メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE
本物のオーガニックが見つかるオーガニックショップ IN YOU Market 本物のオーガニックが見つかるオーガニックショップ
IN YOU Market
朝起きたばかりなのに疲れている・・それミネラル不足では?

ケイ素って何がいいの?IN YOU Marketで大人気の「ケイ素&田七」をライターが1ヶ月試してみた驚きの結果とは?玉石混交のケイ素商品の中から本物を選ぶ方法もご紹介

rice hull

人間なら誰しも、いつまでも心身ともに若くいたいもの。
20代までは無理がきいた身体も、30代、40代…と年齢を重ねるとともに、
身体の外も中も衰えが気になり始めます。

そこで最近、話題沸騰中なのが「ケイ素」です!

人体のすべての臓器・器官に含まれると言われ、
血糖値や肌荒れ、骨密度、抗酸化、デトックスなど、
いつまでも若々しくいたいと望む私たちにとって、うれしい効果が期待できると、
いま世間で大きな注目を浴びています。

でも、実際にそんな効果あるのかなぁ…と感じているあなたへ、
IN YOUでもすっかりおなじみとなった「ケイ素&田七」を、
私が1ヶ月試してみた、驚きの結果をお伝えします!


IN YOU読者の皆様に朗報です!
IN YOU Marketでおなじみの「ケイ素&田七」が、
なんと1ヶ月限定、11月24日までお得なキャンペーンを開催します!

★「ケイ素&田七」50mlの購入で、次回500ml購入時にご利用頂ける
¥3,000OFFクーポンをプレゼント!
★「ケイ素&田七」500mlの購入で、もれなく50ml1本をプレゼント!
★定期コースのご加入で、初回ご購入金額が3,000OFF!

少しでも気になった方は、ケイ素&田七のページへお急ぎください!

ケイ素に若返りやアンチエイジングの効果が
期待できるって、一体どういうこと?


ケイ素について簡単におさらいしますと、別名「シリカ」とも呼ばれ、
最近では天然の「シリカ水」がダイエットに効果があると話題になりましたね。

ケイ素は、酸素の次に地球に多く存在する元素で、土や岩などに含まれる鉱物としても知られています。
建材として使われる「珪藻土(けいそうど)」というものがありますが、
これは藻類である珪藻の殻の化石が堆積してできたもので、二酸化ケイ素が主成分です。

地球上に遍く存在するためか、ケイ素は、
人体のあらゆる臓器、筋肉、血管、髪の毛、歯、関節、皮膚、細胞など、
すべての部位に含まれてる唯一のミネラルです。

ところが、ケイ素は人体にとって必要不可欠なミネラルでありながら体内では作られず、
実は食事から吸収することも難しい栄養成分なんです!

体内のケイ素の量は、0~1歳の頃で最も多く、20代を境に減少の一途を辿ります。

実際に、東京のあるクリニックが100人を対象に、
必須・参考ミネラル、体内に蓄積した有害金属など
計54種の項目の今が分かる、最新のミネラル測定方法である
オリゴスキャン(手のひらに光を当てるだけで測定が可能)による検査を実施したところ、
ほぼ全員と言ってもいい96%の人がケイ素不足だということが明らかになりました。


ちなみに、最も不足していた人が多かったのがケイ素ですが、
2位はクロム(66%)、3位が亜鉛(55%)という結果だったそうです。
意外にも他のミネラルは足りているそうです。

「ミネラル不足」と聞いて、カルシウムや鉄分だけを思い浮かべる方は要注意!

最近、顔のシワやたるみ、くすみが目立つようになったとか、
いつでも疲れているとか、
髪のツヤ・コシがなくなってきているとか、
気になっている体の変化はありませんか?

ケイ素が不足していることで、あなたの老化が加速しているかもしれません。

それでは、若さを維持するのに大活躍してくれるケイ素の主な特徴をご紹介します。

細胞内のミトコンドリアの働きにアプローチ!


