メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

その酵素は大丈夫? 酵素ダイエットで血糖値が急上昇、かえって危険な結果に…本当に正しい酵素の選び方とは?

うちゅう
地方在住、現在5人の子供を子育て中。 学生時代に、食糧自給・食品の安全などがコンセプトのNPO活動に参加したことや、環境政策が専門の教授に師事したこと、自然食品店でのアルバイト、援農ボランティアなどをきっかけに、食について興味を持ち始めました。しかし勤務時代の不摂生により産婦人科医から「不妊症予備軍」と診断されることに。菜食になったのは、なんと結婚後の「経済的困窮」がきっかけ! 動物性食品を買わなくても食いつなぐ方法を求めたところ学生時代に耳にしたマクロビオティックを思い出し、日々図書館通いをしマクロビオティック、精進料理、自然食など本を読み漁って実践。以降食生活の改良を重ねてきた結果、健康も子宝も手に入れ、2015年には第5子を自宅自然出産にて迎えることができ、今も元気に育ってくれています。 格差社会と言われる今日ですが、お金に困った人間ですら食の方向転換をしたことで体も心も健康に向かうことができたのですから、多くの人に希望を持っていただきたいです。

その酵素は大丈夫? 酵素ダイエットで血糖値が急上昇、かえって危険な結果に…本当に正しい酵素の選び方とは?


一過性のブームと思いきや、
日本でも定着しつつある酵素ダイエット。

誰でも取り組みやすく、短期間で体重が落ちるということで、
今も即効性のある人気のダイエット方法となっているようです。

今では数え切れないほどの企業が酵素ドリンクを販売しており、
一体どれを選んだらいいのかわからなくなるほど。

口コミにしても、大いに効果があったというものから、
全然効果を感じなかったというものまで本当にさまざまであり、
真偽のほどは確かめようもありません。

しかし、この酵素ダイエットについて、
多くの方に知っておいていただきたいことがあります。

今回お伝えしたいのは、

品質のよくない酵素とは知らずにダイエットに使用すると、
血糖値が急上昇することもあり、
かえって危険な結果を招く恐れがある


ということです。

酵素ダイエットの前に、そもそも酵素とは何?

abdomen-1698565_640
酵素とは、生物の細胞内で作られるたんぱく質性の物質のことです。

すべての生物の生命活動において「触媒」となるもので、
生きていく上では欠かせません。

唾液に含まれるアミラーゼ(でんぷんなどの多糖類をブドウ糖などに分解)や、
胃液に含まれるペプシン(タンパク質を分解)という言葉を
聞いたことがある方は多いかもしれませんね。

この酵素は、以下の2つに分かれます。

1、体内酵素(体内に存在する)
2、体外酵素(主に食べ物から摂取する)


また、体内酵素はさらに2つに分類されます。

A、消化酵素(食べた物を消化・分解して体が吸収しやすいようにする)
B、代謝酵素(新陳代謝・有害物質の除去・自然治癒・免疫力アップに関わる)


酵素ダイエットには、代謝酵素が重要です

肥満など不健康な人は、代謝酵素よりも消化酵素の割合が多く、
健康な人であれば消化酵素よりも代謝酵素の割合が多いと言われています。

つまり、代謝酵素の割合を増やすということが、
ダイエットにつながるというわけです。

酵素ダイエットにまつわる誤解や議論。
何が正しい?

5d9d5388e0b3965340134a789519ee89_s
ネット上では酵素ダイエットにまつわる様々な誤解や議論が見られますが、
中でも以下に挙げる2点は特によく見られるものです。

1.酵素を飲んでも胃酸や熱で失活するので無意味


実は、市販されている酵素は口から摂っても熱や胃酸で失活してしまうというのま紛れもない事実です(中にはSODなど熱や胃酸でも失活しない酵素もありますが)。

2、人間が一生のうちに作れる酵素量は決まっているので、外から新しく補う


実は、口から摂った酵素は胃酸で分解されてなくなる
というのは紛れもない事実です。
本当に酵素を摂りたければ、生の植物から摂るしかありません。
「少なくなっている酵素を外から補う」というのは間違いです。

では、「酵素を利用したダイエット」というのは、効果がないのでしょうか。

「酵素ドリンク」「酵素ジュース」という名称が誤解の元。
「植物発酵熟成食品」とすれば、誤解が一気に解消!

