メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

今話題の「アグリテック」って何?事例を一挙紹介|自然×地域社会×人に優しい農業の新しいカタチを生みだすスタートアップベンチャーに世界中が注目している!

今話題の「アグリテック」って何?事例を一挙紹介|自然×地域社会×人に優しい農業の新しいカタチを生みだすスタートアップベンチャーに世界中が注目している!



アグリテック」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

では、「フィンテック」はどうでしょう?
フィンテックは新聞などの各メディアでもよく取り上げられているので、ご存知の方も多いかと思います。

この2つの言葉に共通する「○○テック」が、今回のキーワードです。

ミツロウの力で食べ物の鮮度を守る!何度も使えるエコラップ

¥ 3,132 ~ ¥ 8,424 (税込)


海外ではすでに注目!?世界中の若手起業家たちが「アグリテック」で食・環境・社会の様々な課題の解決を目指す


「テック」は「テクノロジー(技術)」のこと。
つまり、「○○テック」とは、最新技術により既存の産業やアイテムがパワーアップすることです。

となると、
「フィンテック」は、「Financial(金融)」。
「アグリテック」は「Agriculture(農業)」のことを指しています。

「農業×テクノロジー」分野は、まだまだ日本では下火でニッチで、これからの分野な感じですが、
海外ではフィンテックに続く、一大ムーブメントとして、多くの企業や投資家が注目しており、多くのスタートアップが各国で活躍しています。

彼らの原動力となっているのは、なんといっても
「食卓に明るい未来を!」ということではないでしょうか。


それは、食にまつわる問題が今、様々なカタチで私たちの前に現れ、
未来の食卓に大きな影を落としているからなのです。



このままでは地球は「死の惑星」になってしまう!?


みなさんは、毎日ごはん、食べますよね?
目の前の食事を見て、食にまつわる問題がどのくらい思いつきますか?

地球温暖化・異常気象・食糧難・フードデザート・環境汚染・生態系崩壊・食糧廃棄・プラスチックごみ問題…


思いつくキーワードを挙げていっても、とても多くありますよね。
そして、それらはすべて単体で存在する問題ではなく、互いにつながりあっています。

そう、「食」を介して。

もっとおいしくて、もっと栄養価が高くて、もっと長持ちするものを、もっとたくさんほしい…
そんな人間の欲求を満たすために築き上げられたフードシステムは、もう限界が来ています。

このままこのシステムを続けていては、人間だけでなく、地球そのものが、生きていけなくなってしまう!

そんな危機感が起業家たちを動かせ、企業や投資家が未来に希望を託すためにアグリテックを支持するのでしょう。

農業と食卓に明るい未来を!フードシステムを変えつつあるスタートアップ5選


ここからは、様々なアプローチで、食にまつわる問題を解決しようとしているスタートアップのなかでも、
「これからもっと広がるといいなぁ」
「これは日本でオーガニック農業が広がる助けになるはず!」

と思うコンセプトやアイディアを持った企業をご紹介していきますね。

日本到来も間近!都市型農業でオーガニックなローカル野菜を生み出すPlenty


Plentyは、アグリテック系スタートアップの中でも特に注目度の高い企業です。

こちらには、ソフトバンクも出資しており、Vertical Farming(日本だと「植物工場」)を行っています。
Vertical Farmingとは、ビルなどの建物の中で、水耕栽培などを利用して農作物を育てる方法で、オーガニック・省エネ・安定供給など、様々なメリットがあります。

室内に本棚のような棚がずらっと並んでいて、各棚にびっしり作物が植えられている、アレですね。
Plentyは、サンフランシスコの企業で、アグリテック業界では過去最高と言われる額の資金を投資家たちから集めています。

今後は、人口100万人以上の都市をターゲットに、
世界500都市の近郊に工場を建て、オーガニックでローカルな野菜を届けることを目指しています。


日本上陸ももうすぐかもしれません。


部屋の中を北海道の森のエッセンスで一気に浄化!無農薬トドマツのエッセンシャルオイルまたはルームスプレー

¥ 1,080 ~ ¥ 3,499


「おいしく、かつ正しい食材を!」をスローガンに種から取り組む
Row 7 Seed Company



Row 7 Seed Companyは、NYで人気のレストラン「Blue Hill」のシェフDan Barberと種苗家のMichael Mazourekによる企業です。

遺伝子組み換え種子の氾濫に危惧し、
本当においしい野菜を正しい方法で生み出すこと
を目指しており、
品種交配は種苗学者からのサポートを得て行っています。

自然環境に配慮し、地産地消のフードシステムの構築に挑む彼らが生み出す食材は、
ホールフーズや食材宅配サービス企業など、多くの食通バイヤーたちを惹きつけています。

自宅にいながらオーガニック野菜を育てられるアプリを生んだ
Farmizen


インドのバンガロールに拠点を置くFermizen社は、
新鮮で安全な野菜を求める都市住民と近隣の農家を結ぶ、
マッチングアプリとレンタルファームの運営
を行っている企業です。

