メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

突然私を襲った足の痛みの原因?万病を引き起こす血行不良の改善のために下着をみなおそう

永樂茶百合
日本糀協会 代表。 神戸・岡本コージーカフェオーナー。 「日本の台所に糀を広めよう!」という理念のもと、発酵や糀のパワーを科学的な視点から理解することが「毎日のお料理をもっと簡単で美味しく、そして安心に」につながることを伝えていく協会講師「糀エヴァンジェリスト」の育成を行っています。 子どもは大人が与えたものしか食べられない。だからより良いもの、安心なものを買わなきゃ、作らなきゃ…でも、仕事をしながらの毎日の「安心な」ご飯作りはとてもストレス…。 そんな中で、糀と出会い、それをきっかけに、情報や物事を見極めるには、自分で選べる力をつけなくちゃいけないと思うようになりました。自分にぴったりの 「安心」や「美味しい」を見つけてほしい。そんな気持ちで記事を書いていきます。 お母さんの笑顔は子どもにとっては心の栄養。ママも子どもも嬉しい「体にも心にも優しい、すぐに作れる簡単レシピ」をモットーに、これからもママたちを元気にしてくれる活動を目指しています。 精神保健福祉士・社会福祉士・准看護師

成長期の私を突然襲った、原因不明のふくらはぎの痛み


fa9d48fa48c92f1c1b8741d5b39ecafd_t
それは、まだ私の体がこれから大人になって行こうとする発達途上で起こりました。

夜中や朝方に突然足が痛みだし、立てないほどの鈍痛。
整形外科などにも連れて行ってもらいましたが、原因は不明。
前触れもなく起こるその痛みは、幼い私をとても不安にさせました。

b2f78b8791ca60ab522c8af2a0a835db_t
原因が分からないので親もなす術がなく、
小学校の先生から理由を聞かれても、

「立てないくらい足が痛かった」

としか答えられませんでした。

ただ一つ。
自分で見つけ出した解決法。
それは、
温かいお湯で足を温めること。

224f9c493233c63e6edba2b93a1eecec_t
この痛みをなんとかしたいと、試しにお風呂で温めてみたところ、
痛みはみるみる和らぎ、
普通に動けるようになります。

原因は分かりませんでしたが、
中学生になって体が大人に近づくにつれ、
足が痛むこともなくなり、
解決法が見つかったことで安心した私は、次第にそんなことがあったことも忘れて行きました。

原因のわからない痛みは、筋肉の緊張でおこる。


1085588
病院へいっても、あまりこのような痛みに対応してくれるところはないと思います。
しかし、

筋肉が緊張する

血行不良が起こる

痛み・痺れ、冷え、つっぱり、だるさ などが起こる

このことは分かっています。

反対に、血行不良が原因で
筋肉が酸素不足になったり、
各細胞に栄養が行き届かなかったり、疲労物質を溜め込んでしまったりすることで、
筋機能が阻害され、運動障害(筋が硬くなる)が起こる場合もあります。

今、思い返すと、私の足の痛みの原因は「血行不良」だったのではないかと思うのです。

血行不良は万病のもと


7ac156ffe91680fb8978c0418c70a5f0_t
体を保温することはとても大切なのですが、
そのために体を締め付けて血行不良が起こると、体の冷えが悪化する可能性もあります。

私は幼い頃、わりと過保護に育ちました。

転んでけがをしないように。
寒くて風邪を引かないように。
そう思った母は、
冬にはとっくりセーターを着せたり、
夜寝るときに腹巻きをさせたり、
毛糸のパンツをはかせたり、
擦りむかないように長袖長ズボンをはかせたり。

首が苦しい。お腹が苦しい。動きにくい。

私のことを思っての母の行動でしたが、
私は「締め付けられることが不快」でした。

私は子どもの頃よく「しもやけ」になってしまっていたことも考えると、
血行が良いとは言えない状態だったと思います。
そこに体を締め付けるような着衣をまとうことは、
おそらく逆効果だったのではないかと思うのです。

今問題になっている下着による締め付け


212305
パンツのゴムによる、お腹やそけい部の締め付けもそうですが、
40代という私の年代でみると、今、補正下着に流れる方が多く感じます。
しかし、補正下着は無理にボディーラインを作り上げるものもあるので、
着用の仕方を間違えると

リンパの流れや血流を阻害し、
内臓圧迫によって、消化や代謝の働きを阻害します。
スタイル良く見せたいと言う思いが、かえってダイエットの邪魔になると言う結果をひきおこすことも。

私に出た症状は「足の痛み」でしたが、
血行不良が内臓に及ぶと、その他の様々な病気を引き起こすことも考えられるのです。

体を締め付けず、解放してあげることが健康につながる!


