メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

コーヒーの残りかすは捨てたらもったいない!生活で使いまわせる意外で嬉しい万能活用法テクニックお伝えします。

AKIKO MIYAKAWA
子どものころから身体が弱く、アレルギーや虚弱体質でしたので、 少しでも健やかになれるよう薬膳インストラクター、マクロビオティックセラピスト、アロマテラピーなどについて学びを深めております。 IN YOUでは健やかな暮らしのヒントを発信していきたいと考えております。

ダイエットだけじゃない!コーヒーはこんなに役に立つ


コーヒーといえば胃に悪い、眠れないという印象がありました。
しかし、脂肪を燃やす働きがあるのがわかり、一気にコーヒ−の健康効果が見直されています。

最近ココナッツオイルコーヒーも大流行していますね。

IN YOUでもオーガニックコーヒーが大人気です。

しかし粉や豆から抽出したコーヒーの残りカス、皆さんはどうしていますか?



いい香りだけれど、使い道がわからなくて、捨てている・・・

そんな方がほとんどではないでしょうか?


実はコーヒーかすは美容だけではなく、工夫すれば様々な方法で再利用できるのです。


今日はそんな意外で嬉しいコーヒーの粉の使い道をおしらせします。


生活で使いまわせる意外で嬉しいコーヒーの残りかす 活用法テクニック


ココナッツオイルプラスコーヒーで美容スクラブ


コーヒーとココナッツオイルでダイエットというのは
実はコーヒーかすとココナッツオイルでも効果あり。

コーヒーかすとココナッツオイルをよく混ぜてまずひざ下から優しくマッサージします。
乾燥しがちなふくらはぎにオイル分がどんどん浸透していきます。

足指の間をしっかりスクラブしてみましょう。

5本指靴下をこえる気持ちよさ!

「石鹸禁止」といわれるくらい肌が弱く皮膚が薄いのですがこれは合ったようで、使わないと何となく気持ち悪いと思うくらいです。
スクラブでのお手入れときいて、面倒…と思いませんか。

でも、これは、コーヒーかすの固さがちょうどいいのか、気持ちよくてやめられません。

ココナッツオイルはオススメのオーガニックでコールドプレス、1番搾りのものを選びましょう。

効果が期待できる応用活用編


いくつかアレンジも試してみましょう。

オリーブオイルプラスコーヒー

ココナッツオイルの代わりにオリーブオイルを使ってみました。


オススメのオリーブオイル

ココナッツオイルより浸透しやすくべたつきもありません。
乾燥がそれほど気にならないなら、良質なオーガニックのオリーブオイルもおすすめ。

えごま油プラスコーヒー


そしてオススメは「えごま」匂いが気になって使えなかったのですが、これは意外な出番がきました。べたつきが少なく、ぐ~んと浸透するのです。
「効いたかも」という感覚。

ごま油プラスコーヒー

またごま油もいいですね。

もともとアーユルヴェーダではごま油は食べるものではなく、皮膚を通して美容効果や健康のために使うものだそうです。
皮膚への浸透力はお墨付き、でした。

デトックス効果を狙うなら


量を調整しながら「チリペッパー」、または、有機しょうがをすりおろして、またはチューブから1~2㎝を加えてみます。
お腹を軽くマッサージすると、お腹まわりがホカホカ効いてる~という実感があります。

