よみもの

免疫力を高め「病気を未然に予防する」ために。日本のスーパーフードを活かした食事法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
222e

病気を未然に防ぐために

日本の病的死因の大部分を占るガン、心疾患、脳血管疾患などの生活習慣病。
そして今、問題視されている心の状態を原因とする不調。

これらは「物言わぬ病」。
自覚症状がないままに進行し、あなたの生活を一変しかねない。

高度に進んだ現代医学も、その症状を表面的に和らげるだけの治療に過ぎず、根本的な治療法は確立していません。
そんな中、わたし達に必要なのは、日々の生活の中での「予防」。

「病気を未然に防ぐ」それがキーになってくるのです。
食生活をはじめとする生活習慣を整え、病気や心身の不調に負けない身体をつくることが、現代社会で生きるわたし達には必要不可欠。

では、病気を予防するために具体的にどんなことが効果的なのでしょうか?

予防への3つの鍵

health-621353_640

1.血行をよくする

代表的な生活習慣病である動脈硬化、高血圧、狭心症、心筋梗塞、脳血管障害、脂質異常症、糖尿病などはどれも、血液や血管と密接な関係のある症状ばかり。
つまり血行を良くし血液や血管のメンテナンスをしっかりすれば、大半の生活習慣病は予防できるのです。

また「体温が一度下がると、免疫力は30%低下する」というデータもあります。
血行がよくなれば必然的に体温も上がり、免疫力もアップにもつながります。

2.腸内環境を整える

わたし達の体に必要な栄養は腸で吸収され、体に必要のない老廃物は腸から排泄されますね。
便秘の場合、腸内で猛毒物質が発生し、それが腸から吸収され血液と共にあなたの体中を巡ってしまいます。

腸内環境を整えて便秘を解消することは「病気予防」のキー。

また腸内環境を整えることでも免疫力はアップします。
毎日わたし達の体内で3,000~5,000個程のガン細胞が発生しているのですが、そのガン細胞と戦ってくれている免疫細胞の7割は腸で作られています。

3.リラックスする

免疫細胞の7割は腸から、では残りの3割は?
「心」=自律神経が免疫に深く関わっています。

現代社会はストレスが多く、この自律神経の1つ交感神経が優位になり体や心が緊張状態に・・・。
この状態では血行や腸内環境にも悪影響を与え、あなたの免疫力を下げてしまいます。

その1歩が踏み出せないあなたへ

architecture-908139_640
血行を良くする、腸内環境を整える、リラックスすることが免疫力を高め、様々な病気予防に効果的だと分かっていても、忙しい生活の中「運動する時間がない」
「お付き合いもあり外食が多く、なかなか食生活を改善できない」
「仕事に追われリラックスをする余裕がない」という方は多いはず・・・。

私もその一人です。

そんなわたし達が簡単に日常に取り入れられるアイテム、わたしも毎日お世話になっているのが一時ブームになった「塩麹」。
ただのブームで終わらせるには勿体ない、ぜひ毎日の食事に取り入れてもらいたい日本のスーパーフードの1つです。

日本の国菌!「麹菌」

cherry-818396_640
塩麹の元となる麹菌は日本の国菌として認定されています。
日本を代表する花が「桜」なのと同じように、日本を代表する菌、それが麹菌です。
麹菌は和食にとって欠かせない醤油、味噌、日本酒、みりん、米酢などの生みの親。

まさに日本のスーパーフードの源なのです。

そんな麹菌がたっぷり含まれる「塩麹」。
その秘められた力をみてみましょう。

塩麹に宿る様々な成分とその力強いパワー。

1.代謝アップで血行を促す

麹に豊富に含まれるビタミンB群は体の代謝を上げ血行を促します。
血行がよくなることにより病気予防だけでなく、疲労回復や美肌、ダイエット効果も期待できます。

2.腸内環境を整えることによるデトックス効果や免疫力の向上。

発酵食品である塩麹にはオリゴ糖が多く乳酸菌が活発です。
乳酸菌は食物繊維と同じように腸内環境を整えデトックス効果や免疫力の向上を促します。

3.成人病予防にも効果的

塩麹の発酵過程で生成されるペプチドや麹に豊富に含まれるGABAには血圧を正常化させる作用があります。
塩麹や麹を食事に積極的に取り入れることにより高血圧の改善や、中性脂肪の低下にもつながり成人病の予防になるといわれています。

4.リラックス作用

麹に豊富に含まれるGABAには血圧を下げるだけでなく、興奮を和らげ気持ちをリラックスさせる効果もあります。
ギャバは興奮した神経を静める抑制性伝達物質としても働くので、ストレスの多い現代社会に住むわたし達には嬉しい成分。
発芽玄米にも多く含まれています。

5.アンチエイジング

塩麹の発酵過程で抗酸化作用があるポリフェノールも生成されます。
ポリフェノールは体内のサビを取るので、体の中からのアンチエイジング効果が期待できます。

6.栄養素の吸収

塩麹をお料理に取り入れると食材が発酵により柔らかく、消化しやすくなり、栄養素が体に吸収されやすくなります。

7.おまけ:あなたも今すぐお料理上手に?!

