メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

化粧品ジプシーの私を負のスパイラルから救った古くて新しい救世主とは? 負のサイクルを断ち切る脱ファンデーションのすすめ

関永真弓
大学を卒業後、都内のIT企業に勤務したのち婚約を機に沖縄に移住しました。 現在はWebデザインの勉強の傍、自身のInstagramやブログを通じて沖縄の生活を発信しています。 養護教諭を母に持つ私は自然と、食や健康について興味を持って育ちました。 自身の体調不良や身近な人の鬱病を経験し、食事と心と体の健康の関連に興味を持ちました。 自身の知識をさらに深めていくと同時に、同じように興味を持っていただける方に情報を発信していけたら良いなと思います。

多くの女性がほぼ毎日お化粧をしていると思います。

特に、ファンデーションはお肌の体質や季節によって
使う種類をきちんと選ばないと、
かえってお肌が汚く見えたりしていまい、
なかなか理想のものに出会うのが難しいものですよね。

パウダー、リキッド、プレスト、最近ではクッションタイプのものなど、
ファンデーションとひと口にいってもその種類は様々です。

ですが、そのファンデーション
体の中に入れたくない成分がたくさん詰まっているってご存知でしたか?

1.毎日の必需品となったファンデーション


1-1. 始まりはお化粧への憧れでした。




私が初めてお粧品をしたのは18歳の時でした。
母親から、お化粧は良くても10代のうちは
ファンデーションは使うことは禁止されていたため、

その時の私のお化粧は、目元のアイシャドウやマスカラと、
チークを少し塗ったくらいでした。

それでも当時の私は自分がとても綺麗になった気がして大満足でした。

ですが、周りの友達がファンデーションも使って
がっつりお化粧をしていたため、
もちろん私もファンデーションを使ったお化粧に興味津々でした。

それから2年待って、二十歳になった途端、
私もついにファンデーションデビューをしたのです。

今思えば、当時は特に自分のお肌に
ファンデーションで隠したいくすみやシミがあったわけではありませんでした。

ただ、周りの友達や大人のお化粧に憧れて
ファンデーションを使ってみたかっただけだったのです。

1-2. 負のサイクルの始まり




ファンデーションを使うようになって、
自分の綺麗になった肌を見慣れてから、
もうファンデーションなしでは外に出られなくなりました。

そして、それは見慣れてしまったという気持ちの問題だけではなく、
使っていなかった時のお肌と比べて、
明らかに、くすみやシミ、ニキビの存在が
目立ってくるようになってしまったのです。


そして、そのコンプレックスを隠すために
余計にファンデーションが手放せなくなってしまいました。

その時ふと、母が「10代のうちはつけなくていい」
と言っていた意味がわかったような気がしました。

私は二十歳になってからファンデーションをつけましたが、
一度つけたら、もう戻れないんです。
まさに、負のスパイラルでした…


1-3. 危険成分をお肌に塗り込んでいた




ファンデーションを使うとお肌が綺麗になって、
いいことばかりだと思っていましたが、
実際は大違いでした。

実際の自分の肌はきれいでなくなってくるし、
汗や皮脂で崩れるとお直しが必要になります。
しかもそのお直しも失敗すると化粧崩れはさらに悪化・・・

それだけではありません。
汗を拭いたハンカチは茶色くなるし、
口元に当たったマフラーもファンデーションで汚れてしまう始末…

それでも結局ファンデーションは手放せず
ずっと使っていたので、せめて肌には負担の少ないファンデーションに変えようと思い、
商品選びの参考にしたくて、成分について勉強しました。

参考:『オトナ女子のための美肌図鑑』西一総 

この本は有機化学を専門としている化学者の視点から、
巷で流行している美容の都市伝説を白黒をはっきりつけて
解説してくれる本です。

それを読んでびっくり。
ほとんどのファンデーションに使われている
界面活性剤やパラベンなどをはじめとする様々な成分は
体への負担がとても大きい成分だったのです。

体への負担が大きいものなんて、
デリケートな顔のお肌には更に深刻な影響を与えるということは、
想像に難しくないですよね。


そしてさらに驚いたのは、
一見、ナチュラル素材やオーガニックを謳っているコスメにも
これらの成分が入っていること。

できればずっと綺麗なお肌でいたいし、
ファンデーションなしでは外に出られないような
自分のお肌と付き合い続けることにはなりたくない。

そして子供が生まれた時に、
ほっぺにいつキスされても大丈夫なママになりたい。
育児に忙しくてきちんとお化粧ができなくったとしても、
お肌は綺麗でありたい。

いよいよ、本格的にファンデーションを見直す時がやってきました。

只今、キャンペーン中!原材料は国産シルクだけ、幻のパウダー! 口に入れても安全な「肌に纏う宝石、シルクパウダー」。シルクがあなたのお肌を乾燥と日焼けから守ります!

