メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

歯磨き粉を飲んでしまうお子さんに。はちみつを食べた後 歯磨き不要、虫歯にならないって嘘・本当!?マヌカハニーやジャラハニ―等のはちみつを使った安心の歯磨き・口腔ケアで、虫歯知らず。

kanekoyuka
3児の母。 8年間の小学校教員生活を経て、主人の海外赴任の都合で渡米。4年間のアメリカ生活を経て、日本に帰国しました。 アメリカでは高額であることから、日本のように気軽に医療にかかれません。そこでホメオパシーやカイロなどのセルフケアの重要性、望めばすぐ手に入るオーガニック食材など、健康と真っ直ぐに向き合える環境に感動しました。 アメリカではアロマセラピーを学び、日常のセルフケアに取り入れています。

お子さんの歯磨き時に、歯磨き粉を使っていますか?


今やたくさんのキッズ用歯磨き粉が店先に並び、子どもが好んで使えるような味付きのものもありますね。

ea961a92490db6152e383e097f50003b_s
歯についた汚れを落とすだけではなく、子どもの歯を守るフッ素入りのものまであったりと、実に様々。
パッケージまで可愛いものが出そろっていますよね。

でも、歯磨き粉って本当に必要ですか?

9d9a9abb7bfc176b20587a1e6a8a431c_s
小さなお子さんは特に、仕上げのうがいが苦手です。
うまく口をゆすげないのに、歯磨き粉を使っていたら、そのほとんどは体内へ入っていくことになります。

そうでなくても、甘い歯磨き粉を歯みがき中にじわじわと飲み込んでいってしまうのは仕方ないこと。
完全に歯磨き粉を飲み込まずに外へ吐き出すことはまず不可能でしょう。

例えば心臓の悪い人が、急いで薬を身体に吸収させる必要がある時には、舌下に薬を投与します。
それくらい、口の中では成分を吸収しやすい場所となっています。

という事は、飲み込まずとも、直接口の中に入れる歯磨き粉の成分も同じく体に吸収されるのです。

キッズの歯磨き粉の成分は実は大人と変わらない

イチゴ味・メロン味・グレープ味など様々な味付けがなされている子ども用歯磨き粉。

これに違和感を覚えた人は少なくないはずです。
合成甘味料と香料からできているその歯磨き粉は、実は大人用と同じ成分。辛くないように味付けがなされているだけなのです。
例えば、こちらの成分は大人用。大人でこの歯磨き粉を飲んでも大丈夫という認識の人はいますでしょうか。

img_0633.jpg
こちらが、子ども用の歯磨き粉。
img_0632.jpg
同じ会社の歯磨き粉を並べてみましたが、大人の歯磨き粉に入っているものは、ほとんど子ども用歯磨き粉にも入っているのがお分かりかと思います。

市販歯磨き粉。この中で危険な成分は?

84cda44087137601f7e43e3f5ee2b762_s
歯磨き粉の中には気になる成分も多いですね。
歯を磨くだけなのに、これほどに多くの合成成分が果たして必要なのでしょうか?

ラウリル硫酸ナトリウム

この中でも特に歯磨き粉の泡立ちの手助けをする発泡剤である「ラウリル硫酸Na」については安全性に疑問が残されています。
多くのシャンプーにも配合されているラウリル酸Na。

洗浄力が強く髪が乾燥して傷んでしまうといわれているものと同じ成分が、毎回の歯磨きで口に入っているのです。
厚生労働省をはじめ、各国の研究機関からはからは発がん性はないとされていますが、長期的な湿疹などガン以外の疾患に悩む人が多いとされる成分です。

サッカリンナトリウム

良い印象のない成分が、人工甘味料である「サッカリンNa]です。
過去には発がん性が疑われるとして各国で使用禁止になっていたもの。

その後の研究で発がん性がないと判断されたために解禁されています。
日本では安全性に未だ疑問が残るため、使用量の上限が制限されているのですが、
海外ではバンバン使われている成分です。特にアメリカや中国では、砂糖に変わるダイエット甘味料として食品や飲料に大量に含まれているため注意が必要。

日本国内では配合に上限が決まっているものって、ちょっと怖いですよね。
アメリカでは飲食店のテーブルに必ず、砂糖と砂糖の代わりとして置いてあるものです。

プロピレングリコール(PG)

消防法で危険物第4種に指定されていたり、生活環境保全条例では規制対象物質に指定されているなど、多くを摂ると致死量となる物質。

とはいえ、普段の生活で口から入れることによって致死量に達することはまずないのですが、
18~24グラム/kgで半数の哺乳類がが死に至るとされています。

致死量に達することはないとはいえ、口に入れるのは抵抗がありますよね。
でも、PGはもはや私たちの生活を取り巻く日用品や加工食品には欠かせないものとなっていて、避けきることは難しくなっているのです。

酸化チタン

世界保健機構が発がん性を指摘している物質。「人に対して発がん性がある可能性がある」という極めてあいまいな表現での分類ではあるが、発がん性がないと言い切れないところが怖いです。

歯みがき粉の界面活性剤が味覚を破壊。

ほとんどの歯磨き粉はこれらの合成界面活性剤を含んでいます。
この合成界面活性剤が、味を判別する乳蕾を溶かしてしまうのです。

歯みがきあとにジュースを飲んだり、牛乳を飲むと変な味に感じませんか?
歯みがきのあとだから変な味になるのは当たり前と思っていませんか?

