メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

市販サンドイッチに隠された添加物の闇|あなたの健康を脅かす添加物の種類とその危険性とは

Yumi
大阪出身、カナダ在住の2児の母。詳しく調べてもらうには、かかりつけ医を通さないといけない医療制度を目の当たりにし、セルフメンテナンスの大事さを痛感し、予防医学や健康、添加物、自然療法などについて考えるようになり出来る事から実践中。

炭水化物と副菜が一度に摂れて手軽なサンドイッチ。

手軽に手に入るため、出先で買う事もあるのではないでしょうか。

ですが、実はお弁当と同じく添加物がとても多い食品の1つです。
しかも原材料表示に表示されていない添加物が多く、
まとめて表示されているものも。

用途や目的のみだけで済まされてしまう添加物の中には発がん性を疑われるものもあります。

あなたの食べているサンドイッチは安全ですか?

今回は、市販のサンドイッチに含まれる食品添加物とその危険性についてお伝えします。

食品添加物の嫌われ者?「保存料」の危険性



代表的な保存料であるソルビン酸・ソルビン酸K(カリウム)は、
ハム、チーズ、ジャムなど多くの加工品に幅広く使われている保存料です。

防腐剤として使用され、単体では変異原生(遺伝子を突然変異させる)や染色体異常の可能性も言われており、
変異原性はがんの発生に関わっているとも。

単体のみならず、複合的には他の添加物、特に亜硝酸塩との組み合わせにより
強力な発がん物質を生成するとも言われています。

安息香酸Naも代表的な保存料の一つですが、
ビタミンCと結合するとベンゼンに変化(ベンゼンは白血病誘発すると言われている)し、
急性毒性が強く、酷い場合は意識障害につながり死亡の可能性も。
また発がん性や白血病のリスクを高め、体内から排出されにくい性質を持ちます。

こうした危険性が声高に言われるようになり、
最近では「保存料不使用」という文字を目にする事もあるでしょう。

しかし、それで本当に安全になったと言えるでしょうか?

サンドイッチ「保存料不使用」の抜け穴。
原材料一括表示に隠された添加物の危険性とは?



原材料表示の義務があっても、書ける表示欄には限界があります。
その為、目的や用途のみを一括表示できるものもあります。

こうした食品添加物は複数の組み合わせで効果を出すと見られているため、
個々全てを表示する必要性が低いと判断されています。

この一括表示の中には、複数含まれている場合もあり、
個別表示義務のないものは用途のみで済まされてしまいます。

<使用目的を一括表示でき、個別の物質名が表記されない添加物>
イーストフード、ガムベース、かんすい、酵素、光沢剤、
香料、酸味料、調味料、豆腐用凝固剤、苦味料、乳化剤、
pH調整剤、膨張剤、軟化剤、安定剤、増粘剤など

ph調整剤

(食パン)
食品をやや酸性にし、微生物の増殖を抑える役割をします。
複数の物質が併用されてその効力を出すため、
既にメーカー側で複数の添加物を混ぜた状態にあることが多いようです。

国連の食糧農業機関(FAO)と世界健康機関(WHO)が設けた食品添加物の安全性を評価する会議
「FAO/WHO合同食品添加物専門家会議(JECFA)」の審査で、
ph調整剤に使用されている添加物への評価は、現時点では安全であると確認されています。

ただph調整剤として使用される物質の中にはリン酸塩が含まれているため、一概に安全とは言えません。

リン酸塩は過剰に摂取することによりカルシウムの吸収が悪くなり骨粗鬆症の原因になります。
カルシウムの吸収が悪くなると、それと連動してマグネシウム、鉄の吸収も悪くなります。
マグネシウムが不足すると神経が過敏になったり、抑うつ症状、集中力の低下を招くことになります。

また、食品の細菌を殺すということは大腸の善玉菌などの細菌にも影響がないとは言えません。

入れ過ぎた場合の影響は計り知れないにも関わらず、ph調整剤の上限値は設けられていません。
「保存料不使用」とした商品にはph調整剤を代わりにと多く入れている可能性も。

またph調整剤のみならず、酸味料、調味料等を代わりに使用していることもあります。

ph調整剤として既に複数種類混ざった状態で加工時に使用されることもあり、
一括表示では何がどう入っているかを知るのは難しくなります。


加工でんぷん

増粘剤や安定剤、ゲル化剤、乳化剤の役割を担う為、それらのもとに表示されます。
12種類ほどあるものの、簡略名表記でOKなため「加工でんぷん」という表記になります。

この中には発がん性が指摘されている物もあります。
(ヒドロキシプロピルデンプン・ヒドロキシプロピル化リン酸架橋デンプン)

