メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
本物のオーガニックが見つかるオーガニックショップ IN YOU Market 本物のオーガニックが見つかるオーガニックショップ
IN YOU Market
朝起きたばかりなのに疲れている・・それミネラル不足では?

今そこにある「大酸化時代」。私たちがすぐに始められる対策とは?

6314bacdd6834f8c244b9219e6bc43ec s

「今や生涯で2人に1人がガンにかかる時代」
「5年後には65歳以上の約5人に1人が認知症になる」

最近はこんなことをよく目にするようになりましたし、
アンチエイジング抗酸化という言葉もずいぶん浸透しました。

多くの方が何らかの健康対策をしているという昨今ですが、
単に「この先も健康でいたい」「若々しくいたい」という動機だけでは不十分かもしれません。
事態は私たちが考える以上に深刻です。

私たち日本人は、海外のどの国も経験したことのないような超高齢化時代に向かっているにも関わらず、「酸化ストレス」にいとも簡単に陥りやすい環境の中に生きています。
巷の抗酸化サプリメントを安易に飲み、なんとなく安心している場合ではありません

この状態は、どれほど危機的なのでしょうか。

最近よく聞く「酸化ストレス」って何?


体の酸化がよくないということは多くの方がご存知だと思いますが、
最近よく聞くようになった「酸化ストレス」とはどのようなことを指すのでしょうか。

これは、
体内で発生した活性酸素による酸化作用が、
体内の活性酸素処理能力を超えてしまった状態

のことを意味します。

この状態が慢性的に続いた時に、がん動脈硬化糖尿病アルツハイマーなど様々な病気を引き起こすと言われています。

多くの方が「活性酸素こそ酸化を引き起こす悪玉」というイメージをお持ちだと思いますが、単純に抗酸化サプリを飲んで活性酸素を徹底的になくしてしまえば万事解決!というのは誤りです。

また「酸化」という言葉もイメージがよくないようですが、これも身体にとってはなくてはならない作用の1つです。
私たちが呼吸で取り込んだ酸素は、食事によって取り込まれた栄養素を燃やす(酸化する)のに使われ、生命を維持するためのエネルギーを生み出しています。

大切なのは『バランス』の問題です。


人類を含めて哺乳類の体内に取り込まれた酸素の数パーセントは、より反応性の高い「活性酸素」に変わります。
細胞を傷つける、毒性が強い、といった印象がありますが、体内に侵入した細菌やウイルスなどを撃退するなど体にとって必要不可欠な役割も担っているため、まったくゼロにしてしまえばいいというわけではありません。

私たちの身体が正常な状態であれば、細菌やウイルスを撃退した後の活性酸素は、体内の酵素によって無害なものに変えられ、最後はただの水になります。

しかし、加齢によって活性酸素を無害化する酵素が減るなど、何らかのきっかけで体内でのバランスが崩れた場合分解されずに余った活性酸素が正常な細胞まで攻撃を始めてしまいます

体の中に取り込まれた栄養素は分解され、細胞内のミトコンドリアによってエネルギー源として変換されますが、この時に発生して余った活性酸素によって細胞が攻撃されると、細胞での栄養分と老廃物の入れ替えがうまくいかなくなります。


細胞核が傷つけられるとその細胞は死んでしまい、老化が進んでしまいます。

活性酸素は体内のDNAやたんぱく質、脂質、糖質なども酸化させていきますが、
このことと現在増加しているあらゆる病気との関連性がわかってきています。

その事例として、

・糖尿病は、酸化した糖とたんぱく質が結びついた「糖化たんぱく質」が増加している。
・動脈効果で血管の内側が狭まり血液が流れにくくなった部分には酸化した脂質が蓄積してしまう。
・アルツハイマーやパーキンソン病では、脳に酸化したたんぱく質が蓄積されてしまう。


強い酸化ストレスによって体内で酸化した物質は、
この他にも様々な病気を引き起こしている可能性があると言われています。

現代は誰もが「酸化ストレス」が高い状態にすぐ陥ってしまう


平均寿命は延びたが健康寿命(心身の両方が自立し、健康的な暮らしが可能な期間)は長いとは言えない。
若くてもガンや生活習慣病になる人が増えている。

この他にも、花粉症、食物アレルギー、ひどい生理痛、
風邪をひきやすい、便秘、冷え性・・・
今は、何の問題もなく健康体という人の方が珍しい時代です。

酸化は体内でいつでも起こっていることですが、
明らかに多くの人が先述のバランスを崩しているのです。

私たちは、意識する・しないに関わらず、前代未聞の「酸化ストレス」の中で生きている。

そのことを自覚する必要があります。

食という側面で見れば、

食品添加物・残留農薬・ポストハーベスト・
遺伝子組み換え食品・酸化した油・
アルコールやカフェインなどの過剰摂取など

が「酸化ストレス」を引き起こすと言われています。

その他にも、

加齢・疲労・睡眠不足・
大気汚染・放射性物質・電磁波・強い紫外線
生活用品に含まれる化学物質・タバコ・医薬品
過剰な運動・運動不足
仕事・人間関係などのストレス・・・

