メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

日本はなぜオーガニックで遅れをとり続けるのか。「欧米でオーガニックが浸透しているワケ」を海外在住経験者が教えます。

juriiiiiiiiii
肌が弱いことや元アーティスティックスイミング選手だったこともあり、オーガニックや手作りにこだわる食はもちろん、日常生活やトレーニングなどを通して、自分のカラダとまっすぐに向き合う時間を大切にしています。オーガニック大国とも言われるドイツに在住していた経験や旅先での発見などを生かし、国際的な視点で日本のオーガニックシーンなどと向き合って行ければと思っています。

日本はなぜオーガニックで遅れをとり続けるのか。「欧米でオーガニックが浸透しているワケ」を海外在住経験者が教えます。

 


オーガニック・有機栽培・自然食品などにこだわり、普段の生活から、できるだけナチュラルなものを取り入れたいと思っている方が
IN YOU読者さんの中にはおそらくたくさんいらっしゃることと思います。

それは、私たちが毎日口にしている野菜・オイルなどの食品だったり、
日々のスキンケアやボディケアで使う商品・メイクアップに使う化粧品だったり・・。

植物由来の商品だったり、ツアーや旅行先で訪れるナチュラル志向のホテルだったりするかもしれません。

日本のオーガニック志向の方々が口を揃えて言うことは「日本は意識が低い」ということ。



オーガニックを大切にしている日本の多くの方が口を揃えて言うことに、

「世界に比べ、日本はオーガニックに対する意識が低い」
「まだまだ人々の生活にオーガニックが浸透していないと感じる」
という意見があるように思います。

確かに、私自身もふとした時にそう感じることがありますし、
私が生まれ育った東京などの都市部では、有機栽培やオーガニックという言葉が認知され根付いてきている印象を受けますが、
地方においては、まだまだオーガニックの知名度も認知度も低いと言えるとは思います。

とくに、現在私が暮らしている地方都市などでは、メディアの影響もあってか、
「オーガニック=おしゃれなもの、流行しているもの」という図式が出来上がってしまっています。

オーガニックは誰もが当たり前に取り入れるこのできるものではなく、一部の特別な人たちのものと認識されているように感じます。

このような現状がある日本に対して、欧米ではオーガニックが広く一般に浸透しているような印象さえ受けますが、それにはどのような背景があるのでしょうか?

欧米でオーガニックが浸透している理由や背景とは?



日本ではまだまだ発展途上とされることの多いオーガニック食品やオーガニック製品への意識。

では一体、欧米との決定的な違いとしては、どのようなことがあげられるのでしょうか。

チェルノブイリ原発事故を経験したロシアの科学者が開発、農薬や空気中放射線量を測る「有害物質チェックマシーン」8種

¥ 14,312 ~ ¥ 23,384 (税込)

> 商品の詳細はこちら

欧米でオーガニック食品が選ばれている理由


欧米において、オーガニック食品が選択される主な理由には、下記のようなものがあげられます。

・比較的新鮮だと感じる
・美味しいと感じる
・健康に良いと感じる
・化学農薬・化学肥料・殺虫剤などが使われていないから(安全性から)
・薬品などによる防腐加工や放射線などによる芽止め処理などがされていない(安全性から)
・長い目で見て、環境に対する負担が少ない(環境面から)
・遺伝子組み換え作物が使われていない(安全性から)
・特定の栄養価が高いとされている(例:乳製品における、オメガ3脂肪酸など)
・有機農場で育つ動物は、抗生物質・成長ホルモン・動物由来の餌などを与えられていない(安全性から)


全体的な印象としては、日本ともあまり認識が変わらないと思われる方が多いのではないでしょうか?