これらは低温に強い特性を持ち、EUなどでは幼児向け食品には禁止されている物質。
これも日本では一括表示なので、どれが使われているかは消費者にはわかりません。

イーストフード

イースト菌の役割を手助けさせるために使用しています。
これを使う事で短時間で大量のパンが出来る事になるからです。

これも一括表示されますが、その中には塩化アンモニウム(通常は化学肥料などに使用される)や
ph調整剤でも使用されるリン酸塩も含まれています。

イーストフードという表記は一種類ではできません。
つまりこの表記があれば一種類ではなく、数種類を組み合わせて使用されていることになります。


☆北海道の有機小麦使用、世界最高峰の有機農法で作られた本格カンパーニュ

漂白剤



野菜の雑菌繁殖を抑える為に次亜塩素酸ナトリウムでの漂白、殺菌を行います。
次亜塩素酸ナトリウムは水道やプールなどの殺菌にも使われる薬品。

急性毒性は強く、皮膚炎、呼吸困難、嘔吐・下痢なども見られます。

溶液で洗浄後、水で洗い流すために表示義務は生まれないので、
野菜サンドイッチなどには使用されていると思っても良いでしょう。


☆本物の安心と美味しさ保証!有機野菜セット

乳化剤

乳化剤として使用されるポリソルベートはソルビトールを原料に作られた非イオン性界面活性剤。
発がん性もなく安全と言われていますが、原料はトウモロコシなどのでんぷんで、
GMOトウモロコシの可能性もあります。

細胞中に溜まりやすい性質があるため、糖尿病の人には合併症リスクがあるとも言われています。

またポリソルベートは染色体異常の恐れや発がん物質と共に
摂取した動物のがん発症率の向上などが報告されつつも、認可はされています。

食品安全委員会では以下のような評価を下しています。

乳化剤である「ポリソルベート 20」、「同60」、「同65」及び「同80」(CAS番号:9005-64-5、9005-67-8、なし、9005-65-6)について、各種試験成績等を用いて食品健康影響評価を実施した。評価に供した試験成績は、反復投与毒性、遺伝毒性、発がん性、生殖発生毒性等である。
今回評価を行った 4 物質間に、体内動態及び有害影響について本質的な相違はみられないことから、これらをグループとして評価した。試験結果から、遺伝毒性、発がん性は認められなかった。反復投与毒性試験では、主な症状として下痢が認められた。Brubakerらの1 投与量によるラット神経発生毒性試験において、児動物の行動の変化が認められていることから、児の行動への影響を確認するための追加試験が行われ、7.5vol%投与群で母体毒性が認められ、児動物に体重増加抑制及び条件回避反応試験で低回避率等が認められた。
以上のことから、ポリソルベート類の無毒性量(NOAEL)は、ラットを用いたポリソルベート60 の13 週間混餌投与試験において5%投与群にみられた下痢を根拠に1,000 mg/kg 体重/日と考えられることから、安全係数を100 とし、ポリソルベート類(ポリソルベート20、同60、同65 及び同80)の一日摂取許容量(ADI)をグループとして10 mg/kg 体重/日と設定した。

引用元:食品安全委員会

安全と評価されつつも、懸念事項も残る物質として、
自主的に使用制限を設ける事業者もあります。

こうした一括表示される物質に対しては
個々の物質を食品に添加した際の安全性の詳しい試験がなされていない事や、
不純物が含まれる割合が法令で定められていない(品質が悪くても違法ではない)のが現状です。

この他にもあった!
サンドイッチに使われている危険な添加物



発色剤

亜硝酸ナトリウム、硝酸カリウム、硝酸ナトリウムの3種ですが、
硝酸カリウム、硝酸ナトリウムは肉の中の酵素により亜硝酸ナトリウムとなるため、
亜硝酸Naとカッコ書きなどで表記されます。

食品を美味しそうに見える色に保つ為、ハムやソーセージなどに多く使われ、
臭さを消し風味を良くするとして使用されます。

また、細菌増殖を抑える(特にボツリヌス菌)ことで食中毒防止の役割を担い、保存性を保ちます。

ですが、この亜硝酸Naは体内でニトロソアミンを合成します。
ニトロソアミンは慢性的に摂る事で発がん性の危険がとても高くなると言われている物質。


国際がん研究機関(IARC)の発がん性に関する評価では、
硝酸塩及び亜硝酸塩が胃の中で遺伝毒性発ガン物質であるニトロソ化合物となり、
おそらく人に対して 発ガン性があるとされる2Aに分類されています。

摂取許容量は「0.07㎎以下×体重(kg)/日」(2002年までは0.06mg)。
ハムやソーセージなどの加工食品は最大70mg/kgまでなら使用が許可されています。
例えば体重が20kgの子供であれば、20g(ハム2枚程度)で既に一日の許容量を超える事になります。
(最大限に使用されている場合)

もちろん毎日摂取した場合を想定した許容量の設定ですが、
亜硝酸Naは体内に蓄積されることで発がん性の危険が高まります。

着色料

「コチニール色素」「着色料(コチニール)」
「カルミン酸色素」「着色料(カルミン酸)」
などと表記されます。

コチニール色素の原料はカイガラムシ。

世界中で使用され、蒲鉾、イチゴシロップ、ハム、ソーセージなどにも使用されています。

喘息やアナフィラキシーといったアレルギー症状が報告されており、
カイガラムシに含まれるたんぱく質が原因ではないかと見られています。

サンドイッチの要、パンに含まれる添加物の種類と危険性は?



