メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

スーパーやコンビニに潜む、特に避けたい危険な添加物リストと、安全な食品の選び方。「食品添加物は気にしすぎ」ても気にしすぎることはない。

桜桃
自分や家族や大切なもの達が、先のながい世代まで健康で安心な生活を送れますように。   ライター経験は未熟ですが、危険な物をなるべく難しくなく記憶にとどめておけるよう、お伝えしたいと思います。

食品添加物の表記、見ていますか?

01
IN YOU読者の皆さんはすでに「添加物」のリスクについてはご存知の方も多いと思います。


危険度レベル「高」。これだけは避けたい、特にハイリスクな添加物リストをまとめました。


ただ、忙しいとついつい原材料を見ずに買っている・・なんて方もおられないでしょうか。

実際にスーパーで買い物をする時に原材料を見て食品を選んでいるでしょうか?

いつも買っているお気に入りのブランドもあるかもしれませんが、その商品は本当に安全でしょうか?


「食品添加物を気にしすぎなくてもいい」という言葉に惑わされないで。

Fishfinger1
「食品添加物を気にしすぎなくてもいい」ということを平然と言う人がいます。

でも、それはその人自身の考え方であって実際3年、5年、10年食べ続けた時にどうなるか知った上で発言しているわけではありません。
無責任な発言をする人に限って毎日の食生活がめちゃくちゃ・・なんてことは、本当によくある話です。

そうはいっても、小さい字でたくさん書いてあっても良くわからないし、
食品添加物が入っていないもの自体が少ないですから、商品の原材料を全部見ながら買い物をするのは大変かもしれません。

しかしたとえ

今すぐ目に見える形で健康に悪影響が出なかったとしても、
カタカナの怪しげな文字は、あなたの3年後、5年後の安心安全を意味しているわけではないのです。


自分の身を守れるのはあなただけなのです。

危険度が高い要注意の食品添加物

02

食品添加物の中でも特に注意したいもの


亜硝酸Na(ナトリウム)

black-forest-ham-2278383_640
発色剤としてハム、ウィンナー、たらこ、いくら、筋子などの赤い色を出すために使われている食品添加物です。
非常に毒性が高いといわれ、発ガン性などのリスクが上げられています。

タール色素(赤色○号・青色○号など)

chewing-gum-1377268_640
合成着色料として清涼飲料水、お菓子、練り物、漬け物などの色をきれいに見せるために使われている食品添加物です。
発ガン性が認められているコールタールから作られています。

果糖ぶどう糖液糖

chewing-gum-115162_960_720
トウモロコシから作られた甘味料です。
砂糖などよりもさらに安価に生成できるとしてコンビニのお菓子などで広く使われています。

主に遺伝子組み換え由来のトウモロコシのでんぷんを分解してコーンシロップにします。
遺伝子組み換え作物を知らずに摂取しているというのは大部分のお菓子に含まれているこの添加物によるものです。

果糖ぶどう糖液糖が含まれない安全なお菓子一覧


アスパルテーム

may-see-ice-1694251_960_720
甘味料として清涼飲料水、乳酸菌飲料、ダイエット甘味料、ガム、アイスクリームなどに使われている食品添加物です。
発ガン性などのリスクが上げられています。
また脳腫瘍の原因になる可能性が指摘され、使用が禁止されている国もあります。

アセスルファムK(カリウム)

cola-1774702_1920
砂糖の200倍の甘さがありながらもカロリー0というもので、ダイエット用の甘味料として使われている食品添加物です。
発ガン性、内臓への悪影響などのリスクが上げられています。

安息香酸、安息香酸Na(ナトリウム)

jam-1375774__340
保存料として清涼飲料水やシロップ、醤油、酢、果物のペースト、キャビアなどに使われている食品添加物です。
非常に毒性が高いといわれ、発ガン性などのリスクが上げられているほか、物実験では多く投与されたラットや犬の死亡が確認されています。

