メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

ヘビースモーカーだった祖父が90歳まで病気をしなかった理由と長寿の食事と秘訣を検証!サプリや薬ではない、食生活が身体を作っている事実を目の前で見てきた私の考え

kanekoyuka
3児の母。 8年間の小学校教員生活を経て、主人の海外赴任の都合で渡米。4年間のアメリカ生活を経て、日本に帰国しました。 アメリカでは高額であることから、日本のように気軽に医療にかかれません。そこでホメオパシーやカイロなどのセルフケアの重要性、望めばすぐ手に入るオーガニック食材など、健康と真っ直ぐに向き合える環境に感動しました。 アメリカではアロマセラピーを学び、日常のセルフケアに取り入れています。

しあわせなことに私には、90過ぎまで長生きしてくれた祖父母が3人いました。


母方の祖父は戦争で亡くなりましたが、他の3人はとても元気に90過ぎまで、いつもそばで応援してくれました。
特に父方の祖父母とは、私が産まれてから18で家を出るまで同居で、身近な存在でした。

さて、日本人の二人に一人が癌になるとか、喫煙者の肩身が狭く受動喫煙さえも社会問題になっている現代ですが、
私の祖父母に関して言えば、そんな病気と向き合わずに来れたことは「とてもラッキー」「運がいい」ことだと思っていました。

でも、今になってこうして健康と向き合ううちに、健康であることが「ラッキー」や「運」だけではないことに気づいたのです。


祖父はヘビースモーカー。有害物質を吸っていたのに、なぜか肺がんにはならなかった!?

5e613ad85c4e4aa517f2c20dd0dfe783_s
こう書くと、喫煙者を肯定するようで誤解を生むかもしれません。
(タバコを推奨しているわけではありませんのでご了承ください)

でも、これは私の長年の疑問でした。

「部屋の壁が変色するほどいつもタバコを吸っているのに、いつまでも元気」な祖父と、そんな部屋でずっと一緒にいる祖母。
歩きたばこの煙でさえ有害とされるこの時代には考えられないほどの受動喫煙を強いられてきたそんな祖母さえ、93まで健在でした。

テレビを拭けば真っ黒にススがつくほどタバコを吸っていた祖父の健康だった理由を探ってみようと思ったのです。

戦争体験者の祖父母は、戦争前後は壮絶な生活を強いられていました。特に祖父については手記を読むと、「良く生きることをあきらめずにいてくれたな」と思うほど。
決して、健康に対してお金を使ってきたわけではありませんし、戦前戦後はむしろ逆に食べ物に困っていたといえるでしょう。

もちろんサプリは摂ったこともなく、贅沢な外食も祖父母とした記憶がありません。
でも、たばこの害を長年体の中で無害化してきた何かがあるはずなのです。

そんなザ・ヘビースモーカーな祖父の食生活を、私なりに思い出してみました。

祖父の食生活が、癌に負けない身体を作っていた

5ff482daef046ff0cc81b9336d9927b2_s
便利で豊富な食生活を送っている現代の私達。

望めば手に入るものばかりで、レトルトで調理も簡単になるなど、昔の人からすれば今の人は恵まれすぎているのではないでしょうか。
そんな現代の多様な食事に馴染めなかったのが、祖父でした。

今考えれば、それが祖父の長寿の秘訣に違いなかったのです。

祖父母の食のスタイルは純和食。


祖父母の食事はいつも和食でした。

お肉はたまに食べるけれど、基本は苦手。
一汁三菜といえども、しっかりしたおかずというよりは少しのお漬物とお魚などのつまむ程度のおかずでした。

洋食も苦手。
スパゲティやピザ、ハンバーガーといったものは苦手でした。

一度学生の頃にマックを買ってきたときにハンバーガーにチャレンジしたものの、やはりだめ。
朝にパンを食べているのも見たことがありません。

孫と過ごしていれば少しくらい洋食も口にしそうなものですが、とにかく祖父母の食事は「純和食」であったのです。

毎日の味噌に隠された強力な解毒作用と腸整作用

言わずもがな、和食のバランスは世界でも類を見ないほど優れているといわれ、各国では日本食ブームとなっているほど。
中でも毎日の味噌汁は、効果てきめん。

みそに含まれる様々な酵素が解毒作用を持ち、体外に毒素を排出する作用があります。
さらに、味噌に含まれる「メラノイジン」という物質が腸内の乳酸菌を数十倍に増やすことも研究でわかっています。
乳酸菌によって活性化された腸が免疫力を上げてくれるのです。

刺身を食べて生の酵素とオメガ3を摂取

sashimi-689148_960_720
毎晩食卓に並んでいたのは、お刺身でした。
母が毎晩用意する刺身はその日その日で違っていましたが、必ず祖父と父の席に刺身があったものです。刺身は、生の魚です。
生魚には良質なオメガ3が含まれています。

