メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

真珠は美容にも最適!?古来から美と健康に用いられた真珠の肌への効果と真珠パウダーのおすすめの使い方

hiro
本業は、海外のオーガニック・ヴィーガンコスメ・日用品を扱うブランドマネージャー。 25カ国以上を渡り歩き、世界各国のオーガニック、ヴィーガンな食品やコスメ、ライフスタイルに触れる。 ヴィーガンになったきっかけは、家畜の悲惨な現状と、それが人にもたらす健康被害を知ってから。 “動物を尊重した選択肢を作り出すこと”を掲げた任意団体「ソーシャライトジャパン」のスタートアップメンバーでもある。

みなさんは、化粧品や薬としての真珠・パールをご存知ですか?

現代において、真珠は主にアクセサリーとして市場に広まってきましたが、
実は、エジプトでは、紀元前3200年頃から人々に知られていたと言われ、クレオパトラは美容のために酢に溶かして飲んでいた、とも言われています。

その後、中国、ペルシャ、ローマにも広まり、「月のしずく」「人魚の涙」とも言われ、人々に重宝されてきました。

紀元前300年以降は、ヨーロッパに広まったことから、現在のように宝石として取引されるようになったそうです。(注1)

中国の「魏志倭人伝」や「後漢書」などの文献にも真珠は出てきますが、ベネチア人のマルコ・ポーロが初めて日本についての情報をヨーロッパに広めることになったと言われる「東方見聞録」にも、日本が金銀に加え、パールも豊富に持っていることが書かれています。(注2)

日本やインドで綺麗な真珠が取れると聞き、航海に出たヨーロッパ人もいたなど、世界の真珠がヨーロッパに集まり流通していったのです。



江戸時代には、真珠が薬としても流通していたとのこと。
解熱剤、風邪薬として利用されていたそう。

現在、アクセサリーとしての真珠がこれほどまでに広まったのは、シャネルやディオールが真珠にこだわり、デザインに取り入れてきたから。

ブラックドレスに合わせたパールのネックレスはお馴染みではないでしょうか。

真珠の商人の手が綺麗だったことや、
中国では美容として真珠が親しまれていたこと、
そして、ジュエリーブランドのMIKIMOTOがパールの化粧品ラインを発表するなど、
今、真珠の美容としての効果が再注目されています。

真珠の美容としての効果は、まだまだ情報としては広まっていないのも事実・・
そこで、今回は真珠の美容ケアに関する情報をまとめてご紹介します!


真珠の美容としての特徴



真珠は、クレオパトラが美容のために飲んでいた、とも言われているように、
そのミネラル成分が凝縮された性質から、昔から薬や美容のために食品としても使われてきました。

貝殻を生成する成分が体内に取り込まれることによって生成される真珠は、その成分は貝殻にほぼ近く、ほとんどが炭酸カルシウムとたんぱく質コンキオリンで構成されています。

生物である貝殻が作り出したので、「生体鉱物(バイオミネラル)」と呼ばれ、炭酸カルシウムとたんぱく質以外にも真珠の色など環境によって様々なミネラルが含まれていると言われています。

このタンパク質コンキオリンは、真珠のみに含まれている良質なイオン化たんぱく成分で、体内に吸収しやすいアミノ酸と言われています。

また、肌を構成するコラーゲンと同様に、真珠もコラーゲンの一種です。

美容としては、保湿を高めたり、抗酸化作用があるとも。
抗酸化作用とは、紫外線やストレスで酸化してしまった肌を整えてくれる効果なので、肌トラブルをおさめてくれる力に期待ができます。



昔から、海水が保湿作用があると言われたり、海洋療法としても使用されていることを考えると、貝殻から生成された真珠にその効果があることも自然なことと納得できるのではないでしょうか。

☆1日頑張った自分へのご褒美タイムに。
 完全オーガニック入浴剤「Mineryバスタイム」



真珠を使った美容はこんな方に特におすすめ



先述した、真珠の特徴から、真珠を使った美容は、特に下記の方におすすめです。

・肌トラブルがある方
・ナチュラルなスキンケアにこだわりたい方
・肌のざらつきが気になる方
・乾燥が気になる方
・肌が敏感な方
・エイジングケアにこだわりたい方
・肌のべたつきが気になる方


海のミネラル成分、海水の治癒効果について実感されてきた方も真珠を使用した美容には馴染みやすいのではないでしょうか。

さて、次は、その真珠をどのように日々取り入れて使用できるのか、ポイントをご説明します。


真珠を使った美容お手入れのヒント



真珠は通常パウダー状にされ、食品や化粧品の成分として取り入れられているため、さまざまな方法をお試しいただけます。


その①:化粧水に混ぜる


朝晩の洗顔のあと、普段使用している化粧水に0.2-0.3gを混ぜて肌に塗布します。
これにより、ミネラル成分を肌に塗布し、肌表面をミネラルで覆いケアしてあげることができます。