安息香酸、安息香酸Na(ナトリウム)を含まないジュース


トレハロース

Peanut_butter_and_jelly_sandwich,_top_slice_of_bread_turned_clockwise_to_show_the_peanut_butter_and_jelly_filling
甘味料として様々な食品に使われている食品添加物です。
原料はトウモロコシやジャガイモの澱粉で、酵素を使って生成されています。
ただ遺伝子組み換えなどの安価なトウモロコシやじゃがいもで作られている可能性が高いので
入っていないに越したことはなさそうです。

ソルビン酸、ソルビン酸K(カリウム)

cheese-1972744_960_720
保存料としてチクワやカマボコなどの練り物、ハムやソーセージ
漬け物、佃煮、イカの燻製、ワイン、チーズ、あんこ、果実ペースト、クリーム、和菓子、果汁、ジャム、シロップなどに使われている食品添加物です。
単体では遺伝子を傷つける毒性が指摘されていて、ほかの食品添加物との組み合わせにより強い発がん性の危険も指摘されています。
非常に多くの食品に使われていることからも、注意が必要であるといわれています。

EDTA-Na(ナトリウム)、EDTA-Ca-Na

can_aluminum_top_opened_container_tin_drink_beverage-1125830.jpg!d
酸化防止剤として缶詰、ビン詰、マヨネーズなどに使われている食品添加物です。
非常に毒性が高いといわれ、カルシウム不足症、お腹の赤ちゃんに催奇形性をもたらす危険性が指摘されています。

EDTA-Na(ナトリウム)不使用のマヨネーズ


BHA、BHT

margarine02-lg
酸化防止剤として食用油脂、バター、マーガリン、魚介乾製品、チューインガムなどに使われている食品添加物です。
非常に毒性が高いといわれ、発がん性が確認されているほか、異常行動、環境ホルモンとして作用することなども指摘されています。

OPP(オルトフェニルフェノール)、OPP-Na、TBZ(チアベンダゾール)

grapefruit-1647688__480
防カビ剤として輸入物の果物などに使われている食品添加物です。
発ガン性などのリスクが上げられていますが、そもそも日本では農薬として利用されていた化学物質です。

03

食品添加物には発がん性などのリスクが

このように、多くの食品添加物には発がん性をはじめとした色々なリスクが考えられます。

また免疫力を左右する腸内環境が乱れてしまうのでなるべくならば摂取を控えたいところです。

「悪い悪い」と言われる食品添加物が体に悪い本当の理由。あなたはご存じですか?

厚生労働省では使用する食品添加物を評価し安全な基準を設けています。
専門家による安全性についてのエビデンスなどもありますが、でもそのどちらも「取り過ぎはいけない」と注意書きをしています。
また複合的に摂取を続けた場合の影響は明らかではありません。


「酸」や「ナトリウム」が付くもの、またカタカナ文字で、明らかに食べ物ではないよくわからない原材料が入っていたら、
「買わない方が無難かな…。」くらいには用心しておいた方がいいかもしれません。

危険性のある食品添加物が入っていなくても世の中は成り立つ。

04

食品添加物をまったく摂取しないというのは現実的ではなさそう?

と思われましたでしょうか。

確かに今の日本の市場を見るとその通りです。


中には「食品添加物には危険が潜んでいる可能性があるとはいえ、
保存料が入っていなければ、腐敗などによる食中毒のリスクがあるのではないか。」というご意見もあるかと思います。

ただし、現代では色々な伝統的技術もありますから、
賞味期限は短くなれどそういった石油由来などの危険性のある添加物を使わなくても加工食品は作れます。

現に海外では食品添加物を使わないオーガニック食品だけを扱う大規模なスーパーはたくさんあります。
つまり、危険性のある添加物がないと生活無理というのは消費者の思い込みであって、決して無理なわけではないのです。


ですが賞味期限が1年以上で見た目もいいもの、かつ安いもの・・・となるとやはり健康を害する食品添加物を使わなければなかなか広く流通は厳しいと言えます。

見た目や利便性や嗜好性を気にせず、オーガニックな生活を送れたらいいのですが、
ここ日本においてはスーパーに置いてある食材の質が良くありません。

食品添加物をまったく摂取しないというのは外食・いただきものなどもありますから難しい場合もあるかもしれませんが、
せめて原材料を必ずチェックする癖を身につけたいものです。

「マシ」な食品添加物はあるのか?

