メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

えっ今トレンド食品のその組み合わせは超危険!?常識がひっくり返る。話題のギーと非加熱生はちみつの同時摂取はアーユルヴェーダでは「死をもたらす」とまで記載される禁忌事項だった!ギーと生はちみつのメリットと注意点。

AYANO
ライター/ホリスティックイベントプロデュースFor meディレクター/ホリスティックセルフケアマスター/アーユルヴェーダアドバイザー/ハーバルアストロロジー修了/インテグレイテッド心理学/醸師 喘息や薬漬けの病弱な幼少期を過ごす。 20代でヨガに出会い、カラダとココロの世界に興味を持つ。 2012年単身渡印。 ヨガやアーユルヴェーダを学び帰国。 ホリスティックセルフケアマスター140h修了。 ヨガ講師、醸師、星座別体質、アーユルヴェーダ、心理学、量子力学などを織り交ぜた講座やWSを企画、開催。 「星とカラダとココロ」「健康オタクから見たスピリチュアル」「自分らしく生きる」等、 カラダとココロの健康、星、宇宙、子育て、思想など独自の視点でホリスティックな記事を執筆中。 2016年クリスマス女の子出産。 できるだけお薬を使わない自然な子育てを実践中。 あれダメこれダメの視点ではなく、本来あるカラダの機能を邪魔せず、選択肢を増やすために、カラダの仕組みなどの勉強会やイベントなど開催している。 https://www.instagram.com/aynoooooooo/

健康のため…。それって本当に合ってますか??


健康のために食事を気をつけてる方はたくさんいると思います。
IN YOUをご覧の皆さんの多くも何かしら健康に疑問を感じたり、困っていることがあって、こちらに来られているのでは。
わたしも同じくそうです。

しかし、カラダとココロは繋がっているので、最終的には心が緩んでいる事の方が、
体の働きもスムーズに働き健康には大事なんだというところに何度も行き着きました。


それを踏まえて、私は家では気にしますが、(ただしくはこだわるのが好きなので気にしています)外食では好きなものを頂く、というところに落ち着いています。
おうちでは、野菜はできるだけ自然栽培ですが、本当の野菜の味が分かって美味しいです。

FA519540-2FD9-4C57-8C29-142E7E04B16C
お肉も抗生剤など不使用のもの。(こうなるとスーパーではなく宅配になります。)
EA2466E3-259E-4A73-A5E2-6D3A99F77BBF
調味料をきちんとしたもの、味噌などは手作り。
C794B5A7-75C6-455B-9892-F1E8CEA7E243
外食での油は、ほとんどが酸化しやすい植物油脂なので、
家で使う油は、「外とのバランスを取るために」ギーやバターなどの飽和脂肪酸やココナッツオイルなどの短中鎖脂肪酸を中心にしています。

F65B95C9-00F5-455C-927A-C2D7DBEA2B47
オメガ3は魚から摂ることになるので、オイル3オイルは特には使いません。
植物油脂でも低温抽出で遮光瓶に入った良質なオリーブオイルのものをたまに使います。

F113790C-357A-439E-80A1-826E0E9E8A8D
酸化した油を避けるために、炒め物よりは煮込み料理や蒸し料理を多めにしています。
B6F8B38B-DB44-476C-B936-4BEEBEBEF0FF
大豆、豆乳はたくさん取りすぎない(カラダの正常な働きに大事な甲状腺機能の低下とPUFAを避けるためと娘が現段階で大豆アレルギーの疑いのため)
A81DF52E-7D8F-40C5-A62C-20622E6963F4
電子レンジなどは極力使わず、火を入れるようにしています。
6F97A6DD-9705-44A7-8FF3-3F74B7FE6F98
何度も言いますが、健康も気にしているけれど、
基本的に、そういう食事が好きだからしている割合の方が今は大きいですし、
自然派というよりは、不自然なことは減らしていくというスタンスでいます。

風邪などもお薬を使わず治していますが、
それもカラダがする事は間違えないので、その働きを信頼して邪魔せず、不自然な事はしたくないからです。
外ではグルテンも取ったり、食べたいものを美味しくいただいています。

4470ED36-F94E-4A57-BD24-738386E11527
パン1個、ケーキ1個くらいなら、美味しいお店ものなどは週の半分くらいは食べることも。
例えば雰囲気の良いカフェなどでケーキなどを楽しむ時間などは、わたしにとって大事なので、
食べる時は、美味しい〜!幸せ〜!と感じることを許していますし、それは豊かな心と時間になっています。

91F4C679-FF42-4339-A60F-72C9D8DE9FFE
しかし、食物アレルギーや、悪い食べ合わせはある、と言うのが、現実的な問題です。
何か気になる症状や不調が、私や娘などにある時は、少し気を引き締めて見直して調整する。
そしてなんともなくなったら、感謝して好きなものを食べるというサイクルで今は落ち着いています。

娘はまだ1歳で、抗生剤によるひどめのリーキーガットがメタトロン測定器により分かっているので、食べられる物は少しずつという具合で様子を見ています。
波動測定器メタトロン ゼロサーチで発覚した8ヶ月の赤ちゃんの体の中で起きていた危険な実態。そこから分かる離乳食で気をつけるべきこと。重金属、炎症、リーキーガット、甲状腺機能異常の原因とは

98B94995-CF5F-4146-B2BF-3CA8A4D6D810
気にしすぎると、まわりが見えなくなり、エネルギーも戦うようなかんじになり重くなるので、
気にしすぎず、何が食べたいか、カラダの声を聞いて食べるようにする事は、人生を楽しむために必要だと思っています。

しかし、みなさんが健康に良いと思って続けているものの中には、気をつけた方が良い食べ合わせもあることをご存知ですか?


