メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

腸と血の関係性。 汚れた腸は汚れた血しか作れない。 美しい血を作るための方法とは

さぴこ
インナービューティープランナー・インナービューティー美腸マイスター・京都にて料理教室を主宰 * 大学卒業後、アメリカ・フロリダ州にて寿司シェフとしての勤務経験を経て帰国。日本インナービューティーダイエット協会にて腸内環境を整える食事法を学び、食べたもので自分をつくる大切さを知る。 現在は、日本の大切な食文化である【お出汁と発酵調味料】を活用して腸内環境を整える料理教室を京都にて不定期で開催。 外国人向けに英語でヴィーガン和食の料理レッスンも開催中。 *ブログURL https://ameblo.jp/sapiko-minemu/

寒い季節がやってまいりました。
お布団に入っても足先、冷たいですか?
からだの冷えを感じたら、それはむしろチャンス!
自分の血の巡りのこと、見つめなおしてみましょう!

冷え症・風邪・肌荒れ・むくみなどのさまざまな不調は
血流が少し滞っているからかも。

血の巡りが悪い・血の量が少ないことにより、
細胞に必要な栄養素や酸素が行き渡らず
老廃物も排出できないからだになってしまっているからです。

そして、栄養のある血をつくるのは
健康な腸できれいな血液が作られ、
全身に十分な栄養や酸素が巡れば
細胞のターンオーバーも促進され
必ずからだは生まれ変わっていきます。

これから忘年会で夜の外食が増えるシーズン。
腸内環境が乱れる予感がしますね!

夜に外食が増えるときは朝と昼の食事で調整していきましょう。
私たちは食べたもので体がつくられます。
きれいな血をたっぷり作れる身体づくりをして、
全身の血流を改善していきましょう。

汚れた血による体の不調

冷え

寒いとからだが縮こまっていませんか?
冬こそ体を動かすチャンスです!
冷え症の原因は、筋肉量の減少冷たい物の飲食などさまざまですが
血液やリンパの流れが悪いことにより、体が冷たくなってしまいます。
また、体が冷えることにより血管が縮こまり血流を悪くするので、
常日頃から体を温めることが大事ですね。
冷え性悪化すると便秘や不眠・頭痛などを引き起こしてしまうことも。

免疫力低下

ちょっと薄着で外に出て体の芯から冷えてしまい、
次の日になんか悪寒がする…なんてことありませんか?
血の巡りが悪くなり体が冷えると風邪もひきやすくなりますね。

体温が1度下がると免疫力が30%下がるといわれています。
これは、からだを外敵から守る免疫細胞は血液の中に存在するので
血流が悪いとウイルスや細菌を撃退できないからなのですね。

肌荒れ

外は乾燥しているし、この季節は当然のごとくお肌の乾燥にも悩まされますね。
皮膚のすぐ下には毛細血管が張り巡らされているので
血流が悪いと栄養や酸素が行き届かず十分な皮膚細胞が作られなくなり、
ターンオーバーが遅れ、吹き出物やシミ・しわ・乾燥につながります。
肌の血色も悪くなってしまったり、目の下のクマもできやすくなってしまいますね。

肩こりやむくみ

凝り固まった肩と冷えてむくんだ脚、
熱めのお風呂にゆっくり浸かって温めたいですよね。
肩こりはご存じのとおり、同じ姿勢での仕事や血行不良により生じます。
肩こりを放っておくと頭痛や目の疲れなども引き起こしてしまいますね。
また、むくみは静脈(心臓に血液を送り戻す血管)の血液が足に溜まってしまった状態。
血液を上に押し上げる力が弱いと足に滞ってしまうのですね。
筋肉が男性より少ない女性はむくみやすくなってしまいます。

その他にも生理不順や内臓機能の不調など
血流が原因でさまざまなトラブルを招く恐れがあります。

出典:京都大学再生医科学研究所:免疫のしくみを学ぼう!

日本初上陸!IN YOU限定。EUオーガニック認証取得済み!ヴィーガン・プロバイオティクス(乳酸菌)サプリメント

¥ 5,457 ~ ¥ 33,100(税込)

> 商品の詳細はこちら

どうして血の状態が悪くなってしまうの?

