メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

足し算ばかりの花粉症対策していませんか? 何を食べるか?ではなく何を食べないか?で考える、鍼灸師がお伝えする「引き算の花粉症対策」。

田中うん。
鍼灸師、 ダンサー達の摂食障害を目の当たりにし仕事の傍らダンサー達へのサポートも行っている。 鍼灸師として、またダンサーとして理にかなった身体の使い方、心のあり方、過ごし方を追求する中で感じた様々な情報をお届けしたい。

だんだんと暖かさが増し春の陽気が感じられる季節になってきましたね。
この時期になると、もうすでに鼻がムズムズ、目がしょぼしょぼ…。
花粉症の症状が見え始め、
あぁ春が来たんだなぁ…と春の訪れを鼻で感じる人も多いことでしょう。


花粉症シーズンの到来とともに、
目にすることも多くなる花粉症対策のグッズや食べ物たち。

ヨーグルト、納豆、べにふうき茶。

花粉症に効くという食品たちを
毎日の生活にプラスして取り入れている方々も多いでしょうが、
その前にまず、ご自身の食生活を見直してみませんか?

小麦や砂糖まみれの食生活。
マーガリンをたっぷり塗ったトーストに、
脂たっぷりのスクランブルエッグ。

こんな食生活では、身体の排泄機能も正常ではないはず…。
便秘、肌荒れでお困りではありませんか?

そんな身体では花粉も身体に溜まっていく一方。

新しいものを取り入れる前に、
なにを食べないかの選択で、
これまでの自分を見直し、今年から花粉に負けない身体、手に入れませんか?

引き算で考える健康管理

新しいものがどんどんと生まれる現代社会。
私たちは常に最新のものに目をむけ、
流行に敏感で、
バナナが良いといえば、バナナを食べ、
鯖缶が良いといえば、鯖缶を買い込み、
新商品が出ては、試し取り入れる。

そんな風に、常に足し算の考え方で生きています。

しかし、

毎日の生活から、マイナスした方がいいもの


なにをしないか
なにを食べないか


という事に目を向けることはとても大事なことです。


花粉症になる人もいれば、ならない人もいます。
その違いはなんなのでしょうか?

日々の食生活や、生活スタイルといったものの積み重ねで、
今の自分(花粉症である自分)ができているとしたら?

そこを見直していくことが、まず一番の近道ではないでしょうか?

花粉症を治すために何を食べれば良いのか?
ではなく、

花粉症を治すために、何を食べないようにするか?

そこに今回は目を向けてみましょう。


花粉症とはなんなのか?



花粉症とは簡単に言うと、

身体の中に入ってきた花粉をうまく排出することができない状態
そのため鼻水やくしゃみ、涙となって、でてきてしまう状態が花粉症です。


身体の排出機能としてある、
排便、排尿、汗これらの機能が落ちていることが最大の原因です。

私たちは日々老廃物の排出を、
排便として75%
排尿として20%
汗として5%
(ここに髪の毛、爪、皮膚なども含まれます)
身体の外へ排出しています。

これらの機能が正常に働いている人であれば、
花粉症というのは起こらないはずなのです。

便や尿として排泄ができていないから、
鼻水や涙などから溢れてきてしまうんですね。
これは排出しようとする身体の自然な働きです。

しかし、花粉症の方は排泄しようと頑張っている鼻水や涙の症状を、
薬で止めようとします。
これでは、花粉を身体の中に留めてしまっています。
鼻水や涙は治まっても、花粉症は治りません。

大事なのは、花粉を排出できる身体をつくりあげることです。
身体の排出力を高めましょう!!

オーガニック証複数取得!ヴィーガン&オーガニック。安全な食品で作られたデトックスパウダー 1〜5個セット

¥ 5,292 ~ ¥ 22,491 (税込)

> 商品の詳細はこちら

排泄力を高めるためには??



