メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

二十四節気が示すあなたの運勢|7/23~8/22の運気を一挙公開! 特徴・性格診断つき。夏生まれの方は必見!健やかに秋を迎えるためのおまじない

藤條 遙
屋久島在住。日常的に、無理なく、楽しくを基本スタンスに自家用畑と田んぼ&ゆるゆるの菜食・オーガニックカフェ&ゲストハウスを経営する半農半X生活者。日々鍬と鋸と刈り払い機をぶん回しつつ、時々ライターと占い師&神道行者。子ども三人の衣類におやつ、調味料まで、手作りできるものは何でも作ってみる生活。野良仕事以外では着物暮らし。

7月後半から8月前半は、二十四節気七十二候の大暑から立秋。

気分的には夏本番、ちょうど子供たちは夏休みに入りますね。
夏を満喫する海や山へのレジャー、あるいは涼しさを求めて旅行を計画する人も多いことでしょう。

日本では梅雨が明けて、体感温度が最も厳しい暑さとなるのがこの時期です。


大暑から立秋は、まさに夏から秋、陽から陰への移行期間。

移行期間ですから自然界全体の気が不安定になる時期でもあります。

実際、毎日の暑さに体調を崩す人、スタミナ切れを起こす人も少なくない時期ですね。

今回は大きな変化の期間である大暑・立秋の運勢と過ごし方、
合わせて大暑から立秋生まれの方の傾向・性格をご紹介します。

夏至に生まれて増大し始めた陰の気の季節を健やかに迎え、
天地の気の流れにスムーズに乗るための
おまじないや古来からの知恵も併せてご覧ください。

〜こちらも見てね〜
二十四節気の巡りが示すあなたの運気|6/21~7/22のあなたの運勢は? 夏生まれの方は必見!特徴・性格診断つき。夏のパワーと元氣を取り込むおまじない

7/23~8/22は大暑と立秋


暑さのピークは7月中旬から!

大暑

 
7/23~8/7 旧暦六月中 季節は晩夏 
七十二候 
桐始結花(桐、始めて花を結ぶ・きりはじめてはなをむすぶ)
土潤溽暑(土、潤いて溽暑す・つちうるおいてじょくしょす)
大雨時行(大雨時行う・だいうときどきおこなう)

立秋

 
8/8~8/22 旧暦七月節 季節は初秋
七十二候
涼風至(涼風至る・りょうふういたる)
寒蝉鳴(寒蝉鳴く・かんせんなく)
蒙霧升降(蒙霧升降す・もうむしょうごうす)


この時期は毎日炎天・酷暑が続いて、まさに夏本番ですね。
大暑の字の通りに暑さのピークとなる時期
です。

実際に私たちが暑さのピークを感じるのがちょうど夏至から一か月後の大暑の頃となるわけですが、
実際の天地の運行・気の流れは既に秋へと急速に移行を始めています。

ダイナミックな破壊と再生の期間でもあり、古来から陰陽五行説では土用と呼んでいました。

土用は元来、
冬(陰陰)→春(陰陽)→夏(陽陽)→秋(陽陰)→冬(陰陰)と移ろう季節の節目ごとに年4回
おおむね18から19日間と定められています。


現在は夏の土用だけが鰻を食べる日として有名ですが、本来は万物の気の流れが不安定となるため、
心身の調子を崩しやすく注意が必要な期間と考えられていました。よく言う「季節の変わり目」です。


夏(7/23~8/22)のあなたの運勢は?


万物の気が次に来る秋への準備に入る大暑を経て、秋の始まりとなる立秋のこの時期。
実際に暑さによる疲れやストレスが心身に影響して体調を崩す人も多い季節です。

反面、秋に向けて新しい物事や計画を準備するのに最適な期間ですから、
今までの状況を変えたい人は情報収集や少しずつ実際の行動を始めると良いでしょう。
ポイントは焦らないこと。
準備も計画もじっくりと進めることです。

小満から芒種生まれ(5/21~6/20頃)

気力体力とも充実して物事を推し進めるのにいい時期です。ビジネス他新しく何かを始めたい人は
積極的に動いて吉。女性同士での旅行、レジャーにツキあり。

ラッキーアイテム

蝋燭・花火。

夏至から小暑生まれ(6/21~7/22頃)

仕事・ビジネス上での堅実な結果を出せそうです。女性の上司や女性とのプロジェクトが特に吉。
アドバイスを真摯に受け止めるとチャンスが開けます。

ラッキーアイテム

お茶。水辺への旅行やレジャー。

大暑から立秋生まれ(7/23~8/22頃)