すべての細胞の中に存在し、呼吸したり食べ物を食べたり、
私たちのすべての生命活動のためのエネルギーを生み出しているミトコンドリア。

この働きが悪化すると細胞が死ぬように誘導する因子を出すので、
細胞が生きるか死ぬかの決定権を持っています。

ケイ素には、細胞内のミトコンドリアの働きを活性化させる働きがあると言われます。

ミトコンドリアの働きが活発であれば細胞も生き生きと元気になり、
代謝アップにつながりますので、若さを維持するのに役立つのです。

1つの細胞には数百~数千ものミトコンドリアが存在すると言われますので、
どれほど重要かおわかりいただけると思います。

肌を美しく保つのに欠かせない!


肌を美しく保つためには、
肌の表皮の内側である「真皮」の状態を良好に保つことが絶対条件!
この真皮内で、ケイ素はいくつもの働きをしてくれます。

美肌に欠かせない組織同士を結び付けて若々しい肌に!


肌の奥の真皮を形成しているのは、コラーゲンとエラスチンです。

コラーゲンはネットのように真皮内に張り巡らされていて、肌のハリをもたらします。
それを支えるのが弾力性に優れたエラスチンです。

このコラーゲンとエラスチンのネットのすき間を満たしているのが、
ヒアルロン酸などからなる水分をたっぷり含んだゼリー状の基質で、
これによって、肌に潤いと柔軟性が生まれます。

ケイ素は真皮層にたくさん含まれると言われており、
コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを結び付ける接着剤のような役割をし、
肌の弾力やハリ、潤いを保つのを助けます。

ケイ素不足は「弾力と潤いのない肌」につながり、
さらにはたるみやシミの原因になってしまいます。

美肌のキーパーソン、線維芽細胞の働きを活性化!


コラーゲン、エラスチン、ゼリー状の基質を作り出し、
古く固くなったコラーゲンやエラスチンを分解し、
真皮を常に良い状態に保つための最も重要なキーパーソンこそ、
「線維芽細胞(せんいがさいぼう)」です。

この細胞は、真皮内の基質の中に点々と存在しています。

ところが、紫外線や加齢によってこの線維芽細胞の機能が落ちてくると、
新しい真皮の材料を生み出すことができなくなってしまいます。
紫外線はコラーゲンなどを傷つけ、肌の正常なターンオーバーも阻害します。

そうなると、真皮の材料は新たに作られるよりも、劣化・減少する方が増え、
肌の潤いが減ってシワやたるみの原因となっていきます。

そこで活躍してくれるのがケイ素です。

先にお伝えしたように、
「ケイ素はミトコンドリアの働きを活性化させ、代謝をアップさせる」
という役割がありましたが、
ケイ素はこの線維芽細胞の活性化にも役立ちます。

つまり、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など、
肌を若く保つのに欠かせない成分の生成に根本からアプローチできるのです!

また、細胞の代謝(ターンオーバー)が活発に行われることにつながりますので、
劣化した細胞と新しい元気な細胞をせっせと入れ替えて、
新しく若々しい肌を作り出すお手伝いをしてくれます。

活性酸素を除去する働きも実証!?


あらゆる不調、疲労の原因は体の酸化にあると言われますが、
ケイ素には活性酸素を除去する働きがあることも示唆されています。

体の酸化は「サビ」とも言われますが、
ケイ素を使ったこんな実験があります。


左の容器は水にケイ素を溶かしたもの、右はただの水であり、
それぞれに釘を入れて3年間ほど放置したものです。

ご覧の通り左は一切サビていないのに対し、右はひどくサビて水が濁っています。
このことから、ケイ素には体内のサビを防ぐ効果があると考えられているんです。

たとえば、肌が老化する原因の8割は紫外線だと言われますが、
紫外線を浴びた肌では活性酸素が発生し、ターンオーバーを狂わせてしまいます。
しかし、抗酸化作用が働けばターンオーバーを正常に保ち、
真皮内のハリや潤い成分なども紫外線の影響を受けにくくなります。

脂肪を分解する作用で、メタボ改善?


