メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

「勘違いマクロビオティック」で花粉症発症しました。花粉症を引き起こした間違いだらけの食事法と、私が花粉症を克服したとっておきの方法―1―

霜崎 ひろみ
突然の子宮がん宣告をきっかけに、『毎日の食事で体が作られていたこと』、『ストレスがどんなに体に響いていたかということ』を実感する。『体のこと』、『心のこと』を、マクロビオティックや各種自然療法で学ぶ中、望診法に出合い学びを深める。更に、漢方、薬膳も学び、マクロビオティック上級望診法指導士、国際薬膳師、国際薬膳調理師、漢方上級スタイリスト、養生漢方アドバイザー等の資格を持つ。現在、マクロビオティック望診法指導士養成塾の山村塾http://goash.jp/にて望診法講座講師、東洋医学や薬膳講座の講師、出張講座、食事相談、雑誌やWebの望診記事の監修などを行っている。

このところ、日が伸びてきて、春を思わせる日もちらほら出てきました。
それでも、まだ冬真っ只中。例年、首都圏でも、2月、3月に大雪が降ることがありますので、体は温めて過ごしたいものです。

雪 町
しかし、先日の春のような日差しと気温の日、ふと脳裏をよぎったのが、「もうすぐ花粉症の季節だ、、、」ということでした。

次の季節の準備は、今!

東洋医学では、次に来る季節を健やかに過ごすためには、前の季節から準備をしておくことが重要とされています。つまり、春を快適に過ごしたいなら、冬に養生しておくことがとても大切だということです。

冬の養生については、IN YOUでも数々紹介されていますので、春が来る前に、一つでも、二つでも、取り入れてみてください。

忠実にマクロビオティック食を始めたはずが・・・

実は勘違いマクロビオティックになっていた!

さて、私は、子宮がんになったことがきっかけで、体質を改善しようと、約15年前にマクロビオティックを始めました。
今では、かなりゆるやかな食事をしていますが、当初は、基本に忠実な食事をしているつ・も・りでした。


確かに、傷の治りも早く、贅肉がとれ、むくみもなくなりました。


が、徐々に、「思い込みの」マクロビオティックに変わっていき、不健康に見え、痩せて、挙句の果てに花粉症になってしまったのです!!

「なぜ、体に良い食事をしているはずが、不健康で、花粉症になるのだろう?!」と、混乱し始めました。


悩む女性

マクロビオティックの基本
You Are What You Eat.

私は、何かが間違っていると気がついて。


You are what you eat.

「あなたはあなたが食べたものでできている。」
ということは、私は何かを勘違いし、何かが間違っている。

「勘違いマクロビオティック食が私の体に及ぼしたこと」
そして、何年かかけてマクロビオティックや望診法などを学びつつ、実践(いわば人体実験)し、たどり着いた「私の花粉症が劇的に改善した方法」を、2回にわたりお届けいたします。

「マクロビオティック食」と
「私の勘違いマクロビオティック食」


まずは、「マクロビオティック食の基本」と「私の勘違いマクロビオティック食」の比較をしてみましょう。

マクロビオティック食の基本

マクロビオティック食の基本には、3本の柱があります。

●身土不二(しんどふじ)
マクロビオティックの創始者、桜沢如一先生の言葉によると、「その土地の伝統的な主産物を主食物とし、伝統的な副産物を副食物とし、主食物を主とし、副食物を従とし、時間と空間の体系を乱さゞることなり。」とあります。

つまり、私たちは、自然と共生し、自然の一部であるので、住んでいる土地の旬の物を食べるのが、一番、理にかなっていて、私たちの体に合っているということです。日本では、お米を主食とし、住んでいる地域でとれるものを副食にするということです。

日本地図 緑
●一物全体
野菜を例にとると、皮も中身もひっくるめてバランスがとれているので、皮をむかずに丸ごと食べるのがよい、ということです。魚であれば、頭からしっぽまで、内臓も、全部食べるということです。

