よみもの

現代女性にとって最も身近ながん「乳がん」と食べ物の関係性。他人事でない、乳がんの実態と対策。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
dfg555

女性にとって最も身近な病:乳がん


こんにちは。
INYOUオーガニックスペシャリストの小林くみんです。

日本の著名人の乳がん闘病生活や、ハリウッド女優の両乳房摘出手術(遺伝子検査結果による乳がん予防)をはじめ、乳がんは着々とその存在感を増しています。

「私は大丈夫・・・」
そう心のどこかで思っていませんか? 

しかし、乳がんは私たちが思っている以上に身近で、女性のがん罹患率(ガンと診断される人の率)ではダントツトップ(独立行政法人国立がん研究センター)。

今、日本人女性の14人に1人が乳がんになっています。
そして、この50年間にみられる乳がんの特色は「発症の低年齢化」。
30代から増加しはじめ40代にピーク、そして35~64歳女性の病的死因の第1位、それが乳がんです

遠い未来の出来事と思っていた「ガン」は決して他人ごとではありません。

現代医学で明らかにされている、乳がんの原因

belly-2354_640
乳がんの主な原因は、女性ホルモンのエストロゲンの影響を受ける期間の延長(早い初経・遅い閉経 / 妊娠・出産経験がない / 出産年齢の高齢化)や、排気ガスや殺虫剤などの外来性エストロゲンの影響そして遺伝といわれています(特定非営利活動法人 日本成人病予防協会より)。

初潮から、妊娠・出産そして閉経、私たち女性の体を司る大切なホルモン、エストロゲン。
そのエストロゲンが乳がんの原因として挙げられている理由は、エストロゲンが乳房の細胞分裂を促進するため。

乳腺にがん細胞が発生した場合、エストロゲンの影響でがん細胞の増殖が進み、乳がん進行のリスクが上がるといわれています。
また。上記の原因以外にも、肥満が乳がんの危険因子と立証するデータもあります(特に閉経後)。

乳がんの原因が主にホルモンの影響や遺伝と聞くと、自分で未然に防ぐのは難しいと感じるかもしれません。
しかし、乳がんリスクを助長しかねない食生活を改め、必要以上に分泌されたエストロゲンの影響を抑える食材を取り入れることにより、そのリスクを減らすことは可能です。

あなたに気をつけてもらいたいこと、また生活に取り入れてもらいたいものをまとめました。

あなたの食事は大丈夫?! 乳がんと食生活の密接な関係

乳がん患者は8割の確率で朝ごはんにパンを食べていた。

eat-958884_640
医療機関で30年以上にわたり食事指導をおこなってきた管理栄養士、幕内秀雄氏 は乳がんの患者の食事にある共通点を見出します。
彼は著書「乳がん患者の8割は、朝パンを食べている」の中で80%以上の乳がん患者が朝はパン、そしてランチやディナーにスパゲティ、乳製品、果物や洋菓子のような洋食を常食していると述べています。
食の欧米化により日本女性の初潮が早まり、また閉経が遅くなり、昔と比べ月経期間が長くなった(エストロゲンの作用を受ける期間が長くなった)のが乳がん発症率の増加の一因と言われています。

高脂肪の肉、バター、パスタ、パンも乳がんの一因となっている可能性が

また、高脂肪の肉、バターがたっぷりなパスタやパンは肥満の原因=乳がんの一因にもなり得ます。

乳がん患者は欧米に圧倒的に多く、現在アメリカでは8人に1人の女性が乳がんと診断されています。 
欧米では乳がんの遺伝子検査の結果、その予防として健康な乳房まで取ってしまう女性が少なくありません。

母親も、叔母も乳がんに侵され、その苦しむ姿を目の当たりにし、次は自分・・・そう感じるのでしょうか・・。
日本の乳がんの増加の現状から、「数年後には欧米なみの発症率」と危惧する専門家もいます。

これだけは気をつけて!
今すぐ控えたい3つの習慣

bbq-851835_640

外国産の安価なお肉を沢山食べる人

2006年、米国ハーバード・メディカルスクールの女性9万人を対象とした調査では、牛肉の大量摂取が乳がんリスクを高め、その原因を牛の残留ホルモン剤の影響と指摘しています。