ケイ素には、油を乳化させる作用があると言われます。
こちらの写真をご覧ください。

容器に水と油を同量ずつ入れたものを2つ用意し、
左側には何も入れず、右側にはケイ素を入れ、しばらく待った後にゆっくりかき混ぜると、
ケイ素を入れた方は水と油がまざっていることが確認できます。

体内でこれと同じことが起こると、血中のコレステロールや中性脂肪はケイ素によって乳化され、
血液に乗ってやがて排出され、血管も流れやすくなって血液の浄化にもつながり、
動脈硬化の改善も期待できます。

脂肪を摂りすぎたと感じる時にも強い味方になってくれます!
30年の研究から誕生!
【ケイ素&田七】もっとも日本人に必要で万能ミネラルといわれる植物性ケイ素の秘めたるチカラ  【500ml単品】
¥ 21,600 (税込)

巷に溢れるケイ素商品は玉石混交。
本物の効果が期待できるケイ素を選びたい!


ケイ素の効果を期待して購入を考える方が増える中、
最近ではどれを選んだらよいかまったくわからないほど、非常に多くのケイ素商品が出回っています。

単純に内容量やケイ素濃度、価格や口コミだけを見て購入を決めるのは、
あまりにもリスクが大きいと言えます。

ここからは、本物の効果が期待できるケイ素の正しい選び方についてお伝えします。

鉱物由来のケイ素は発ガンの可能性あり。
「非晶質」の植物由来ケイ素を選んで!


一口にケイ素と言っても、何からできているのかで安全性や効果が大きく違ってきます。

酸素とケイ素からできた鉱物として水晶がありますが、
このような鉱物から作られるのは「結晶質」のケイ素です。

WHO(世界保健機関)の国際化学物質簡潔評価文書によると、
ラットを使った実験で結晶質である石英には発がん性が認められたのです。

また、珪藻土や湧き水に含まれるケイ素は「潜晶質」と言われます。

そもそも珪藻は周囲のケイ素を取り込む生物であり、湧き水も岩の間を通ってくることを考えれば、
「結む」というのは容易に想像がつきます。

つまり結晶質のケイ素が含まれている可能性があり、確実に安全というわけではありません。

そして、植物から抽出されるケイ素は「非晶質」と言われ、
厚生労働省により安全性と有効性が確認された「指定添加物」として分類されており、
もちろん発がんの心配はありません。

濃度の数値に惑わされないで!
鉱物由来のケイ素は発ガンの可能性あり。
「非晶質」の植物由来ケイ素を選んで!


まず、濃度については「ケイ素(Si)」の濃度なのか、
「シリカ(SiO2)」の濃度なのかを確認してください。

ケイ素の原子量は28.1であり、
分子であるシリカの原子量は酸素がくっついている分だけ大きくなるため60.1となります。

つまりシリカの原子量はケイ素の原子量の約2.14倍となりますので、
ケイ素濃度9000ppmは、シリカ濃度に換算すると約19260ppmとなります。

「濃度が高くて値段もお得!」と思って選んだ商品が、
実はそこまで濃度が高くなかったということがあり得るのです。

また、値段はさほど高額でもないのに、
飛び抜けてケイ素濃度が高い商品があれば注意が必要です。
そのような場合、人体に非常に吸収されにくい形になっているため、
とにかく量をたくさん入れたということも考えられます。

IN YOU Marketでおなじみ!
「ケイ素+田七」がおすすめな理由は?


巷に溢れるほとんどのケイ素商品は、表示してある濃度こそ高くても、
実際、体内にはほとんど吸収されないということは知られていません。
(あまりに吸収率が低すぎるので、濃度を濃くせざるを得ないのです)

ケイ素が効率よく人体に吸収されるためには、
個体であるSiO₂から、液体であるSiO₄に変えることが必須!