発酵の際に旨味成分が生まれ、食材の味にコクと深みが倍増してお料理もさらに美味しくなります。
塩麹が「魔法の万能調味料」と呼ばれる所以も、発酵の力からきているのですね。

塩麹には様々な効果がありますが、これらの効果の中には病気予防のキーポイントである「血行をよくする」、「腸内環境を整える」、「リラックス」もしっかり入っています。
ただ、すぐに効果はでないので毎日コツコツ食事に取り入れていくことが大切。

でも、一般のスーパーで売っている塩麹は清酒が含まれていたり、熱処理されていたりと、発酵を抑えている場合があります。

これでは効果も半減。

とても簡単に作れるので手作りの塩麹がお薦めです。
もし玄米麹が手に入ればそのパワーは倍増。

本物の塩を使って塩麹の威力をさらにアップさせてくださいね。
本物の塩についての過去記事はこちらから

塩麹かんたん作り方

horizontal-477491_640
塩麹の作り方は「混ぜて待つ」だけ。

各麹によって水分の吸い具合は異なりますが、購入した麹のパッケージの裏に「塩麹の作り方」が書いてある場合が多いので、その分量に従いましょう。

大体の目安としては、麹200gに対し、塩60g、水200+αg=10:3:10+α
麹と塩を合わせ、麹が空気にふれないように浸る程度の水を加えます。

〈材料〉

乾燥玄米麹200g、塩60g、水200g強

1.麹と塩をよく混ぜます
2.塩を混ぜた麹が空気に触れない程度の水を加え完成。

発酵期間:

冬 常温で1週間~2週間、その後、冷蔵庫で保管。
夏 常温で1週間以内、真夏は1~2日置いてあとは冷蔵庫でゆっくり発酵させる方が無難です。

ポイント:

・麹と塩をしっかり混ぜると、発酵過程でさらにうま味が増します。
・出来れば1日1回、空気を入れ込むようにかき混ぜる(忘れてしまっても大丈夫)。
・容器はステンレス・金属製だとサビてしまいます。

賞味期限:

2ヶ月~半年 (こちらは目安、上記の塩の量であればもっと長く持つ場合が多いです)。

塩麹の効果的な摂り方ポイント

tomato-1205699_640

1.加熱に注意

加熱してしまうとせっかくの発酵食品の力が半減に・・・。
市販の塩麹を買う場合は熱処理されていないものがお薦め。

2.塩麹の力をアップする食材

食物繊維が多い野菜と一緒に食べるとデトックス効果や腸内環境を整える効果が相乗効果でアップします。
味の面でも塩麹はどんな野菜とも相性が良く、また和えるだけでよいので簡単です。

3.漬け込む

塩麹を食材に混ぜて時間をかけて発酵させると、食材の栄養素も体に吸収されやすくなります。

4.カリウムを含む食品と一緒に 摂る

本物の塩を使った手作りの塩麹を少量お料理に使う程度なら塩分の心配はあまりないかもしれませんが、どうしても気になる方は海藻やキノコ、豆類などのカリウムが含まれる食材と一緒に取れば、余分な塩分の排出を促せます。

INYOUお薦め:塩麹マクロビオティックレシピ

vegetable-1085065_640
レシピといっても「混ぜるだけ」、「塗るだけ」、「塩の代わりに使うだけ」。
簡単で、さらに「塩麹の効果的な摂り方ポイント」を考慮したレシピをそろえました。

旬のキュウリやトマト&アボガドの塩麹漬け

混ぜるだけで、気持ちもリフレッシュしてくれる1品です。

材料(2人分~):

トマト 1個
きゅうり 1本
アボガド 1個
のり 適宜
胡桃 適宜
塩麹 適宜

1.トマト、きゅうり、アボガドを角切りにし、適量の塩麹と混ぜます(これだけでも十分美味しいですよ)。
2.ちぎったのりと胡桃を入れて更に混ぜる。

塩麹バナナ・ジェラート

【乳製品・砂糖・甘味料不使用!材料4つ、2分でできるひんやりバナナ・ジェラートの作り方。】
で使用される「塩」の代わりに「塩麹」をちょっとプラスします。
これからの季節、どうしても甘いもの、冷たいものが 欲しくなったら是非つくってみて!