農場写真-1
そもそも、現状は「酵素」という言葉に
ほとんどの人が振り回されていると言えます。

酵素という観点だけで見れば、
確かに先ほどのような誤解や議論が
生まれても仕方がない面もありますね。

しかし、本当にこういった食品によって健康・美容の
効果を上げたいのであれば、
それは「酵素の力」というよりも、

植物をしっかりと発酵・熟成させることによって誕生した、
体に優しい栄養豊富な食品の力


によって効果が出る、というのが正しいと言えます。

「いっそのこと、酵素ドリンクなどといった名称は捨てて、
将来的には植物発酵熟成食品という名称に変更すべき」

そのように毅然とおっしゃった業界関係の方がおられます。

酵素ドリンクを使ったファステイングによる
ダイエットが広がりを見せていますが、

これはつまり、

胃腸に負担のかかる食品を食べることをやめ、
代わりにしっかり熟成・発酵させた酵素食品や水等を摂取して、
最低限の栄養摂取で胃腸などの消化器官を休ませ、
消化酵素を極力使わずに、
代謝酵素を多く使う。


それによって、

ダイエットや便秘、肌荒れの改善や、
アンチエイジング等につながる


というのが正しい考え方です。

ただし、こういった効果が出るのは

まともに作られた、高品質な酵素に限る

これが重要なポイントです。

さて、ここまで来ると「低品質な酵素ドリンク」による弊害について
理解しやすくなってきます。

酵素ダイエットしているつもりが、
血糖値の急上昇でかえって危険な結果に?

skull-crossbones-30538_640
「酵素がダイエットにいいと聞いているのに、なぜ血糖値が急上昇するの?」

上記の見出しを読まれて、
そのように感じた読者の方も多くいらっしゃると思います。

ここでお伝えしないといけないのが、酵素ドリンクの品質についてです。

品質の悪い酵素ドリンクはダイエットにならない。
白砂糖の多用により血糖値が急上昇

sugar-2510536_640
原材料の植物が発酵するためには、糖が必要になってきます。
その糖として、「白砂糖」を使っているケースがあまりにも多いのです。
白砂糖の害については言わずもがなですが、

「発酵の時に白砂糖を使っても、分解されて無毒化するから安心」

という説もあり、
手作り酵素ジュースを教えている立場の方々までそのように説明していることも
珍しくありません。

はたして、本当にそうでしょうか。

もともと、白砂糖はショ糖によってできています。

そのショ糖が発酵によって分解されると、ブドウ糖と果糖です。

ここで問題なのは、
ブドウ糖も血糖値を上げることには変わりないということです。
しかも、吸収がよいためあっという間に血糖値が上がります!

これでは、単なる甘いジュースと変わりません。

販売されるすべての酵素ドリンクにGI値(食後に血糖値がどのくらい上がったかを示す指標)の
公開を義務付けたとすれば、非常に多くの商品が高GI値になると予想されます。

また、甘いということは「依存」につながります。
白砂糖の代わりに人工甘味料(アセスルファムK、スクラロース、アスパルテームなど)を
使っている商品もありますが、IN YOU読者の皆様であれば、
その弊害についてもすでにご存知だと思います。

血糖値の急上昇が引き起こすリスクとは

industrial-safety-1492046_640
糖尿病の人が飲むのは当然リスクと言えますが、
その他にも血糖値に問題ない人や血糖値を下げる薬を飲んでいる人、
インスリン注射をしている人がファステイングで酵素ドリンクを
摂取した時にかえって「低血糖」になるリスクも存在します
(薬を使用している人の場合は深刻化を招くこともあります)。

また、甘いので依存性があり、血糖値の乱高下があるために食欲が安定せず、
リバウンドしてしまったり、かえって太りやすくなるリスクも存在します。

★血糖値の急上昇以外のリスクもあります。

酵素ドリンクの口コミの中には「短期間で体重が減った」
「肌がきれいになった」といったものも見られますが、
これは単に、食事を抜いた、あるいは
下剤に似た効果によって体重が減っただけという可能性も大いにあります。

すぐ簡単にやせる、というのは実は恐ろしいことです。

脂肪だけでなく筋肉まで落ちている可能性があり、
髪質が悪くなったり、肌がやつれたり、脳細胞が破壊されたり、
悪影響の方が大きい場合もあります。


また、「細くなった」「体重が減った」などという、
ネット上の口コミの信憑性はどのくらいあるのでしょうか。
ダイエット効果の「Before」「After」の写真を
当たり前のように逆に入れ替える悪質な業者も多数存在しますが、
私たち消費者がそれを見抜くことは不可能です。

もしも酵素ドリンクを購入するのであれば、

実際に自分の手に取って確かめること、
もしくは信頼できる人や店を介して購入すること

それが最も安心・安全な方法です。


酵素ダイエットにも効果が期待できる、
酵素ドリンクの正しい選び方とは?

fruit-2109043_640

1、「糖」をはじめ、原材料の品質が確かであること

発酵に必要な糖は、白砂糖などのように
血糖値の急上昇を招くものであってはいけません。

また、原材料は無農薬・無化学肥料であるものが安心です。
人工甘味料や添加物が入っているものは論外です。

2、しっかりと発酵・熟成の期間が取られていること

発酵・熟成に時間をかけると、
その分アミノ酸を始めとする様々な栄養素が増加します。
また、低分子化されるので体内に吸収されやすくなります。

味がまろやかでおいしくなることも大きなメリットです。

3、原液100%であること

悪質な商品は、原液が薄められていたり、
継ぎ足しだったりします。
そのため、効果は薄くなっているのにも関わらず
高額で販売しているという事実は
あまり知られていません。

