メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

ファストファッションの裏側にあるあまりに悲惨な現実|これを読めばあなたの行動は今日から変わる

aromakumi
持続可能な方法で本質的に健康になるにはどうするとよいのか学びたくて大学卒業後ボディワークの道へ。 カイロプラクティック、アロマセラピー、ヨガ、マクロビオティックと 多方面から体への学びを深めながら、28歳で独立、リラクゼーションサロンを運営して14年(2018年現在)。 現在はシングルマザーで子育てしながら、サロンでの施術、統合医療を取り入れたクリニックにてガン患者さんへの施術を行う。 「自然の流れに沿う」ことを暮らしの中心に置いて生きていきたいです。 ホームページ https://hidamari-shouten.jimdo.com/

自分らしさを表現する方法であるファッション。
あなたはどのようにファッションと向き合っていますか?

おしゃれが好きでファッションには敏感という方もいれば、
特にこだわりはないという方もいらっしゃるでしょう。

それでも、服を着ない人はいませんね。
どんな人であれ、服を選び毎日身につけています。

ファストファッションと言われるブランドが増え、
安価でおしゃれな服がたくさん売られるようになりました。

多くのショッピングモールには外資系ファストファッションブランドのお店があり、
さらにセールがあると、買い走る人たちもいますよね。
安く沢山の服が売られているファッション業界、
服の消費量は過去10年で400倍となりました。

それだけ多くの服が作られているということです。
ではその安く購入できる大量の服は、どこでどのように作られているかご存知ですか?

【INYOUで大人気】超希少な100%オーガニックコットンを使用!空気パンツ・空気ブラ

¥ 5,784 ~ ¥ 19,932


安い服を大量に作るために必要なものは?



人権が無視された恐ろしい環境での低賃金労働。

ファストファッション企業のほとんどは、
国外に縫製工場を持ち、そこで服を作っています。

安く服を作るためには、より安い労働力が必要になるため、
バングラディシュ、タイ、中国などにその労働を求めています。

そこで働く労働者たちは、生活を維持するために働き続けていますが、
その賃金は最低レベルです。

優先順位が、人々の人権ではなく、利益であるということ。
それが私たちの知らないところで多くの悲劇を生んでいます。

労働者より経営を優先していいのか?

2013年にバングラディシュで起こった、
縫製工場のビルが倒壊して1000人以上の労働者が命を奪われた事故は、
記憶に新しいのではないでしょうか。

このビル倒壊の前に、壁にヒビが入っているなどの危険性が
労働者たちから訴えられていたのにも関わらず、事故は起きました。

経営者はその対策をするよりも工場を稼働させ利益を出し続ける方を選んだのです。

“この服は、私たちの血でできているんです!“

バングラディシュの縫製工場で
小さい子どもを村に預けて働き続けている母親の言葉です。
参考:映画「ザ・トゥルー・コスト」

安い大量の服を支えているのは、
低賃金で、人権無視の環境のなか、命を削るように働き続けている人々なのです。
それを知ったうえで服を着ている人はどれだけいるのでしょうか。

児童労働や遺伝子組み換え綿、農薬被害、自殺する農家。私たちの衣服が作られている実態とは?



服を作るには綿と化学繊維が多く使われています。
化学繊維は石油からつくられます。

そして服を作るための綿、その綿を効率よく大量に生産できる畑が必要になります。

世界の綿生産量の80%がインド、中国、ウズベキスタンなどの発展途上国です。
中でもインドは世界最大の綿栽培面積を持ち、生産量は世界2位となっています。

そに栽培に携わるのは大人だけではなく、約40万人以上の子どもも含まれ、
貧困などの家庭環境、差別が根強い社会的慣習、安い労働力などが理由で、
特に女児が多く働かされている現実があります。

農薬による健康被害、環境汚染も深刻です。



綿は害虫がつきやすく、
世界の農薬使用量の20%が綿栽培で使われているというほど、農薬を多く使う作物です。

そのため、農薬による健康被害が深刻なものになっています。
農薬は人間だけでなく空気や土壌や川など環境も汚染していくのです。

インドでは綿農家の寿命が35歳ととても短く、
脳腫瘍の発生がとても多いのですが、農薬の影響が大きいと言われています。

また、生まれてくる子どもの異常や奇形などが増え続けており、
汚染が大変なところまで進んでいることが分かります。

さらに遺伝子組み換えの綿がインドの多くの畑で栽培されるようになりました。
アメリカの大企業の遺伝子組み換えの綿とセットの除草剤が有名ですが、
これらは通常の綿の苗より高価であるため、多くの農家は借金をしてこれを購入します。

しかしこの借金を返済できずに農薬を飲んで自殺を図る綿農家は
なんと30分に1人と言われています。
こんな悲しい現実があっていいはずありません。

石油産業に続いて環境汚染が深刻なファッション業界
安く大量に消費され続ける服ですが、
その分処分へのハードルは低いのでしょうか、服のゴミがものすごい量となっています。

日本でも断捨離ブーム、ミニマリストブームなどから、
クローゼットからごっそり服を処分したことがある方もいるのではないでしょうか。

不要になった服をリサイクルに出したり、
発展途上国への寄付にするという方もいらっしゃるのではと思います。

しかし、この大量に途上国へ送られた服の末路も、あまり明るくありません。

まず、その土地の繊維産業、縫製業の仕事が奪われています。
そして彼らはファストファッションを支える縫製工場へ勤めることになるのです。

山のように積み上げられた服たちの多くは、
世界中の慈善団体から送られてきたものですが、
再び販売できるものは全体の3割ほどに過ぎず、
残りはボタンやジッパーなどの留め具が廃物利用になったのち、ゴミになるのです。



今やこうした古着を販売する利益よりも、
新しい服の方が安く売られていることさえあり、
リサイクルのシステムが追いつかないペースで古着が集まっているといいます。

自分たちが命を削るような労働で作った服が再びゴミの山になって戻ってくるだなんて、
いったい何のためのファッションなのでしょう。

そんなに服が大切なものなのでしょうか?

