メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

冬の冷えを解消して身も心もデトックス!新しいわたしになるための「おまたカイロ」のやり方

空気が乾燥して少しずつ紅葉が始まり、冬支度をする季節がやって来ました。

冬の寒さは、血流が滞りメイクの仕上がりが悪く感じたり、
夕方にはブーツがきつくなったり、手足がなかなか温まらずに眠りが浅くなったり、
生理痛が強くなったり…体の冷えで悩んでいる女性は多いですよね。

男性4割、女性約8割が「冷え性」とも言われています。

病院に行くまでもないくらいの、日々のちょっとした不調は、
体を温めて冷やさないことで解決することが出来ると言われています。

でも、実は体の冷えは、心の冷えにも繋がっていることをご存知ですか?

体を冷やし過ぎていると、心は余裕がなくなり、
いつも人や自分にイライラしたり、
ぽっかり穴が開いたような虚無感に包まれたり、
楽しいことが終わるとどっと疲れて何も出来なくなったり。

更に、その感情を持ち続けることで、ますます体がガチガチに硬くこわばっていきます。

そんな体と心の悪循環を、真逆の流れである善い循環へと変えてしまう、
おまたカイロをご紹介します。

引用:リンナイ株式会社(Rinnai Corporation)

そもそも冷えの原因とは?

人の体温は季節によって気温が変化をしても一定に保とうとします。
その為、体内では血流の量を調整したり、
皮膚からは発汗させたりして調整をわざわざ動け!と
意識をしなくても自動的に行っています。

冷え性は低体温とは違い、末端や下半身といった
体の一部が慢性的に冷えている感覚があることを言います。



女性の冷え性は特に多いと言われていますが、考えられる原因としては
・過度のストレスによる自律神経の乱れ
・食事や睡眠の質の低下や生活習慣の乱れ
・締めつけの強い衣服の着用
・筋肉量の低下
・女性ホルモンの乱れ


心身の乱れは、季節の変わり目の体の変化と重なると、強く感じることがあります。
そんな不調を優しく乗り切りたい。

暖かい白湯を飲んだり、体を温める食材を食べる、
冷えに効くツボを押す、有酸素運動をする、ぬるめのお湯につかるなど
今までいくつかの方法を試した私が、新たに試したものが、
未知なる体験のおまたカイロでした。



料理にも使える!阿蘇で生まれた農薬や化学肥料を使わない薬効の詰まった野草茶パウダー【50g×2個セット+お茶パック5袋付き】

¥ 6,461 (税込)

> 商品の詳細はこちら

おまたカイロの方法

準備するもの

布ナプキン、貼るほっかいろ

手順

布ナプキンの裏面(肌にあたらない面)に、ほっかいろを貼り、
ショーツに布ナプキンをつける。

※使用の際は、自己責任で行ってください※

おまたカイロでの注意点

幾つかありますが、まず、特に気をつけて頂きたい点は、

1)使い捨てナプキンの使用NG

布ナプキンを持っていないからという理由で使用はしないでください。
それには肌の働きである吸収と排出…特に吸収に関係があります。

皮膚吸収率は腕を1とすると、頭皮が3.5倍、口内の粘膜は10~20倍、
デリケートゾーンはまさかの42倍です。


使い捨てナプキンの素材には経血を閉じ込められるように高い吸収性を持ち、
ゲル状にさせる為の、石油由来の原料が含まれています。
1週間の生理ではなく、継続しておまたカイロを行う場合は避けておくのがベストです。

2)低温やけど

低温やけどの特徴として、皮膚が赤くただれたりヒリヒリする、
気分が悪くなることが挙げられます。

皮膚の薄さやその日の体調によって個人差があるかと思いますが、
大事な部分がやけど…なんてことになったら大変です。

長時間の使用は控え、
ご自身の体の声に耳を傾けながら試してみてください。


以上2点を踏まえ、おまたカイロをお休みした方がよい時は、

・月経中
・締めつけの強い洋服を着る時
・体調がすぐれない時
・こたつやホットカーペットとの併用
・眠る時


です。

とはいえ、自分の体に負担がかからない様に、
体調に合わせて調整しながら行ってみてください。

実際に1年を通しておまたカイロを経験してみた


私がおまたカイロの温活方法を知ったのは、ちょうど1年前になります。
10代の時から20代前半はありとあらゆる体調不良を体験した私は、
いくつかの冷え取りの方法を試したことはありましたが、
おまたカイロは未知の世界。

