メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

高血圧よりもコワい低血圧。女性に多い低血圧が、体によくない理由と気をつけるべきポイント。

2010年に田舎の美容師となるが、美容室特有の薬剤の強さで手荒れがひどくなり顔にまでアレルギーで湿疹が発症。薬剤・添加物・食事の乱れの怖さをみなさんに知ってもらいたいためIN YOUで発信をすることにしました。薬剤の怖さを目の当たりにし、健康の事を勉強するようになる。東洋医学・オーガニック・食養などを取り入れた新しい美容室を作るため活動中。

「低血圧」と聞くと心配される事はあまりないのはなぜ??

それは薬では低血圧を治せないから


低血圧と聞くと、あまり焦りを感じない人は多いでしょう。
反対に血圧が高い高血圧には、基準が作られていて危険を判断できますが、低血圧の場合は日本では基準が設けられていません。
これも低血圧が心配されない原因かもしれませんね・・。

病院に行っても対処してくれず、生活習慣を見直すように言われるだけですが、
「症状が対したことでない」からではなく「投薬で低血圧を治すことができない」からなんです。

低血圧は病気ではないから?

heart-2448640_640
低血圧は病院で治せないというのは、低血圧自体病気ではないからという事もあるかもしれませんし、確かにそれは間違っていません。

世界保健機関(WHO)は世界共通の基準として
最高血圧が100mmHg以下
最低血圧が60mmHg以下
を低血圧と定義している。
※Wikipediaより引用


低血圧症といって病気ではなく、症状の事を言います。


低血圧には種類がある

man-622050_640
低血圧は症状の事と書きましたが、これにもいくつか種類があります。

症候性低血圧症

原因が明らか。大量出血、胃腸疾患による栄養不良、
心臓疾患やホルモン異常などによって起きる。
※Wikipediaより引用


主に病気が原因で起こる低血圧でその病気を治せば改善されます。

急に低血圧になるようでしたら、
心筋梗塞や急性の出血、激しい下痢などわかりやすいですが、
慢性的に低血圧になっていると、
がんや肺結核などの伝染病、貧血などの病気を自覚できなものもあります。

本態性低血圧症

特別な原因疾患を伴わずに血圧が慢性的に低い状態。
※Wikipediaより引用


昔から低血圧で原因がわかっていない人の事を言います。

1番これが厄介な症状でそもそも自分が低血圧と気付いていない場合もあるようで、
血圧を測ってみてわかった場合もたくさんあります。

起立性低血圧症

急に立ち上がった時に起こる低血圧で、失神するほどのひどい症状の時は
病院で診察してもらった方がいいときもあります。
重力で足に血液が下に行って心臓に戻らない事で低血圧になります。

また糖尿病で起立性低血圧症になる事もあるので注意しておいた方がよさそうです。

2次性起立性低血圧症の原因の約50%は糖尿病による。
※Wikipediaより引用



低血圧の症状が出ていませんか?自分で、チェックしよう!

checklist-1622517_640
低血圧は自分が気付いていなくて後で自覚する事が多いようです。

今あなたは下の症状が出ていませんか?


もし当てはまるものがあるようなら低血圧かもしれません。

頭痛・めまい

低血圧は血圧が十分でないため、脳にまで血液が行き届いてない場合に
頭痛やめまいが起こる事があります。
低血圧の症状が原因で精神的に不安定になる事で頭痛を起こします。

これを回避するにはリラックスするように心がける事で良くなることもあります。

食欲不振

低血圧は何度も書いていますが血行不良になりやすく、食欲不振も消化器系の
血行不良により起こる事もあります。
これ以上にひどくなると吐き気や下痢、便秘、腹痛まで起こす事もあります。

朝起きるのがつらい

朝起きるのがつらい人は低血圧というのはよく聞く話です。
これは脳にまで血液が届いていないため寝起きが悪くなります。
もっとひどくなると寝つきまで悪くなって不眠症になることもあります。

体がだるい

体がだるくなるのも血液が全身に行き届いていないので、
筋肉や肝臓にも血液が行かずに全身がだるく感じるようになります。
もちろん脳にまでいかなくなると、ボーっとしやすくなり意識がもうろうとします。

低血圧が体に良くない理由

despair-513530_640
今の症状を見ているだけでも体に良くなさそうなのはわかりますが、
高血圧よりも悪いと聞くとまだイメージしにくい所がありますよね。

高血圧がひどい場合、血圧が高すぎることで血管が圧迫されることにより重篤な症状が現れる可能性があるために心配されています。
では女性にも多い、低血圧は、具体的にどこが体に悪いのかを見ていることにしましょう。

低血圧が高血圧よりもある意味恐ろしい理由


血液の巡りが悪い

1番体に良くないことは血液のめぐりが悪くなる事です。
血液が正常に巡っている限り、体に良い影響を多く及ぼしてくれます。

タンパク質やアミノ酸、糖分、脂肪などの栄養分や、酸素・二酸化炭素、
菌(細菌やウイルスなど)が身体に入ってきた時に戦うための武器(免疫といいます)や、
全身のバランスをとるためのホルモンなどがふくまれています。