オメガ3は血液をサラサラにしてくれる作用があり、癌や血栓、高血圧、認知症予防が期待できるのです。
生の酵素もたっぷりとれるため、ビタミンやミネラルがしっかりと体の中で働ける環境が体内に作られます。

食事はゆっくりとって、腹7分目

chopping-2569036_640
今、我が家の旦那に祖父と同じような食事を出したら「足りない」とか、すぐ「お腹空いた」とか、「お腹いっぱいにならない」というでしょう。
それくらい食事の量は多くはありませんでした。

しかし、私と祖父はいつも食べ終わるのが最後。
よく噛んでゆっくり食べるので、たくさんの量は必要なかったのです。
よく噛むことで満腹感が得られ、脳の活性につながることは良く知られています。

結果的に毎日の食事でよく噛むことが、生活習慣病や認知症の予防に深くつながっていたのです。

毎日毎回緑茶を飲む。

2d340440cf895263c316a18496af4fb9_s
毎食の飲み物は緑茶。
食後も緑茶。
昼間の水分補給も緑茶。

湯呑をもってリビングに現れては温かいお茶を淹れ、部屋に戻っていくというのは今でも普通に思い出せる光景です。
もっというと、祖父は緑茶でうがいもしていました。今思えばこれが虫歯の予防にもなっていたんですよね。

つい先日には、テレビで緑茶のすごい効果が放送されているのをを見て、「祖父が自然にやっていたことがテレビで騒がれている・・・!!」
と衝撃を受けたものです。

緑茶のメリットとは

ご存知の通り、カテキンの宝庫である緑茶はとても体が喜ぶ飲み物。
抗菌殺菌能力に優れているカテキンは、除菌アイテムにも使用されるほどですよね。

すでに静岡県立大学の研究チームにより、緑茶に含まれるポリフェノールは癌の抑制効果があることがわかっています。
さらに食後の血糖値を下げ、phバランスを整えるなど、体内のバランスを整えてくれる飲み物でもあります。

そんな緑茶を水を飲むかのように飲んでいた祖父。
身体に絶え間なく送り込んでいた緑茶は、間違いなく祖父の健康に一役買っていたのです。

毎晩日本酒で晩酌する。

酒
祖父は大のお酒好き。とはいえ、日本酒一筋。
炭酸は苦手なので、ビールやチューハイは飲むことがありませんでした。
酔っぱらうほど飲むわけでもなく、徳利に半分ほどをちょこちょこ少量、飲む。そんな日本酒の飲み方も、実は体に良いことがわかったのです。

日本酒のメリットとは

原材料の栄養がそのまま取れる造り方をしているお酒が醸造酒。
米と米麹からできている日本酒は、700以上の栄養がたっぷり詰まっていて、特にアミノ酸はダントツ多い含有量となっています。
これは麹が酵素を大量に発生させ、米のでんぷんを糖やアミノ酸へと分解する働きがある為なんだそう。

また日本酒に含まれる「フェルラ酸」という物質は、アルツハイマー治療に効果的な成分が含まれていることが発見されました。
紫外線のダメージを避け、抗酸化作用もあるというすごい成分です。

更に、日本酒には血管拡張作用があるアデノシンの含有量が他のお酒よりも高い為、血流がよくなり身体を温め、代謝を高めてくれます。
近年の研究で、これらの日本酒に含まれる様々な栄養素が世界から注目されています。
美容効果も期待できるとハリウッドからも愛飲するセレブが続出しているという話も聞きますよね。

しかしアルコールが体に悪いという情報もありますから、必ずしも日本酒を飲めば健康になるということではありません。
たまたま祖父の場合は体に合っていただけかもしれません。

「酒は百薬の長」って本当?お酒が「毒」と言われる理由と、元アルコール漬けで丸2年断酒できている、私が考えるお酒との上手な付き合い方

甘いものが嫌い、スナックは食べない

4a0173cf01f290a4f3d92104647bccd9_s
とにかく甘いものは食べなかった祖父。
スイーツというスイーツはもちろんのこと、和菓子さえも口にしませんでした。
というか、「お菓子」と言われるもの全般に手を出しているのを見たことがありません。

今の子どもと違い、子どものころから食べる習慣がなかったというのもありますが、「よくわからないもの」を食べるという事を嫌っていたように思います。
確かに最近のお菓子は、「何からできているのか」が非常に見えにくいです。