しかし、日本では、オーガニックと抗生物質・成長ホルモンなどへの関連性はあまり話題になりません。
自分たちの食べている食品にそんな危険なものが使われていることを、疑いもしない人が大半でしょう。

つまり、オーガニック食品が選ばれる背景にも、各国によって多少の違いがあるのです。

オーガニック食品の実際の栄養価・味・鮮度などに関しては、世界的にもまだまだ議論の余地があると言われていますので、
感覚的なもの差しの分野においては、今後明らかになっていくであろう情報にも注目していきたいですね。

欧米でオーガニック製品の知名度が高い理由



確かに日常的に使うことのできるオーガニック製品がまだ少ない日本に対して、
欧米では、オーガニックのスキンケア製品・コスメ・洗剤などの日用品も多く商品化され、人々の暮らしに馴染みつつあります。

その1 出回っているものの品質が低いから人々がオーガニックを求めやすい



しかし、一般市場で手に入れることのできる商品の下記のような傾向も、
欧米のオーガニック商品の人気を後押ししている理由だと感じることが多々あります。

・香料が多く、香りが強い
・目にも鮮やかな着色料などの添加物が多い(危険な食品が多い)
・有名な多国籍企業による低価格・低品質・大量生産の商品が多い
・農作物の生産が日本に比べて大規模


その2 先進国では、オーガニックの歴史が長いため、成功している企業も多い。



ドイツ・イギリス・アメリカ・オーストラリアなどのオーガニック先進国は、すでに100年近くオーガニックに関わっています。

オーガニックのムーブメントが起こった当初に活躍していた企業がいまだ活躍していますので、歴史が非常に長いのです。

規模としても日本にある僅かな中小規模であるオーガニック企業とは比べ物にならないところも多いと言えます。

こういった背景からもオーガニック製品の知名度や人気は、必然的に高くなっていると言えるかもしれません。
そして、このような各国が世界に広がる前植民地などにおいて、積極的に有機農業のベース作りに取り組んだというような背景もあるかと思います。

海外に住む私が思う「欧米でオーガニックが浸透しているワケ」

オーガニックへの意識の違い=文化的背景の違い。



日本と欧米におけるオーガニック認知度の差や意識の違いには、さまざまな理由が関係しますので複雑なテーマだとは思いますが、
私が海外生活を通して大前提として感じたのは、欧米は文化的に少し日本と異なる背景があるからではないかということです。

これは、あくまでも数ヶ国で暮らした経験を持つ私の個人的な見解も含まれているので、賛同できないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

私は、海外での生活を通し、下記のような3つの大きな背景が関わっているのではないかと感じました。

1 日本と異なり、古くから強い信念を持つことが誰にとっても自然であるという宗教的な背景。


2 常日頃から、そして子供の頃から、さまざまなテーマに対する議論が当然のように行われていること。


3 インターネットの普及により、以前まではマイノリティとも言えた第2・第3の選択肢の認知度が高まり、マイノリティが持つ可能性がぐっと広がったこと。


自分が信念とすることを躊躇なく公にする欧米では、社会全体に影響を与えるようなインパクトのあるムーブメントも起こりやすい傾向にあります。

また、日本ではタブーとされがちな政治・第二次世界大戦・捕鯨問題のような、見方によってはデリケートなテーマなどについても、
人々は常に疑問を持ったら問いかけるという姿勢を忘れませんし、
どんな場面でも意見を交わすことを恐れません。

このように、「自分の考えを持ち、主張する」といったシンプルな行為が当たり前に行われているからこそ、
オーガニックへの認識が高いだけではなく、菜食主義(ベジタリアニズム)・絶対菜食主義(ヴィーガニズム)・セクシャリティ・ジェンダーなど、さまざまなテーマへの認識も高いのではないでしょうか。

オーガニック製品だけではなく、フェアトレード認証製品への意識も高い欧米



オーガニックとフェアトレードは、理想論的な段階でとても深く関係していますが、日本ではまだまだ認知度が低いという印象です。
一方、欧米では、オーガニックへだけではなく、フェアトレード認証製品への認識も高く、多くのフェアトレード商品を目にする機会があります。

