メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

国際中医薬膳師が教える春になりやすい不調と養生法|今だけの春の食材「ふきのとう」と「菜の花」の効能とおいしい食べ方

巻子
中国滞在歴13年、帰国後は東北地方の田舎で暮らしています。中国人家庭に根付く薬膳の知恵に感銘を受け、帰国後に国際中医薬膳師の資格を取得。薬膳をもっと身近に感じてもらえるように、東洋医学の魅力と食材の持つ力を発信していけたら、と思います。

国際中医薬膳師が教える「冬に溜まった老廃物をデトックスする方法」|今しかない春の食材「ふきのとう」と「菜の花」の効能とおいしい食べ方


春は1年の中でも行事が盛りだくさんの季節。
受験や進級・進学、就職や転勤でお引越し、なんていう方もいらっしゃるかもしれません。

バタバタしているうちにあっという間にゴールデンウィーク
なんてこともよく聞きますね。

忙しさの中で、イライラしたり、憂鬱な気分になったり、
また、めまいなどの体の不調を感じた事、ありませんか?

【大人気】風邪が流行する季節にも。無農薬のマヌカハニーMG500+高い効果を期待したい方に。

¥ 7,600 ~ ¥ 22,800



春は「肝」の季節!


春と「肝」
春は、芽吹きの季節。
日照時間が長くなり、冬眠していた動物たちも目を覚まします。

東洋医学では、冬は「陰」が旺盛な季節ですが、
春にかけて「陽」の気が増え、活発に動き始めます。

人も自然界の一部ですから、春になって陽気が増えることで、
自然界と同様、人体にも陽気が増し、気血の巡りが活発になります。

ここで活躍しているのが五臓の中の「肝」です。

肝の働きとは・・・


・気血の巡りを管理して、精神を安定させたり、
感情のコントロールをする
・気血の巡りがスムーズに行われることにより、
臓腑の働きをスムーズに保つ。
・血を貯蔵する。肝血が不足すると、目や関節、爪に不調が現れる。


「肝」は気血の巡りをコントロールしているので、
気血の巡りが活発になる春の季節は、まさに「肝」の季節と言えます。

春のイライラ、不快症状は「肝」と深い関係がある陽気が盛んになる春。
気血が巡って新陳代謝が活発になると、気血の巡りを管理している「肝」へ負担がかかりやすくなります。

「肝」へ負担がかかり、「肝」に必要な栄養(血や水分)が不足してしまうと、
肝の陽気がコントロールを失い、体に不調をきたします。

春の不調の代表例、イライラやストレスなどは「肝」の働きが弱まり、感情をコントロールする作用がうまくいかないために、起こる症状と考えれます。

この他にも、下記のような症状が見られたら、「肝」の働きが弱っているせいかもしれません。


・のぼせ
・イライラする
・自律神経の不調
・ストレスを感じやすい
・めまい
・目のかすみや充血
・爪が割れやすい


デザインが可愛く、繰り返し使えて肌にも優しい「オーガニックコットンマスク」

¥ 1,746 ~ ¥ 3,862(税込)


「肝」の働きを助けてあげることが大事


五臓は、それぞれがお互いに助け合い、影響しあっているのですが、
「肝」には、気血を巡らせて、ほかの臓腑の働きもスムーズになるように、管理する働きもあります。

「肝」の栄養分(血や水分)が不足し、陽気が活発になりすぎてコントロールを失うと、
他の臓器を攻撃したり、働きをスムーズに保てなかったり、他の臓器にも影響を及ぼします。

そうならないように、自分の身体に耳を傾けながら、
不調を感じる前に、身近な食材で肝を補ってあげましょう。

春にとりたい「肝」を補う食材


春の養生で大切なのは、冬の間に溜まった余分なものを取り除き、新しい気を養うこと。
そして、肝の陰陽バランスが崩れないよう、不足しがちな栄養(陰血)を補うこと。

春は芽吹きの季節、と言いましたが、春に芽を出す食材には、体の余分なものを取り除く、解毒作用のあるものがたくさんあります。
たらの芽、タケノコ、菜の花、ふき、ふきのとう、などがそうです。

また、菊花、三つ葉、わらび、セロリ、キャベツ、玉ねぎ、アサリ、
などの春が旬の食材には、気の巡りを助けたり、余分な熱を取り去って陰陽バランスを整えたり、
不足しがちな陰血を補う、などの、肝の働きを助ける効果があります。

