メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

無農薬・添加物の少ない食材に変えてから私に起こった衝撃の変化|夫婦2人の月々の食費も大公開

sappo!
幼少期からアトピーに悩んだが、親は添加物等に無関心だったため、自ら本やインターネットで情報収集することが趣味。20代は、食生活に気をつけ、ヨガ等の運動に取り組み、健康生活を送ってきたつもりだった。しかし、やりがいを感じつつ、ストレスフルな環境で、教師を7年間務める。その後、29歳で結婚、30歳で妊娠。妊娠と共に大きな子宮筋腫が見つかり、早産で長男を生んだが、数日後天国へ。その後仕事を退職し、現在、再度自分のライフスタイルについて考え直すため、日々勉強中。

今の時代、すべての食品添加物を避けて生活するのは、とても難しいのが現状です。

そのためにも、食品添加物が何にどう使われているのかを知り、
要注意な食品添加物を使用していない食べ物を選べるよう、知識をつける必要があります。

また、農薬もできるだけ使われていない方が安心という意識は誰にでもあると思います。

しかし、スーパーへ行っても無農薬かどうかは表示されていないことも多く、
安い野菜だと「お買い得」と思う気持ちと、「どうやって作られているのかしら…」と、
不安な気持ちで買い物している方も多いのではないでしょうか。

筆者の場合
実際に婦人科系の病気になった後
に、
なぜ私が?と思いましたが、荒れた食生活には心当たりがありました。

それから、
良質な食材選びをして、体内に不必要な物を入れないようにし、
身体に入った毒素をできるだけ排出できる身体を作る努力をしています。

その方法について、ご紹介していきます。


病気になって考えた今までの不摂生



筆者が婦人科系の病気になったのは、
結婚してから2年後のことでした。

病気の原因は西洋医学的にはわからないと言われたため、
本を読んだり、漢方医などに聞いたりして、ひたすら病気について調べました。

その中で、東洋医学的見解の中の一つに、
添加物や農薬によって、
体内に溜まった老廃物が要因として考えられることがわかりました。


それまで、どんな食生活を送っていたか


結婚するまでは、近所に住む祖母が作る昔ながらのご飯を食べさせてもらっていました。

しかし、結婚してからは、夫が喜びそうな揚げ物や洋食、
インスタント食品等を食べるようになり、
食生活が変わったことは明らかで、病気になって初めて食事の大切さを痛感しました。

毎年婦人科検診は受けていたので、
この結婚期間の2年間で身体が変わっていったのは明らかでした。


何を買ってよいかわからない


「今までの生活ではいけない、生活習慣を変えなくては」と考えました。

それまでも、筆者は幼少期からアトピー体質だったこともあり、健康知識だけは、ある程度ありました。
しかし、「知っている」けれど、良質な食材は「高い」という思い込みから敬遠していたのです。
そして、「自分は病気にはならない、健康に詳しいから健康なはずだ」と思っていたのです。

しかし、実際に病気が見つかり、自分の体と真剣に向き合わざるを得なくなりました。

添加物、環境ホルモン、経皮毒、農薬、ポストハーベストの他、
様々なことが今まで以上に気になり始めましたが、まずは食生活から変えていくことにしました。


自然栽培ならではの味わいと コールドプレス製法一番搾りという贅沢さを兼ね合わせた最高級キングココナッツオイル
新商品 おすすめ商品

¥ ¥ 3,510(税込)

そもそも添加物や安い食材・調味料はなぜ身体に悪いのか



添加物には、多量摂取により、
発がん性のあるものや、体調不良を引き起こす可能性のある物
があります。


具体的な使用例も記載していますので、原材料名表示にちょっと注意を払うことで、
安全な食生活につながるのではないでしょうか。

一般的な食品添加物には以下のような種類があります

着色料

赤色〇号など、合成タール系色素、コチニール色素、ラック色素 etc…

酸化防止剤

BHT、BHA,エリソルビン酸ナトリウム等

保存料

安息香酸ナトリウム、パラオキシ安息香酸エチル、ソルビン酸、ソルビン酸カリウム、
ソルビン酸ナトリウム、プロピオン酸、プロピオン酸カルシウム、プロピオン酸カリウム etc…

甘味料

アスパルテーム、サッカリン

調味料

アミノ酸
 

発色剤色素

亜硫酸ナトリウム、硫酸カリウム

増粘剤

カラギーナン

結着剤・変色防止剤・pH調整剤

リン酸


身近な食材でわかる添加物ガイド


サンドイッチ

 調味料(アミノ酸等)
 PH調整剤 
 増粘多糖類、
 酸化防止剤(BHT)
 保存料(ソルビン酸)
 発色剤(亜硫酸Na)


チューブドリンク(冷凍庫で凍らせて食べるアイスキャンディー)