そこで、
独自製法により生まれた『植物性の水溶性ケイ素』を含むのが、
「ケイ素+田七」なんです!


ケイ素+田七の原料は、国産の無農薬もみ殻。
体に高い親和性のある、植物性(非晶質)のケイ素です。
安心・安全で身体にとても溶け込みやすい、
水溶性の植物性ケイ素にこだわり抜きました!

もみ殻由来なので、ケイ素だけでなく、カルシウムやマグネシウム、亜鉛、鉄など
多くの種類の必須ミネラルも豊富に含まれています。

また、非晶質のケイ素は粒子の表面にたくさんの細かい空洞があるのですが、
その空洞に栄養成分を取り込んで体のすみずみまで送り届けたり、
逆に体内の不要物を取り込んで排出したりする役割も持ちます。

そして、近年は糖尿病をはじめ生活習慣病に悩む方々が増加していますが、
アンチエイジングなどさまざまな効能が期待できる植物性ケイ素に加えて、
さらに有機田七人参イノシトールをプラス!

田七人参は高麗人参の10倍以上のサポニンが含まれますが、
これは抗酸化や肥満、サラサラ改善などにうれしい成分。


人体では作られない必須アミノ酸GABAなども含まれます。
生の田七人参を10回以上もの濃縮を繰り返して作った濃縮エキスを配合しています。

イノシトールは栄養価の高い米ぬか由来で100%植物性。
抗脂肪肝ビタミンとも言われ、
脂肪肝、血液中のコレステロールにアプローチすると言われています。

実際に「ケイ素+田七」を1ヶ月飲んでみました!
驚きの結果はいかに…?


このように、アンチエイジングに大いに期待が持てるケイ素ですが、
体の内外に大きな変化が起こってくる40代を目前に控えた私も、
この「ケイ素+田七」を試してみました!

※飲む前の準備として、1週間は他の健康食品・サプリメントなど、
食事以外のものは一切摂取していません。

「ケイ素+田七」の飲み方と気をつけたいポイント

基本の飲み方は、コップ1杯(200ml)の水に対して、
「ケイ素+田七」を数回振ってから2.0~3.5ml入れたものを、1日3~5回程度飲みます。

しかし、日本人の多くがケイ素不足にあるので、
飲み始めから3ヶ月ほどは、1ヶ月あたり1本(500ml)を飲み切るようにするのがおすすめです。

★★ケイ素は推奨量をしっかり守って、継続してこそ効果が現れるものです!★★

ケチって水に数滴しか入れないとか、気が向いたときしか飲まないとかいうことがあれば、
さすがに効果が実感できません。しっかり習慣化することが大切です!

実際に「ケイ素+田七」を1か月試してみた
驚きの結果とは?!


さて、いよいよここからは私が実際に「ケイ素+田七」を試してみた結果をお伝えします。

・1日の摂取量は15mlくらい、1リットルの水に入れて飲む(推奨量より若干多めにしています)
・1日2回ほど、10倍に薄めたものを腕に塗る


ケイ素そのものはちょっと生臭い感じがあります。
(私はパックを開けた時のコンニャクの臭いに似ていると感じました)
しかし、水に混ぜると薄れますし、しばらくたつと違和感を感じなくなりました。

ちなみに、500ml入りは自宅で使い、50ml入りは外出時に携帯していました。

最初の数日間は、特に何も感じず過ごしていたのですが…。

◆6日目あたりで、腰回りの肌のカサカサが少し改善されてきたことに気づく

◆11日目あたりで、手首と足首の皮膚がなめらかになってきたことに気づく
(ちなみに足首には塗っていません)