腸内環境を整え、内臓の正常な機能を取り戻すことが重要です。
排泄機能の低下の原因は、内臓の冷えだったり、
食べ過ぎ飲み過ぎにより消化が追いつかず、
内臓が疲労していたりすることが原因としてあげられます。

食べ物にあふれ、簡単に手に入る世の中。
花粉は昔からあったはずなのに、
現代になって、これほど多くの人を苦しめ、大きな問題になっているその原因は、
私たちが口にしている食べ物、習慣、環境に潜んでいるとは思いませんか?

何を食べないかの選択が今の私たちには必要

何を食べないかという選択はとても重要です。

現代人が好むものの多くは、消化に大きな負担を要するものばかり…。

パン、うどん、ラーメン、ピザなどに含まれる小麦類

中毒性のある小麦。精製された小麦は特に内臓の冷えを招き機能の低下を招きます。
また、腹持ちが良いということは、それだけ消化に時間がかかるということ。
内臓には多くの負担がかかっています。

乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品

日本人は、乳製品に含まれる乳糖をうまく分解できない人が多くいます。
その数は日本人の75%にも及ぶとも…。
知らず知らずに、内臓に負担を与えているかもしれません。

マーガリンに多く含まれるトランス脂肪酸

トランス脂肪酸には酸化防止のため水素が添加されています。
そのため、長時間炎天下においていても腐らない菓子パンやお弁当が出来上がるのです。
そんな最強のコーティングがされた食品は、もちろん消化に時間がかかり、内臓疲労を招きます。


これらの食品を多く取るようになった現在社会。
皆さんの内臓は、疲れ切って消化能力は大きく低下した状態です。
まずは、これらの食品をできるだけ取り除いてあげること。
それだけでも、花粉症には大きな効果を発揮します。

悪いものをとらない
何を食べないようにするか


毎日の生活に引き算の考え方を取り入れ、
皆さんがもつ、身体の本来の機能を取り戻し、花粉をしっかりと排出できる身体へ、
毎日の食生活を見直してみましょう。

排泄力を高める食事とは?

排泄力を高めるために、私たちはどんな食生活を心がけたら良いのでしょうか?

それはずばり まごわやさしい 食事です。

まめ
ごま
わかめ
やさい
さかな
しいたけ
いも


これらは、日本人が昔から慣れ親しんできた食です。
このまごわやさしいの食事が、日本人の身体に最も合った食事であることはいうまでもありません。

無添加で自然な素材は消化にも優しい。
ありのままを食べることが、身体にとってもっとも嬉しい食事です。
自然なものを食べれば、自ずと身体も自然の状態に戻っていきます。
本来の機能を取り戻し、健康のサイクルがしっかりとまわってくれます。
この食事を心がければ、必要な栄養素はしっかりとれますし、カロリーオーバーになることもないでしょう。

世界のごまを知りつくしたごま専門店が選ぶ有機ごまと添加物、甘味料を使わない有機ごまふりかけ 3点セット〜

¥ 2,052 ~ ¥ 3,996 (税込)

> 商品の詳細はこちら

東洋医学からからみた排泄

身体の持つ正常な排泄において、東洋医学では、
が密接に関わっていると言われています。
これらがどのように関わり、身体に作用しているのでしょうか?

消化吸収にかかわる脾

東洋医学でいう脾には様々な働きがありますが、
消化吸収において、身体にとって必要・不必要を選別し、
必要なものは吸収し、各臓器に配られ、
不必要なものは大小便として排出へと導く働きを持っています。

これらを運化機能と呼び、脾のもつ重要な役割です。

この運化機能を正常にすることで、
消化吸収がスムーズに行われます。


また、東洋医学には表裏関係といわれるものがあり、
おのおのの臓器が密接に関係し、連携し合うペアを組んでいます。
脾は胃腸とペアを組み、胃の消化機能といった働きにも大きく関与しています。

呼吸や免疫、排泄にかかわる肺

肺が排泄にかかわるのも、この表裏関係がポイントになっています。
肺は大腸とペアを組み、不要なものを便として排泄する機能をもちます。

肺は呼吸や免疫を司り、鼻や皮膚にも肺系の症状が現れます。
また呼吸と排便は大きく関わり、呼吸により大腸を含む内臓をマッサージし、排便を促しています。
排便時に力むことを考えれば、この呼吸と排便が関係していることを理解していただけるでしょう。