乳蕾は、20分ほどで再生しますが歯みがきの度に毎回溶けているのです。
これで良いのでしょうか?

歯磨き粉を毎日使う必要、ありますか?

1a15768f552122eab4f0b2be8f5e264c_s
本来、ブラッシングだけでも十分に食べかすは取り除くことができますし、
小さい子は唾液が多く歯みがきがいらないといわれていますが、食べ物の多様化により歯磨きをしないと虫歯になるような子どもも増えてきました。
何も知らないと、歯磨き粉を付けたことで満足しがちですが、本来の歯磨きの役割と歯磨き粉の成分を考えたら子どもには歯磨き粉は必要ないといっていいのかもしれません。

歯磨き粉を販売する会社のHPには、

「お子様が歯を磨くときに、うまく吐き出せず毎回飲み込んでしまうようならば、すすぎと吐き出しが上手にできるようになってから歯磨きを使うことをお勧めします」
とありますし、誤飲に関しては

「すぐに口をすすいで、コップ1~2杯の水か牛乳を飲んでおきましょう。
多めに食べたり飲んだりした場合、およびその可能性がある場合は、すみやかにその製品をもって医師の診察を受けてください」
とあります。

これを読む限り、歯磨き粉を体内に入れてよいものではないことがわかりますよね。

どうしても気になる子どもの口腔ケアと歯磨きに、はちみつ=メディカルハニーを

77242baf72d7a9e2c314b5f5e4282f73_s
それでも、水磨きだけでは不安!うがいもできない子にフッ素の代わりになる虫歯予防は無いの?
と思う方にメディカルハニーをおススメ。


「は?はちみつ?そんな甘いもの食べたら虫歯になるわっっ」って思いますよね。
私も初めはそう思いました。

でも、意外にも医療現場や歯科医院では口腔ケアとして出回っているものもあるのです。

医療現場で活躍するほどの抗菌殺菌力を誇るのは、ニュージーランドのマヌカハニー・オーストラリアのジャラハニ―。
両者ともに、独自の抗菌物質を持つことが研究によって確認され、それぞれの医療機関にて活躍しています。

マヌカハニーは古くからマオリ族の薬として使われてきたものとして有名ですよね。

傷口の殺菌や病人の薬になるなどしてきたものが、現代の研究結果によってその有効性が明らかにされたのです。
また、マヌカと同じかそれ以上に抗菌活性力が強いと認められたのがジャラハニ―。

これらのはちみつが虫歯予防や歯周病予防にも有効だとして、はちみつを使用したデンタルケア製品も出回り始めています。

虫歯になる条件とは

まず簡単に虫歯のサイクルを確認してみましょう。

虫歯は、歯の表面についた歯垢にミュータンス菌が住み着き、糖分を栄養にして酸を出します。
この酸は歯の表面のエナメル質を溶かし、その部分に穴をあけます。

つまり、歯が強いかどうか、ミュータンス菌がいるか、糖質の中でも特に砂糖を含む菌の餌になるような食べ物を摂っているかどうか。

この3つの条件がそろうことで虫歯になるのです。


虫歯予防には、この条件を少しでも減らすように努めていくべきですが、小さい子はなかなか大変ですよね。

はちみつがどうして虫歯予防にいいのか

ce7a36723cdb283dce8a510bb0f7cfb7_s
砂糖よりも甘いといわれているはちみつ。甘いものは、歯に悪いと教わってきましたが、はちみつの甘さが歯に悪さをしないというのはどういうことかと思いますよね。
はちみつの甘さは、砂糖とは違い虫歯になりにくい糖であることがわかっています。

それに加えて、はちみつには強い殺菌作用があります
結果から言うと、口の中の悪い菌も退治してくれるというのです。

honey-823614_1920
つい先日も、獣医さんにて歯茎の腫れで受診したところ、歯みがきが嫌いな我が家の犬ににマヌカハニー入りのスプレーを勧められました。

ドイツのハチミツ療法学会でも研究をされている養蜂家の医学博士の宇津田含先生が、「はちみつそのもので歯を磨くこと、
はちみつ大匙1杯をコップ1杯の水に溶かしてうがいをすると、歯槽膿漏や虫歯を予防して口臭を防ぐこと」
を勧めています。

またはっきりと「はちみつはミュータンス菌の活動を抑えるため、虫歯にはなりません」と書いていらっしゃいます。

つまり、はちみつは口腔ケアに最適な自然の歯磨き剤であるのです。


はちみつを食べた後歯磨き不要、はちみつは虫歯にならないって嘘・本当!?