※心臓のきほん3.「血液」の役割【東京女子医科大学 心臓血管外科】より引用


免疫機能も血液の循環が良くなれば上がりますし、血の巡りが良いほど、がんをはじめとした病気のリスクを下げてくれる可能性が高まりますが
逆に、慢性的に血液のめぐりが悪くなる事であらゆる病気にかかりやすくなります。

もちろん栄養も送られにくくなることで体も弱りやすくなります。

自律神経が乱れやすい

自律神経とは体に必要な無意識でするコントロールをすべて行っている箇所です。
この自律神経と低血圧は深い関係がある事はわかっていますが、原因自体はわかっていません。

自律神経は交感神経と副交感神経がバランスよく働くことで体調を管理できますが
低血圧になる事で、バランスが崩れます。

自律神経のバランスが崩れる事で

「寝起きが悪くなる」
「精神的に弱くなる」

など様々な悪い症状を引き起こすことで有名です。

また自律神経が乱れることで体に原因不明の不快な症状が起こったり、
憂鬱な気分になることもあります。

脳にもよくない

血液が脳にまでいかないことで脳にもダメージを受けることがあります。
もちろん頭がボーっとするのは当たり前ですが、それ以外にも重大が事があります。

Qiuらのレビューによれば,中年期の高血圧に加えて老年期の重症高血圧や
重度な低血圧も老年期の認知機能障害や認知症(AD を含む)の発症
関与するとされている。
※生活習慣病と認知症 – 日本老年医学会より引用


つまり、認知症を進行させる原因にもなるという事です。
認知症以外にも脳に血液が行かないとなると、アルツハイマーのような病気にだってなるリスクは格段に、上がります。

認知症が増えているのは降圧剤による血圧低下が原因だった?

tablets-1001224_640
低血圧と関係があるのが薬です。

前回、降圧剤についてお話ししましたが、なんと、以前高血圧と診断された人が
続けて飲んで居る降圧剤の副作用から低血圧気味になる事で起こる認知症も存在することがわかっています。

サン松本クリニックの松本光正院長の話。
(中略)

私が知っている70代の患者さんは、血圧が140でとくに高くもないのに
他の医師から降圧剤を処方されて飲んでいたところ、2年も経たないうちに認知症を発症してしまいました。

NEWSポストセブン – goo ニュースより引用


無理に、血圧を下げ過ぎるとこのようなリスクが上がるようです。


低血圧の予防方法

YK0I9A6222_TP_V
低血圧の怖さは、蔓延的に続くケースもあり「なんとなくだるい」と思っていても、気がつきにくいという点にあります。
しかし、低血圧だからといって今日明日、すぐに病気になるわけではないので安心して下さい。

日頃から低血圧にならないように、予防する意識をしていれば、大丈夫。
みなさんが恐れいて居る恐ろしい病気を招く前に、十分な対策も可能だということです。

今のうちから低血圧対策をしておきましょう。

低血圧になりにくい生活習慣

規則正しい生活を心がける

先ほど書きましたが、低血圧と自律神経は何らかの関係があるようなので、
規則正しい生活をすることにより、自律神経が整えられて結果的に、低血圧予防になります。

例えば、

○夜眠る前に強い光(スマホやテレビなど)を見ないようにする
○朝早く起きるようにして同じ時間に目覚める努力をする
○適度な運動をする
○眠る前には湯船に浸かるようにする


このように健康にいいと「当たり前に」言われることをしていると自然と自律神経は整えられます。

正しい食生活を心がける


低血圧の方は、傾向として、栄養が足りなくなりがち。
中でも、食事による栄養補給は、低血圧予防になります。

特に低血圧の時に足りていない栄養を補う事で効率よく対策をすることが可能です。

低血圧の人に必要な栄養素

asparagus-2169305_640

自然な精製されていない、塩分

miso3
低血圧の人の傾向で、意外にも塩分が足りていない時があります。
それでも「塩はとらないようにしている」という方を見かけます。

それは「減塩=健康的!」という印象がメディアやテレビにより概念が定着されてしまっているからでしょう。
しかし、体の不調な時は塩分を嫌煙しがちですが、実際にはミネラルの含まれる塩分は体には必要な事を知っていますか?