カンタン植物性チーズ
こちらは個人的にお気に入りのIN YOUレシピ。
まだ、試していない人は是非つくってみてくださいね!

ppp_haretahinokumototaiyou_TP_V
自然の力を頂く。

自然の力がたっぷり宿る食材を頂く。

それが自然の一部であるわたし達が本来持つ力を目覚めさせてくれます。

普段の慌しい生活の中で、24時間開いているコンビニ、注文して直ぐに食事が手に入るファーストフード、袋を開ければ直ぐに食べられる菓子パンや加工品は、あなたにとってなくてはならないものかもしれない。

でも忙しい日常の中、目を閉じてあなたの自身に問いかけて欲しい。

あなたにとって今、一番大切なものは何ですか?
あなたが一番失いたくないものはなんですか?

本当に大事なものは、自分じゃわからない時もある。
そこに、あなたの明日と日本の未来を変えるヒントがあるかもしれない。

あなたの毎日の小さな選択が体と心を変えていく。体だけでなく心、気持ちに起こる変化をあなたにも楽しんでもらいたい。
あなたの感じるその変化は、きっとあなたの周りにも広がっていくはずです。
この記事を読んだ人におすすめしたい他の記事
日本に出回る9割の卵が抗生物質・薬品まみれの危険な卵だった。安価な卵の裏側と、安全な卵の選び方。

一家に一つあれば薬いらず!?「マヌカハニー」選ぶポイント・効果効能・おすすめの食べ方。

スーパーフードの使い方がわからない人必見!「体質別スーパーフードの使い方」と効果効能。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

HANA化粧品

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

小林 くみん
小林くみん IN YOU Director/オーガニックスペシャリスト IN YOUオーガニックセルフセラピスト、IN YOUオーガニックアドバイザー代表講師 NYを拠点とし活動していたブロードウェイ・ミュージカルの元ダンサー。 日本を代表する自然療法活動家東条百合子の弟子の元で食養を学びアシスタントを務めていた経験を持つ。 陰陽五行、薬膳、マクロビオティック、アーユルヴェーダ、自然療法などの東洋医学を中心とした知見や資格をいかし、INYOUライター/エディター/INYOUライセンス講師代表として活躍中。 NYのIntegral Yoga Instituteにて全米ヨガアライアンス認定インストラクター(ERYT200, YACEP)の資格を所持し、国内外のスタジオやスクールで豊富な指導経験を持つ。(講師歴計10年)。 がん、心臓病、他の慢性疾患患者へのヨガの専門家としてアメリカで活躍するジャナーニ・チャップマン氏に従事。 ジャナーニ・チャップマン氏の監修のもとYCat Yoga(ガン&慢性疾患患者のためのヨガ)を提供できる唯一の日本在住日本人。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. nectarine-1074997_960_720 毎日食べている野菜と果物に含まれる残留農薬量ワースト10の実態。…
  2. amazake 砂糖不使用でおいしい100%玄米甘酒の作り方。甘酒の効能とアレン…
  3. YdfKohaJbwczNcg1425227093_1425227165 マクロビオティックを楽しく実践するための8の秘訣。〜ストレスなく…
  4. 130109-F-ND780-059 子供や成人にも増加する止まらない咳「百日咳」とは?百日咳を改善す…
  5. adobe-spark-79 2016年にIN YOUで最も読まれた人気話題記事14選。大発表…
  6. photo 食の新スタンダード!シェアハウスに引っ越す7つのメリット
  7. オリーブオイルを使って作る、美味しくて簡単な「焼きおにぎり」の作…
  8. c8ec0b01db118d38ec7e3c231a25e032_s 自分の目で素材を選んで、安心・安全な完全無添加、自家製納豆の作り…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 越野美樹
  • 松永加奈恵
  • 品川まどか
  • 佐野亜衣子
  • izumi
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • EMI
  • WakasugiHiroko
  • 池田 歩
  • 室谷 真由美
  • jyunko
  • maejima kanako
  • yuriesasaki
  • 細道眞希
  • 齋藤 香帆
  • 加藤 晴之
  • ひかりあめゆうすけ
  • Mao
  • Mint
  • 煙山 昭子
  • 坂上恭子
  • 東條 由美子
  • 桺町 瑠璃
  • 岡田 恵子

カテゴリー

PAGE TOP