この噂を聞きかじってか、質問系のネットサイトでは、似たような質問を見かけました。

「はちみつは虫歯にならないって本当ですか?」

答えている方はいずれも「虫歯になると思います」といった微妙な回答で、科学的にハチミツの効果効能や医療グレードのハチミツの存在については触れていません。
顔の見えない一般人のネットの回答と、はちみつ研究を長年世界で重ねてきた医学博士、どちらが本当かと言ったら後者ではないでしょうか。

しかし、悲しいかなネット世界の情報では自分が安心できる方を信じてしまうのが心理というもの。


「はちみつは甘いんだから虫歯になるよね?」と疑っている人が「はちみつは虫歯になります」という情報を見かければ、「やっぱりそうだよね」となってしまうのです。
自分自身で知識を蓄え、総合して判断できる力が私達には必要なのです。

マヌカハニーやジャラハニ―等のはちみつを使った安心の歯磨き・口腔ケアで、虫歯知らず。

ハチミツでミュータンス菌を抑える!?

689e30b87749df5a53f5d75c7216e2c2_s
小さいお子さん(注意:1歳以上に限ります)なら、歯みがきあとか歯を拭き取った後に、
綿棒にちょんちょんと乗せたハチミツを練る前に口の中に入れてあげましょう。

そのままぺろぺろと舐めて口の中の殺菌をしてくれます。
気になるようなら、その後水うがいをしても良いですが、本来ならうがいも必要ないというのです。

私達大人からしたら、「本当かな~?!」って言いたくなりますよね!
でも、考えてみてください。最近はお休み前に食べるラムネも複数販売されています。

水うがいなしです。
それらの成分はキシリトールといろいろ添加物。

ではハチミツは?約190種類ものビタミンミネラルと酵素を含む栄養爆弾であり、古くから薬として使われているほどの殺菌力。
これは、ぜひ後者を摂りたい所。

大人が試すのに「どうしても甘さが気になる!!スッキリ感が欲しい!!」
という場合は、ミントやシナモンの精油をプラスすると相乗効果でさらに歯茎の健康にもよいですよ。

朝摂ると、口のねば着きもスッキリ取れて気持ちが良いです。

くれぐれも、加糖ハチミツなどを選ばないように!砂糖やこれは虫歯の原因になります。
純粋な生ハチミツ、特に抗菌力の高いハチミツを選びたいところですね。

注意点:1歳以下のお子様には死の危険があるので、はちみつは与えないでください。


IN YOUおすすめのマヌカハニーを使ってみよう!

0521120127_5b0236877d695 【人気の非加熱マヌカハニーがパワーアップ!】今までで最高値の抗菌性MG500+になって再登場今すぐここをクリック!

マヌカハニーは自然の恵みそのもの。人間の思い通りにならないからこそ貴重です。
最近では日本でも取り上げられるようになり、人気が出てきています。
マスコミで取り上げられる頻度も上がっていますが、知名度が上がってくると品質もピンからキリまでさまざまになってくるものです。
こちらでご紹介するマヌカハニーはニュージーランド政府の認定を受けた抗菌表示であるMGを採用。
以前INYOUマーケットでご紹介したMG100+、MG300+に続き、今回ご紹介するのは、より抗菌性の高いMG500+のマヌカハニーです。
「マヌカ」はフトモモ科に属するニュージーランド原産の樹木。

先住民であるマオリ族の間では「聖なる癒しの木」とされており、「マヌカ」というのもマオリ族の言葉です。
マヌカハニーは、日本でここ数年、知名度が上がってきていますがニュージーランドでは昔から大切に扱われてきた薬効の高い食品です。
ブームになるずっと前からマヌカハニーを扱っていることに、大きな信頼を感じます。
養蜂家から直接仕入れるからこそ高品質なのです。


オススメの記事

ニュージーランドの病院では薬として処方される程のパワーをもつマヌカハニー。 ただの蜂蜜じゃない、医療現場の治療にも使用されている天然の抗生物質、マヌカハニーとは?

一家に一つあれば薬いらず!?「マヌカハニー」選ぶポイント・効果効能・おすすめの食べ方。

一家に一つあれば薬いらず!?「マヌカハニー」選ぶポイント・効果効能・おすすめの食べ方。

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kanekoyuka
3児の母。 8年間の小学校教員生活を経て、主人の海外赴任の都合で渡米。4年間のアメリカ生活を経て、日本に帰国しました。 アメリカでは高額であることから、日本のように気軽に医療にかかれません。そこでホメオパシーやカイロなどのセルフケアの重要性、望めばすぐ手に入るオーガニック食材など、健康と真っ直ぐに向き合える環境に感動しました。 アメリカではアロマセラピーを学び、日常のセルフケアに取り入れています。
あなたにお勧めの記事
関連記事

LINE@

IN YOUメルマガ

LLE82

minery

  width=

RANKING

READING

  • マーケット
  • 天然オーガニック葉酸サプリメント
  • LINE@
  • メルマガ
  • ライター募集
  • 有害物質をチェックできるチェックマシン
  • ハーモニーライフ酵素「極み」
  • ソイヨーグル
  • 美巣
ページ上部へ