なども「酸化ストレス」の要因になり得ます。

私たちにとっては今さら何の疑問も抱かないような当たり前の生活に見えても、
昔の人々が今の私たちの生活ぶりをもし俯瞰できたとすれば、
とても驚くに違いありません。

有害と思われるものをすべて避けることは不可能であり、
そういうものに囲まれて平然と暮らす私たちは、とんでもなく異常なのかもしれません。

歴史的に見て、私たちはごく短期間のうちに酸化ストレスと隣り合わせになってしまった


気が遠くなるような地球の長い歴史から見ると人類の歴史はごく短いものであり、
そのうちのほんの100年や200年というあまりにもわずかな期間のうちに私たちの生活は激変しました。

化学分野の発展によって、あらゆる物質の構造式が解明され、
その一部を人間は自在に作り変えては自分たちが必要とするものを次々と作りだしてきました。

産業革命以降、どんどん増える人口を養うために食糧を増産する必要に迫られ、
カリウム、リンと共に肥料の代表格と言われていた窒素を空気から取り出すことにドイツの企業が成功しましたが、
こうした技術がきっかけとなって石油化学工業などの成長に拍車がかかりました。

戦争により当時日本が世界一の生産量を誇っていた生糸の輸入が途絶えたアメリカでは石油からナイロンを作る方法が発明され、その後は合成界面活性剤、合成繊維や合成ゴム、合成樹脂などさまざまな合成材料が続々と登場し、天然繊維や紙、木材、金属など、従来使われていた素材は姿を消していったのです。

日本でも、戦後の食糧不足から効率的・高収量の農業が求められ、化学肥料や農薬を投入する「工業的な農業」へとどんどん突き進んでいきました。皆さんもご存知の「F1種」の台頭もその流れにあると言えます。

しかし、それらが私たちの健康を損ない、地球の生態系を損ねる可能性については目を背け続けてきたのです。

化学物質については、毒性試験が行われているから大丈夫という声もあるかもしれませんが、国が行う試験については限られた条件下での試験です。

他の化学物質と組み合わせた場合にはどうなるか、数十年後あるいは世代を超えた場合に問題はあるのかなど、検証されていない事項が無数にありすぎ、それら1つ1つが明らかになることは今後もあり得ません。

また、今この瞬間にも次々に新しい物質が生み出されています。
一体誰がどのように安全性を保証できるのでしょうか。

化学物質に限らず、さまざまな物質の誕生によってそのある特定の性質が私たちの生活を便利なものにしていることは疑いようがありません。
その一方、私たちの健康や暮らし、生態系にどのような影響を与えるのか、その全容を見ることは不可能です。

「この世に絶対的に安心な化学物質など存在しない」

そのように言い切った毒物研究者がいました。

私たちは日常使う様々なものを、あまりにも無防備に受け入れすぎていないでしょうか。
もはや自分の身は自分で守るしかないのです。

私たちが酸化ストレスを越えて健康でいなければいけない切実な理由


現代の生活は酸化ストレスを高めてしまうような要因に溢れていますが、
そんな中日本に住む私たちは、否が応でも生きている限り健康でいなければならない切実な理由が存在します。

誰も経験したことのないレベルの「超高齢化・人口減少社会」が目前に迫っているのです。

ちょっとやそっと出生率が上がったくらいでは焼け石に水であり、
「高齢者が増えるんでしょ?」くらいの呑気な認識では済まされない現実がすぐそこに控えています。

この自体は誰にとっても他人事ではなく、
この10年20年、そしてその後も、この国は大きく変わっていきます。

2020年:女性の半分以上が50歳以上になり、出産可能な女性が大きく減りだす
2024年:団塊世代がすべて75歳以上になり、社会保障費が大きく膨らみだす
2026年:高齢者の約2割、約730万人が認知症患者になる
2030年:IT分野の人材が不足、社会基盤に混乱が起こる可能性
2033年:3戸に1戸が空き家に
2039年:死亡者数がピーク、火葬場不足が深刻化


