メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

体液の浄化を促し、毒物の排泄をする身近な万能ハーブ「春のタンポポ」の簡単な取り入れ方。

宮崎麻実/Mami Miyazaki
音楽専門誌、ファッション誌を経て現在はWEBメディアを中心にフード、ライフスタイル領域の編集者として活動中。食やアートを通じた街づくりに興味があり、国内・海外の生産者を取材しています。

雑草と言われるものの中にも、
実は意外な薬効があるものが多いことをご存知ですか。


12919410_10208842588207854_166280144_o
今回は、愛でるだけではもったいない、
春の野草の代表「タンポポ」のエネルギーを取り入れる方法をご紹介します。

女性にうれしい万能ハーブ・タンポポの効能

空き地やアスファルトの裂け目など、他の植物が育たないようなやせた土地でも美しい花を咲かせるタンポポは、とても生命力の強い植物。
日本各地の草地、山間に生息しており、3月~4月に花を咲かせます。

タンポポは、江戸時代には既に存在が確認されており、災害時の食料備蓄になる救荒植物として栽培が推奨されていました。

元禄10年に発表された食の素材に関する百科事典「本朝食鑑」にも、多牟保保(たむぽぽ)草として取り上げられていて、
効能を表す「主治」の項目には、このように記述されています。

一切の熱毒・悪瘡・悪刺(刺は痢に通じる。きず・いたみ)によい。
水腫(手足などが浮いて腫れるもの)を逐い、婦人の乳ようを治す。
あるいは、足の少陰(足の少陰の経脈)、腎経(少陰は心腎につづく経脈)の君薬(最高薬)であるという。
また牙に塗り、鬚髪(ひげかみ)をくろくし、筋骨を壮にするともいう。


炎症を止め、熱を下げ、腫れ物を治すほか、血液やリンパ液といった体液の浄化や循環を促し、
毒物の排泄に働く
ことからむくみの解消にも効果があることが分かっていたようで、
全草を乾燥したものは蒲公英という生薬として用いられてきました。

西洋でも古くからハーブとして利用されてきましたが、
とくに日本や中国では乳腺炎を改善し、出産後の催乳促進や体力回復、婦人病予防のために古くから使われていたようです。

タンポポは、花・葉・根と全ての部分が食用になります。
ヨーロッパでは、若葉をサラダにして生で食べられています。

栄養も豊富で、カルシウムやビタミンA、C、Kを多く含み、ほうれん草の2倍の鉄分やブロッコリーの4倍のカルシウムを含むなど、優秀な食材です。

味は少しほろ苦いですがやわらかく食べやすいのが特徴で、
葉はよくゆでてアクを抜き、おひたしや天ぷらなどに利用できます。

12895511_10208842587967848_1515119546_n 出典:http://www.timvidraeats.com/

タンポポの葉をオリーブオイルで松の実やニンニク、レモンジュースと一緒にソテーすると、
おしゃれな前菜に。
海外では、野菜市場に普通にタンポポが売られていて、常食されているため、たくさんのレシピが見つかります。

12899882_10208842588447860_2123857641_n 出典:http://readynutrition.com/

「世界で一番小さな町」として知られるベルギーのデュルビュイは、
高級レストランが小さな町にひしめくグルメの里として有名。
この町の名物が、豊かな自然に恵まれた丘一面に咲くタンポポの花を加工したタンポポジャム。
蜂蜜のような味わいで、とても人気があります。

タンポポの花を煮出した抽出液に、オレンジやレモンなどの柑橘類の絞り汁と砂糖、ペクチンを加えて作るシンプルなレシピですが、野山に出かけて新鮮なタンポポが手に入ったときには、試してみる価値ありです。

妊婦さんや授乳中におすすめの
タンポポチャイとたんぽぽコーヒー


12894474_10208842588007849_146512129_o 出典:https://thrivemarket.com

また、タンポポの根や葉を乾燥させて焙煎、粉末状にしてドリップして飲む「たんぽぽチャイ」や「タンポポコーヒー」は、ノンカフェインのため、子供や妊娠中の方でも安心して飲用できます。


おすすめオーガニックのタンポポチャイ



オーガニックたんぽぽチャイ

IN YOUでおすすめしたいのはこちらのチャイ。
たんぽぽコーヒーのほとんどは「中国産」。

こちらはVEGANのフランス人がこだわりのオーガニックたんぽぽ種をとりよせ、
NZの自然豊かな地で育てたたんぽぽチャイだから本当に、安心して飲めます。

妊娠中・授乳中にかけて不足しがちな鉄分・カルシウムなど
ミネラル・各種ビタミン類・繊維質などを豊富に含むこともうれしいメリットで、カリウムを多く含んでおり、
利尿作用があるため、妊娠中のむくみや産後の乳腺炎などの症状も改善してくれるそうです。

以前こちらの記事でタンポポコーヒーついてもさらに詳しくご紹介していますが
再度確認してみてください。

様々なストレスにさらされる現代女性の救世主、ノンカフェイン「たんぽぽコーヒー」の効能。


うれしい効能がたっぷりで、簡単に育てられ、観賞用としても鮮やかな黄色い花が可愛いタンポポ。

西洋タンポポは、食用タンポポとしてハーブショップなどで種も売られています。
ご自宅のプランターなどでも気軽に栽培できますので、今年は無農薬のタンポポ栽培にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事

様々なストレスにさらされる現代女性の救世主、ノンカフェイン「たんぽぽコーヒー」の効能。

生理は前月1か月の過ごし方の通知表です。生理中おすすめの過ごし方。生理中に食べるとよいもの、避けたい食べ物。

女性の60%以上が鉄不足。健康診断でも「異常なし」と言われてしまう隠れ貧血と薬膳から見た対策方法

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

宮崎麻実/Mami Miyazaki
音楽専門誌、ファッション誌を経て現在はWEBメディアを中心にフード、ライフスタイル領域の編集者として活動中。食やアートを通じた街づくりに興味があり、国内・海外の生産者を取材しています。
あなたにお勧めの記事
関連記事

LINE@

IN YOUメルマガ

LLE82

minery

  width=
ページ上部へ