メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

こんなにあったりんごの驚くべき効能と栄養。 毎日1個のりんごで病気を遠ざけよう!

ほんのり
30代2児のママであり、正看護師。  正看護師歴約10年。  独身時代、頭痛や生理痛など小さな不調を多く抱えていた。結婚し妊娠・出産・子育てを経験し、又こどもがアトピーということも加わり、アロマやハーブ、薬膳など自然のもので身体をケアしていく事に興味を持ち始め、体にやさしい生活の大切さを実感する。普段の食事や環境を整え、自然治癒力を引き出す生活を日々実践中。  幸せな人生を歩む為には、心と身体の健康は必須。「身体を整えることは人生の土台を整えること」を軸に、ゆるーく自然派生活のススメを発信中。  こども、そして自分自身が持つ身体の本来の力を引きだし、こどもらしい、自分らしい人生を送れるように。そんなママたちを応援します!

IN YOU読者の皆様こんにちは、看護師のほんのりです。

秋まっただ中。野菜や果物がおいしい季節ですね。



その中でも今回は、
比較的長い旬を楽しめて、あらゆる効果が期待できるお役立ちな果物、
”りんご”についてお伝えしたいと思います!

身近な健康くだもの”りんご”



りんごはバラ科りんご属の樹木になる果実です。

日本には、明治初期に日本に導入され、日本の気候風土に合わせて様々に品種改良されており、現在の日本では約2000種類ほどの品種が生まれています。

現在スーパーなどでで多く目にするのは

□ふじ
□ジョナゴールド
□王林
□紅玉
□つがる


などが一般的でしょうか。

りんごの旬の時期は?

品種にもよりますし、また冷蔵での貯蔵もかなり長くできる果実なので収穫時期は様々ですが、一般的におおむね秋~冬にかけて出回ります。

☆超貴重な有機レベルの美味しいりんごはこちら!

知っていますか?りんごのこんな働き



An apple a day keeps the doctor away
(一日一個のりんごは、医者を遠ざける)


というイギリスのことわざがあります。
りんごは、世界各地でも逸話や民話などで「万病の薬」として言い伝えられている、万能な果物なのです!


りんごに含まれる栄養素


2016年度版「青森りんご」(青森県農林水産部りんご果樹課)より引用

りんごに含まれる主な成分はこちらです。

□カリウム
□食物繊維(水溶性・脂溶性)
□有機酸(りんご酸・クエン酸・酒石酸)
□ビタミンC
□ポリフェノール


です。

漢方的りんごの働き

漢方でも、りんごは”元気をつけ、唾液を出して渇きを止め、胃腸の働きを良くする”作用があると言われています。

五味:酸・甘 
五性:涼
帰経:心・脾


涼の食物なので、からだの熱を取り冷やす作用があります。
脾(胃腸)や心に働きかけます。

以下で詳細を説明しますね。

こんなにたくさん効果あり!りんごの魅力とは?



カリウム

高血圧予防


カリウムは、細胞内の水分量調整や、酸とアルカリの平衡維持、筋肉の収縮、神経細胞の刺激伝達に関わっています。
カリウムはナトリウムと相互に働き、過剰に摂取したナトリウムを体外へ排泄する作用がありますので、むくみや血圧の調整に繋がります。

ナトリウムはとり過ぎると高血圧の一因になりますが、その一方でカリウムは血圧を下げる働きがあるため、カリウムの摂取は高血圧の予防に効果的と言えるのです。


食物繊維ペクチン



便秘、整腸作用

りんごの中のセルロース、ペクチン、リグニン、ガラクトマンナンといった食物繊維があります。
中でもアップルペクチンは、ペクチンの中でもりんごの皮に多く含まれる水溶性食物繊維です。
アップルペクチンは大腸に届き、腸内の乳酸菌の餌となることによって、善玉菌を増殖させてくれる作用があり、便秘の解消に繋がるのです。

☆お通じでお悩みの方にも!超貴重な有機レベルの美味しいりんご


糖尿病・高脂血症予防

さらに、アップルペクチンの効果として、血中のコレステロール値の低下、血糖値の上昇の抑制などがあります。

◆アレルギー予防

花粉症・ぜん息・アトピーなどのアレルギーの原因は、ヒスタミンという物質です。
リンゴペクチンは、このヒスタミンの血液中の濃度をさげるという実験結果が多く報告されています。


有機酸(りんご酸・クエン酸・酒石酸)



疲労回復

りんごにはリンゴ酸やクエン酸といった有機酸が含まれていて、いずれも疲労を回復させる作用があります。
身体の中に溜まった疲労の元となる乳酸やピルビン酸などを減らしてくれるのです。

炎症鎮静作用

また、酸には炎症を鎮める働きがあるので、扁桃腺炎・気管支炎や肝炎、膀胱炎などの炎症疾患の治癒を早めてくれます。

ちなみに、りんごをすりおろすことで酵素が活発になりますので、疲れが激しい時・上記のような風邪や炎症疾患にはおすすめです!