◆2週間目になると、日中元気で活動的になっているのを感じ、
夜は心地よい眠気を感じて、健康的な時間に眠りにつくようになる

◆16日目あたりで、ケイ素を塗っていた腕がサラサラをキープし、
手首のあたりにツヤが出てきたことに気づく

◆3週間~4週間目くらいで、
手の爪とその周辺の指の皮膚にツヤが出てきたことを実感。
なんだか手が若くなったようで、ウキウキする


このように、私の場合は特に「肌や爪の変化」を感じました!
肌に塗ってみると、水をつけた時とは明らかに染み込み方が違います。

即効性というよりは、
一定の期間を経て「そういえば…!」と気づく事が多く、
じわじわと効果が現れてくるようです。

さらに継続していけば、もっと色々な効果が現れてくるだろうと感じています!

「ケイ素+田七」を飲んだお客様の驚きの体験談!

「ケイ素+田七」を継続して飲み続けている方の中には、
私の体験よりもはるかに驚きの効果が現れた方がいらっしゃいます。

「美容師をしているが、転職を考えるほど10年以上も酷い手荒れに苦しんできた。
毎日10ml飲み続けていたら、3ヶ月で肌が驚くほどきれいになった。」

「毎日飲むだけでなく、シャンプーにケイ素を混ぜて使い続けていたら、
半年ほどで1本1本しっかりとした髪の毛が生えてきた。」

「小学生の時から44歳になる現在まで、酷いアトピーで見た目も痛々しく悩んでいた。
毎日飲み続け、試しに1日に数回肌に塗ってみたところ保湿されていると感じ、
かゆみも消え、肌がきれいになった。」

日々手軽にケイ素を取り入れる裏技もあります!


水に入れて飲んだり、肌に塗る以外にも、ケイ素はさまざまな使い方ができるんです。

・もちろんお茶やジュース、スムージーなどに入れて飲むのもOK!
・シャンプーやリンスをする時に数滴混ぜて使う。毛穴がすっきり、髪にコシが!
・炊飯にも!お米1合あたり約5cc混ぜて研ぎ、さらに炊く時に約5cc混ぜます。
もっちりします。
・アトピーやアレルギーには、10倍に薄めたものを患部にスプレーします。



飲んでよし、塗ってもよし、さまざまな使い方もできるケイ素。
日々の生活にぜひ楽しくケイ素を取り入れて、
いつまでも若々しく元気な体を手に入れてくださいね!

国産無農薬もみ殻由来!
非晶質の安心な植物性ケイ素はこちら!

30年の研究から誕生!
【ケイ素&田七】もっとも日本人に必要で万能ミネラルといわれる植物性ケイ素の秘めたるチカラ  【500ml単品】

¥ 21,600 (税込)

こちらの記事もおすすめです

あなたの体調不良の原因…もしかして【重金属】かも!?放射能と戦うスギナでお馴染みの驚異のデトックスミネラル【ケイ素】で重金属を除去して、倦怠感やうつを改善!

美肌や若返りの鍵を握るミネラル【ケイ素】は日本人のほとんどに不足していた?!体のすべての臓器や器官に存在し、細胞レベルで体を変えるケイ素の知られざる実態とは?!

とれない疲れが消える?!肥満や便秘の原因・生活習慣病にお悩みの方にピッタリな最強ミネラル【ケイ素】とは

美肌や若返りの鍵を握るミネラル【ケイ素】は日本人のほとんどに不足していた?!体のすべての臓器や器官に存在し、細胞レベルで体を変えるケイ素の知られざる実態とは?!

加齢による疲労、睡眠の質の低下。そのトラブルはメラトニン不足かも!?松果体に働きかける、現代人注目のミネラル“ケイ素”とは

スギナで放射能の被ばく症状で止まらなかった鼻血が改善された我が家の驚きの経験。有害物質・放射性物質の排出を促すために摂取したい、ケイ素たっぷりのスギナは現代日本人の救世主だった!

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする
rice hull

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