メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

市販のお茶はNG!? 妊娠中に避けたほうがいいものを正しくおさらい! 母体が喜ぶケアと食材をご紹介

野上 きよ
生きかた、治しかたのひとつとして「漢方」という選択肢もあります。 闘病、依存、介護、看取り、不妊、流産、事故、老い…人生のなかのさまざまな忍耐と悲しみに、東洋医学は寄り添い、理不尽な思いが腑に落ちるまで消化させることもできます。自身や家族の経験から「漢方」というひとつの方法もあるということを伝えたく執筆させていただきます。医薬品登録販売者。漢方薬局勤務経験あり・漢方塾受講。趣味はコンテンポラリーダンスとほどほどのお酒と

市販のお茶はNG!? 妊娠中に避けたほうがいいものを正しくおさらい! 母体が喜ぶケアと食材をご紹介


妊娠中は市販のお茶は飲んじゃダメ!?


「ハトムギ入りの市販のお茶で、初期流産の可能性が高まる」
というTwitterが拡散されたことが、
先日ニュースで流れ話題になりました。

メーカーも否定したとおり、
古くからの漢方の各文献にも
「妊婦さんにハトムギはNG」という記載はありません。

一日に何十杯もガボガボ飲まない限りは、体にさわることはありません。
(飲みすぎによって、お腹がちゃぽちゃぽになるくらい何十杯も飲むことによって
水分過多で体が冷えることは、避けたほうがよいことですが…)

tee-1887042_640

ハトムギ入りのお茶は妊婦さん禁忌ではない


ハトムギ入りのお茶は妊婦さん禁忌ではありません。
「私、飲んじゃったけど!!」というプレママさんも大丈夫です。

何事も飲みすぎ食べすぎ、しすぎは体によくありませんが、
私達が普段普通に買えるものを通常の範囲で摂ることが、
体に障ることに直結することはレアですので、
ゆっくりとした気持ちでお腹の赤ちゃんを育んでくださいね。

woman-1246318_640

妊婦さんはハトムギを控えるべきという噂の発端


どうやら発端は
「ハトムギは赤ちゃんをイボと同じ異物と判断し、体内から排出するため」
という所から、この噂が広まったようです。

果たして、ハトムギはどのようなものなのでしょうか?


ハトムギとヨクイニン


イボを落としたり、お肌をきれいにするものとして
ヨクイニン」を聞いたことがある方も多いかと思います。

このヨクイニン。
原料の植物はハトムギと同じで、ハトムギの渋皮をさらに除いたものが
ヨクイニンとして、いくつかの漢方に配合されています。

体の余分な湿を排したり、排膿や解毒作用があるとされています。
お肌の新陳代謝を良くして、イボを抑える作用が期待されています。

脱穀する前のハトムギは煎じられて、
ハトムギ茶として愛飲されていますし、
脱穀されたハトムギは「ヨクイニン」として人々の体をケアしてきたわけです。

chinese-medicine-2178253_640

妊婦さんが注意するべき生薬・漢方


漢方を学んでいれば基礎的な知識となるのが
妊婦さんには葛根湯が要注意」ということ。

葛根湯(かっこんとう)は漢方ではメジャーな処方ですので、
妊婦さんにも安全だと思われがちなのですが、
麻黄(まおう)という生薬が配合されているため
妊婦さんに処方するときは注意が必要です。

ちなみに風邪に「麻黄湯」という漢方が処方されることがあります。
これはその名のとおり、麻黄が配合されています。
したがって「麻黄湯」もあまり妊婦さんに処方されることはありません。

flu-2764634_640

妊婦さんと葛根湯・麻黄


麻黄は中枢興奮作用・血圧降下作用があると考えられています。
そしてエフェドリンという成分があり、エフェドリンは発汗作用があり、
この発汗作用は妊婦には適さないとされています。

漢方では、風邪は、
外の「邪」というものが体の中にヒュッと入り込んでしまって起こる不調と考え、
この邪を麻黄は排出する働きがあると考えられています。
この解の作用が母体・赤ちゃんには適さないとされています。

漢方だからやさしい、といった考えで
妊婦さんに葛根湯が処方されることがありますが、
これは漢方に詳しくない方の処方かと思われますので要注意です。

妊婦さんには治験が行えないため
はっきりとしたエビデンスは公表されていませんが、
「葛根湯」「麻黄」「エフェドリン」「妊婦には禁忌・要注意」
というのは最近の医薬品登録販売者試験でも頻出の基礎知識であり
妊婦さんはこの葛根湯・麻黄だけはせめて注意しておくとよいでしょう。

pregnant-1245703_640

妊婦さんを惑わせる様々なネット情報


前述のとおり、妊婦さんには治験が行えずエビデンスは難しいのですが
漢方ははるか2000年以上の歴史があり、多くの実例を積み重ねています。
葛根湯・麻黄湯の発汗作用は妊婦さんに適さないことは、
昔からの実例の上で伝承されていることなのです。

インターネットでは情報が溢れ、
デリケートな妊婦さんを不安にさせるような情報も
残念ながら多く見受けられます。

気をつけることは大切ですが、まずは慌てず、
不安にとらわれすぎないことが大切です。

それが難しいことは、私も妊娠していた時期があり
とてもよくわかります。
サプリは何がいい、この食事はだめ、これは赤ちゃんに悪影響がある・・・
いろいろな情報とモノに溢れ、妊婦さんの神経は本当にすり減らされるものですよね。

今後もたくさんの情報やモノが新たに登場してくるでしょうが、
振り回されずに、落ち着いて対応したいものですね。(それがなかなか難しいのですが・・・)

pregnant-woman-1910302_640

食事でおいしく妊婦さんの力を養う


母体を養う食養生にはどのようなものがあるのでしょうか?