☆日本オーガニックコスメ協会推奨!
 自然栽培のハーブや植物で作られた化粧水


その②:乳液またはオイルに混ぜる


お使いの乳液またはオイルに混ぜるのもおすすめです。
0.2-0.3gを混ぜて、肌に塗布します。

☆エコサート認証取得!究極のゴールデンホホバオイル

その③:洗顔に混ぜる


洗顔フォーム、またはクレンジングに真珠パウダーを混ぜて顔を洗います。
パウダー状なのでスクラブにはならないものの、なじませながら洗顔することをおすすめします。

貝殻と同じくミネラル成分なので、肌がつるつる、さらさらになることをすぐに実感いただける方法のひとつです。

☆固定種・自然農ハーブの優しいフェイス&ボディ石鹸

その④:お粉、パウダーに混ぜる


お粉、パウダーに混ぜて日中の肌にオンするのもおすすめです。
ミネラルで覆うことで肌にせまる様々な外的要因からカバーしやすくなります。

☆「肌に纏う宝石」希少な国産シルクパウダー

その⑤:泥パックに混ぜて、シートパックに塗布して使う


泥パックに混ぜて、顔に塗布する、
もしくは、
シートパックにつけて、顔につける
ことで、パックの効果をより実感する方法もおすすめです。


真珠を成分に含んだ化粧品や、真珠パウダーの美容ケアは、高価にも関わらず、一度使用した時からやめられないと虜になる人が多いと聞きます。

私自身も海の恵みから生まれたマリンコスメ化粧品を使用した一度目から肌の変化を実感してきたため、真珠の化粧品がなかなか流通していないにも関わらず、虜になる方のお気持ちがわかります。

気になる方はぜひチェックしてみてください。


美容ケアのために真珠をおすすめしたいもう一つの理由



肌にとって、効果が期待できる成分を含むだけではなく、真珠はそれ自体がナチュラルで馴染みやすい成分
ナチュラル・ビューティーにこだわる方に、ぜひお試しいただきたいです。

また、海の恵みから取れたものなので、自然分解が可能な成分である、こともポイント。

また、現在では、貝殻を有効的に使うため、真珠パウダーが含まれた歯磨き粉も開発されるなど、無駄を発生させない生産方法が検討されている点もおすすめしたいポイントです。

これからのスキンケア、パーソナルケアには、常に自然に還元されるかが問われる時代になっていくのではないでしょうか。

自分も自信が持てるような肌を実感しながら、自然分解が可能な美容ケアをすることで本当のナチュラル・ビューティーが実現するように感じます。

ナチュラル・ビューティーにこだわる方におすすめのアイテム

Mineryミネリーバスタイム|完全オーガニックのミネラル入浴剤【重炭酸・精油・オート麦配合!】たっぷり大容量1〜3ヶ月分!

¥ 2,700 ~ ¥ 36,936 (税込)

口に入れても安全な「肌に纏う宝石、シルクパウダー」。シルクがあなたのお肌を乾燥と日焼けから守ります!

¥ 3,888 ~ ¥ 7,560 (税込)

厳しい基準をクリアしたエコサート認証取得!どこにでも使える究極のゴールデンホホバオイル

¥ 5,184 (税込)

イオン処理などの化学的な処理はしない!天然原料100%、高純度ナチュラルクレイ

¥ 2,222 ~ ¥ 8,218 (税込)

髪の毛のツヤ、ハリやコシに!身体全体に使えるオールインワン「オーガニックアムラパック」

¥ 2,916 (税込)

こちらの記事もおすすめです

IN YOU編集長 松浦 愛がオススメ!オーガニック&ナチュラルコスメ特集(裏技テク有り!)

強力な抗酸化パワーを備えたナチュラル派による 簡単で大満足できるスキンケアの始め方

美肌にもいい影響をもたらすオキシトシンの効果を最大限受け取る方法|自宅で簡単ナチュラルケア方法22選



注1:「真珠の歴史」Tensei Pearl http://www.tenseipearl.jp/pearlhistory.html
注2:「マルコ・ポーロ『世界の記述』における「ジパング」片山 幹生 http://www.seijo.ac.jp/pdf/graduate/gslit/azur/06/0602.pdf



この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

hiro
本業は、海外のオーガニック・ヴィーガンコスメ・日用品を扱うブランドマネージャー。 25カ国以上を渡り歩き、世界各国のオーガニック、ヴィーガンな食品やコスメ、ライフスタイルに触れる。 ヴィーガンになったきっかけは、家畜の悲惨な現状と、それが人にもたらす健康被害を知ってから。 “動物を尊重した選択肢を作り出すこと”を掲げた任意団体「ソーシャライトジャパン」のスタートアップメンバーでもある。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