メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

皮膚病を根治するのに必要なことは、体質の改善から。

福原真一郎
鳥取大学の農学部で生物学や化学を学んだ後、鍼灸師とマッサージ師を別に取りに行ったので、長く東洋医学について学んできました。 今は整骨院で東洋医学と薬膳、栄養学の知識を活かして、治療と生活指導を行っています。

皮膚病を根治するのに必要なことは体質の改善から


アトピー性皮膚炎の薬を塗っているが治らない。

何か他の病気の可能性もあるのだろうか?

今の治療を続けても問題はないのか?

アトピー性皮膚炎を始めとして、
皮膚の病気はなかなか治りにくいのが特徴です。

こちらでは、東洋医学からみた皮膚病の根本的な原因と治し方について書いていきます。


アトピー性皮膚炎の考え方

アトピー性皮膚炎は、掻痒のある湿疹を主病変とし、増悪・寛解を繰り返す疾患であり、患者の多くは、表皮のバリア機能が弱く乾燥しやすいという皮膚の素因と、アレルギー素因の両方を有する。治療の基本は、悪化因子の除去、スキンケア、抗炎症外用薬…

~症例に学ぶ 医師が処方を決めるまで~ 片岡 葉子



アトピー性皮膚炎は治りにくい慢性疾患です。

現代的な治療はステロイド入り軟膏を塗布するなど、
表面に現れている湿疹を抑えることを目的とします。

この湿疹を抑えるという考え方は一時的な対処に過ぎないので、
あとで余計に症状が悪化することもしばしばあります。

基本的には皮膚の炎症をいかに抑えるかに主眼を置いているので、
炎症の原因となっている免疫を抑制したりもします。


炎症とは身体の免疫反応で、
免疫反応が過剰に起こっている状態がアトピー性皮膚炎や気管支喘息の原因と考えられています。


アトピー性皮膚炎に対する東洋医学の考え方

大切なのは、湿疹が起こる原因を改善することです。

アトピー性皮膚炎は、
  • 乾燥タイプ
  • 湿潤タイプ
の二つに大別できます。


乾燥タイプとは皮膚がカサカサとして、パラパラと粉をふく状態です。

湿潤タイプとはジクジクと浸出液が出てくる状態です。

いずれにしても東洋医学ではアトピー性皮膚炎を身体の中が冷えている状態ととらえ、
  • 体力がある実
  • 体力がない虚
に分けます。

このように原因を分類していけば必然的に対処法も変わっていきます。

炎症反応は免疫の過剰反応と言われますが、
身体が強いから過剰に反応している場合もあれば、
身体が弱いから常に免疫が反応しやすくなっている場合もあります。

そのため、免疫の過剰反応とは言え原因には違いがあるので見極めが必要です。


アトピー性皮膚炎はこんな人がなりやすい

アトピー性皮膚炎の原因には先天的な気(代謝)の不足があります。

特に乳児湿疹などが大人になって改善するタイプは気(代謝)が充実したためと言えます。

気(代謝)の不足は食事や生活によって後天的に補う事が可能です。

幼児の喘息も同じ理由です。


生活習慣の改善で重要なのは、
  • 食事
  • 運動
  • 睡眠
です。

と言っても特別なことは必要ありません。

食事の偏りをなくして、毎日適度な運動を心がけ6時間以上の睡眠をとるだけです。

この生活が難しいという人は根本的な問題が大きいと言えます。

 

アトピー性皮膚炎の分類

アトピー性皮膚炎に多いタイプを東洋医学で分類すると、
  • 瘀血(おけつ)
  • 痰湿(たんしつ)
  • 血虚(けっきょ)
などに分類されます。

基本的にアトピー性皮膚炎は皮膚の炎症ですが、東洋医学では身体の中が冷えているために身体が過剰な熱を発生させていると考えます。

ジクジクタイプのアトピー性皮膚炎は炎症反応が起こっており、
瘀血(おけつ)と呼ばれる血の滞りが原因と考えます。

そのため消炎作用のある食生活を心がけます。


次に皮膚がパンパンに腫れて皮下に水が溜まっているタイプは津液(リンパ)の流れが滞っていると考えるので、
痰湿を改善する食生活を心がけます。

そして、皮膚はかさかさして色つやが悪い状態は血液の状態が悪い血虚(栄養不足)と考えます。

これらの症状は生理とも関係します。

多くの女性のアトピー患者さんは、
生理周期で症状の変化が出る方が多いです。

たいていは排卵過ぎ頃より悪化し、
生理が始まるとアトピー性皮膚炎が少し治まります。

 

