メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

揉んでもほぐしても消えない身体の痛みとコリの原因を心から読み解く。緊張性筋炎症候群TMSとは一体なんなのか。痛みはあなたの生き方を示している?

aromakumi
持続可能な方法で本質的に健康になるにはどうするとよいのか学びたくて大学卒業後ボディワークの道へ。 カイロプラクティック、アロマセラピー、ヨガ、マクロビオティックと 多方面から体への学びを深めながら、28歳で独立、リラクゼーションサロンを運営して14年(2018年現在)。 現在はシングルマザーで子育てしながら、サロンでの施術、統合医療を取り入れたクリニックにてガン患者さんへの施術を行う。 「自然の流れに沿う」ことを暮らしの中心に置いて生きていきたいです。 ホームページ https://hidamari-shouten.jimdo.com/

身体の痛みの原因を心から読み解く。緊張性筋炎症候群TMSとは一体なんなのか。揉んでもほぐしても消えないコリや痛みはあなたの生き方を示している?


医学がこれだけ進歩しても首や肩の凝り・腰の痛みなど、減っていくことがないのはなぜ?


IN YOU読者の皆さんの中には、せっせともみほぐし店や整体院に通っているというのに、
すぐに痛みがぶり返し、しつこく悩まされてしまっているという方はいらっしゃいませんか。

残念ですが、それは表面的にいくらほぐしても良くなってはいかない可能性があるということを先にお伝えしておきます。
なぜならしつこく続く痛みの原因は、あなた自身にあるかもしれないからです。

私も20代半ばごろ、そういう痛みに悩まされた経験があり、学んだことがあります。
その経験談を今からお話しします。

体の凝り・痛みの正体はなんなのか?

筋肉の伸び縮みと血流の関係


私たちの体を支え、動かしているのは筋肉です。
その筋肉は、アクチン、ミオシンという2種類の筋繊維が近づいたり離れたりすることで伸びたり縮んだりしています。

伸びるにも縮むにもエネルギー(酸素と栄養)を必要としているので、そのエネルギーの供給源である血液の流れは大変重要です。
また、筋肉が活動すれば当然老廃物ができますので、それを運び去ってもらうためにも血流がよい状態であることは大切です。

凝り・痛みはこうして起こる


何かしらのストレスを原因として血流が悪くなるような状況になると、エネルギーが入ってこないので筋肉は伸び縮みしにくくなります。
同時に老廃物がどんどんたまっていくことになるのです。

これが「凝り」の始まりです。

血流が悪く、筋肉の環境が悪い状況が改善されることなく続いていると、筋肉は固く動きにくくなっていきます。

さらに溜まった老廃物によって、小さな炎症が起こり始めます。
ゴミが溜まって臭いが出てくるというイメージでしょうか。

すると、体はこの不快感を感じとり、交感神経が緊張します。
交感神経は毛細血管を収縮させる働きがありますので、さらに血流が悪くなっていきます。

それによって一層筋肉は固く縮こまり、老廃物による炎症も相まって、痛みがでてくる、というわけです。

一般的な凝り・痛みの悪循環を立つ方法


ではこの悪循環を断つためにはどうしたらよいでしょうか?
それはもちろん、「血流をよくすること」です。

この血流障害を引き起こした原因を取り去っていけば、血流がよくなるはずです。

凝り・痛みの解消のために整体院やもみほぐし屋さんへ行くのも、原因はさておきダイレクトに血流をよくしますのでいいとは思いますが、
なぜそうなったのかを考えて改善するのが本質的解消につながるのでおすすめです。

例えば、デスクワークなどで長時間の同一姿勢を続けていた結果の凝りならば、その仕事の仕方を工夫して休憩したり軽い運動を取り入れることです。
冷え性で血流が悪く凝りやすいならば、冷やさないための工夫をし、体を温めるような習慣を取り入れるなどです。

運動も必要ですね。

精神的ストレスがあり、交感神経が高ぶった結果の凝りならば、好きなことをしたり、ゆったり過ごすなどの気分転換をするのがよいです。
しかし、それでもとれない痛みがあるんです!という方がきっといることでしょう。