 PH調整剤、調味料(アミノ酸)、
 甘味料(サッカリンNa)
 保存料(安息香酸Na)、
 着色料(黄4、青1、赤102)


スナック菓子

 たんぱく加水分解物(小麦、大豆を含む)
調味料(アミノ酸等)


プリン

 増粘剤(カラギーナン)

アイスクリーム

 安定剤(増粘多糖類)

ハム

 たんぱく加水分解物
 リン酸塩(Na)
 調味料(アミノ酸)
 発色剤(亜硫酸ナトリウム)



添加物は、身体に良くないと言われていますが、
食品保存のために少なからず必要な物でもあります。

完全に摂取しないということは難しいですが、
ある程度の量であれば、排出する機能を持ち合わせています。

しかし、現代はいつでも食べ物が手に入る飽食の時代

食べ過ぎが続くと、
排出しきれなかった添加物がどんどん身体の中に蓄積されていきます。


病気は原因があっての結果。
原因はその人の食伝(家庭の食事による遺伝)と食歴であり、
これまで食べてきたものによって体にため込んでいる毒素なのです。

毒素は血液にのって全身をめぐり、出すべきところ、
その人の一番悪いところに出ます。これを、「排毒現象」と言います。

引用:『若杉友子の毒消し料理』若杉友子 2017年3月30日 <

          
食べたものをしっかりと体外に排毒しなければ、
どんどん身体の中に蓄積されていってしまうのです。

排毒できる力を高めるために実践したこと


1 ファーストフードや外食を減らす。
2 添加物に気を付けている食材屋さんを探し、そこで買い物する。調味料にもこだわる。
3 玄米、野菜中心、ぬか漬けを取り入れた食事で、腸内環境を整え、排せつ回数を増やす。
4 一日30分の散歩、5分のストレッチ



とにかく甘いものが好きで、
たくさんの砂糖を摂取していたので、腸内環境も悪く排便は3日に1回

運動不足で血の巡りも悪く、肩こりもひどかったです。

しかし、上記の項目に取り組むようになってから、
排泄がスムーズにできるようになりました。

特に、玄米、野菜中心の食事が効果がありました。
さらに、運動することで、気分もリフレッシュし、ストレス解消できたせいか、
菓子パンやスイーツを間食することが減りました

目には見えませんが、
添加物の摂取量が減ったことも少なからず影響があったはずです。

原材料3つ。北海道産有機大豆と有機小麦でできた「主役の有機醤油」

¥ 1,500 ~ ¥ 5,101(税込)

良質で安心安全な食材を手に入れる方法


・食への安全意識が高く、生産者の顔が見える良質な食材を取り扱うお店or宅配してくれるお店を見つける
・近所の産直の直売所に行く


一般的なスーパーで買い物していた頃は、買う際に一つずつ表示をチェックしていましたが、
忙しい時には煩わしく、かなりの時間がかかってしまいます。

そのため、信頼できるお店に出会ってからは、そのお店の会員になりました。そして、インターネットで注文し、
週に1回お店に取りに行く買い物スタイルに変わりました。
お腹がすいている時は、余計な物を買ってしまいがちですが、
インターネットで注文することで、予算内に収めて買い物できるようになりました。

それから、エスニック料理等、特殊な食材を買う時以外は、ほとんどスーパーを利用しなくなりました。

インターネットで買い物する場合、お気に入り商品を登録しておけば、
毎回悩まずに定期購入することができるため、時短にも繋がります。

また、近所の直売所では、生産者さんから直接、野草や無農薬野菜等、地元で採れる旬の食材を購入しています。
そのため、有機栽培、無農薬か、など直接話を伺うことができます。また、いつもなら買わないような面白い食材にも出会えるため、買い物がとても楽しいです。

熊本県産。安心安全な冷凍「ビーツ」。手軽に摂取できて栄養価も高いスーパーフード!血液の材料となるミネラル分を豊富に含んでいます。 1kg 1〜4袋セット

¥ 4,320 ~ ¥ 10,800 (税込)


食費は実際いくらかかるか



筆者の場合、夫と二人暮らしで、食事は以下の通りです。

朝:二人分 
昼:夫は弁当、筆者は家又は外食、
夜:二人分 たまに外食


月の食費総額は、外食は外し(月に4、5回)平均して約35,000円です。

結婚当初は、安いスーパーに通っていましたし、外食も多かったですが、
そのころよりも1万円弱安くなりました。

外食する際にも、このお店はどんな食材を使っているのか、
ここは安心できるお店なのかを考えてお店を選ぶのはかなりの労力でした。

しかし、信頼できるお店を見つけたことで、
家でミールセットを使って簡単に美味しい食事を作ることができるようになったため、
外食することも減り、食事に迷わなくなりました。