アメリカ肉はホルモンの残留濃度が和牛の600倍・・

日本ではホルモン剤の使用は禁止されている一方で、ホルモン剤使用の牛肉は海外から輸入しています。
アメリカでは牛に女性ホルモンのエストロゲンを使用しているケースが多く、その残留濃度が和牛に比べ赤身では600倍、脂肪では140倍という報告もあります。

毎日、お酒を飲む人。
毎日お酒を飲む人は乳がんリスク50パーセント上昇。

少量のアルコールは心血管疾患の予防が期待できるといわれていますが、乳がんにはNG。
アルコールはホルモンの代謝に影響をあたえ体内のエストロゲンレベルを必要以上に高め、乳がんリスクを上げるというデータが出ています。
米国ハーバード大学、Wendy Y. Chen 氏のチームは研究結果から、習慣的な飲酒の乳がんリスクを発表。
1日にワインをグラス2杯以上飲む女性の場合、お酒を全く飲まない女性と比べ乳がんリスクが50%上昇。

1日に1杯程度のアルコールであれば、乳がんの原因にならないともいう報告もありますが(日本酒1合(180mL)、ビール中ジョッキ1杯(500mL)、ワイングラス2杯(200mL)まで)、飲酒量が増えるとリスクは確実に高まります。

毎日、牛乳が欠かせない人。

milk3333
動物性脂肪が多く含まれる牛乳は乳がんの原因として着目され、研究が続けられています。
しかし現段階ではリスクを決定づける証拠は見つかっていません(日本乳癌学会より)。

その一方で、長期にわたり乳がんの闘病生活に苦しんだ末、自らの食事改善で乳がんを克服したジェイン・プラント氏の著書「乳がんと牛乳 がん細胞はなぜ消えたのか」にもみられるように、乳製品が乳がんの原因になっていると指摘する専門家も多く、乳製品は大きな論争を生んでいます。

今から出来る、3つの乳がん対策

shoe-1234548_640

和食中心の食生活

先に紹介した「乳がん患者の8割は、朝パンを食べている」の著者、幕内氏は乳がん予防には、和食中心の食事が近道と述べています。
また、ごはん + 味噌汁 + 漬物といった伝統的な朝ごはんや、煮物・和え物・おひたしを中心とした野菜料理を乳がん予防に効果的な食事療法として提唱しています。

まさしく、マクロビオティック的な食事ともいえますね。

適度な運動

米国立心肺血管研究所の研究で週に1.2~2.5時間のウォーキングの継続で乳がん発症リスクが18%低下することが明らかになりました。
乳がんと関係の深いエストロゲンは体脂肪からも産生されるので、よく体を動かす人や、適度な運動をする人では乳がんの発生率が30%減少するというデータがあります。

もっとも効果的なのは、週に3~5時間のウォーキング。
乳がん治療後の再発率も抑えるというデータもあります。

ストレスと上手く付き合う

ホルモンバランスを乱し必要以上にエストロゲンの分泌を促してしまう原因とされているのが、過度なストレス。
ストレスは目に見えないため、つい軽視しがちですが、女性は男性よりもストレスによるホルモンバランスの乱れが大きく、心身に与える影響を絶大。

忙しい生活の中でも、ちょっとした隙間時間に(通勤中の電車の中など)目を閉じて呼吸を深め頭を空っぽにするだけで、だいぶ心がスッキリしますよ。
十分な睡眠や規則正しい生活習慣など、当たり前なことを心がけることによりストレスへの耐性も高められます。

乳がん予防にお薦め食べ物

10-02-001_S

大豆食品(特に発酵食品がおすすめ)

大豆食品を多く摂ることで乳がんリスクが下がることが、最近の研究で分かってきました。
アジア人や日本人を対象とした研究で、大豆食品を多く摂取する人は乳がん発症リスクが減ったというデータが出ています。

大豆に含まれる成分イソフラボンはエストロゲンと構造が似ており、乳がんリスクを上げる可能性が心配されてきましたが、食事からの適量であればリスクは上がらないことが分かっています。
イソフラボンは、体内のエストロゲンが高濃度の場合、エストロゲン作用を弱めると言われています(日本乳癌学会)。

食物繊維たっぷりな穀物や野菜

乳がんの原因に密接に関係するエストロゲンを必要以上に増やす肥満や、コレステロールの過剰摂取。
食物繊維はコレステロールを下げる働きや、肥満を防ぐ効果があります。

乳がん以外のあらゆる病気の予防に食物繊維は大活躍。

マクロビオティックの考え方の1つ「一物全体(食物の皮や根を含む全体を頂く)」により食物繊維をさらに多く摂ることが出来ます(穀物や野菜をまるごと食べる場合は残留農薬の心配の少ないオーガニック野菜がお薦めです)。
少し意識してみるだけで大分違いますよ。