また、2045年には東京都で3人に1人が高齢者となる試算だそうです。

若い元気な人口が少なくなれば、社会を維持していくことができません。
充分な医療や介護を受けることはますます難しくなっていきます。
高齢者の独居、孤独死はますます増加することが予想されています。
「高齢者」そのものの定義も変わり、生涯現役であることが求められるでしょう。

「歳だから病気しても仕方がない」とは言っていられない厳しい時代が待ち受けています。

さらに今後起こりうる、より具体的な事例を挙げると、

・一人暮らしの自宅は凶器になりうる(風呂・階段など)
・食卓から野菜が消えて健康を損なう人が増える(農業従事者の減少)
・高齢ドライバーによる事故多発
・エレベーターの数が不足
・買い物難民増加でネット通販は普及するが、商品がますます届きにくくなる
・救急車と救急隊員の不足
・高齢者の貧困が増え、高齢の受刑者が増加


ゾッとすることばかりですが、何よりも個人ができることの第一は「健康でいる」ということです。

私たちはこれまで以上に、今自分が取り組んでいる健康対策は本当に意味のあることなのかを見つめなおす必要性に迫られています。

どうすれば酸化ストレスを改善していつまでも元気でいられるのでしょうか

今の食生活は将来の自分の健康につながるでしょうか。
あるいは、食生活だけで健康になれるのでしょうか。
今利用しているサプリメントは本当に続ける価値があるのでしょうか。

食をベースに酸化ストレス改善を!


酸化ストレスを高めてしまう要因としては、
電磁波、紫外線、睡眠不足、精神的ストレスなど多々挙げられますが、
食は根本的に生命の維持に不可欠で、細胞を新しく作り変えるのに必要です。
やはり日々体に摂り入れるものは、ベースとして意識していきたいところです。

抗酸化を謳った様々なビタミンのサプリメントが販売されていますが、その多くは化学式のマジックと遺伝子組み換え技術を用いた合成品です。
多くの人を対象にした長期間に渡る調査で、抗酸化サプリメントの明確な有用性はみられなかったという複数の研究報告があります。
しかし、野菜や果物の摂取によって健康になるという研究結果はたくさん存在するのです。

これらのことは、以下の記事を参照してください。
★抗酸化サプリメントの落とし穴。人生100年時代に備えた本物のサプリメントの選び方とは?
★あのビタミンCサプリまで遺伝子組み換え?!|製造工程から見える市販ビタミンCの衝撃的事実。

酸化ストレスを高める食品はNG!


ファストフード、コンビニ弁当やインスタント、レトルト食品などは「体を酸化させる食べ物」として知られますが、実際に、水の酸化力や還元力を測定する酸化還元電位計を使ってあらゆる物を測定すると、化学物質単体や、合成添加物がたくさん使用されたいわゆる加工食品は酸化力が特に高くなるそうです。

その他、水道水や医薬品ソフトドリンクや白砂糖も値が高くなります。

野菜や果物の中にも酸化力の高いものがありますが、「酸化」という側面以外にも様々な栄養素が含まれるので有用と言えます。

しかし、過度に加工されたものが本当に有益なのか一度考えてみてください。

酸化ストレスを改善する食品とは?


酸化ストレス対策には、「(酸化とは逆に、)還元力のある食べ物が有効だと言われます。
還元とは、他の物質にマイナスの電荷を帯びた電子を与えることで、例えばサビた10円玉をピカピカに戻すような作用です。
化学物質を使わずに作られたもの、新鮮な野菜や果物、魚介類、肉類の内臓部分が高い還元力を示すそうです。

自分が食べるものを、すべて良質な素材から調理できればよいですが、
単に自炊するということすらハードルが高い方が多く、
どうしても体を酸化させてしまう食生活になりがちです。

また、食に気を使っているからと言って必ずしも健康になれるわけではなく、それだけでは不十分な場合もあります。(アトピーや花粉症がなかなか改善しないというのも、そういう事例の1つです)

そういう場合は、普段の食事に加え、高品質で本当に信頼できるサプリメントを利用するのも大切なことです。

酸化ストレスと隣り合わせの忙しい現代人の強い味方!
Mineryスーパー・ラテシリーズ


「完全オーガニック、もしくは天然の素材だけで作られている」
「食事やスイーツの感覚で美味しく飲める」


そんな夢のようなサプリメントがIN YOUおすすめのMineryスーパー・ラテシリーズです。

チョコ味、ベリー味、抹茶味3種のフレーバーがありますが、
酸化ストレスが気になる場合に一番おすすめなのが、
ビタミンcたっぷりの数々のスーパーフルーツを贅沢に使った
「アロエビタミンCミックスラテ」です。