¥ 3,888 ~ ¥ 7,560 (税込)

> 商品の詳細はこちら

2. 脱ファンデーションのきっかけ

2-1. 私を救った古くて新しい新素材



様々な資料を読み漁り、また多くの化粧品ジプシー歴を乗り越え、
やっと辿り着いたのががシルクです。

え?シルクって、衣服に使うんじゃないの??
そう思われる方も多いはずです。

昔から、シルクは上等品で、多くの国の王室でも愛用されていました。
それが今、シルク素材への注目が再び高まりを見せています。

そしてそのシルクが今、
化粧品としても使われているんです。

シルクの成分は人間のお肌と同じ成分であるため、
お肌にとてもいいとされています。

私は現在、シルクで作られたフェイスパウダーを、
いつものファンデーションの代わりとして使っています。

とても手軽で、
パフやブラシでポンポンと優しくのせるだけで完了なんです。

もちろん、ファンデーションに比べたらカバー力は劣ります。
しかし、シルク自体がきめ細かい白い粉なので、
お肌がワントーン明るく見えるようになるのです。

シルクのフェイスパウダーをまとったお肌は、
光を味方につけ、ナチュラルな美しさを引き出してくれます。

ファンデーションで塗り固めた厚ぼったいお肌よりも
シルクのフェイスパウダーで薄づきのお肌の方が、
ナチュラルでヘルシーな印象を与えられる為、私はとても気に入っています。

つけている時に綺麗に見せてくれるだけではなく、
シルクは、スキンケアの役割を果たしてくれる点、
これもファンデーションとの大きな違いです。

シルクがお肌にもたらしてくれるスキンケア効果をまとめますね。

2-2. 私がシルクを使う理由

①紫外線を防ぐ



脱ファンデーションといっても、
お肌に何もつけていないのは危険です。
顔の紫外線対策はきちんとしましょう。

シルクはもともと、蚕を紫外線など外部の刺激から守るためのものです。
ですから、シルクそのものに紫外線をカットする力があります。

そのため、UVカットの化粧下地をつけなくても
シルクをお肌につけるだけで、紫外線から守ってくれます。


②確かな保湿効果



シルクは人間のお肌とほぼ同じ成分で構成されています。
私たちのお肌には皮膚を保湿する成分がもともと備わっていますが、
シルクにも同じような成分が存在しているため、
保湿を助けてくれる働きをします。

乾燥は小ジワや日焼けの原因になります。
シルクが私たちの肌の保湿を助けてくれ、
それらを予防してくれるのです。


③なのに体への害がほぼない



人間と同じような成分で構成されているシルクです。
そのため、つけていて肌に負担になるということは
ほぼありません。

むしろ、かえってお肌の調子を整えてくれます。

そのような自然で人間に近い成分なので、
ペットやお子さんの手が顔に触れたり、
ほっぺを舐めてしまっても大丈夫です。

自分のお肌をいたわりながら、
家族にも安心して触れられるというのは、
とてもありがたいことだと思います。

2-2. ノーファンデで負のサイクルを断ち切ろう!



今まで、ファンデーションを使っていて、
お肌が窮屈で、痛めつけている感覚があり、
どこか抵抗を持ち続けていました。

そして、ダメージにより弱ったお肌を隠すために
手放すことができずにいました。

ある時、ファンデーションについて疑問を持ち、
考え直したおかげで、シルクという答えに辿りつくことができました。

やはり、有害な成分で作られたものを、肌に直接塗り続けることは、
どこかで異常が出てきます。


素敵な髪型もファッションも、
はやり、美し素肌があってこそではないでしょうか?

お風呂から上がった後や朝起きた時、
鏡に映るノーメイクの自分の顔を見た時に、
お肌が綺麗なのと、そうでないのとでは
気持ちが全く異なりますよね?

ファンデーションは一時の美しさ
シルクのフェイスパウダーは一生の美しさ

今日から自分や家族の体をいたわり、
シルクの力を借りてみてください。

5年後のお肌を変えられるのは、今の自分の選択です。

IN YOU Marketでスキンケア商品を見直そう

只今、キャンペーン中!原材料は国産シルクだけ、幻のパウダー! 口に入れても安全な「肌に纏う宝石、シルクパウダー」。シルクがあなたのお肌を乾燥と日焼けから守ります!

¥ 3,888 ~ ¥ 7,560 (税込)

> 商品の詳細はこちら

この記事を読んだあなたにおすすめの記事

アトピー性皮膚炎の発症原因が判れば、改善は遠くない。異物の侵入路を正常に復元させれば解決できるのでは・・・・・その第1弾 『腸内細菌の働き』『どんな乳酸菌がいいの?』このシリーズを会得すれば、日本一のアトピーサポーターになれる。

誰でも葛根湯を飲めば治るわけではない!あなたの風邪はどのタイプ?東洋医学から見る、タイプ別・オススメの漢方と食事法・風邪の治し方

降圧剤の服用や減塩…その行動が新たな病気を生む!そもそもあなたは「高血圧」ではないかも!正しく健康になる為に実践して欲しい7項目

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関永真弓
大学を卒業後、都内のIT企業に勤務したのち婚約を機に沖縄に移住しました。 現在はWebデザインの勉強の傍、自身のInstagramやブログを通じて沖縄の生活を発信しています。 養護教諭を母に持つ私は自然と、食や健康について興味を持って育ちました。 自身の体調不良や身近な人の鬱病を経験し、食事と心と体の健康の関連に興味を持ちました。 自身の知識をさらに深めていくと同時に、同じように興味を持っていただける方に情報を発信していけたら良いなと思います。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