桜沢先生の『新食養療法』には、「全て自然に近く、伝統を破らぬ様にし、野菜類は甘皮を捨てず、、、」という記載があります。

じゃがいも
●陰陽調和
マクロビオティックでは、「遠心力」を持ったものを「陰」、「求心力」を持ったものを「陽」と考えています。言い換えると、「広がる力、広げる力」を持っているものを陰性、「縮まる力、縮める力」があるものを陽性と捉えます。

これを食べ物に当てはめると、下の表のようになり、陽性のものには、「温める性質のもの」が多く、陰性のものは、「冷やす性質のもの」が多くあります。

マクロビ陰陽1
(参考:山村慎一郎著『美人のレシピ2』)


余談ですが、病気では、基本的には、ガンなどの広がって行くものは陰性、リウマチなどの縮まってかたまってしまう性質のものは陽性の分類とされています。

ということを原則に考えると、
「主食は「米」を丸ごとの形の「玄米」で、副食は旬のものをまるごと、そして、陰陽を調和させて中庸を目指して食べるのを基本とする。」となります。


玄米おにぎり

その他、気をつけるべきこと

●食べ物の割合
また、食べる割合は、人間の歯の数の割合で食べるのが良いとなっています。

臼歯、、、穀物をすり潰す20本
門歯、、、野菜や果物を切る8本
犬歯、、、肉や魚を噛み切る4本
すると、穀類5:野菜や果物2:肉や魚(たんぱく質)1となります。


●よくかんで腹八分目
よくかむことにより、唾液の分泌が盛んになります。唾液は食べ物の消化吸収を助け、腹八分目にすることで、胃腸に負担がかかりません。

やってしまった!それ、全然「マクロビオティックじゃありません」

私の勘違いマクロビオティック食を告白します


さて、私が何を勘違いしていたか…ということなのですが、今思うと、「こんなこともわからなかったの?」ということもありますが、恥を忍んで告白します。

1、動物性のもの(肉、魚、乳製品)は、絶対に摂ってはいけないと避け、植物性の代用品を充てたが、植物性を過信し、大食するようになっていった。


2、体重が減少していくのを食い止めようと必死になり、大食をするようになっていった。副食はさておき、穀類は中庸なので、お米、お餅などの穀類をどんどん食べていった。


3、陰性の病気が再発しないように、味噌、醤油を多用し、陽性に偏った食事にしていた。

4、南国で採れる砂糖は冷やすと避けていたが、北でとれる甘味(メープルシロップ、甜菜糖など)なら良いと信じ、頻回に摂るようになっていった。



ベジタリアンバーべキュー

私の体に起こった事・・・・・・

1、大食しているのに、どんどん体重が減少していった。
2、胃が重たい日が多くなった。
3、血液検査をしてみると、HbA1cの値が高くなっていて、糖尿病予備軍の気があると言われた。
4、数年後、花粉症になった。


花粉症

頭で食べて体の声を完全に無視した結果。

私の過去を振り返って、共通する最大の問題点


以上の不調に共通する問題点は…

まず、「原則を忘れ、植物性なら体に良い」とすり替えていったこと。
そして、最大の問題点は、「頭で食べて、体の声を無視した」こと。


つまり、日々、体調は変化し、メッセージを出しているのに、「こうしたほうが絶対に良いはずだ!」と思い込み、勘違い食を続けてしまったのです。

耳を覆う女性

ある年の夏は、こんなことも。「陰性だから食べちゃいけない」と思い込む。


暑くて暑くて、「トマトを食べたい。」と思うのに、「トマトは私には陰性過ぎる。食べちゃいけない。」と思い込み、
どんどん暑さが増して、体がだるくてだるくて仕方がないことがありました。