新しく始めたことが少しずつ目に見える成果や成功になる時期です。
ただし、功を焦ると思わぬトラブルが。常に初心と堅実性を重視することが大切。

ラッキーアイテム

鉢植えの植物。


秋生まれの人は陰気・金気が強まり活発化してきますが、
まだまだ不安定な要素も多い時期。

体調管理が大切です。悩み事や夏風邪などに注意して、
仕事や人間関係は身近な人、堅実さを重視しましょう。


処暑から白露生まれ(8/23~9/22頃)

成果や結果を狙いすぎて、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性が。
期待のし過ぎや欲張りは禁物です。
望む結果よりも3割減くらいで確実に足場固めや堅実さを重視しましょう。

ラッキーアイテム

風鈴。山や渓谷へのハイキングが吉。

秋分から寒露生まれ(9/23~10/22頃)

新しく何かを始める、作る計画のある人はもう少し待機して、
準備不足や必要な事柄を再チェックしましょう。
思わぬ見落とし・トラブルの可能性があります。
目上、特に女性のアドバイスを謙虚に受け入れると回避されそうです。

ラッキーアイテム

ガラス製品。

霜降から立冬生まれ(10/23~11/21頃)

とにかくパワフルな月です。気力に溢れて仕事や趣味問わず成果が出やすい時期です。
飽きっぽい性格、好奇心も活発で色々なことに手を出しすぎると
失敗や悩みの原因になるので要注意。

ラッキーアイテム

赤い色のもの。バーベキューなどアウトドアも吉。

冬生まれで体調の悪い人はリズムが戻り始めます。
気力体力とも充実している人はそろそろ秋からの活動に向けて
準備を始めると流れに乗れそうです。


小雪から大雪生まれ(11/22~12/21頃)

絶好調の時期です。これまでの努力が大きな成果や結果となります。
ライバルや障害があった人も解決するでしょう。
慢心することなく、次の課題や改善点を考える謙虚さがあれば、
新しいビジネスや出会いがありそうです。

ラッキーアイテム

旅行、本。

冬至から小寒生まれ(12/22~1/19頃)

女性の協力者、友人を大切にしましょう。
仕事で上司の立場にある人は若い女性の意見やチームを採用すると吉。

ラッキーアイテム

生花・ハーブ類。温泉やプールも吉。

大寒から立春生まれ(1/20~2/18頃)

美味しい話・儲け話の類が舞い込んできそうですが乗らないのが吉。
習い事や物品購入の勧誘で思わぬ損や身動きが取れない状態になりそうなので慎重に。
理不尽な攻撃やトラブルには慌てて動かない事が大切。

ラッキーアイテム

ガラス製品。

春生まれの人は暑さに疲れ気味な人が多いようです。
心身共に低調で、気の変化の影響から情緒・体調とも不安定になりがち。
無理せず心身のケアとリラックスを心がけましょう。


雨水から啓蟄生まれ(2/19~3/20頃)

前半はトラブル続きで思わぬ出費や予定外のアクシデントに見舞われそうです。
屋外でアクティブに過ごすより、屋内での知的活動が吉。
落ち込むことがあっても後半は意外な人や方面からの協力があり好転します。

ラッキーアイテム

鏡。

春分から清明生まれ(3/21~4/19頃)

やや低調気味ですが全体としては安定した運勢です。
暑さ疲れや集中力不足から仕事上のミス、思わぬ出費につながりそう。
自分の心身の調子を整えて無理をしない事、客観的な判断が肝要です。

ラッキーアイテム

図書館や本屋。

穀雨から立夏生まれ(4/20~5/20頃)

色々と頭の痛い問題や意味もなく落ち込んだ気分になりがち。
暑さ負けと疲労が溜まり気味のようです。
一日か二日、思い切った休養期間を設けましょう。
一人での小旅行や手先を使うクラフトなどがおススメ。

ラッキーアイテム

銀細工・小さなアクセサリー。

世界に1人のあなたをパーフェクトにする世界に1つのオートクチュールオーガニック・フレグランス ”Fivele” (フィヴェール)【IN YOU Market 限定販売】

¥ 35,160 ~ ¥ 37,800 (税込)

7/23~8/22時期の夏生まれの気になる性格・特徴。



この期間に生まれた人は、表面的には夏の晴れた空のように
エネルギッシュで快活、明るい大らかさが目立ちます。
「夏生まれ」という言葉から連想される印象を裏切らない人が多いのが特徴です。