ミールセットや、冷凍食品は高いと思われがちですが、
思い切って沢山常備しておくことで、外食の回数はぐんと減ります。

外食は、作るのがめんどくさい、という気持ちから行きますよね? 
すぐにできる食材を準備しておくことで、安易に外食を選ぶ事がなくなるのです。

良質な食材で調理すると、
シンプルなレシピでも、味が濃く本当に美味しいです。
舌が肥えるため、安価な外食では満足できなくなりました。

病気をしなくなった


結婚当初は、ものもらい、目の充血、じんましん、かゆみ、
インフルエンザ等による病院への通院もかなり多かったです。

しかし、食養を初めて7か月になりますが、
体調不良での通院は一度もありませんし、
今年の冬は、二人して一度も風邪をひきませんでした

つまり、良質な食材を選ぶことで、食費、医療費を抑えることができるのです。
もちろん、たまに外食する時は、あまり気にしすぎず、食べたいものを楽しむようにしています。

その他の食材を選ぶコツ


果物、野菜は、国産を

輸入野菜には、出荷されてから販売されるまでに時間がかかります。

そのため、腐ったり痛んだりしないように、防カビ剤や殺菌剤、防虫剤が使用されます。


ただ国産のお肉というだけでは、安心かどうかの基準にはなりません。
お肉を選ぶ際のポイントはは、飼料はnon-GMO(遺伝子組み換えでない)
さらに国産の穀物
ストレスの少ない環境での飼育、抗生物質などの薬剤の使用を、
できるだけ使わずに飼育等の努力をしているか。

また、一般的に言われるソーセージやハムは危険だという世間の声もありますが、
添加物を入れずに努力している食品会社も多いです。
自分に合うお店を見つけて上手に利用しましょう。

飼料は<strong国産でnon-GMO(遺伝子組み換えでない)、
ストレスの少ない環境で育った卵が安心です。

国産小麦

あえて「国産小麦」と表示しているパン屋さんを見かけますが、
国産小麦がまだ貴重で、未だに輸入小麦が大半を占めているためです。
国産小麦がなぜ良いかというと、
輸入する際に使用するポストハーベスト(農薬)が少ない点です。
もちろん、輸入品でもオーガニックの小麦であれば安心でしょう。


安心安全な食材やさんを見つけ、いつもそこで食材の購入を行うことで、
新しい健康情報を入手できたり、買い物で迷うことがないので、時短にも繋がります。

さらに、外食費や医療費を抑えることができるため、良質な食材を選び、
購入することは、決して高い買い物でありません。

家族みんなで健康で明るい生活を送っていきましょう。

オーガニックな生活、始めませんか??

こだわりの梅酢と塩のみで作られた料理に使いやすいオーガニック練り梅ペースト 2〜3個

¥2,160 ~ ¥ 2,916 (税込)

販売開始まで2年の歳月をかけ、安心と美味しさにこだわったガーナ産無農薬モリンガパウダー・モリンガティー・モリンガタブレット
通常のにんにくと比べ抗酸化力約10倍!発酵熟成させた健康的で美味しい有機栽培の「黒にんにく」100gか300g

¥ 3,620 ~ ¥ 8,001 (税込)

全部オーガニック原料!酵母エキスも添加物もなし。これぞ本物のオーガニックベジブロス

¥ 6,000 ~ ¥ 18,000 (税込)


全部オーガニック原料!酵母エキスも添加物もなし。これぞ本物のオーガニックベジブロス

¥ 6,000 ~ ¥ 18,000 (税込)

<たっぷり2.5-3.5ヶ月分でお得!>ミネラルならこれ1つ。あなたの毎日が輝き始める無味無臭「飲むミネラル」 by Minery(ミネリー)

¥ 18,225 (税込)

あなたにおすすめの記事

消費者が安全なものを求めているのに、オーガニック農家が日本では増えないのはなぜなのか?農業の現場から見る本当の理由とは。

農薬でガンになった人も…農薬があなたの体にもたらす被害とは。農薬が心身を侵すメカニズムと悪影響を避けるための方法

来年からの食卓はホルモン剤・農薬まみれ? TAG・TPPを今こそ考える

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

sappo!
幼少期からアトピーに悩んだが、親は添加物等に無関心だったため、自ら本やインターネットで情報収集することが趣味。20代は、食生活に気をつけ、ヨガ等の運動に取り組み、健康生活を送ってきたつもりだった。しかし、やりがいを感じつつ、ストレスフルな環境で、教師を7年間務める。その後、29歳で結婚、30歳で妊娠。妊娠と共に大きな子宮筋腫が見つかり、早産で長男を生んだが、数日後天国へ。その後仕事を退職し、現在、再度自分のライフスタイルについて考え直すため、日々勉強中。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