それでも解消しない凝り・痛みは・・・私が体験した信じられない過去の出来事。身体の痛みの原因を心から読み解く。


世界に1人のあなたをパーフェクトにする世界に1つのオートクチュールオーガニック・フレグランス ”Fivele” (フィヴェール)

¥ 35,160 (税込)

> 商品の詳細はこちら


私自身の経験となりますが、20代半ばごろ整体院で働いていた私は、
まさしく寝ても覚めても押してももんでもとれない、しつこい背中の痛みに悩まされました。

鍼を受けても解消しない。温熱でじっくり温めても変化なし。
いつも「痛い、痛い…。」とぼやいていました。

もうこの仕事続けられないかもしれないとまで悩みました。

そんなとき、私の先生に呼び出され、こう言われたのです。
「そんなに痛い痛いって言うな。どうしてそんなに痛いのか、教えてやろうか。それはな、気のせいだ!」

さらに、

「おまえ、自分だけが大変だ、大変だって思っていないか?うまくいかないことを、まわりのせいにしていないか?」

衝撃の言葉でしたが、よくよく考えてみたところ、実際私はそういう精神状態にあったのです。

たしかに私は自分で行動しないくせに、まわりが自分にとって都合よく動いてくれないことを

「私ばかりが大変な思いをしている。」と無意識に思っていたのです。

そして驚くことに、それを自覚し、ある行動をしたことによって私の背中のしつこい痛みは一瞬で消え去ってしまったのです。

緊張性筋炎症候群とは?


ああまた、スピリチュアル的な、根拠がないトンデモ話か・・

そう思った方、そういう話ではありません。

私の経験談の終末を語る前に、少し説明をします。

TMS “Tension Myositis Syndrome”、直訳して「緊張性筋炎症候群」というものがあります。

心や潜在意識にあるストレス(不安、恐れ、怒り、悲しみなど)が体に悪影響を及ぼすものだと脳が判断し、
そのダメージから心を守るために体に痛みを引き起こす、というものです。


本人の意識が体の痛みに移ることで、心が受ける悪影響を減らそうというのです。

出典 「サーノ博士の『ヒーリング・バックペイン』」春秋社 ジョン・サーノ著

なかなかとれない凝り・痛みは、脳が作り出したものである可能性があるというのです。しかし、これまでの常識とはまるで反対の考え方ですよね。
ストレスとのバランスをとろうとする体の神秘には本当に驚かされます。

ストレスによる体へのダメージを回避するため、脳は痛みを生みだす


つまりもんだり押したりしても消えない凝りは、外から物理的に働きかけて消えていく類のものではなく、心に抱えているもの、抑え込んでいるもの、モヤモヤし続けているものが原因の一部かもしれないということです。

もちろん全てがそうとは言えません。

しかし、そういった可能性も原因の一部としてゼロではないということを知ると自分の生き方、あり方を変えるきっかけになります。

注:内臓疾患からくる病的な痛みの可能性があるときは、必ず自己判断せず病院で診察を受けてください。

自分の生き方や心の在り方と向き合おう。


【IN YOUオリジナル】世界初!全ての原材料がオーガニック・ケミカルフリー・シュガーフリー・非加熱。血糖値を上げないパーフェクトチョコレート

¥ 6,480 ~ ¥ 11,661 (税込)

> 商品の詳細はこちら

まずは、自分の心によく聞いてみます。


今の自分のなかで、モヤモヤしていることはないか?

「こういうものだから仕方ない」と無意識にあきらめたりしていること、「私にはどうしようもない」と放棄したままのこと、「このままでいいのかな」と不安に思うようなこと…。

人にはとても言えないような嫌な、醜い自分がいるかもしれません。
寂しい、悲しい、孤独な自分かもしれません。

甘えてばかりで動こうとしない、受け身で消極的な自分かもしれません。
自分ではよく分からなければ、勇気がいりますが、身近にあなたの事をはっきりと教えてくれる方がいれば、その方に自分について聞いてみるのもいいかもしれません。

そんなモヤモヤしている自分自身に気づくことです、というのは、自分では気づいていないことが多いからです。

でも体のしつこい凝り・痛みが、それを教えてくれていると思って、よーく見つめてみましょう。
そしてその「モヤモヤ」を見つけることができたら、もう半分は問題解決に向かって進んだと言えるでしょう。