18歳以上男性: 2015年版 8.0g/日未満
18歳以上女性: 2015年版 7.0g/日未満
※「日本人の食事摂取基準 策定検討会」の報告書 厚生労働省より引用


塩分は血管を収縮させる作用があるため、程よく血圧を上げてくれます。

特に低血圧の時には、必要なものです。

もちろん摂りすぎはよくありませんが、「良質な塩は、悪いものではない」という事も頭に入れておいてください。
中でも味噌などの自然な工程で作られた発酵食品などから摂取できる自然な塩分や海塩は人間にとって必要不可欠なので適度に摂取して体を整えましょう。

IN YOUオススメの味噌


良質な汚染のないたんぱく質

soybeans-182295_640
頭がボーッとする人は、特にたんぱく質が足りていない可能性があります。

人間の体はアミノ酸で構成されています。
これが足りなくなると脳にも栄養が行かなくなるのでボーっとするわけです。

血液を循環させるポンプの役割になるのは筋肉で、その筋肉の材料もたんぱく質です。
圧倒的にたんぱく質が不足するということは、血液の循環が悪くなり、低血圧の原因にもなるわけです。
ですので、良質なタンパク質をできる限り毎日補いましょう。

毎日続けたくなる!完全オーガニック&ヴィーガンプロテインパウダー【お好きな味を自由に組み合わせ可能!】


ビタミンB群・ミネラル

vitamins-26622_960_720
低血圧に直接的に関係があるわけではない栄養なのですが、
バランスよく栄養を摂ることはとても大切なこと。

普段、市販のものや安価な食品に手を出しがちな方はほぼ確実にビタミン・ミネラルが不足しています。

栄養を体に代謝させていくための副栄養素であるミネラルやビタミンは必要です。
一つの栄養素だけでは、いくら栄養をとっても体の中で酵素が働かないのです。
ですからどれか一つの栄養素を摂取するのではなく、常時ミネラルもビタミンも両方摂取することが大事なのです。

また、たんぱく質や脂質を代謝させるためのビタミンB群は不足させないようにしてください。

食品添加物や農薬などを、気がついたら摂取しすぎている日本人は、嫌でもビタミンを無駄に消費しがちです。
栄養のバランスに自信のない方は、多少高価であってもしっかり認証がある良質なサプリメントを使うなどして補いましょう。

オススメのビタミン・ミネラル


終わりに

architecture-2562355_640
低血圧は直接的に、そして直ちに体を壊す症状ではありません。
しかし、だからこそ気がつきにくいのです。

低血圧でいつもだるい・・という方は、
すでに病になりやすい体質になっている可能性があるということを自覚して、早々に習慣を見直し体質改善を行うことをお勧めします。
お伝えした通り、意識するだけで、すぐにでも始められることもたくさんあるので、もしかして低血圧かなと思ったら、生活習慣を見直しましょう。


IN YOUMarketオススメのプロテインとビタミンミネラル

1127105356_5a1b70341a3b8 1216184107_5a34ea337d554

ミネラルは体内で作ることが出来ないため食物から摂取する必要があるのですが化学肥料や農薬などで合理的な農業を実現してきたため
農作物のミネラル含有量は減少傾向にあり 普通に食事を摂るだけでは、ミネラルが不足しがちになっています。
また国が推奨する一日の野菜の摂取量は350gですが 年代別の野菜摂取量を調べても、どの年代も一日の野菜摂取量350gには達していません。 米国の量子化学者、生化学者であり1954年ノーベル化学賞、1962ノーベル平和賞受賞した ライナス・ポーリング博士はこう言っています。
「すべての病態、すべての疾病、すべての病気を追求するとミネラル欠乏にたどりつく」
ミネラルを補うことが体の調子を整え 病気になりにくい体をつくる上でいかに重要かわかります。
ミネラル(無機質)は、五大栄養素の一つで体内で生成することは出来ません。
人の身体には約70種類のミネラルが必要と言われています。
ミネラルは単体で長期間にわたり摂り過ぎた場合に 他のミネラルの吸収を阻害し、健康に悪影響を招く恐れがあり ミネラルを総合的にバランスよく摂取することが重要になります。 このフルボ酸は70種類のミネラルのハーモニーが整っているもので調和のとれた形の天然水ですから安心です。
キレート作用によりミネラルのイオン化を続けることで 体内への吸収率は98%と高く 人体にとって調和のとれた理想的なミネラルの集合体となっています。 非常にバランスが取れており特定のミネラルの過剰摂取になる心配もありません。 医療現場でも紹介をされるなど確かな品質を保っています。


オススメ記事

検索 高血圧=病気ではない!「降圧剤」の薬を飲む前に知っておきたいこと。薬以外の対策方法を考えよう。

自覚症状なく進行する現代病や高血圧に効く!「干ししいたけ」使ったスーパー・デトックススープの作り方

「塩をとると高血圧になる」のウソ。徹底的な減塩指導でも高血圧は治らなかった!間違った減塩健康法に終止符を。

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

2010年に田舎の美容師となるが、美容室特有の薬剤の強さで手荒れがひどくなり顔にまでアレルギーで湿疹が発症。薬剤・添加物・食事の乱れの怖さをみなさんに知ってもらいたいためIN YOUで発信をすることにしました。薬剤の怖さを目の当たりにし、健康の事を勉強するようになる。東洋医学・オーガニック・食養などを取り入れた新しい美容室を作るため活動中。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