しかし内側では人の評価や視線が気になり、
意外に根深く悩みや不信・心配事を抱え込む人が多いです。

夏の司る火気の内側に秋の司る金気を持つ故ですが、
まだ表面上は火気の勢いが強く表れているため、活動的・情熱的・自信ややる気、
実行力といった純粋な火気の持つ面が強調されて見えるのです。

内面には新しく生まれ増大してきた陰の気=金気を抱えているので
本質的に無邪気な子供のような優しさや思いやりを持っています。
金属の持つ固さと輝きのように強い意志と、人の視線を集めることが好きです。

しかし、この二つの性質がマイナス面に作用すると、自己顕示欲や我儘が強く、
他者の意見に耳を傾けない意固地さや鬱屈した不満を抱えることも。

土用の期間にあたる事も関係して、気分屋で若干情緒不安定な一面や
子供のように興味がクルクル変わる飽き性な面が出てきます。

しかし一度気持ちが固まる、腹をくくってしまうことが出来れば、
それまでの概念や慣習をひっくり返す大胆な改革や変革の先頭に立つ人が多いのも特徴。
良くも悪くもダイナミックに変化する力を持っている人が多いのです。


万事に派手さや大胆な印象ながら傷つきやすい内面を持つ



実際の体感温度では立秋は暑さのピーク。
暑中見舞いから残暑見舞いに時候の挨拶は変わっても、
日がさしている間は炙られるような暑さです。

残暑の8月の方が夏を強く感じる人も多いでしょう。

蝋燭の最後の燃焼のように火気の勢いが増しているように見える為、
この時期生まれの人は社交的で本人が意識せずとも目立つ人、
人の輪に中心にいることが多いです。


燃料さえあれば燃える火のように、実際に人の中で目立つこと、称賛を受けることが
大きな活力源となりますから、褒められることも人一倍好きです。

野心や打算で計画的に、というよりも子供のように
無邪気に人脈や交友関係を広げていくので
天性のリーダー性を持っています。

反面、人からのマイナスの感情には意外に弱く怒られることが苦手。
自分が納得できない事には反感や不満をずっと内心で持ち続けます。

また自分でも自分の内面で起こる変化や矛盾をうまくつかめない事も多く、
他者に理解できるように伝える・表現することがかなり苦手です。

これは金の気がまだやっと大きく育ち始めた段階であることに関係します。
金の気は呼吸器である肺と体内の呼吸とでも言うべき腸を司り、
鼻や声、愛情・気迫などを支配しています。

呼吸の風が作る声と言葉=表現ですから、金の気がまだ未熟で、
陰と陽の気が不安定な状態では自分の感情を上手く表現できず、自信を無くしがちになるのです。

この時期生まれの人は、そうした自分の状態を客観的に整理・観察することが課題です。
言い換えれば感性・直感重視の人で、論理的思考力や分析力を身に着けることが必要なのです。

対人関係では未熟な自分の言葉に根気よく耳を傾け、
冷静な思考力や観察力で考えを整理するのを手伝ってくれる人、
表現を補ってくれる人を友人や配偶者に持つことで安定と自信を得ることが出来ます。

人間関係はこの時期生まれの人にとっては特に大切ですので、
広く浅くよりも質の高さを考えていくと良いでしょう。

宮崎県の高千穂地方だけに古くから伝わる、遠赤外線効果で身体を芯まで温められるお風呂用パワーストーン 1〜3袋セット

¥ 6,588 ~ ¥ 17,626 (税込)

大暑と立秋、夏にやってほしい優雅な風習とおまじない



この時期の行事と言えば各地で行われる夏祭りですね。
花火大会も催されますから、夏と言えば祭りと連想する人も多いでしょう。

しかし旧暦七月は何といっても七夕からお盆がメインイベント。

七夕は元々、祖霊祭の前に行われる禊祓いの行事でした。

中国から伝わった機織りや技芸の上達を星に願う乞巧奠と、
牽牛織女が出会う星祭りの行事とが融合して現在伝わるスタイルとなっています。


七夕には恋愛成就のお呪いでしょ!と思う人も多いと思いますが、
ここでは陽と陰が入れ替わる立秋以降を健やかに過ごし、
女子力をアップさせるおまじないを紹介します。

外面ばかりを飾るより、健康的でしっかりとした内面の充実が外面に現れて魅力的。
そんなオーガニック美人を目指す手助けになるはずです。


夏のおまじない1:星に願いを。水鏡に星を移して願う



七夕の行事は日本及び中華文化圏で今も祝われています。
国や地方によって特色や違いがありますが、共通しているのは
星や北斗七星であらわされる仙女に供え物をし、願いをかけること。