サンドイッチに絶対に必要なパン。

これ自体にも添加物が粉の段階で使用されている可能性もあります。
それは小麦の漂泊です。

以下の物質は小麦の漂泊へ使用可能として認可されている添加物です。

過酸化ベンゾイル(希釈過酸化ベンゾイルとして)
臭素酸カリウム
過硫酸アンモニウム
二酸化塩素
L-システイン塩酸塩


参考 指定食品添加物(日本食品添加物協会)


☆ふわふわ大満足!オーガニックのグルテンフリーパン

過酸化ベンゾイル

ニキビの治療薬として使用され、臭素酸カリウムと同様に小麦粉に使用される食品添加物です。

抗菌や漂白の役目を持ち、日本では希釈過酸化ベンゾイルとして小麦粉にのみ使用を許されています。
(小麦粉1kgにつき0.30g以下)

臭素酸カリウム

パンの品質が向上するとして1982年にパン以外へは使用禁止とされています。
(小麦粉1kgに対し30mgまで)

また、国際がん研究機構(IARC)ではヒトに対して発がんのおそれがある2Bにグループ分けされている。
FAO/WHO合同の食品添加物専門委員会(JECFA)では「遺伝子障害性発がん性物質」とし、
小麦粉処理への使用は容認できないとしています。

*FAO-国際連合食糧農業機関

イギリス、カナダ、EUでは食品への使用は禁止されていますが、
日本では添加物として認可されています。

臭素酸カリウムは熱に弱く、パンとして焼きあがった後には検出されることがありません。

また、使用基準を「焼成後のパンから未検出であること」を条件にしたことで表示義務を免れる事になります。

つまり、使用していても表示義務はないため、真偽はわからないのです。

二酸化塩素

塩素の酸化物で、殺菌や滅菌を目的とし、水道水の消毒や食品添加物として
小麦粉やパン用の漂白や品質改善目的で使用されています。

食品衛生法では漂白剤として小麦粉への使用(10-20ppm)が許可されており、
酸化力(=除菌力)が塩素より約2.6倍強いとされています。

これらは輸入小麦を製粉したものであれば使用されている可能性はゼロではありません。
国産小麦、あるいは無漂白で出来たパンを選ぶ方が安全でしょう。


☆IN YOU編集長一押し!世界最高峰の有機農法で作られた本格カンパーニュ

添加物なし、安全なサンドイッチを選ぶ方法は?



もし、外出先でサンドイッチを買うことになったら?

出来るならば継続的にこういった商品を食べない事や手作り品にする事に加え、
添加物不使用の安心した商品を手に入れられるお店を調べておくなど対策を講じましょう。

購入する際は必ず原料表示を見て、避けたい物質の優先順位を付ける事。

原料表示はまず原材料と添加物に分けられ、それぞれ分量順に表示されます。
表示欄にスラッシュ(/)が入っていることがあります。
そこが原材料と添加物の境目です。

スラッシュ以降は食品添加物になるので、順番をよく見て、
避けたい成分が入っていないか、どのあたりにあるのかなどをチェックできます。

長期的な影響がどのくらい出るのかは時間が経たなければわかりません。
出来るだけ添加物のない、安全なものを選ぶ目を持ちましょう。 

安全なサンドイッチは手作りが一番!
IN YOU Market厳選食材

世界最高峰バイオダイナミック農法による北海道産有機小麦粉と自家製酵母で作った心も豊かになる本物のカンパーニュ。農薬、添加物一切不使用!

¥ 4,403 (税込)

【IN YOU限定商品!】原材料の水以外100%がオーガニック。3種のふわふわグルテンフリーパン ホワイトパン・スパイシー黒胡椒チーズパン 2個セット

¥ 8,748 (税込)

体に優しい、環境にやさしい、持続可能な農業を未来の日本のスタンダードに。 本当の安心が保証された、本当に美味しい、有機JAS認証野菜セット(5品目)

¥ 3,869 (税込)

オリーブオイル好きでもビックリ!70年代から完全自然栽培!最高品質オーガニックエクストラバージンオリーブオイル 250ml

¥ 4,320(税込)

南極に近いニュージーランドの南の島の海塩を使用、乾燥オリーブとハーブが絶妙なバランスでミックスされた万能ハーブソルト 【90g】

¥ 2,650 (税込)

こちらの記事もおすすめです

えっこんなに入ってるの?コンビニおにぎりに隠された添加物の数々。おにぎりに含まれる植物油脂と危険な添加物の複合摂取はあなたの数年後の健康に影響します。

添加物の製造量1人あたり年間5kgという信じがたい事実。コンビニ食だけではない!一見安全そうな「デパ地下食品」のキケンな裏事情

コンビニサラダの野菜は畑ではなく植物工場で作られる時代に。実際どうなの?大手企業が次々と参入する話題の植物工場の実態。

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Yumi
大阪出身、カナダ在住の2児の母。詳しく調べてもらうには、かかりつけ医を通さないといけない医療制度を目の当たりにし、セルフメンテナンスの大事さを痛感し、予防医学や健康、添加物、自然療法などについて考えるようになり出来る事から実践中。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