今回は「知識」として、それらをご紹介していきたいと思います。

ギーと非加熱はちみつの同時摂取はアーユルヴェーダでは死をもたらす禁忌事項とされてる!?

81D49313-A604-4956-9B3C-7FCDCAE51C49
3BD75F7D-864D-4A4D-8624-D5A392E3274A
アーユルヴェーダでもおなじみのこの二つのアイテム。
最近では日本でも爆発的に人気商品となっているようです。

ギーは、良質な油、良質なエネルギー源として注目している方は多いのではないでしょうか?

また、非加熱ハチミツも同じく良質な糖、
良質なエネルギー源として、また喉が痛い時などにも万能に使えるので、注目されて、健康志向の方は使っていますね。

アーユルヴェーダでも、
この2つはオージャス(生命エネルギー)を高めるものとされていますし、

SNSなどの投稿でこの2つを使っている方をよく見かけます。


ギーと蜂蜜を混ぜて食べていた・・・という方もいたのでは。

しかしここには日本では知られてないない、大きな落とし穴があったのです。


アーユルヴェーダでははちみつとギーの同時摂取は「死をもたらす」とまで記載されていた?


ですが、アーユルヴェーダの教典チャラカサンヒターでは、
この2つを同時摂取で同量使うと、
死をもたらすとまで、禁忌事項として書かれています。

0A5CB1BD-666D-4D0C-B8C7-1031F2C24010
死をもたらす・・・というのはちょっと「言い過ぎでは?」と思うかもしれません。
しかし、実際にアーユルヴェーダを実践していた私の知人は、良いと思って毎晩ギーと非加熱ハチミツの組み合わせを摂っていたら、
なんと、ある日アレルギーを発症してしまったそうです。

これは日本で売っているアーユルヴェーダの参考書やよくあるハウツー本などには書いてありません。

知人もわたしの注意書きの投稿から、知って、だからだったんだ!と腑に落ちたそうです。
アーユルヴェーダアドバイザーを持っている私もギーを作っている、ふじもとあつしさんから教えていただき、教典も購入し、確認したのがきっかけでした。

37F04AB8-25C5-44C0-9EA7-EAF2CEDBC17D

さすがに、禁忌事項は避けたいもの。

それぞれの良い部分と注意点をまとめてききます。

ギーってそもそも何?

2F36FAB2-2E82-49C7-B157-66A7830A372F
ギーとは、牛、水牛、ヤギなどのミルクからできた無塩発酵バターをゆっくりと加熱して、
それをタンパク質や、水分、糖分などの不純物を濾過して取り除いたピュアなオイルです。
ギーは酸化しにくいと言われているのが、近年注目されている理由ですね。

アーユルヴェーダでは、これを治療やトリートメントにも使い、目の中にギーを入れた眼精疲労のメニューもあります。

90B71709-1368-452B-B107-9F1F3CCE3414
ヴァータ(風)、カパ(水)、ピッタ(火)、
どのドーシャも鎮静させてくれる効果があると言われています。


ギーの効能

・ビタミンA.D.E.Kが豊富
・中鎖脂肪酸、共益リノール酸が豊富で、エネルギーとしてすぐ使われるので、ダイエットにも良い

・短鎖脂肪酸、酪酸は腸内細菌を整え、便秘にも良い

・ガンなどと戦うキラーT細胞の生成を助けるので、免疫力を上げる

・抗炎症効果がある

・アレルギーを抑える

・抗酸化作用がある


です。

アーユルヴェーダでのギーの役割

C9D0E409-5226-4B2A-8A83-8C2D5E67D9ED※チャラカ本集 総論編 参照

・ギーの効能…
記憶力、理性、知性、アグニ(消化の火)、精液、オージャス(活力)、脂肪組織を増進させる。
ヴァータ、ピッタ、精神異常、消耗性疾患(肺病)、不運発熱を鎮静する。
油脂類の中で最も優秀で、多数の効力(薬力源)を持つので、規定の処方を適切に用いれば、作用を発揮する。

・古いギー…
酩酊、てんかん、失神、肺結核、精神異常、中毒、
発熱、女性性器、耳、頭の痛みを鎮静する


時間が経ったものと、効能が変わるのも興味深いところです。

ギーの使い方

アーユルヴェーダでは、マッサージなどにも使われますが、一番簡単に取り入れるのにはやはり食事から。
アーユルヴェーダでは一番優秀なオイルとされており、加熱してもその効能は変わらないということで、
料理の加熱油を、今使っているものから、ギーに代えることで、体にも上記の効果が得られます。

今使っている油にプラスする形だと、飽和脂肪酸の取りすぎにもつながる場合もあるので、あくまでも代替品として使えばより効果的です。
炒め物や、蒸し野菜にプラスしたり、味噌汁などにプラスしても良質なエネルギーを補給できます。

1歳の娘にはリンゴをギーで炒めたりしてあげています。
1AE61688-AA69-4EE9-9C89-61BC08AC5A29

注目はシリコンバレー生まれの完全無欠コーヒー!