なぜ一般的な酵素ドリンクはサラサラしているのでしょうね?
一度考えてみてください。

ダイエットだけじゃない!
アレルギー、便秘、ホルモンバランス
様々な効果が期待できる、本物の酵素があった

今では星の数ほど多くの商品がある酵素ドリンクですが、
その品質に納得のいくものはどのくらい存在するでしょうか。

久司道夫氏 考案の特別レシピ。農薬不使用を徹底!超こだわったマクロビオティック式ブラジル産酵素ペースト


DSC_7563-e1533896845445 農薬不使用を徹底!超こだわったマクロビオティック式ブラジル産「酵素ペースト」を見る
今すぐこちらをクリックして購入する

これは、IN YOU Marketでおすすめしている商品です。

マクロビオティック理論の世界的権威である久司道夫氏が、
陰陽のバランスや現代人の食生活を考えて作った、
こだわりのレシピによって作られています。


42年以上農薬も化学肥料も一切使っていないブラジルの広大な農地(42年前より以前は人の手付かずの土地だったため、一度も農薬も化学肥料も一切使ったことがない土地です)で栽培された原料を使い、添加物はもちろん不使用です。

農場写真-2 農薬不使用を徹底!超こだわったマクロビオティック式ブラジル産「酵素ペースト」を見る
今すぐこちらをクリックして購入する

それを土着菌によってじっくり発酵・熟成させていますので、生命のパワーがぎゅっと詰まった酵素です。

発酵に使用している糖は、さとうきびの糖蜜。
白砂糖と違ってショ糖が検出されず、血糖値が急上昇することはありません。


発酵の過程や熟成期間にも非常にこだわっていて、3次発酵までをブラジルで行い、その後日本の北海道まで輸送して熟成させ、合計8年間もの時間をかけています。

そのため、アミノ酸、酵素、酢酸など栄養素が大幅に増加し、
長い熟成期間により低分子化しているため体に吸収されやすくなっています。
味はまろやかで、子どもでもそのまま食べられるくらいおいしい!

しかも、そんな酵素が、
混ざり物なし・原液100%で摂取できるようになっています!


原材料や製造工程に問題があったり、薄められていたり、
何かと悪質な商品が多い酵素ドリンク。

ウソのない、まっとうなものをぜひ手にとって試してみてください!

スクリーンショット 2018-09-20 14.18.05 農薬不使用を徹底!超こだわったマクロビオティック式ブラジル産「酵素ペースト」を見る
今すぐこちらをクリックして購入する


今回ご紹介するのは、マクロビオティックの久司道夫氏が配合を考え、86種類の厳選材料を使って8年熟成された酵素。発酵原液を100%使っています。グルテンフリー、低GI食品、白砂糖・保存料・人工甘味料・合成香料・合成着色料不使用。無農薬の材料を使い、完全無添加。農薬・化学肥料が使われた事ない人の手の付いていないブラジルの豊かな農場で育てられた原料を土着の酢酸菌で三次発酵させた、生命力あふれる酵素です。


ご飯のお供や調味料として活用できる!万能絶品おかず「酵素入りもち麦味噌」の作り方。

「間食に甘いもの」は悪くない! さつまいもの甘味を引き立てるとっておきのワザと、酵素入り変化球「大学芋」の作り方

卵・乳製品不使用!グルテンフリー!クランベリー香るしっとりふわふわ「米粉マフィン」の作り方と付け合わせにオススメの非加熱・酵素入り「RAWベリージャム」の作り方

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

うちゅう
地方在住、現在5人の子供を子育て中。 学生時代に、食糧自給・食品の安全などがコンセプトのNPO活動に参加したことや、環境政策が専門の教授に師事したこと、自然食品店でのアルバイト、援農ボランティアなどをきっかけに、食について興味を持ち始めました。しかし勤務時代の不摂生により産婦人科医から「不妊症予備軍」と診断されることに。菜食になったのは、なんと結婚後の「経済的困窮」がきっかけ! 動物性食品を買わなくても食いつなぐ方法を求めたところ学生時代に耳にしたマクロビオティックを思い出し、日々図書館通いをしマクロビオティック、精進料理、自然食など本を読み漁って実践。以降食生活の改良を重ねてきた結果、健康も子宝も手に入れ、2015年には第5子を自宅自然出産にて迎えることができ、今も元気に育ってくれています。 格差社会と言われる今日ですが、お金に困った人間ですら食の方向転換をしたことで体も心も健康に向かうことができたのですから、多くの人に希望を持っていただきたいです。
あなたにお勧めの記事
関連記事

LINE@

IN YOUメルマガ

LLE82

minery

ページ上部へ