それだけで痛みが消えることもありますよ。

次に、その「モヤモヤ」とどう向き合うか考えてみます。


過去の出来事、相手の心などは変えることができません。
変えることができるのは、あなた自身だけ。あなたが変われば未来が変わるのです。

そうは言っても、ネガティブな出来事に対して行動するのは辛いことですよね。
私のおすすめは、その「モヤモヤ」になかにポジティブなことを見つけ出すことです。

そのモヤモヤがあることで、以前より自分の世界が広がったことはないか?
そのモヤモヤの経験から学び、自分自身の成長の糧になったことはないか?
そして、そのモヤモヤに対して、今すぐ自分からできる行動はなにか?

など、具体的な言葉や行動にしていくのです。
そして少しでも光が見えてくるような精神状態になれたら、もうほとんど解決されたといってもいいでしょう。


ところで先ほどの私の背中の痛みの話に戻ると、私はまさしく「過去と他人は変えられない。
自分と未来は変えられる。」という言葉に出会い、今まで依存的で受け身だったネガティブな自分から、自分から行動を始めるポジティブな自分に変わることができました。

意識の上で変化しただけで、しつこい凝り・痛みが消えたという常識からは考えられない体験をしました。
本当に体って不思議ですね。

それ以来、体に痛みが出ることはうんと減りましたが、たまに出ても「今の私、なにかモヤモヤしていないか?受け身になっていることはないか?」と、体のことだけではなく心の状態についても見つめ直すようにしています。

そして、自分に問うことで長引かずに解消することができています。
まさに、心のバロメーターといえます。

全ての痛みがそうであるとは言えません。
しかし、確実に心と体はリンクしているということを私の痛みが、私に教えてくれました。

IN YOU読者の皆様はオーガニックな食事など予防食を心がけていると思いますが、
食べ物さえ変えれば全て解決できる、とどこか物質的な考え方になりがちではないでしょうか。

今回はありがちな痛みを心から紐解いてみました。
ぜひ、不調を教えてくれている体に感謝して、自分をよりよくするきっかけにしていっていただければ幸いです。

この記事を読んだ人にオススメのオーガニック商品
世界に1人のあなたをパーフェクトにする世界に1つのオートクチュールオーガニック・フレグランス ”Fivele” (フィヴェール)

¥ 35,160 (税込)

> 商品の詳細はこちら
【IN YOUオリジナル】世界初!全ての原材料がオーガニック・ケミカルフリー・シュガーフリー・非加熱。血糖値を上げないパーフェクトチョコレート

¥ 6,480 ~ ¥ 11,661 (税込)

> 商品の詳細はこちら
毎日続けたくなる!完全オーガニック&ヴィーガンプロテインパウダー【お好きな味を自由に組み合わせ可能!】

¥ 7,290 ~ ¥ 31,000 (税込)

> 商品の詳細はこちら

オススメの記事
整体に通っても治らない! その首の痛み、心からのヘルプサインかも?首の痛みとストレスの関係性。その緩和方法

Vol.2「IN YOU Radio (インユーラジオ)乾燥やノロウイルスから体を守るには?他

お腹の張りは「単なる食べすぎ」のせいじゃない?東洋医学から見るお腹の張りと膨れの原因と対策。「腹証」で心と体のチェックをしてみよう。

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

aromakumi
持続可能な方法で本質的に健康になるにはどうするとよいのか学びたくて大学卒業後ボディワークの道へ。 カイロプラクティック、アロマセラピー、ヨガ、マクロビオティックと 多方面から体への学びを深めながら、28歳で独立、リラクゼーションサロンを運営して14年(2018年現在)。 現在はシングルマザーで子育てしながら、サロンでの施術、統合医療を取り入れたクリニックにてガン患者さんへの施術を行う。 「自然の流れに沿う」ことを暮らしの中心に置いて生きていきたいです。 ホームページ https://hidamari-shouten.jimdo.com/
あなたにお勧めの記事
関連記事

LINE@

mailmagazine

minery

ページ上部へ