妊婦さんが冷えないよう体をあたためる食材


体を冷やしすぎるのは母体にさわるので、
妊娠前後に冷えの経験がある方は、体をあたためる食事が良いです。

ただし、妊婦さんが夏にのぼせるような状態になってしまい、アイスや氷を食べて体が煮詰まるのを避ける、
といった話もよくあることです。
そのときにおいしいと思ったものを、摂り過ぎないようにしてリラックスしていただくのが
心も体も喜びます。

からだを温める食材には、ショウガやねぎ、人参などの根菜などがあります。
甘いものがほしいときは、ハチミツもおすすめです。

honey-2542952_640

のぼせてしまう妊婦さんにはそれを抑える食材


反対に、妊娠中に暑くてフラフラする、のぼせてしまう、という妊婦さんも
けっこう多いですよね。

このような妊婦さんには、きちんと体の水分を補う食事が適しています。
おすすめが白ごま、そしてお豆腐という白い食材

きちんと体を潤して、のぼせを緩和させてくれる食材とされています。
お豆腐はあっさりしていて口あたりもよいので、
つわりが重いときになんとか食べられたというママさんが多い食材です。
すぐに入手できるのも良いですよね。

また白ゴマは、ふだんの食事にざっとあえるだけで摂り入れることができる、便利な食材です。

soap-2726394_640

黒い食材で妊婦さんの血を補う


妊娠前に貧血だった方にぜひおすすめなのが、黒ごま
体を元気にして腎を補うとされている食材です。
便利なのが、ささっとお料理に使えて、風味を大きく損なわず、保存もきくという点。
手ぬき料理も、黒ごまをかけるだけで少し手をかけたように見えるのもうれしいポイントです。

他にも、黒豆なども
おかずの一品としてぱくぱくと食べられるのでおすすめですよ。

spices-3331974_640

まずは落ち着いて、妊婦さんのひと時の時間をリラックスして過ごす


たくさんの情報に溢れている現代は、惑わされたり不安になって
当たり前の時代だと思います。

不安な情報を耳にしたら、まずは体の状態を注意してみましょう。
よほどの異常が即座になければ、とりあえずひと呼吸。
きちんと自分の信じられる情報かどうか吟味し、
信頼できるところに相談するなどして、リラックスした妊婦さん生活を送ってくださいね。

また「おいしい」と感じる感覚に耳を傾ける食事もとっても大切です。
大丈夫かなと不安になりながら食事するよりは
「おいしい」と感じながら摂る食事のほうが、
よっぽどストレスにならずに体にも心にもリラックスを与えてくれるでしょう。

※妊娠中は体がデリケートになっているため
普段は出ないアレルギーが食べ物などによって出ることがあります
その時は自己判断ではなく、病院できちんと診てもらってくださいね。

birch-1498550_640

IN YOUおすすめのマヌカハニーを使ってみよう!

0521120127_5b0236877d695 【人気の非加熱マヌカハニーがパワーアップ!】今までで最高値の抗菌性MG500+になって再登場今すぐここをクリック!

マヌカハニーは自然の恵みそのもの。人間の思い通りにならないからこそ貴重です。
最近では日本でも取り上げられるようになり、人気が出てきています。
マスコミで取り上げられる頻度も上がっていますが、知名度が上がってくると品質もピンからキリまでさまざまになってくるものです。
こちらでご紹介するマヌカハニーはニュージーランド政府の認定を受けた抗菌表示であるMGを採用。
以前INYOUマーケットでご紹介したMG100+、MG300+に続き、今回ご紹介するのは、より抗菌性の高いMG500+のマヌカハニーです。
「マヌカ」はフトモモ科に属するニュージーランド原産の樹木。

先住民であるマオリ族の間では「聖なる癒しの木」とされており、「マヌカ」というのもマオリ族の言葉です。
マヌカハニーは、日本でここ数年、知名度が上がってきていますがニュージーランドでは昔から大切に扱われてきた薬効の高い食品です。
ブームになるずっと前からマヌカハニーを扱っていることに、大きな信頼を感じます。
養蜂家から直接仕入れるからこそ高品質なのです。


東洋医学から見た腎と子宮力とは? 今から考える更年期対策と腎精を増やす食べ物

世界の中でも年々増える日本のガン罹患率。大腸ガンが増える理由とワーキングママに知ってもらいたいこと

東洋医学からみた喘息の原因は? 喘息の症状があるか小児喘息と診断された我が子が取り入れている3つの簡単な習慣

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

野上 きよ
生きかた、治しかたのひとつとして「漢方」という選択肢もあります。 闘病、依存、介護、看取り、不妊、流産、事故、老い…人生のなかのさまざまな忍耐と悲しみに、東洋医学は寄り添い、理不尽な思いが腑に落ちるまで消化させることもできます。自身や家族の経験から「漢方」というひとつの方法もあるということを伝えたく執筆させていただきます。医薬品登録販売者。漢方薬局勤務経験あり・漢方塾受講。趣味はコンテンポラリーダンスとほどほどのお酒と
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