05
ではマシな添加物はあるのでしょうか?

もちろん入っていないことに越したことはありませんが、
猛毒なものではなければいい、という考えもあると思いますので何点かピックアップさせていただきます。

天然由来の食品添加物

クエン酸

食品に酸味をつけたり、PHを調整したりするために使われている食品添加物です。

赤キャベツ色素(アントシアニン)、パプリカ色素、ウコン色素、βカロチン(カロチン色素)、ブドウ果皮色素、野菜色素

食品の色をきれいに見せるために使われている食品添加物です。

06
これらの天然由来の食品添加物は、取り過ぎや原材料の問題以外では今のところ恐ろしい害は見つかりません。

これだけなら覚えるのにさほど難しくはありませんし、
これからの買い物の時に少しだけ気にしてみてはどうでしょう?

目につきやすく気になりやすい「色」だけでも、タール系の着色料(赤色○号・青色○号など)ではなく、
天然の着色料を食品添加物として使っているものを選んで欲しいと思います。

安全な防カビ剤はない

07

防カビ剤は猛毒・農薬

まったく安全な食品添加物を探してみようと思うと、危険なものを探すよりも大変かもしれません。
特に防カビ剤は農薬として使用されているものがほとんどで、表面に付着した防カビ剤は水洗いではほとんど落とせません。

個人では輸入の果物は買わずに国産のものにすることもできますが、
輸入の果物は清涼飲料水、ジャム、その他いろんな食品に使われていますので、くれぐれも注意が必要です。

これは減らそうという意識がまったくなければ、どんどん摂取量が増えてしまう可能性があるといえるのではないでしょうか。
オーガニックの商品を選べばそういった危険性も無くなりますのでジュースやジャム、フルーツ製品についてはオーガニックを選択しましょう。

食品添加物の表記が少ないものを

08

原材料が少ないからこっちにしよう!

どの食品添加物にどのような危険性があるのかを全て覚えるのは難しいですが、
使われているものが天然由来の物か、いかにも化学物質らしい名前の物が原材料に入っていないか。

保存料や着色料などが多く使われていないかを見てみるのは、危険な食品添加物を避ける最初の入り口としてはおススメです。
原材料を熟読するのではなくても、「原材料が少ないからこっちにしよう!」と初心者はまずはそこからはじめてみましょう。

見慣れてくると、そんなに大変でもなくなってきます。

原材料がシンプルでオーガニックな物を選ぶ

09

一番簡単で手っ取り早いのは、やはり余計な物が入っていない物を選ぶということだと思います。

またオーガニックは遺伝子組み換えなどは禁止されていますから、オーガニックを選ぶのも手っ取り早いですね。

認められている添加物はありますが、
比較的安全性の高いものが多いのでオーガニックを選べば添加物の危険性をそれほど気にしになくてもよく時間を節約することにもつながります。

入っている物を判別するのには時間がかかりますし、覚えるのも大変です。
ですが食品添加物の使用量が少ない、または入っていない物を選ぶのなら、成分を読み解くよりも楽ちんになるはず。

本当はシンプルな原材料で作れる食品

soy-1831704_640

醤油

原材料:大豆(遺伝子組み換えでない)、小麦、食塩

味噌

原材料:大豆(遺伝子組み換えでない)、米、塩

梅干し

原材料:梅、食塩、シソ

チーズ

原材料:生乳、食塩

わさび(粉)

原材料:西洋わさび


食品を作るために必要な原材料は、本当はこんなににもシンプルです。


粉わさびの原材料が日本わさびではなく、ほとんどが西洋わさびということは意外だったかもしれませんが、
チューブタイプのわさびには保存料は入っていなくても、その他の食品添加物が「こんなに!?」というほど入っていますので、一度見てみることをおすすめします。