生活での注意点

食生活の注意点は、
  • 古い油
  • 白砂糖
を控えることです。


生活習慣の改善はあくまでも無理しない範囲で、
ストレスにならない程度から徐々に改善していけばよいと思います。

ですが、古い油は分解に極めて時間とエネルギーを使うので身体に溜まりやすいと言えます。

この溜まっていく古い油が身体に炎症を起こす原因です。

瘀血や痰湿の原因となるのでじくじくタイプのアトピー性皮膚炎を悪化させます。

白砂糖は代謝するための酵素が欠乏しやすいので血虚を引き起こしやすくなります。

白砂糖は黒砂糖からビタミンやミネラルなどが抜け落ちた状態なので、
味は美味しいですが食べ過ぎには注意が必要です。

現代人の多くは栄養不足に陥りがちです。

栄養事情が改善している現代において栄養不足になる人は精製された白砂糖などの摂り過ぎが多いのです。


瘀血タイプの改善ポイント

アトピー性皮膚炎がじくじくタイプの瘀血タイプは血流の改善が必須です。

改善すべきポイントは、
  • 水分代謝
  • 冷え
  • 気分転換
です。

瘀血になっている人の特徴は体温が高かったり暑がりだったりすることです。

これは身体の水分量が減っているために相対的に体温が高くなっている状態です。

いわゆる、のぼせているような状態なので代謝が高いというよりも熱を冷ます機能が低下している状態です。

傾向としては冷たい飲み物を好み、余計に症状を悪化させています。


このタイプの人は水分を摂取したほうが良いのですが、
甘い清涼飲料水は避ける必要があります。

血糖値が上がると余計に血液はドロドロになり瘀血の症状が悪化するので、飲むならお茶がおすすめです。

ただし冷えた水分は状態を悪化させるので常温か温かい状態で飲みましょう。

また、人間はストレスを強く感じているときに血糖値が上がるので気分転換も大切です。

水分代謝を促すためにも気分転換には散歩などの外出をして少し汗ばむくらいが理想です。

おすすめ食材としては、
  • 玉ねぎ
  • ニラ
  • ネギ
などの血液をサラサラにする野菜やジャスミンティーなどの香り高い飲み物が瘀血を改善します。


痰湿タイプの改善ポイント

身体のむくみが伴う痰湿タイプの人は、津液(リンパ)の流れを改善します。


古い油との相性が最も悪いタイプです。

そのため
  • 肉類
  • 味の濃い食事
  • お菓子
などの食べ過ぎも問題になりやすいです。

痰湿タイプの人は体温が低くてポチャッとした感じの人が多いです。

細くても足がむくみやすかったり、顎周りがたるんでいたりするのが特徴です。

代謝が低いので肉類などに含まれる脂質が分解されづらく身体の循環を低下させます。

また味の濃い食事やお菓子などに含まれる食品添加物や塩分が身体に余計な水分を溜めてしまいます。

対処として大切なのは身体の老廃物を排泄することと身体を温めることです。

普段からラジオ体操などで全身の関節や筋肉に刺激を入れたり、お風呂で温めたりすることが大切です。

食事としては老廃物の排泄を促す
  • 緑豆もやし
  • ハト麦茶
  • キュウリ
などのカリウムを多く含む食材を意識して食べることが大切です。


血虚タイプの改善すべきポイント

血虚タイプの改善には、消化器系を強くすることが大切です。
  • 規則正しい食事
  • 質の良い睡眠
  • 消耗を避ける
などが大切です。

基本的に血虚タイプの人は身体が弱い人が多いので身体を徐々に強くしていくのが必要です。

消化器系に負担をかけないためには三食をしっかりと食べることに加えて、
一度に多く食べるのは禁物です。


また、夜更かしは禁物で夜の12時前には寝て、6時間以上の睡眠を心がけましょう。

そして血液を消耗させるのは目の酷使になるので、
スマホやパソコンを長時間使うのは避けましょう。


仕事で使う分には仕方ありませんが、寝る前スマホなどは厳禁です。


食事に関しては貧血予防の食材と同じで、
  • プルーン
  • レーズン
  • レバー
  • 牡蠣
などのミネラルが豊富なものを選びましょう。

身体の代謝を促進する酵素の原料はミネラルです。

なかでも亜鉛や鉄は特に意識して食べるのが大切です。


アトピー性皮膚炎になる原因をまとめると

アトピー性皮膚炎は免疫の過剰反応ではありますが原因は様々です。

そのため症状だけを抑えても根本的な解決にはなりません。

大切なのは自分の体質を見極めて、改善するために必要な生活習慣を心がけることです。

抗酸化物質のSODを豊富に含む。無農薬栽培・南アフリカ産 27年以上販売。老舗無農薬プレミアムルイボスティー

0521180957_5b028ce5805ba 抗酸化物質のSODを豊富に含む。無農薬栽培・南アフリカ産 27年以上販売。老舗無農薬プレミアムルイボスティー今すぐここをクリック!
抗酸化作用に早い時期に気づき、
既に27年以上販売され続けている老舗のルイボスティーを今回ご紹介します。

このルイボスティーは、
南アフリカのクラウンウィリアムにて栽培されている茶葉を使用しています。
他の地域でも良い茶葉作りにチャレンジしたそうですが、
この地が一番環境に適していたとのこと。
元々は自生していたものを畑にしたのだそうです。

香りの強い紅茶と違い、優しく広がるお茶の香りは、
なんだか懐かしい気分にもさせてくれます。
もし、紅茶やコーヒーが苦手という方であれば、
お茶のつもりで飲めるのでおすすめです。

濃いルイボスティを飲みたい方は、
ヤカンの中で3-5分お湯と一緒に沸かしてみましょう。
この濃さに有用成分がぎっしり。

ぜひお試しください!


【この記事を読んだ人にオススメの記事3選!】

①毎晩かゆくて全身血だらけのひどいアトピーだった私が薬を使わずに完治させた方法をお伝えします。

②「悪い所は取ってしまいましょう」と父の緊急大腸手術。それに対し、逆に自力で治した妻の顔のアトピー。真逆の体験から皆さんに伝えたいこと。

③アトピーの人からも絶賛されてきたルイボスティーのSOD効果とは?オーガニックルイボスティーの選び方と、りんごとプルーンのコンポートの作り方。


この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

福原真一郎
鳥取大学の農学部で生物学や化学を学んだ後、鍼灸師とマッサージ師を別に取りに行ったので、長く東洋医学について学んできました。 今は整骨院で東洋医学と薬膳、栄養学の知識を活かして、治療と生活指導を行っています。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