質の良い油

α-リノレン酸を多く含むえごま油や亜麻仁油はガンの予防効果が期待されています。
肉類の脂肪を控え、適度の質の良い油を食事に取り入れていきましょう。

乳がんは自分でチェックができる唯一のガン
今すぐできる、かんたん自己検診ステップ2

belly-2354_640
お薦めは月経後の1週間以内(閉経後の場合は毎月の自己チェック日を決めておくと忘れずにすみます)。
毎月定期的に行うことで、自分の乳房の状態が分かり異常があった時にすぐに気づけます。

1.鏡に向かって
乳房や乳首の形を確認し、両腕を上げ乳房にくぼみやひきつれ、乳首にへこみがないかをチェック。

2.仰向けに寝て
指の腹で乳房に触れ、しこりがないかをチェック。

乳がんなんか怖くない!
乳がん対策にもおすすめ:IN YOUお薦めレシピ選


greens-266560_640
IN YOUのレシピには乳がんの原因が危惧される動物性脂肪は全く含まれておらず、
カロリーも控えめで乳がんの予防にはとてもお薦め。

そんなIN YOUレシピの中から、乳がん予防に効果大の大豆食品レシピをピックアップしてみました。
こってりな洋食が大好きなあなたでも満足できる簡単レシピです。




体の症状は体からのあなたへのメッセージです。
体の状態に耳を傾けて、自分の体の治癒力を信じて


rainbow-937042_640
病気になったら、病院に行くことだって、
薬のお世話になることだってあるかもしれない。

でも、痛いのも、かゆいのも、熱が出るのも、寒いのも、冷え性なのも・・・

みんな、あなたの体からのメッセージ。
本来それらすべてはあなたの体の中で起こっていること。

健康なうちは何も気を付けずに、悪くなった瞬間すべて
他人事のように他人任せにするなんて自分の体に対して、あまりに無責任すぎる。

後天的な病の大半は日常の行いが症状となって表面化しているだけ。

そのメッセージに気づき、耳を傾け、今のあなたに必要なものを見極める。
「他人まかせ」じゃなくて、あなた自身の「からだ」の力を信じて引き出してほしい。

自然から切り取られた場所で、自然から離れた生活、自然を忘れた毎日を送っていたとしても、
私たちが自然の一部だという事実は変わらない。

自然の流れに沿った行き方。
旬の食べ物を喜んで、楽しんで頂く。

本当は、そんなあたりまえの毎日こそが「病気予防」の一番の近道なのかもしれない。

「生きる」という限られた時間の中で、あなたがいる世界が、見える景色が、より良いものになって欲しい。
あなたが、毎日さらに元気に、さらに笑顔で、さらに充実して過ごせたら、それだけで私は嬉しい。

毎日のあなたの些細な選択があなたの未来を変えるのです。
今のあなたに出来るその1歩を、踏み出してください。

IN YOUマーケットで体と心に優しい
お薦めの食べ物を買ってみよう!

LLmhGR_kBv1m2531393072875_1393072915

少量生産・貴重なニュージーランド産
オーガニック・ノンカフェインたんぽぽチャイ


砂糖不使用!トーストしてカリッともちもち!グルテンフリー食パン

素晴らしいこだわりをもった商品ばかりのIN YOU MARKET

石川県の自然栽培玄米でできた最強のノンカフェイン玄米珈琲 


買い物はその人を表わす行為。
沢山の中から、何を買うか、どんな企業から買うか。
何気ない行動も全て未来につながっていきます。
あなたの未来を変える1歩になるかも。


この記事を書いたIN YOU公式ライター
オーガニックスペシャリスト小林くみんが講師を務める
IN YOU公式ライセンス 「INYOUオーガニックセルフセラピスト」講座


あなたもIN YOUオーガニックセルフセラピストとして活躍しませんか?

thanksgiving-1674774_640

INYOUオーガニックセルフセラピスト ライセンスについて


IN YOUの人気ライター小林くみんが代表講師を務める、公式ライセンスが取得できるセミナーを開催しています。
添加物や農薬、様々な情報があふれている中、何を信じていいのかわからない。
でも正しい食事法や体質に合ったケアがわかっていれば、そんなに恐れる必要はないんです。
2017年こそ、ぜひ取得していただきたいセミナーです。

INYOUオーガニックセルフセラピスト ライセンスについて

日程、会場、受講料などの最新情報はこちらから




この記事を読んだ人におすすめしたい他の記事
【連載#01:牛乳神話を疑え】わたしたちは「子牛の飲み物」を小さい頃から飲まされ続けている!