一部の世界の人々の快楽のしわ寄せが、全て裏の世界に押し寄せている現実が悲しいです。

デザインが可愛く、繰り返し使えて肌にも優しい「オーガニックコットンマスク」

¥ 1,746 ~ ¥ 3,862(税込)


負の連鎖を断ち切ろう。私たちに今すぐできる3つのアクションとは

ではこのような負の連鎖を断ち切ることはできないのでしょうか?
答えは「できる」です。

消費者の行動を変えることで少しずつですが世界を変えていくことができます。
すぐに私たちにできることは、3つあります。

1 どのような労働条件で服を作っているのかを調べ、
労働者に不当な条件での労働をさせていないブランドの服を選ぶこと



ファストファッションと言われているブランドの全てが悪いわけではありません。
今までは企業がどこの工場で労働者を雇っているかは企業秘密であったのが、
今は少しずつ変化してきています。

ロゴを掲げ、情報を公開し、世間に労働状態がよく見えるようにしている企業、
海外に縫製を依頼せず、自国内で行なっている企業があります。

また、すでに購入した服は安易に捨てないで大切に着るようにしたいですね。

2 フェアトレードのブランドの服を選ぶこと



フェアトレードとは、労働者の人権、生活、文化を尊重した公正な取り引きをいいます。
生産者、労働者がきちんとした技術をもって質のいい商品を作れるよう指導し、
質の高い商品を作っているところが多いです。

金額は安くはありませんが、これが本来の適正な価格です。

支払った金額は企業だけでなく労働者へきちんと支払われるので、
買い物をすることが労働者の生活、文化を支えることになり、社会貢献になります。

3 オーガニックコットン製品を選ぶこと



綿の栽培が農家の健康被害や
地域の環境汚染を引き起こしていることは先に述べた通りです。

ぜひオーガニックコットン製品の服を選んで購入しましょう。

オーガニックといえば、身体に優しいものというイメージがあります。
確かに食べ物などは農薬を取り入れなくてすむので身体に優しいといえます。

しかし、オーガニックコットンについては
実は農薬を使った綿との違いはほとんどないそうです。

成分を分析しても、オーガニックかそうでないかの判別はつかないのだそう。
参考:日本オーガニックコットン協会 ホームページ

え?そうなの?と思いますよね。私も思いました。
オーガニックコットン製品を選ぶことは、
綿農家の健康を害さない製品づくり、
そして土壌や空気、水を汚染しない製品づくりを応援することに繋がります。

綿を作っている人たちとその環境に優しいのがオーガニックコットンなのです。

リスクを生産者や自然界に偏らせない考え方は、
オーガニックコットンに限らずいろんな場面で大切な考え方です。

最後に

普段着用している安価な衣服が、
どのような経緯で私たちの元へ届けられているか?

こういった意識しない社会の裏側に目を向けてみると、
驚くべき事実が隠されていることがあります。

自然環境を汚染すれば、川、海と広がり、いつか私たちの身も汚染されます。

全ては繋がっている。
そういう意識で暮らしていけたら世界が変わっていくでしょう。

IN YOU Marketのオススメオーガニック商品

【完全受注生産】消臭効果と汗冷えを防ぐ!ニュージーランド産オーガニックな環境で育った羊毛で作る上質なウールトップス&アンダーウェア

¥ 5,000 ~ ¥ 16,200(税込)

布団の重みを感じないほど軽く、暖かい「羽毛ふとん」「羽毛枕」

¥ 21,978 ~ ¥ 82,935 (税込)

超希少なゴッドランドシープを使った「ウールスローケット」

¥ 21,600 (税込)



この記事を読んだ方にオススメの記事

さつまいもを丸ごと使いきる! 「オーガニックさつまいものキャロブプリンケーキ」の作り方

その姿勢、オーガニック食品も台無しです!理学療法士が伝える「オーガニックを食べる人にこそ実践してほしい食事の時の正しい姿勢」

オーガニックは食べ物だけじゃない。その行動、オーガニックですか?本質的なオーガニック生活を目指すために理解すべきオーガニックの本当の意味と、今すぐ改めたい悪い習慣


IN YOUライター募集中!


あなたの時間を社会のために有効活用しませんか?
年間読者数3000万人日本最大のオーガニックメディアの読者に発信しよう!


 IN YOU Writer 応募はこちらから 

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

aromakumi
持続可能な方法で本質的に健康になるにはどうするとよいのか学びたくて大学卒業後ボディワークの道へ。 カイロプラクティック、アロマセラピー、ヨガ、マクロビオティックと 多方面から体への学びを深めながら、28歳で独立、リラクゼーションサロンを運営して14年(2018年現在)。 現在はシングルマザーで子育てしながら、サロンでの施術、統合医療を取り入れたクリニックにてガン患者さんへの施術を行う。 「自然の流れに沿う」ことを暮らしの中心に置いて生きていきたいです。 ホームページ https://hidamari-shouten.jimdo.com/
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