主に針仕事や機織り・手芸、他には技芸(歌舞音曲)の上達が古来は願い事の主流でした。
当時の女子に求められる魅力や技術、つまり女子力アップです。

興味深いのは日本の宮中では平安時代、一晩中香を炊き、牽牛と織女が無事に出会えることを祈ることが
行事の一環で行われていました。二つ星が無事に出会い幸福になることで、
地上の恋人たちや女性の魅力アップのお願いも叶えられると考えたのでしょうか?

他者の幸福が自分の幸福につながるという考え方は、
これからの持続可能な社会を作るうえで益々重要な考え方です。



このおまじないは出来るなら旧暦七月七日の深夜12時から1時ごろに行うのが理想です。

用意する物

水を入れる器
生け花で使う水盤がおススメ。水が入る深さと広い口のある器を用意しましょう。
ろうそく(無くても可) 
人工的な灯りは星の邪魔になります。控えめな間接照明でも可。
晴れていれば月明かりもあるので、真っ暗で危険でない程度の灯りで充分です。

短冊

 器に入る程度に白い紙を切ったものでOK

針と糸

 穴の大きい刺繍針
 糸は黄・赤・紫(または黒)・青・白の五行の色です。
 香と香炉または香立て(無くても可)

やり方

1 入浴後、心身をきれいにしてから行いましょう。
2 ベランダに台を置く、または窓際にテーブルを置いて器に水を張ります。
 夜空が水面に映ることが大切です。
3 短冊に願い事を書きます。願い事の内容は可能な限り具体的に、脳内で情景を
 イメージすることが大切です。
4 次に五色五本の糸をより合わせてから、刺繍針に通します。通すときは月に向かって
  願い事を思い浮かべてから静かに通します。
5 水面に星空が映っていることを確認します。深夜の12時から1時ごろには
  七夕の星が天頂近くに来ています。二つの星が映っているのを確認したら、
 左手で静かに器の中の水をかきまわします。
 この時は二つの星が出会い幸福になることを願いましょう。
6 次に短冊をそっと浮かべ、その短冊の上に糸の着いた針を載せます。


クルクルと短冊が回り波紋がたくさん生まれれば、二つ星のご利益が働くでしょう。
紙と針が水に沈めば、障害となる要素が水で清められた印です。

中華圏では、七夕の夜(あるいは六日の夜)に女性だけで集まって、
月や星にご馳走を備えゲームやおまじないをして楽しむ風習が各地にあります。

今でいう女子会、それも村の女性は殆ど集まっていました。
地方や国によっては老齢の女性は参加できなかったようです。

陰の気は女性に対応していますから、
新たに活性化してきた清浄な陰の気を取り込み、
女子力アップを図ったのかもしれませんね。


夏のおまじない2:青から紫へと変化するハーブで宝石のような氷を



体を冷やすのは良くないとはいえ、暑さが年々厳しくなる昨今は
冷たい飲み物も適宜利用することは体の調子を整えるためには必要です。

冷たい飲み物や食べ物も、冷やしすぎ・常用による過剰な摂取が問題になるのであって、
時には疲れた心身を癒してくれるリラックスアイテムになります。

美しく清涼感のある色とアントシアニンの効果でリラックスを促す
ブルーマロウで氷やゼリーを作ってみるのはいかがですか?

ブルーマロウには喉・気管支・胃腸の炎症に効果がある事が認められています。
化粧水にすれば肌を柔らかくし保湿効果あり。敏感肌の人にも向いていますが、
なんといってもその色の美しさが最大の特徴でしょう。

熱湯を注ぐとポットの中で美しいブルーが広がります。
時間経過と共に徐々に淡いピンクへと色を変え、レモンなどのクエン酸を加えると鮮やかな紫色へ。

夜明けを思わせる色の変化からズバリ「夜明けのハーブ」と呼ばれ、
西洋の古い医学では月と女性に属するハーブとされていました。
青い色からも陰性で抗炎症やリラックス効果をもたらすことがわかりますね。

この色を生かして時には目にも体にも心にも涼しさをもたらすアイスティーで
火照った体をクールダウンしましょう。

他にレモングラス、ミント、レモンバーム、スィートマジョラム、ローズヒップなどは
暑さで疲れた心身を癒し、胃腸の強化、ビタミンを補給してくれますからブレンドするのもおススメです。