果物を摂ることで健康になることは数多くの研究によって実証されていますが、
1種類ではなく一度に数種類、それも、

アセロラ、ローズヒップ、カムカム、
バオバブ、アサイー、カカドゥプラムなど、

ビタミンCを豊富に含む世界最強のフルーツが完全オーガニックで、
しかも栄養を壊さない非加熱の状態で摂れるのですから、
こんなサプリメントはどこを探してもありません。


肉料理や加工食品が多く、栄養不足や添加物が気になる方、
毎日多忙でストレスが多く慢性的な疲労を抱えている方、
肌の状態など加齢が気になる方は、今すぐ始めてみてください。

Minery「アロエビタミンCミックスラテ」を続けて摂ってみた私の感想


私は小腹が空いた時に、豆乳ヨーグルトに混ぜて食べるのにすっかりハマってしまいました。

ベリー類の香りがしっかりとしていて、一口食べてみてシャキッとする印象です。

その日の体調や気分によって甘酒やハチミツ、フルーツをプラスするのですが、
日々忙しい中、これを食べている間は癒しの時間となって気分が穏やかになります。
このお楽しみがあるから毎日頑張れる!という感じでしょうか。

罪悪感もなく、こんなに素晴らしい間食ってなかなかありませんよね。

1週間ほど継続して摂ってみた感想は、

・疲れにくくなる
・冬特有の厳しい肌の乾燥や荒れを感じにくくなる
・小腹が空いた時に摂ると長時間お腹が満たされ、他のものを食べずに済む


そして、他のサプリメントとまるで違う点として、

「美味しく続けられる」

これは本当に大きなポイントです!

味の悪いものはどんなに体に良くても飲みたくありませんし、
カプセルや錠剤は薬を飲んでいるようで楽しくもなんともなく義務的になりがち。
無味無臭のものも悪くはないですが、
何より、美味しく摂りながら健康にもなれるというのはありがたいですね!

高品質である上に、摂るのが毎日楽しみになるようなサプリメント、
毎日忙しい人にとっては、もっと増えると嬉しいですよね。

特に肌には良い影響があると実感しており、腹持ちもかなりよいので、
健康的にダイエットをしたいという方にも強くおすすめしたいです!

年末年始は普段と違う食生活になりがちですね。
飲酒や肉料理、加工食品などが続いたという方はリセットに使ってみて下さい。

無理をせず、毎日楽しく美味しく健康になっていきたい。

そんなわがままにも十分応え得るミネリーラテシリーズ、
ぜひ試してみて下さいね!

オーガニック食品やコスメをお得に買えるオーガニックストアIN YOU Market


IN YOU Market

IN YOU Marketおすすめの「ミネリーラテシリーズ」の全ラインナップをご紹介!

豆乳やアーモンドミルクに溶かして飲む美味しい健康習慣!
「アロエビタミンCミックスラテ」Minery ミネリースーパー・ラテシリーズ|植物の微量栄養素に注目したオーガニックサプリ【単品】
¥ 10,500 (税込)
豆乳やアーモンドミルクに溶かすだけの美味しい健康習慣!
「スーパーアルカリグリーンエナジーラテ」|Minery ミネリースーパー・ラテシリーズ|アルカリ性食品に特化したオーガニックサプリ【単品】
¥ 11,100 (税込)
豆乳やアーモンドミルクに溶かすだけの美味しい健康習慣!
「スーパーマッシュルームチョコラテ」【単品】Minery ミネリーラテシリーズ|薬膳キノコの力に特化したオーガニックサプリ
¥ 9,300 (税込)
豆乳やアーモンドミルクに溶かして飲む美味しい健康習慣!
●プレゼントに最適! ギフトボックス対応OK!● 【スーパー・ラテシリーズ全3種セット】|by Minery ミネリー
¥ 29,190 (税込)

こちらの記事もおすすめです!

大気汚染は肺がんの原因にも|酸化ストレス予防と対策に有効な新習慣とは?

抗酸化サプリメントの落とし穴。人生100年時代に備えた本物のサプリメントの選び方とは?

巷で話題のミネリースーパーラテを飲んでみました|欲張り兼業主婦の体調変化日誌

【参考文献】
「自分の体は自分で治せる~野生の還元力・生物ミネラルが体を元に戻す」中山栄基著・風雲舎
「野生の還元力で体のサビを取る」中山栄基著・風雲舎
「未来の年表~人口減少日本でこれから起きること」河合雅司著・講談社現代新書
「未来の年表2~人口減少日本でこれからあなたに起きること」河合雅司著・講談社現代新書

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする
6314bacdd6834f8c244b9219e6bc43ec s

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