原材料を見ても、それが一体どんな物質であるのかがわからないものの方が多いのではないでしょうか。

戦後に急速に育っていった、そうした新しい食文化には全く興味を示さなかった祖父。
結果的に添加物を避けていたことになっていたとは、いまさらながらに知ったのです。

口にしたものが身体を作る、というのは数十年後にわかる。

注意:タバコは吸わないに越したことはありません。

5f346413f690795352acda674cb65d16_s
思い出せば特別なことは何一つせず、贅沢に外食をすることもあまりなかった祖父。
祖父の食生活が正しいとか、真似すれば長生きできるとか、そういったことを言いたくてこの記事を書いたのではありません。

また、中にはタバコが原因で、肺ガンになってしまう人もたくさんいますからタバコを推奨する気持ちは微塵もありません。
有害な物質はなるべく取り込まないのが健康の基本ですから、受動喫煙も含めてタバコは避けるに越したことはないと思います。

そして、遺伝やストレスなど食生活以外の要素もたくさんありますから、同じ生活をしていても、ガンになる人はいるでしょう。
祖父の体がたまたま強かったのもあるかもしれません。

一本のタバコが一生の後悔に繋がるかもしれない。本当にその一本は必要ですか?喫煙者とその家族に知ってもらいたいタバコの真実。


受動喫煙は子どもの学力低下を招いていた!その1本が子どもの将来を変えてしまうかも?子育ての一環として禁煙始めよう。


しかしこうした「毎日の食事」が、タバコのような有害物質にも負けない身体を作っていっていたことに疑いはありません。
そのことを一番に伝えたくて、わかりやすい例として祖父のことを書きました。

若くて元気なうちは、何を食べてもイマイチ不調を感じずに好きなものを好きなだけ食べがち。


The-Best-Gluten-Free-Bread-Ever-WholeLifestyleNutrition.com3_.001
「体に入っていくもので、体は作られる」という当たり前の感覚を取り戻さなければ、簡単に病魔に襲われてしまう事でしょう。
現代の人々は、添加物や加工食品が身近すぎて当たり前となり、このあたりの感覚がマヒしているように思います。

久々にゆっくりと祖父のことを思い出して書いてみました。
祖父と過ごした日々は、その瞬間を大切にしたものでとても濃いものでした。

80を過ぎて独学で学んだ英語を試しにニューヨークまで行ったり、自分の戦争の舞台となったセブ島を訪れたりと、健康長寿であることの幸せを背中で語ってくれました。テレビをつけたまま時間ばかり経ってしまうとか、なんとなく口に物を入れてお腹を満たすだけの日々が続いていたなあと思う方。

少し立ち止まって、「食べる」ことは「命」そのものなのだと振り返ってみませんか。



関連商品

あなたにオススメしたいオーガニックな朝ごはんに必須アイテム「無農薬味噌汁」

電視みそ 炭とイオン化した水(電子水)が自然栽培米と出会って起きた「奇跡」。これ以上はない、こだわりの味噌と甘酒。今すぐここをクリック!

お味噌と甘酒を作っている麹屋さんは岡山県で60年以上続く老舗。
自然に逆らわず、自然の力を最大限に生かした味噌作りをモットーにしています。
蔵のすぐそばには清流が流れており、もともと自然に恵まれた味噌作りに適した場所でしたが、
時代の流れが様々な環境変化をもたらし、目に見えないところで品質に影響を与えるようになっていったそうです。
味噌作りの工程で使う水は全て電子水を使用しています。
また、味噌蔵は、床・壁・天井の全てを備長炭で覆った炭蔵。
味噌蔵特有の発酵臭を感じないほどに空気が清浄に保たれているのだそうです。
このお味噌は、原材料にも究極のこだわりがあるのです。
それは、「奇跡のりんご」の木村秋則さんの指導を忠実に守って作った自然栽培米(岡山県産)と自然栽培大豆(北海道産)を使っていること。
自然栽培は、化学肥料や農薬を使わないのはもとより、有機肥料や堆肥すら使わず、太陽・水・土の力だけで栽培します。


0515114711_5afa4a2f586a8


オススメの記事

日本酒の蔵元だった祖父は井戸水汚染により廃業しました。豊洲移転問題で注目された農薬や有害物質による土壌、水質汚染の実態とは?

有害物質はどこから吸収され、どこに行くの?本当に一番怖い吸収経路は出口のない経皮吸収だった。今すぐ知っておきたい私達の身体と有害物質の関係

基準がゆるすぎる日本のタバコ規制。タバコを吸わない人は受動喫煙をどのように回避すべきなのか

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kanekoyuka
3児の母。 8年間の小学校教員生活を経て、主人の海外赴任の都合で渡米。4年間のアメリカ生活を経て、日本に帰国しました。 アメリカでは高額であることから、日本のように気軽に医療にかかれません。そこでホメオパシーやカイロなどのセルフケアの重要性、望めばすぐ手に入るオーガニック食材など、健康と真っ直ぐに向き合える環境に感動しました。 アメリカではアロマセラピーを学び、日常のセルフケアに取り入れています。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