原材料が少ないかどうかなら、ながめるだけでも十分ですね。
全てがこのような食品ばかりではありませんが、わかる物だけでも気を付けていれば、食品添加物の摂取量をまた少し減らせるのではないでしょうか。

価格が少しばかり高くても見慣れた食材でできている商品を選びましょう。

体に悪影響を及ぼす成分だからこそ基準値がある

10

自分自身でも安全の確認は必要

食品添加物は食品安全委員会による安全性についての評価を受け、
人の健康を損なうおそれのない場合に限り、成分の規格や使用の基準を定めたうえで使用を認められています。

ですが、最初は安全だと認められていたものでも、後に問題があることが判明すると使用禁止になったりもします。

ただ問題があることが判明するまでには時間がかかったりするもので、
その間、営業者側には製造・販売・輸入などの自粛が求められ、一般消費者には自分で成分表示を確認し摂取を控えることが求められます。

結局のところは、自分自身でも安全の確認は必要になるということです。

「売られているものが全て安心安全」、「安心安全なものだけが売られている」ということはありません。
特に通常のスーパーやコンビニの基準はあてになりません。

「摂取量」というものが基準としてある以上、元の成分には体に悪影響を及ぼすものが含まれているということです。

やはり食品添加物を摂取する量は、少なければ少ないにこしたことはありません。
自分だけではなく、家族や大切なもののためにも。

自分や家族の健康のために

11
自分や家族が将来ずっと健康でいられたら、もうそれだけで幸せですよね。
身体を作るのは食べ物ですから、もうこれには気を付けないわけにはいきません。

食品添加物の摂取量を減らすにはインスタントやレトルト食品をなるべく買わない、スナック菓子を減らすなどが思いつきやすいと思いますが、
それに加えて特に毒性が高く注意が必要だとされる「酸」が付くものや「ナトリウム」がつくもの、タール系の色素が使われているものは避けて、甘味料はメープルシロップなどの自然なもの、防カビ剤は使われていない物を選ぶようにしてみましょう。

いい商品に使われているものは必ずシンプルで少ないから、原材料も見やすいのです。

「今すぐ健康に悪影響は出ない」、「過剰に摂取したりしなければ心配ない」という言葉に騙されないで。


食品添加物は腐敗を防いで食品を長持ちさせたり、食感や色を良くしたりと、コストや生活の便利さにも役立っているものですが
私たちを幸せにしたり、健やかにしてくれるものではありません。

どれだけ摂取しても自分や自分の子供、そのまた子供の身体に悪影響を及ぼさないとまでは断言されてはいないということを念頭に
選ぶ商品をナチュラル・オーガニックなものを選んでいきましょうね。

防カビ剤フリーの果物・添加物フリーの食材をチェックしてみよう。

1225154317_5a409e05b3b4e 【IN YOU限定】自然農法提唱者・福岡正信氏の血を引き継いだ農園で自然栽培で作られた季節の農薬不使用の果物セットとジャム今すぐここをクリック!

ケミカルなものは一切不使用。ナッツ洗剤「ウォッシュナッツ」

製造過程で化学調味料・添加物一切使用無し!素材の味を活かす本物のマヨネーズ

醤油

オーガニックベジタブルブロス

農薬不使用のオイル

無添加天然だし


オススメの記事

国内のスーパーで販売される商品の殆どが、体に害を及ぼす添加物・農薬・化学肥料まみれです。日本を変えるためには、まずあなたの認識を変えてください。

あなたは今日スーパーで何を買いましたか?その何気ない「毎日の買い物」が、日本の農業とオーガニック農地を着実に、破滅の道へ導いているかもしれません。

ワクチンはウシの血液や肝臓から抽出される「生物由来製品」?! 乳幼児への12回ものワクチン摂取は本当に必要なのか。ワクチンに含まれる水銀・アルミニウムなどの添加物の危険性と私たちが改めて考えるべきこと。

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桜桃
自分や家族や大切なもの達が、先のながい世代まで健康で安心な生活を送れますように。   ライター経験は未熟ですが、危険な物をなるべく難しくなく記憶にとどめておけるよう、お伝えしたいと思います。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