おまたを温めるなんて…大丈夫なのだろうか?
でも、どんなことが体に起きるのか試してみたい!ということで早速、
人体実験を開始しました。

ルールとして、予定や体調によって柔軟に行い、
真面目にし過ぎないと決めました。
(このことは意外と重要です。仕事やプライベートでも、ねばならない、
という意識の中で生活しているので、リラックスもしなくてはいけない、
と頑張ってしまうと続きません)

そんな実験的に始めたおまたカイロ生活でしたが、
思いのほかハマってしまい、日々起きる心身の変化を楽しむことになりました。



私が体験した体と心の主な変化です。

1)おまたを温めて体に起きた変化

・全身のむくみ緩和
・毎日のお通じがスッキリ爽快
・肩や首の緊張やつらさが緩和
・生理痛の緩和
・月経サイクルの変化
(一時的な不正出血やおりもののにおいや質の変化)

2)おまたを温めて心に起きた変化

・抑えていた不安や怒りや悲しみがどっと出る
・ネガティブなものが出ていくと安心感が現れる
・人との絆や繋がりを意識するようになる
・自分の執着に気づき人の意見を受け入れられるようになる

といった、変化を低温やけどを一度もすることなく体験することが出来ました。


日々、自分に起きることが面白い。
そして何より、体が(特に下半身)が温かい状態というものが、
ふわふわの羽毛布団に包まれている様な、安心感に包まれている様な、
気持ちがいい感覚が続いていたので、
結局、あっという間の半年間が過ぎてしまいました。

その後、季節は巡り、また新しい季節である夏がやって来ましたが、
冷房の室内は、おしりや下腹部がひえひえだったので、
室内にいる時と排卵後から月経前のむくみやだるさが強く体が重い時は、
こまめにケアをし続けました。



おまたカイロ体験だ教えてくれたこと

季節を通して、こつこつ続けたおまたカイロ生活で
あらゆる変化が起きましたが、あるサイクルがあることに気づきました。

まず、体からのあらゆる排出から始まり、
閉ざしていた感情がぐわーっっと溢れてぐらぐら揺れて、
やがて静かにおさまっていきました。

それから、やる気やワクワク感が満ち溢れていき、
自然と行動を起こしたくなる状態になったり、
自然と自分にとっての心地よさや幸せを改めて考え直す機会がやって来て、行動に移す。

新たな行動を始めた体はまた排出させ、
心を揺さぶり思い込みや必要のない感情を手放し、また力がみなぎっていく。

このことから、体と心のどちらかが変化をすると、
もうひとつも引っ張られるように同じ様に変化をすることが分かります。

体と心の準備が整うと、人は新しいことに向かっていくというサイクルが自然に起き、
何度も何度も繰り返す中で、楽しいことを見つけたり、
何かにチャレンジして成長したりできる存在なんだな、ということが分かりました。



今、どちらのサイクルに自分自身がいるのか?

客観的に自分を見つめ、変化を望むのなら、
ぜひ、今年の冬はおまたカイロを試してみてください。

この記事を読んだ方にお勧めの商品

世にも希少な有機りんごを贅沢に100%使用!毎日飲みたいオーガニックアップルビネガー

¥ 1,080 ~ ¥ 2,160 (税込)

> 商品の詳細はこちら

国内紡績、国内織布!無漂白・無蛍光・綿100%のネル生地の使い捨て布ナプキン2個セット

¥ 1,380 (税込)

> 商品の詳細はこちら



お勧めの過去の記事

「布ナプキン」の使用を迷っているあなたへ。生理を見直し、布ナプキンのメリットと乗り換えのおすすめ方法をご案内

たった一つの市販タンポン製品によって片足を失った女性モデル。タンポンやナプキンに使われる合成素材が引き起こす、死の危険もある恐ろしいトキシック症候群とは?

農薬まみれのコットンと化学物質の塊?本当は怖い市販ナプキン事情。連載09 オーガニック・ライターだからこそ分かる、オーガニック最新事情。

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにお勧めの記事
関連記事

LINE@

IN YOUメルマガ

LLE82

minery

 width=
ページ上部へ