フェアトレード製品には、コットン製品・茶葉・コーヒー豆・カカオ豆を原料とするチョコレートなどが代表的なものとしてあり、コンセプトとしては、下記のようなものがあげられます。

・生産者である発展途上国などの児童労働をなくす支援

・生産国の労働・住環境の改善、経済・社会発展の支援


また、フェアトレードだけではなく、近年広がりを見せているダイレクトトレードへの関心も高まってきています。

日本も世界全体を見据えたいろいろな角度から物事を考え、一人一人が行動に移して行くことができれば良いと思っています。

安全な野菜を手軽に摂取できる!『無農薬・無化学肥料・無畜産系肥料』野菜パウダー 1〜4個セット

¥ 3,000 ~ ¥ 11,200 (税込)

> 商品の詳細はこちら

欧米にもオーガニックが本当に浸透しているとは言えない



今回ご紹介したように、私たち日本人が海外でオーガニックが広まっていると感じる背景には、さまざまなものがあるのではないかと私は思っています。

確かに欧米では、大型オーガニックスーパーマーケットやオーガニック専門店も多く、オーガニックブランドも多く存在します。

しかし実際には、何となく体に良さそうだからオーガニック食材を買っている、レトルト食品がずらっと並ぶ一般的なスーパーよりもオーガニックスーパーの方が品揃えが良いなどという意見もありますし、オーガニックムーブメントを資本主義の悪癖と考える人までいます。

私たち日本人は、欧米では多くの人々が食品や環境への関心が高いのだろうと思いがちですが、
実際には欧米にいる全ての人が崇高な考えの元にオーガニック食品やオーガニック製品を正義感から選んでいるのではないということを知ることも大事です。

ですので、ただ欧米に倣うのではなく、私たちは私たちなりに一人一人しっかりとした自分の軸を持ち、
日本独自のスタイルで、本当の意味でのオーガニックと向き合って行くことが大切なのです。

あなたも自分の手でオーガニックを選択しましょう。「買い物は投票」です。

【大人気】風邪が流行する季節にも。無農薬のマヌカハニーMG500+高い効果を期待したい方に。

¥ 7,600 ~ ¥ 22,800

> 商品の詳細はこちら
チェルノブイリ原発事故を経験したロシアの科学者が開発、農薬や空気中放射線量を測る「有害物質チェックマシーン」8種

¥ 14,312 ~ ¥ 23,384 (税込)

> 商品の詳細はこちら
ミネラルはこれ1つ。あなたの毎日が輝き出す日本初上陸!無味無臭「飲むミネラルパウダー」 by Minery

¥ 19,743 ~ ¥ 95,764 (税込)

> 商品の詳細はこちら

この記事を読んだ人にオススメの記事
世界最大のオーガニック展示会で目の当たりにした日本⇄海外の埋められないギャップ。日本でオーガニックが広まらない本当の理由。遅れをとり続ける日本人が一刻も早く認識すべき深刻な現実とは。

「激安」という言葉は好きですか?安さは正義じゃない!「安さの裏側」。それはまさにオメラスの理想郷。遅れている日本はこのままでいいの?

ギャップが著しい日本と海外のオーガニック市場を比較。もう無視できない致命的な日本の遅れ。アメリカではもはや普通のスーパーよりもオーガニック食品の方が安い!?

ついに始まる!国内レストランや飲食店へのオーガニック認証制度。実際どうなの?果たしてオーガニック率が0.24%しかない日本のオーガニック市場拡大に繋がるのか!?


参考:フェアトレードジャパン
https://www.fairtrade-jp.org/about_fairtrade/

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

juriiiiiiiiii
肌が弱いことや元アーティスティックスイミング選手だったこともあり、オーガニックや手作りにこだわる食はもちろん、日常生活やトレーニングなどを通して、自分のカラダとまっすぐに向き合う時間を大切にしています。オーガニック大国とも言われるドイツに在住していた経験や旅先での発見などを生かし、国際的な視点で日本のオーガニックシーンなどと向き合って行ければと思っています。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