930ce7093a2faa84bd3e348a401623b1_t
私の経験から行っても、体を締め付けてよいことは全くありません。
冷えから守るために、ガードルをすすめられたこともありますが、
着用すると反対に様々な体調不良が起こるため、やめてしまいました。

ゴムが健康に与える影響


ゴムは緩めに着用しているつもりでも、意外に体をしめつけているものです。
緩やかに、一日中続くゴムによる体の締め付けは、

・下半身の冷え
・消化管運動の阻害
・末梢循環器障害
・自律神経の乱れによるうつ状態

などを引き起こす可能性があります。

また、ゴムで下着をピッタリ体に密着させることで、
換気不良、高湿度となり、細菌も繁殖しやすい環境をつくってしまうため、

・膣炎、膀胱炎
・カンジダなどの感染症
・前立腺炎
・痔
などのリスクを高めてしまいます。
皮膚呼吸が妨げられることで、皮膚表面の温度の低下や、発汗が妨げられて体温調節に支障がおきることもあります。

不妊も問題となっている今、
これから妊娠する可能性のある若い女性にも
締め付けによる悪影響についてはもっと知ってもらう必要性を感じます。

今日から始める、締め付け0生活!

今話題の身体と心のチカラを取り戻す下着


着画セクシー
こちらのかわいらしい下着は、「空気パンツ」と呼ばれているもの。
ゴムを一切使わず、ひもでサイズが調整できます。

最初包みを開けると、ブラは大きく感じ、小振りな私にも着用できるのかしら?と思いましたが、
ひもで調節してみるととても良い感じのフィット感。
しかも、つけてみるとずれないのに締め付け感0で、
まさに「空気」と言われている意味が分かりました!

天然素材のここちよさ


IMG_4115
天然素材は、静電気が発生しにくく、保温に適しています。
締め付けず、身体を温める効果があるこの下着は、
これから妊娠する若い女性から、更年期や老化による症状で悩まされている年配の女性まで、
全ての方にお勧めできる商品です。

固定概念を捨てて、下着と一緒に心も解放してみませんか?


ballet-2425703__340
締め付ける下着に慣れてしまうと、なかなか手放せなくなってしまうものですが、
一度、固定概念をすてて、身体を解放してみませんか?
そうすることで、これまで感じられなかった心地よさが体験できるかもしれません。

身体を解放することで、心まで自由になれる。

下着を替えるだけでこれまでの人生が変わる!体験ができるかもしれません。

今回の記事を読んだ方にオススメの商品




当たり前に使用しているその下着、ウエストにゴムが入っていませんか?
伸縮のある生地で身体にピタッとくっついていませんか?


冷え性、生理痛、不妊、イライラ…下着の締め付けが影響しているって知っていますか?
一般的な下着を着用すると、ウエストや腹部全体をゴムの入った生地で締め付けられます。
実はその結果、免疫力は約20倍も下がり、卵巣に影響を与え、
ホルモンバランスを崩すことで、生理痛・生理不順・冷え性・オリモノ過多・尿漏れなど、現在女性の共通の悩みを引き起こしていると言われています。締め付けが全くない、ストレスフリーな空気ブラ・パンツをぜひ一度お試しください。




今回の記事を読んだ方にオススメの記事

市販歯磨き粉の原材料が、様々な健康への悪影響を引き起こす!安全な歯磨き粉の選び方

今が旬の和梨と柿を使って。おかずにもデザートにもなる「生はちみつマリネ」の作り方と、ここぞという時のレスキューアイテム「つばめの巣」の活用法。

注目されている、ドイツ発「ゲルソン療法」とは何か?

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

永樂茶百合
日本糀協会 代表。 神戸・岡本コージーカフェオーナー。 「日本の台所に糀を広めよう!」という理念のもと、発酵や糀のパワーを科学的な視点から理解することが「毎日のお料理をもっと簡単で美味しく、そして安心に」につながることを伝えていく協会講師「糀エヴァンジェリスト」の育成を行っています。 子どもは大人が与えたものしか食べられない。だからより良いもの、安心なものを買わなきゃ、作らなきゃ…でも、仕事をしながらの毎日の「安心な」ご飯作りはとてもストレス…。 そんな中で、糀と出会い、それをきっかけに、情報や物事を見極めるには、自分で選べる力をつけなくちゃいけないと思うようになりました。自分にぴったりの 「安心」や「美味しい」を見つけてほしい。そんな気持ちで記事を書いていきます。 お母さんの笑顔は子どもにとっては心の栄養。ママも子どもも嬉しい「体にも心にも優しい、すぐに作れる簡単レシピ」をモットーに、これからもママたちを元気にしてくれる活動を目指しています。 精神保健福祉士・社会福祉士・准看護師
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