ユーザーはアプリから好きな野菜と農地を選択するだけ。

日々の農園の管理は、選択された農家が行いますが、
近隣の農園とマッチングすることで、週末に自分で収穫を行ったりすることができるのです。

中小規模農家の収益向上や農地の有効活用とともに、
都市部に暮らしながら、自分で育てたオーガニック野菜が食べられるのは嬉しいですよね。


ちなみに、忙しくてなかなか農園に行けないという人は、
契約した農家さんが自宅まで届けてくれるサービスもあるそう!(有料)

お金に余裕があるが、時間には余裕がないけれど、手軽に農業を始めたいというオーガニックファンには嬉しいサービスかもしれません。

オーガニックビジネスを目指す人は知っておきたい情報を提供するMercaris


Mercarisは、アメリカ国内における
オーガニック・non-GMO(非遺伝子組み換え)の農産物に特化した情報提供サービスを行っている企業です。

全米のnon-GMO作物の集荷業者へのアンケート結果と共に、
出荷価格や品質・市場トレンドなどの様々なデータを得ることができます。

提供するデータも、農家や卸売業者・政府や研究機関など、データの使用目的によってパッケージされているというから、親切!

こんなシステムがあれば、もっと日本のオーガニック市場も元気になるでしょうね。
私が「個人的に欲しい!」というのもありますが…

チェルノブイリ原発事故を経験したロシアの科学者が開発、農薬や空気中放射線量を測る「有害物質チェックマシーン」8種

¥ 14,312 ~ ¥ 23,384 (税込)



微生物コーティング種子で収穫量アップ!遺伝子組み換えに頼らない技術を開発するIndigo


Indigoは、近年の遺伝子組み換え作物への不安の高まりという風潮を追い風に、急成長している企業です。

それは、「化学肥料の代替となる微生物の存在」が、アメリカで大きなムーブメントとなっていることが背景にあるのです。

Indigo社によると、植物内部に生息するある微生物を種子にコーティングすることで、
遺伝子組み換え技術に頼らずとも、高収穫や病気への耐性が期待できるとのこと。

自然界の力を活用したこの方法、魅力的ですよね!

でも、この技術に目を付けた巨大アグリ企業が、
この微生物そのものを遺伝子操作して有益な働きを生み出そうとしているなんて話もちらほら…。

どうなるのでしょうね。
この微生物ブームは今後も注目していきたいところです。


出典:一般社団法人イノプレックス「~海外動向レポート~【AgTechアグテック&FoodTechフードテック】の最新事例紹介」
出典:Plenty公式HP
出典:Row 7 Seed Company公式HP
出典:Fermizen公式HP
出典:Mercaris公式HP
出典:Indigo公式HP


環境配慮型のオーガニック・アグリテックが広がれば食の未来は明るい!


世界で広がるアグリテックの波、信じられないような技術も今後生まれていくかもしれません。
さらに、アグリテックと一言に言えど、様々な技術が混在し、自然の摂理に合わないものや、うまく拡大しないものも出てくるケースもあることでしょう。

今回ご紹介した企業の他にも、オーガニック食品を食材調達から小売まで一貫して管理するメーカーや、
ITやAIを活用して、より効率的にかつ高収穫な農業を支援する企業など、様々な動きが広がっています。

そもそも、遺伝子組み換えは収穫量の増加と安定や栄養価を高めることが目的とされていました。
しかし、人間や環境へのリスクを考えると不安視する声が上がっています。

今後は遺伝子組み換えに代わる新しい技術を上手く活用することで、新規参入や安定した継続・高収益が難しいとされていたオーガニック農業も、
安定した収穫量や農家の収益向上にもつながっていくことができます。


自然環境・地域社会・人の健康。
オーガニックライフを選ぶことで、たくさんの良いインパクトを生み出すことができます。


その中で、オーガニックなアグリテックも、今後は重要な役割を果たすようになるでしょう。

そして、日本のオーガニック市場にも、そしてわたしたちの食卓にも、明るい未来をもたらしてくれると信じて、注目していきたい分野ですね。

オーガニックトレンドに敏感にあなたにお勧めしたいマストバイアイテム

花粉、インフルエンザ、質の良い睡眠への数々のエビデンスあり!森林浴成分「フィトンチッド」で室内の森林浴空間を生み出す驚きの健康機器

¥9,720 ~ ¥ 170,640 (税込)

<たっぷり2.5-3.5ヶ月分でお得!>ミネラルならこれ1つ。あなたの毎日が輝き始める無味無臭「飲むミネラル」 by Minery(ミネリー)

¥ 18,225 (税込)


毎日続けたくなる!完全オーガニック&ヴィーガンプロテインパウダー【お好きな味を自由に組み合わせ可能!】

¥ 7,290 ~ ¥ 31,000 (税込)

ミツロウの力で食べ物の鮮度を守る!何度も使えるエコラップ

¥ 3,132 ~ ¥ 8,424 (税込)


オススメの記事
海外でも話題急上昇中|次のトレンド候補「アロエベラ」は女性が摂取しない理由はない、あらゆる悩みの救世主だった!

次のオーガニックトレンドはまさかの昆虫食?牛肉を上回るタンパク質、食料問題を救う昆虫食に迫る!

オーガニックセレクターが本気で語る!2019年マストバイ8アイテム。オーガニック通販「IN YOU Marketは今これがホット!」オーガニックトレンド大公開。

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