刺激が強いので週に2~3回くらいにしておいてください。

効果倍増を狙ってエッセンシャルオイルプラスコーヒー

エステで足裏のオイルトリートメントというのがありますね。
これだけでも効果抜群です。

足裏は第二の心臓といわれるくらい身体の調子を整えるポイント。
家でも簡単な方法をやってみましょう。

〇グレープフルーツ

余分な食欲をおさえ、リンパ系を刺激し体内のむだな水分を排出してくれるます。ダイエットのためのエッセンシャルオイルとして有名です。

〇サンダルウッド

肌を柔らかに引き締める効果があります。
足のかかとのガサガサに悩む方に、コーヒーかすスクラブで余分な角質を落としたあと潤いを与えてくれます。

〇ティートリー

強い殺菌力をもち皮膚の消毒作用あり。気になる足の匂いにサヨナラしましょう


〇フランキンセンス

皮膚細胞の再生を促すフランキンセンス。スクラブでムダな角質をのぞいて、皮膚の新陳代謝をすすめてくれます。

〇 ミルラ

殺菌作用強力で、足の臭いwシャットアウト。この殺菌効果のため、昔はミイラ作りに使っていたとか。

〇ローズマリー


血液の循環を促し、皮膚の清潔感や血行よくする働きがあります。
足先が冷えて眠れない方におすすめです

材量は2回分のコーヒーかすに

お好みでオイルを大さじ2、
オプションとして
エッセンシャルオイルは1~2滴
有機生姜はチューブでは1~2cmくらい
チリペッパーはひと振りから

無理なく調整してください。

消臭作用も!臭いとりにも使えるコーヒーの残りカス。


コーヒーかすを乾かし、目の細かい布で作った袋にいれて口をしっかり結びます。
冷蔵庫やクローゼットの消臭剤の使えます。

匂いが消えたら新しいものに取り換えてください。
靴にいれておくと、足のニオイも気になりません。

完全に乾かしたら、ピンクッションにも使えます。
コーヒーかすに含まれる油分で、針が錆びるのを防ぎます。

お料理にも実力を発揮

魚やラムなど匂いが強いものの料理は、なかなか匂いが消えず困りますね。

これも、コーヒーかすで消臭できます。

オーブンの回転皿にコーヒーかすをのせて、その上にオーブンペーパーを敷き焼きたいものをのせます。
コーヒーかすの効果をあげるため、ペーパーを折り返しておきます。

このチキンにはにんにくをすりこんでいますが、匂いは残りませんでした。

防虫用にも効果覿面



コーヒーに防虫効果がある、と何かに書いてあったような記憶があるのでベランダ菜園のハーブで試してみることにしました。
水をあげたあと、出がらしのコーヒーをスプレーしています。
これはかなり効果があったと思います。

コーヒースプレー―のおかげか、薬品の使用量はかなり少なくてすんでいます。
2~3回分のコーヒーかすをまとめてフィルターにいれ、お湯を注いだものを、全体を霧がかかるように、少し離れてスプレーします。
土にもスプレーしておきましょう。

それでも、パセリには多くの羽虫がよってきます。だいじょうぶかな…と思いながら土の上に薄くコーヒーかすをまいてみました。
芽が出るか心配でしたが無事に発芽し、羽虫はよってきません。

成功のようです。

しかし、調べてみたところ、コーヒーかすを植物に、というのは賛否両論あります。
カビがはえてしまう、効かないという意見もあります。

近寄るとなんとなくコーヒーの香りがする、というくらいでないと効かないかもしれません。
一日二回スプレーすると効果が感じられました。

また、土に混ぜて使うと肥料になる、ともいわれています。
これは、春がきて植えるシーズンがきたら試してみたいテクニックですね。

葉にコーヒーの匂いがつくのでは、と心配しましたが、
越冬中のペパーミントは本来の香りで、おいしいティーを楽しんでいます。

肥料にもなる!


また肥料にもなります。
もう少しスケールの大きい話でいうと、毎日のように大量なコーヒーかすを出すカフェはどのようにしているのでしょうか。

スターバックスには、コーヒーかすを回収しリサイクルする施設があるそうです。
そこで、「肥料」として加工しているそうです。

乳酸で発酵させ飼料として使ったり、野菜を育てる肥料にして再資源化し、乳牛の飼料や野菜の肥料にしています。
それでとれた野菜で使ったメニューを食べているのです。

さらに、コーヒー豆かすには有効な抗酸化物質が含まれていることがわかったとか。
コーヒー豆かすを含んだ飼料をあげた乳牛からとれる牛乳は品質がアップしているそうです。
もしかしたらもっとすごい効能があるかしれません。注目しておきたいですね。

IN YOUMarketでオススメのオーガニックコーヒーを買う

MG_2828-2
家族でお届けするオーガニックのコーヒーは、体に優しく、負担が少なく、おいしくて、毎日幸せな気分になるコーヒーです。
コーヒーラバーのみなさんへお届けします。

毎日、ご自身で淹れて「今日もおいしいね。」と思っていただけることが全て!
そのために、ご自宅などでもおいしく入れられるガイドをお付けしています。

今回お届けするコーヒーは、

Café Orquidea(カフェ オルキデア)
ペルー産の中深煎り。苦みとコクが特徴のオーガニックコーヒーです。コーヒーは新鮮さが命です!

一週間で飲みきっていただくことをおススメしています。
取り扱う豆は無農薬・無化学肥料で栽培された厳選されたコーヒー豆です。
毎日お飲みいただくコーヒー豆は、できる限りカラダに配慮した、素材にこだわった思いでお届けしています。

オススメの記事

【クリスマスレシピ】インスタ映えバッチリ!生地からクリームまで完全植物性。ヴィーガンシュークリームの作り方。日本人の健康に欠かせない玄米からできた「玄米粉」を使って。

発熱や下痢、更年期や肩こりに。漢方 葛根湯の主原料である「くず粉」を使いこなす養生法と活用術。この冬は薬なしで乗り切ろう

「これからプロテインをはじめてみたい」という方へ。それぞれのメリット・デメリット・選び方・活用法を1から教えます!

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AKIKO MIYAKAWA
子どものころから身体が弱く、アレルギーや虚弱体質でしたので、 少しでも健やかになれるよう薬膳インストラクター、マクロビオティックセラピスト、アロマテラピーなどについて学びを深めております。 IN YOUでは健やかな暮らしのヒントを発信していきたいと考えております。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