【連載#02:牛乳神話を疑え】牛乳アレルギーの数々、これでもまだ牛乳は「聖水」ですか?

体に悪い白砂糖はガンのエサ。慢性的な砂糖中毒でも簡単に白砂糖断ちする方法。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

HANA化粧品

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

小林 くみん
小林くみん IN YOU Director/オーガニックスペシャリスト IN YOUオーガニックセルフセラピスト、IN YOUオーガニックアドバイザー代表講師 NYを拠点とし活動していたブロードウェイ・ミュージカルの元ダンサー。 日本を代表する自然療法活動家東条百合子の弟子の元で食養を学びアシスタントを務めていた経験を持つ。 陰陽五行、薬膳、マクロビオティック、アーユルヴェーダ、自然療法などの東洋医学を中心とした知見や資格をいかし、INYOUライター/エディター/INYOUライセンス講師代表として活躍中。 NYのIntegral Yoga Instituteにて全米ヨガアライアンス認定インストラクター(ERYT200, YACEP)の資格を所持し、国内外のスタジオやスクールで豊富な指導経験を持つ。(講師歴計10年)。 がん、心臓病、他の慢性疾患患者へのヨガの専門家としてアメリカで活躍するジャナーニ・チャップマン氏に従事。 ジャナーニ・チャップマン氏の監修のもとYCat Yoga(ガン&慢性疾患患者のためのヨガ)を提供できる唯一の日本在住日本人。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 免疫力を高める!自然の風邪ぐすり。身近な材料3つでできる「万能ね…
  2. FotorCreated 暑い夏も、現代人の体は冷えきっている。夏の間冷えた体は秋の不調を…
  3. 子宮がんを患って知った食の大切さ。私の体が劇的に再生した食べ物と…
  4. salad-1996240_640 菜食が陥りやすい「たんぱく質」欠如の問題と、植物性タンパク質と動…
  5. IMG_5352 春のデトックススイーツ!野草のパワーを丸ごと頂く「薬膳いちご大福…
  6. poultry-farm-1544654_960_720 「噂の危険な肉」の真相に迫る!アメリカ牛・ブラジル鶏は危険?日本…
  7. spoons and spices 現代病の元になる、女性に多い「冷え」の8つの原因。冬でも冷えない…
  8. 12899882_10208842588447860_2123857641_n 体液の浄化を促し、毒物の排泄をする身近な万能ハーブ「春のタンポポ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • 藍紺黒 (ツイッタ―名)
    • 2016年 7月 10日

    ●乳がんは、食べ物が口から入って元癌に成ることはほとんどありません。傷付いた乳部の毛細血管から血液中にある細菌が付着して癌に成長します。一番分かりやすい癌は、胃がん大腸がん肝臓がん等は、口から入って便としての通り道で発生する癌は、食べ物からの摂取です。一番の原因は農薬類です。農薬は煮るろうが炊いても成分が壊れません。農薬を食べてテストする訳にも行きませんね。自分の身は自分で守って下さい。質問があれば言ってください。 T.S

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • くみんちゅ
  • IN YOU 編集部
  • 越野美樹
  • 品川まどか
  • ami tominaga
  • 松永加奈恵
  • tomomi
  • izumi
  • 佐野亜衣子
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 室谷 真由美
  • 松橋佳奈子
  • 赤嶺 福海
  • kazukiimanishi
  • maejima kanako
  •  とっくん
  • 上村 歩
  • kei
  • jyunko
  • mimi saito
  • watanabe  
  • 池田 歩
  • yuriesasaki
  • Mai nakanishi
  • Mao
  • ookawahara
  • mariko ito
  • 加藤 晴之
  • Mint
  • 柿谷圭之助
  • emi tanaka
  • 飯塚 愛
  • Nakamura Akitsu
  • ひかりあめゆうすけ
  • 齋藤 香帆
  • 橋本佳子
  • fujisakishun

カテゴリー

PAGE TOP