体は、「暑くてだるいから、トマトを食べて、体を冷やして。」と言っていたのだと、今ならわかります。

トマト

私の体の外側に出てきた変化を
「望診法」で読み解く


自覚症状とは別に、私の体に、次のような変化があらわれました。

その体の変化を東洋医学の望診法で読み解いてみます。
*望診法とは…体の外側に出ているシミなどから、体の内側の状態を予測する方法


1、顔の鼻筋とこめかみに「しみ」「そばかす」が増えた
2、唇(特に上唇)が「荒れ」「剥け」「ヒリヒリ」の日が多くなった
3、足の親指の爪が一部茶色くなった。


私の顔
以上は、脾に負担がかかったときにあらわれるサインです。


前回、脾の不調について記事を書いているので、詳しくはこちらをお読みください。

東洋医学 望診法で「膵臓のトラブル」を自分の顔や特徴から見分ける方法。不調の原因を早期発見して病気を未然に防ごう。

4、手の親指に縦筋がくっきり入ってしまった。


Print
こちらは、肺に負担がかかっているときに出てくるサインです。

爪に出るサインについては、こちらの記事をお読みください。

あなたの爪はどんな爪? 『爪』が教えてくれる、沈黙の臓器『肝臓』からの隠れたメッセージ。東洋医学の望診法から見た爪と肝臓の関連性。

私が陥った負のスパイラルを分析する


●陽性にし過ぎる→細胞が締まる→やせる→太りたい→食べ過ぎる
脾(消化器系)や胃に負担がかかる

●陽性にし過ぎる→細胞が締まる→ゆるませたくなる→甘い物(陰性)を手放せなくなる
脾(消化器系)に負担がかかる

●甘い物が多すぎる→体に水がたまる→(私の場合)鼻水が止まらない(花粉症)

私は「体の声を無視したこと」で、このように失敗しました。しかし、ここで気が付いたことで、大病につながらず、ホッとしています。

あなたの〇〇食事法、ちょっと待って!


マクロビオティックの食事法に限らず、〇〇食事法というものが多数ありますが、
どの食事法も「これは体に良い!」と思い実践しているうちに、自分なりの思い込みが出てくることがあります。

しかし、体調は日々変わりますし、日本は四季がありますので、季節に合わせて体も変わります。
そんな中、少しずつ合わない点も出てくることがあります。

チェックリスト
私の失敗のように、体の声を無視せず、ぜひ、体の声に耳を傾けていただき、時々、あなたの「〇〇食事法」がご自身の「今」の体調に合っているかどうかを再確認してください。


次回は、私が花粉症を劇的に改善させた方法をお届けする予定です。


花粉症対策オーガニックなグッズのご紹介

IMG_4549

ヴィーガンプロバイオティクス

農薬不使用のマヌカハニー

農薬不使用のモリンガ

農薬不使用の玄米コーヒー

ドイツ産・ビタミンC


オススメの記事

5人に1人が花粉症。私が花粉症になってわかった「花粉症を悪化させた食べ物」と「花粉症を改善するために食べた食べ物」。

花粉症・憂鬱・疲れやすさ・不眠。春特有の不快な不調を解消させるための東洋医学から見た、肝を養う生活法 

私、花粉症を3日間で卒業しました。一度知ったらもう手放せない梅肉エキスの知られざるパワーと効能。

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

霜崎 ひろみ
突然の子宮がん宣告をきっかけに、『毎日の食事で体が作られていたこと』、『ストレスがどんなに体に響いていたかということ』を実感する。『体のこと』、『心のこと』を、マクロビオティックや各種自然療法で学ぶ中、望診法に出合い学びを深める。更に、漢方、薬膳も学び、マクロビオティック上級望診法指導士、国際薬膳師、国際薬膳調理師、漢方上級スタイリスト、養生漢方アドバイザー等の資格を持つ。現在、マクロビオティック望診法指導士養成塾の山村塾http://goash.jp/にて望診法講座講師、東洋医学や薬膳講座の講師、出張講座、食事相談、雑誌やWebの望診記事の監修などを行っている。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