作り方


① オーガニックのブルーマロウを用意します。
② 新鮮な水を沸かし、ポットにブルーマロウを入れて熱湯を注ぎます。
③ きれいな青色が出たら、素早く耐熱容器や製氷皿に移して冷凍庫で凍らせます。
  時間経過に従って色が変化しますから、凍るまでの時間が短いほどきれいな青色が
  残ります。
④ 氷が出来たら、再び熱湯でブルーマロウティーを淹れて
  ③の氷をいっぱいに詰めたグラスに注ぎます。

★透明なグラスに注げば目にも涼しく、氷が宝石のように美しいアイスティーになります。
★粉末寒天4gを100㏄程度の水で甜菜糖などと共に煮溶かしてから、淹れたての
ブルーマロウティー400㏄を加えて冷やし固めれば、目にも美しいデザートに。
綺麗にカットする、または手でクラッシュ状にして、果物と共に冷たく冷やした
天然果汁やココナッツミルクに浮かべても楽しめます。



夏の季節を優雅に過ごして秋を迎えよう



大暑から立秋の残暑は感覚的には一番の暑さの時期です。
室外機やコンクリート建造物の蓄熱で常に温まっている都会では、
文字通り厳しい暑さが続く時期でしょう。

けれど夕暮れは確実に夏至よりも早くなり、夜明けには寒いほど涼しくなってくるのが立秋以降です。

  秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども
         風の音にぞ 驚かねぬる 
          古今集 巻4 秋歌169 藤原敏行朝臣


見た目にハッキリとは見えなくても、既に秋が訪っているのだ。
風の音にハッと驚かされてそのことに気づかされた、という意の有名な秋を呼んだ歌。

ちなみに秋の金気は風を司っていますから
秋の歌には風、風の音、風が揺らす秋草の情景などが
数多く詠みこまれています。

目には見えない風という存在に秋を見出す繊細な感覚と美意識が
この歌を優れた秋の歌にしているのでしょう。

この歌のままに、目や耳ではっきり捉えることが出来なくても、
常に陰陽五行は循環し季節は動き続けています。

空に浮かぶ雲の種類が変わり、夕暮れ時の光線の当たり具合も、目を凝らし感覚を研ぎ澄ませば、
少しずつ実感できるようになるのが立秋以降の季節。

古人が和歌に詠んだように、自らの五感でダイナミックな、
けれど繊細なそれらの変化や動きをゆったりと感じとる時間を時には作ってみましょう。

そんな時間が自分の中にある気の流れ、あるいは滞りに気づくきっかけとなり、、
健やかな心身と女子力のアップにもつながるはずです。

IN YOU Marketのオススメオーガニック商品

<たっぷり2.5-3.5ヶ月分でお得!>ミネラルならこれ1つ。あなたの毎日が輝き始める無味無臭「飲むミネラル」 by Minery(ミネリー)

¥ 18,225 (税込)

世界に1人のあなたをパーフェクトにする世界に1つのオートクチュールオーガニック・フレグランス ”Fivele” (フィヴェール)【IN YOU Market 限定販売】

¥ 35,160 ~ ¥ 37,800 (税込)

いつでも自分らしくいたいあなたへ。希少な国産の自然栽培(無農薬)ホワイトセージから生まれた浄化スプレー

¥ 2,700 ~ ¥ 8,424 (税込)


この記事を読んだ方にオススメの記事

不妊・発達障害・花粉症のリスクも上げかねない合成香料と化学物質入りの洗濯洗剤をまだ使い続けますか?

無自覚にモンスターペアレントになってませんか?|教育現場以外でも向き合うべき発達障害の問題。 今だからこそ考えたい教育の在り方と教育現場

トラウマが引き起こす7つの状態とは| 自分のペースで行える、トラウマを克服するナチュラルなイメージ方法4選

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

藤條 遙
屋久島在住。日常的に、無理なく、楽しくを基本スタンスに自家用畑と田んぼ&ゆるゆるの菜食・オーガニックカフェ&ゲストハウスを経営する半農半X生活者。日々鍬と鋸と刈り払い機をぶん回しつつ、時々ライターと占い師&神道行者。子ども三人の衣類におやつ、調味料まで、手作りできるものは何でも作ってみる生活。野良仕事以外では着物暮らし。
あなたにお勧めの記事
関連記事

minery

LINE@

mailmagazine

minery

me

minery

ページ上部へ