血と腸の関係性

冒頭でもお伝えしましたが、
きれいな血液は腸からつくられます。
腸内環境を整えるのがなぜいいのか、
今一度整理して自分の意識を高め直していきましょう。

腸の役割

腸は排泄だけではなく、食べ物の消化・吸収をも担う大切な臓器。
私たちが食べたものの栄養の90%は小腸で吸収されます。
大腸では吸収されなかったミネラルや水分を吸収し、便を形成します。

食べるという行為は生きていくうえで絶対にかかせないもの。
口にするものは栄養価のある新鮮な食材が良いですが
腸が健康でないと、栄養価のある食べ物を摂取してもきちんと吸収されません
せっかく食べる物に気を遣っているのに、もったいないですよね。

そして、腸で吸収した栄養は血液やリンパを通じてからだ全体の細胞に運ばれます
腸できれいな血を作り全身に巡れば、十分な栄養・エネルギーが細胞に行き渡り
不要な脂肪・老廃物が蓄積されにくいため代謝もあがるようになります。

腸内環境が良い状態とは


私たちの腸の中には約1000兆個にも及ぶ腸内細菌が住んでいます
共存する微生物

その腸内細菌=微生物たちが栄養分の分解や、
ビタミン・抗菌成分などを生成してくれます。

そしてその腸内細菌には大きく分けて3種類あり、
・善玉菌
・悪玉菌
・日和見菌(ひよりみきん)
に分類されます。




善玉菌とは、体内の食べ物を発酵させて栄養素を生み出したり、
腸の細胞を保護してくれる、からだに良い働きをしてくれる菌のこと。
乳酸菌・ビフィズス菌など有名ですよね。
腸が整っているというのは、善玉菌が優勢の腸内環境の状態のことをいいます。

そして日和見菌というのは、
善玉菌か悪玉菌のどちらか勢力の強いほうに味方をする菌。
善玉菌が多い腸内環境にすることで日和見菌も味方にすることができ、
腸内環境を整えることにつながります。

悪玉菌が増えると腸内の食べ物が腐敗し、
有害物質が生成されて血液に入り込んでしまったり
腸の細胞を傷つけたりしてしまいます。

ちなみに悪玉菌と聞くととても悪い物に聞こえますが、
O-157などの病原菌と戦ってくれる大切な細菌でもあります。
増えすぎることが様々な害につながってしまうということですね。
なんでもバランスが大事です。

汚れた腸は、汚れた血液しか作れない

腸内環境が悪い=悪玉菌が多いと、
腐敗物質や毒素が血液に溶け込んでしまい、
その汚れてしまった血液が全身をかけめぐってしまいます
そうすると、細胞の生まれ変わりを阻害してしまいますね。
脂質代謝も悪化し、脂肪が蓄積・肥満の原因にもつながります。

毒素・腐敗物質…、聞いただけでも嫌な気持ちになりますが
これがからだ全身を巡っていると思うと恐ろしいですね。

腸内環境を整えて、質の良い血液を作ることが大事だということが
改めて重要だと気づかれると思います。



汚れた血を綺麗な血に変えましょう!


腸から吸収した栄養は血液やリンパを介して全身に運ばれていきますが、
血液は腸から肝臓、そして心臓へいき全身を巡ります。
ですので、腸の中が汚れていると毒素や老廃物が血液に溶け込み、
汚れた血液が全身をかけ巡ります。
逆を言うと、腸内環境を整えてきれいな血が作られれば、
流れも良くなり十分な栄養を含んだ血液が全身にいきわたりますね。
腸が変われば血液が変わり、細胞レベルで体質が変わっていきます。

きれいな血が全身を流れることを想像すると
それだけでクリアな気持ちになりますね。
いつも頑張って働いてくれている臓器に感謝しながら
食べるものを選択していきましょう。

腸を整える食品

腸の上皮細胞は1日~5日で生まれ変わるといわれています。
つまり、今日から少しずつ食べるものを意識していけば
からだを作り上げる細胞は必ず変わってくれますね。
まずは発酵食品と食物繊維を意識してみましょう。

発酵食品や発酵調味料の摂取


発酵とは、微生物が食品にたいして良い働き・分解をしてくれたもの。
逆をいうと、食べ物が腐ったりしてしまうのは腐敗ですね。

発酵品に含まれる微生物が、腸で善玉菌として直接働きかけてくれて
腸内環境のバランスを整えてくれます。
体外から侵入してきた菌やウイルスを排除し免疫力も高めます。

日本は発酵大国。
味噌・醤油・酢などの伝統調味料や甘酒・酒粕などには発酵によりできています。
また、納豆・ぬか漬けなどの発酵食品も積極的に摂っていきましょう。

血流改善のために意識すべき栄養素

腸内環境を整えるには発酵品と食物繊維とお伝えいたしました。
それと合わせてこちらの栄養素も意識してみるとよりいいですね。

鉄分
血液といえば鉄分!とみなさまもご想像されますよね。
鉄分はヘモグロビンという赤血球の色素をつくります。
このヘモグロビンはからだの細胞に酸素を運ぶ重要な役割を担っています。
【大豆製品、ほうれん草、ひじき、切り干し大根、レバーなど】