☆お子様の不調時にも大活躍!超貴重な有機りんご

ビタミンC



美肌効果(日焼け、シミ、くすみ、ニキビなど)

りんごにはビタミンCも含まれています。
みなさんご存知の通り、美肌成分のエース的存在です。

ビタミンCには強い抗酸化作用があり、老化の原因となる活性酸素を除去する働きがあるので、カラダの老化を防ぐ、アンチエイジング効果があります。

また、シミやくすみの原因となるメラニン色素の合成を抑える効能もあるため、紫外線ダメージから皮膚細胞の遺伝子をガード。
ニキビ跡などの色素沈着も緩和します。

免疫力向上

更に、ウィルスを排除する白血球の働きを強化する効能がありますので、免疫力の向上と風邪予防の効果もあります。

☆超貴重な有機りんごでおいしい葛練りを作ろう!


ポリフェノール



ポリフェノールは抗酸化作用、老化を促進させる活性酸素の抑制、生活習慣によって生じる様々な不調のケアなどに役立つと言われ、その種類は8000種もあると言われています。

美肌効果

お肌のシミは、メラニン色素の生成によってできますが、光や紫外線の刺激によって、チロシナーゼというメラニンを生成する酵素の働きが増加し、シミになってしまいます。りんごポリフェノールは、このチロシナーゼの働きを抑え、メラニン色素の生成を抑制します。

がんの抑制

りんごに含まれるポリフェノールが、老化や病気の原因となる活性酸素の過剰を抑え、がん細胞の自殺を促します。
また、ビタミンCが体内の活性酸素を消し去る働きをします。


自然の恵みは、大切な”くすり”です



漢方では4千年も前から、主に植物を使った生薬を用いて薬とし、病気を治してきました。
野草だけでなく、野菜・果物も薬として扱ってきたのです。

それだけでなく、豆類、海藻類、肉、魚、卵、乳製品なども、その食べ物に含まれている”栄養素”があり、それらは全て”薬効”となるのです。

自然の恵みを正しく適度に食べることは、わたしたちのからだを創り、また不調を治してくれるくすりなのです。


肉や卵、乳製品が悪者にされがちな現代ですが、悪者になってしまうのは、その人にとって必要量以上に摂取しているから。
現代の問題は、食べ物の正しい知識をわからずに、偏ったり過食になることが病気を引き起こすことになってしまうのです。

食材そのものには、罪はありません。
どんなものにも、栄養素があるし、わたしたちのからだを支えてくれる貴重なものです。


正しい知識をもち、その時の自然の流れや、からだの調子に合わせた、適切な食事をする。

是非みなさんも、そんなことを意識して食事と向き合ってください!

今年もついに登場!IN YOU Marketで有機レベルの美味しいりんごを買おう

期間限定、数量限定!超貴重な農薬化学肥料不使用のりんごセット

¥ 4,500 ~ ¥ 12,501 (税込)

IN YOU Marketで薬代わりにもなる安心な食材も今すぐチェック!

こだわりの梅酢と塩のみで作られた料理に使いやすいオーガニック練り梅ペースト 2〜3個

¥2,160 ~ ¥ 2,916 (税込)

熊本産!20年以上農薬化学肥料不使用で作られた在来種のれんこんでできたレンコンパウダー 1〜3個セット

¥ 1,304 ~ ¥ 3,054 (税込)

戻すと8倍に増える乾燥ひじきの中でもお徳用サイズな国産天然の貴重な芽ひじき

¥ 4,968 ~ ¥ 8,262 (税込)


こちらの記事もおすすめです!

不調時にも食べられる。材料2つ!マクロビオティックノンシュガー養生食「りんごの葛ねり」の作り方

10分で絶品養生レシピ「無農薬りんごのウォーターソテー」の作り方とおやつ&料理へのアレンジ術。食欲不振や慢性疲労にも。

今の時期の感染症1位である胃腸炎。1日1個のりんごで免疫力をアップしウイルスから身を守る。

参考:薬日本堂監修 毎日役立つ からだにやさしい薬膳・漢方の食材帖 
   医学博士 石原結實著 医者いらずの食べ物辞典
   田村りんご園 りんごパワーhttp://www.tamuraen.com/index.html
   一般社団法人 青森県りんご対策協議会 青森りんご公式サイトhttps://www.aomori-ringo.or.jp/

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ほんのり
30代2児のママであり、正看護師。  正看護師歴約10年。  独身時代、頭痛や生理痛など小さな不調を多く抱えていた。結婚し妊娠・出産・子育てを経験し、又こどもがアトピーということも加わり、アロマやハーブ、薬膳など自然のもので身体をケアしていく事に興味を持ち始め、体にやさしい生活の大切さを実感する。普段の食事や環境を整え、自然治癒力を引き出す生活を日々実践中。  幸せな人生を歩む為には、心と身体の健康は必須。「身体を整えることは人生の土台を整えること」を軸に、ゆるーく自然派生活のススメを発信中。  こども、そして自分自身が持つ身体の本来の力を引きだし、こどもらしい、自分らしい人生を送れるように。そんなママたちを応援します!
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