勤務。その中で、対症療法に躍起する現代医学に疑問を抱き、食事や環境要因を含め健康を一から見直すようになる。 現在は整体師として患者様の施術を行いながら、代替医療や食に関する知識を広めるための啓蒙活動を行っている。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