ビタミンC
美肌・美白にかかせないイメージのビタミンCですが、
鉄分の吸収率を高めてくれる働きもしてくれます。
ぜひ鉄分と一緒に摂っていきましょう。
【ブロッコリー、かぼちゃ、ピーマン、柿など】

たんぱく質
血液をつくる材料となるのはたんぱく質です。
また、肌・爪・筋肉・髪の毛・臓器・ホルモンなどあらゆる体の構成に必要な栄養素。
毎食ごとに様々な種類のたんぱく質を摂取していきましょう。
【魚類、肉類、豆類、卵】

ビタミンE
血行を促進する効果のあるビタミン。
血管を健やかに保ってくれ、流れをスムーズにするといわれています。
また、抗酸化作用も強く、血液の酸化を防ぐ助けもしてくれます。
【アーモンド、かぼちゃ、ほうれん草などの青菜類、アボカドなど】

ビタミンB12
造血ビタミンともいわれる、葉酸とともに赤血球の合成に深くかかわる栄養素。
たんぱく質の合成を助ける働きもしてくれます。
植物性食品にはあまり含まれていないので、
菜食主義の方には不足しがちなビタミンです。
【しじみなどの貝類、レバー、牛肉、さんまなど】

食物繊維の摂取

体内の老廃物や便を排出するデトックス効果や
悪玉菌を排除して血液をきれいに保つ働きもしてくれます。
また、食物繊維は腸内細菌の働きにより分解され、
人間が生み出すことのできないビタミンや抗菌成分を生成します。
発酵食品とセットで摂取してきましょう。

食物繊維を使い分けて、効率良く腸内環境を整えよう!

【水溶性食物繊維】
善玉菌のエサとなって腸内を整えてくれる働きがあります。
わかめなどの海藻類・山芋などのネバネバ食品・果物などが該当します。
血糖値の上昇を抑えてくれる役割もあるので
食事の始めに摂取すると良いでしょう。

【不溶性食物繊維】
腸内の老廃物を排出してくれるデトックス効果や
便のカサを増やし、排便を促してくれます。
玄米やきのこ、ほとんどの野菜類に含まれています。

腸内環境を整えて毒素や腐敗物質を低減させれば
血液が滞ることなく、スムーズにきれいな血を流すことができますね。

オーガニック食品を摂り入れよう!




上記にお伝えしたような、栄養素を摂取するなら、オーガニック食品を選んでくださいね。
農薬や化学肥料を使用した食物は、季節を考えずに強制的に育てられたものばかり。
栄養素よりも、農薬などのほうが体への影響が大きいかもしれません。
値段で選ばず、自身の健康を意識して購入してください。


最後に

いかがでしたでしょうか。
改めて腸を整える大切さを意識し直せましたでしょうか。
からだに不調を感じたら、それは自分を見直すチャンスです。
少しずつでも食べるものを意識してきれいな血液をたくさん作り、
クリアな気持ちで新年を迎える準備をしていきましょう。

出典:血流が全て解決する

この記事を読んだかたにオススメのIN YOU Market 商品

最強の食材 農薬不使用のヘンプシードナッツ。スプーン一杯で必須アミノ酸が全て含まれる!良質なタンパク質を摂取しよう。1〜2個

¥ 2,376 ~ ¥ 4,104 (税込)

> 商品の詳細はこちら

【お得な3個セット】世界中で最も厳しい基準を持つドイツ産最高品質タブレット「エスタービタミンC 1,000㎎」60粒

¥ 15,225 (税込)

> 商品の詳細はこちら

この記事を読んだあなたにおすすめの記事

「遺伝子組み換えでない」の表示を信じてはいけない!日本の食品業界が規制厳格化に反対する理由

日本人は「白米」に依存し過ぎている!白米が健康を損なっているかもしれない原因とは

カゼインフリーとグルテンフリーを実践したら、なんと6年間悩まされた主婦湿疹が一ヶ月で完治した話

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さぴこ
インナービューティープランナー・インナービューティー美腸マイスター・京都にて料理教室を主宰 * 大学卒業後、アメリカ・フロリダ州にて寿司シェフとしての勤務経験を経て帰国。日本インナービューティーダイエット協会にて腸内環境を整える食事法を学び、食べたもので自分をつくる大切さを知る。 現在は、日本の大切な食文化である【お出汁と発酵調味料】を活用して腸内環境を整える料理教室を京都にて不定期で開催。 外国人向けに英語でヴィーガン和食の料理レッスンも開催中。 *ブログURL https://ameblo.jp/sapiko-minemu/
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