この中でも、今回は、春のデトックスに、そして、「肝」の働きを助ける旬の食材、
「ふきのとう」と「菜の花」をご紹介したいと思います。

100%天然国産原料!一子相伝による伝統的製法で、丹精込めてつくりあげた白い金、「絶滅寸前の究極の本葛」

¥ 1,760 ~ ¥ 11,480 (税込)


春を運ぶ旬の食材「ふきのとう」

ふきのとうの栄養成分


ふきのとうは、雪解けとともに顔を出し、暖かい陽気でぐんぐん成長する、まさに初春を代表する植物です。
独特な苦みと香りが特徴ですが、この苦みにこそ、すばらしい効能があります。

有効成分を見てみると、ふきのとうには、苦み成分の中に、さまざまなポリフェノールが含まれています。

その中でも、ケンフェノールには、免疫力アップによる、風邪やインフルエンザの予防効果があるようです。
また、フキノール酸には、抗アレルギー作用があると言われており、花粉症などのアレルギー症状の軽減効果が期待されます。

また、カリウム、カルシウム、葉酸、食物繊維なども豊富に含まれますので、
便秘やむくみの解消、などにも良いと思われます。

参考:「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」

南アフリカセダルバーグ山脈地帯で自生する。貴重な野生のルイボスティー

¥ 4,500 ~ ¥ 11,000 (税込)


IN YOU限定セットで注文可能!手軽に使える 無農薬、無化学肥料で手間暇込めて作られた乾燥蓮根と蓮根珈琲

¥ 3,132 ~ ¥ 3,888 (税込)


ふきのとうの性味と効能


では、ふきのとうの、食性(温熱/平/寒涼)と、
食味(甘/鹹/酸/辛/苦)の分類、また、帰経(どの部位や臓器に作用するか)を見てみましょう。

【性味と帰経】

食性:寒性
食味:苦味
帰経:肺、大腸、肝

寒性は、体の熱を冷まし、苦味は気を下におろす作用がありますので、春の肝気の高まりを抑えるのにはぴったりですね。

また、解熱や解毒作用に加え、肺を補いますので、
春に引きやすい風邪や花粉症の予防、咳などの症状にも良い、とされています。

ふきのとうの美味しい食べ方


おススメの食べ方はこちら。

・ふきのとうの天ぷら
・おひたし
・ふき味噌


ふきのとうは、漢字で「蕗の薹」と書きますね。

盛りが過ぎたことを「薹が立つ」なんて言い方をしますが、
文字通り、薹が立つ前に収穫しないと、固くて食材に向きません。

土から目を出したばかりの蕾の状態のふきのとうは、やわらかく、香りも良いです。
収穫してすぐには苦みも少ないため、野原や庭で収穫する場合は、
収穫してすぐに、天ぷらやおひたしにしていただくのがおススメです。

そして、ふきのとう料理の代表例である、「ふき味噌」。
ごはんのお伴やおにぎりの具など、ごはんとの相性バツグンです。

ふきのとうの寒性が気になる方は、
焼いた山芋や玉ねぎなどに乗せて、田楽風にしても良いですね。

東北地方の私の住んでいるところでは、
ふきのとうを方言で「ばっけ」、ふき味噌を「ばっけ味噌」といいます。

「ばっけ味噌」は昔から愛されてきた、春をよぶ家庭の味です。

<たっぷり2.5-3.5ヶ月分でお得!>ミネラルならこれ1つ。あなたの毎日が輝き始める無味無臭「飲むミネラル」 by Minery(ミネリー)

¥ 18,225 (税込)


春を運ぶ旬の食材「菜の花」


菜の花の栄養成分菜の花は、見て良し、食して良し、
そしてアブラナ科、の名の通り、油の原料にもなる、万能植物ですね。

黄色い花が一面に咲く菜の花畑を見ると、春が来たんだなあ、本当に心が和むものです。
そして、食材としての菜の花は、多くの栄養素をバランスよく含んでいます。

食物繊維やカロテン、ビタミンB群、
ビタミンC、ビタミンK、鉄や葉酸、カリウムなどを多く含み、
免疫力アップや、感染症の予防、貧血の改善や美肌効果などが期待できます。