大腸系による排便機能がうまくいかないと、
花粉症が鼻水や涙などの症状となって出てくるのと同じように、
鼻や皮膚に排便によって排泄できなかった不要な物質が、
鼻水やニキビなど肌を通し、症状として出てきてしまうのです。


東洋医学的花粉症対策

東洋医学では、この脾胃と肺大腸の機能を高めることが排泄力を高める鍵となります。
ツボ押しなら、毎日のセルフケアにも取り入れられますね。

ここで、鍼灸師の私が排泄力アップにおすすめのツボをご紹介します。

太白(たいはく)



足の親指の付け根の内側にあるこのツボは、脾経に属するツボですが、
消化吸収の働きを良くするのと同時に、
肺系の機能も高めることができる排泄力アップにもってこいのツボです。
指圧も効果的ですが、お灸をするとさらに効果的です

天枢(てんすう)


胃経に属するツボは、おへそのすぐ横、指2本分外側にあります。
胃腸の気の機能を左右する要であり、お腹の不調や便秘、下痢に効果があります。
ゆっくりと息を吐きながら、指の腹で円を描くように刺激すると効果的です。

合谷(ごうこく)



万能のツボとされるこのツボは、大腸経に属し、大腸の働きを高めてくれる他に、
吹き出物などの症状にも効果があります。
親指と人差し指の間の押すと痛気持ちいい場所がこの合谷。
手軽に押せるので電車の中や、休憩中など気がついたら押して排泄力を高めましょう。


まとめ

なにかをしようとした時、人は足し算しがちです。
自分のマイナス面を見て、それを埋めるためになにかを足す。

夢や目標達成を達成するために、何をするべきか?何が必要なのか?
自分に足りないものは何か?と考えがちですよね。

そこを考える前に、もっと重要なことは、
今やっている習慣を変えること

日々の生活から不必要な行動や選択を捨てるという作業をしなくては、
新しいものは入ってこれません。

今食べているものを見直し、
不必要なもの摂りすぎているものは減らし、
新しいものを取り入れる準備をしましょう。

排泄力を高め、身体本来の機能を取り戻し、
辛い花粉におさらばしましょう!



この記事を読んだ方にオススメのIN YOU Market商品

日本初上陸!IN YOU限定。EUオーガニック認証取得済み!ヴィーガン・プロバイオティクス(乳酸菌)サプリメント

¥ 5,457 ~ ¥ 33,100 (税込)

> 商品の詳細はこちら
日本初上陸!無味無臭・ノンケミカル・カナダの原生林から生まれた「飲むミネラルパウダー」by Minery

¥ 18,225 ~ ¥ 87,766 (税込)

> 商品の詳細はこちら
15年の研究の末についに完成!植物の力をかりた天然由来成分で作られた花粉レスキュースプレー

¥ 4,860 ~ ¥ 9,288 (税込)

> 商品の詳細はこちら

この記事を読んだ方にオススメの記事

薬には頼りたくない人へ。辛い花粉症を身体の内部から追い出そう。 ナチュラルな自然療法で花粉対策する方法

薬に頼らない対策で花粉症をのりきる、ヨーロッパ流ナチュラルな花粉症対策方法とは。

花粉症の季節、どうしても薬を使いたくないあなたへ|看護師がオススメする症状別 薬膳食材とメニュー

IN YOUライター募集中!


あなたの時間を社会のために有効活用しませんか?
年間読者数3000万人日本最大のオーガニックメディアの読者に発信しよう!


 IN YOU Writer 応募はこちらから 

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

田中うん。
鍼灸師、 ダンサー達の摂食障害を目の当たりにし仕事の傍らダンサー達へのサポートも行っている。 鍼灸師として、またダンサーとして理にかなった身体の使い方、心のあり方、過ごし方を追求する中で感じた様々な情報をお届けしたい。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