菜の花の性味と効能


菜の花の、東洋医学の視点からみた、
性味と帰経を見てみましょう。

【帰経と効能】

食性:温性
食味:辛味
帰経:肝、肺、脾

菜の花には、肝の働きを助け、血液の滞りを解消して、血液の循環を助ける効果があるとされています。

また、菜の花の解毒作用には、「消腫」と言って、おできや吹き出物を取り除く作用がある、とされています。

血行を改善して、冬の間に溜まった老廃物をデトックスするだけでなく、肌トラブルにも効果が期待できる食材です。

菜の花の美味しい食べ方

おススメの食べ方はこちら


・菜の花の天ぷら
・菜の花のからし和え
・菜の花とアサリのパスタ


菜の花は、蕾や茎もやわらかく、
ほんのり残る苦みが食欲をそそります。

そのまま天ぷらやお浸しにしても美味しいですし、
炒めたり、焼いたり、調理方法を選ばず、美味しくいただくことができます。

黄色い花が少し咲いた状態のものは、花が咲く前のものに比べて、苦みが少し強くなりますが、
なんと言っても見た目がキレイですので、食卓にも花が咲いたようで、より春を感じられそうですね。

特に私のおススメは、「肝」に帰経して、同じ春の食材である、「アサリ」と一緒に調理した、菜の花とアサリのパスタです。
アサリは寒性ですので、温性の菜の花と一緒に使うことで、体を冷やしすぎず、温めすぎず、陰陽バランスのとれたお料理になります。

JAS有機認定 大分県の名産かぼすが1年中楽しめる!かぼす果汁(180ml・500mlセット)

¥ 4,536 ~ ¥ 9,526 (税込)


旬の食材を食べよう!


旬の食材はなぜ美味しい?
そもそも、なぜ、旬の食材は美味しく、体に良いのでしょうか?


もちろん、今しか食べられない、という付加価値も大きいかと思いますが、
さらに、東洋医学的に見ると、人の身体そのものが、その季節仕様になっているのかと考えられます。

東洋医学では、「整体観」と、「身土不二」という考え方があります。

「整体観」とは・・・

自然と人の関係性。
人は自然界の中で生きているため、自然の一部であり、
人の身体は、気候や季節の変化によって影響を受ける。

「身土不二」とは・・・

「人(身体)と土とは一体であり、2つには分けられない(不二)」
住んでいる土地の一部であるため、その土地の食材を食べるのが良い

つまり、その土地でとれた旬の食材は、
その季節の身体が求めているものに合うため、美味しい、
ということですね。

例えば、夏は暑いため、体に熱がたまりやすく、
身体を潤す作用のある夏野菜は、その時期の身体の状況にあっていて、美味しく感じる、という感じでしょうか。

というわけで、美味しいだけじゃない、旬の食材。

春には春の食材、積極的に取りたいものですね。

春の食材を食べよう!

愛媛・神戸産の安心安全な炭と水を活用したクリーンな土壌で作る農薬不使用野菜 8〜20袋セット

¥ 3,880 ~ ¥ 7,440 (税込)

添加物ゼロ!和歌山県熊野の大自然で育てられた南高梅のオーガニック梅干し 1〜4個セット

¥ 1,404 ~ ¥ 4,968 (税込)


オススメの記事
春への変わり目は五臓六腑の「肝」が病む。春に向けて飲みたいフランス式薬膳茶7選

日本の伝統保存食品、乾物活用特集|ミネラルが凝縮した古くて新しい最強のパワーフード

毎日酷使する目、ケアできていますか?鍼灸師が教える「疲れ目や目の乾きの原因と対策法」



この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

巻子
中国滞在歴13年、帰国後は東北地方の田舎で暮らしています。中国人家庭に根付く薬膳の知恵に感銘を受け、帰国後に国際中医薬膳師の資格を取得。薬膳をもっと身近に感じてもらえるように、東洋医学の魅力と食材の持つ力を発信していけたら、と思います。
あなたにお勧めの記事
関連記事

LINE@

mailmagazine

minery

 width=

RANKING

READING

  • マーケット
  • 天然オーガニック葉酸サプリメント
  • ライター募集
  • 有害物質をチェックできるチェックマシン
  • ハーモニーライフ酵素「極み」
  • ソイヨーグル
  • 美巣
ページ上部へ