A38BB3C9-1082-4457-949E-2AB3AAB00C61
みなさんは完全無欠コーヒーをご存知ですか??

コーヒーにMCTオイルを大さじ1~2、バター、またはギーを大さじ2ほど入れてミキサーで混ぜたもの。

その効果は、
・脂肪を燃やす脂質なのでダイエットに良い
・脳に良い脂質なので集中力が増しI.Qも上がる


とされ、話題になりました。

シリコンバレーはIT業が盛んなので、脳への働きや、食事などの視点から効率良いエネルギーとして注目された食事法のメニューのひとつに完全無欠コーヒーがあります。

BECDDA93-6FAD-4928-AAC4-2460695565D5
ここでは、簡単なご紹介にして、また別の機会に記事として書けたらと思いますが、バリバリと頭を使う仕事の方、
さらにダイエットも気になる方は、こちらの本を読んでみてぜひ試してみてください!

C991713E-04D0-4E63-AA04-752EB57A3E7C

しかし、いつもお伝えしていることですが、ひとつの食事法をずっと続けるのは、合わなかった時にはリスクにしかなりません。
その食事法によってパフォーマンスが上がったとしても、その方法がずっと合うかどうかはまた別の話です。
季節や体調によって変えてみることも重要です。バランスの良い食事、そして何より、自分の体質が「今」どのような状態なのかをいつも観察することを心がけてくださいね。

正しい使い方をすれば最高のはちみつ

45CE1E20-DE6A-4814-8978-D1B6C1235AFB
はちみつも近年はとても注目されています。
いわゆる健康に良い、とされているはちみつは火を入れていない非加熱のはちみつです。

アーユルヴェーダでは非加熱のはちみつは、ギーと同じくオージャス(生命エネルギー)を高めるものとして有名ですが、
加熱されたはちみつは毒をもたらすとまで言われています。

また、プラスチック容器に入ってるものも、環境ホルモンの影響なども受けているため、
ガラス瓶に入っているものが良いとされています。

D9F07DBE-D5F1-4410-9085-8F16E86CD438
はちみつの歴史はなんと1万年前から人類による採蜜の記録があるそうです。
良いはちみつは水が入らなければ悪くならないとも言われ、古くはエジプトのピラミッドからも発掘され、今でも使えるほどの殺菌力があったそうです。

72F65342-6773-43FE-A9DC-28E72885B202
はちみつの効能と使いかた、意外と知られていない注意点などをあげていきたいと思います。

非加熱のはちみつの栄養素

はちみつの成分の約7割以上がでできています。
そしてはちみつはその中でもフルクトースとブドウ糖のコンビネーションです。
残り2割は水分、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、酵素などで構成されています。

はちみつの効能

殺菌、抗菌作用、すぐにエネルギーとして変わるため、各臓器の改善、アトピーなどの皮膚の改善、
口腔ケア、腸内環境の改善、外傷、お肌のケアなどなどさまざまな効果があるとされています。


はちみつのメリット
すぐに使われるエネルギー源

4EB3519C-4279-4776-93E4-6C366B820E71
体の中で一番エネルギーを使う事は「代謝」です。
そしてその中でも一番は「消化」が最もエネルギーを使っています。

体が、エネルギー源として使う順序は、
糖(ブドウ糖)
脂質
タンパク質


ですが、
例えば同じ糖質でもお米は、消化にエネルギーをたくさん使いますが、
はちみつは7割が元々フルクトースとブドウ糖ですので、体内で分解を必要としないため、すぐにエネルギーとして使われます。

193DD242-0951-4688-9C24-8EEE25281028
上記のはちみつの効能の部分で、症状に効くのは、その部分を修復するエネルギーとしてもすく使われるので効果的なのです。
良く、肌には砂糖を摂らない方が良いとされていますが、それは白砂糖果糖ブドウ糖液糖などの質の悪い糖の場合です。

症状のある方は、はちみつや無加工の黒糖など、
良質な糖を少しずつ舐めたりして補給するのが、上手く利用するポイントです。

233233F2-C11D-46BC-A295-12A2BAE49F20
また糖は、常在菌や腸内細菌などバクテリアの餌になります。
良い菌、悪い菌とさまざまな種類のバクテリアの餌になることで、それはコロニーとなって共存していくことになります。
良い菌も悪い菌もたくさんが共存していれば、
悪い菌が入ってきても悪さは、悪さにはなりません。

これもメリットのひとつです。
ACD170DA-FA7F-436D-99CC-7DCD438F492A
また眠る時にもエネルギーを使いますし、同じく症状で修復が必要な方の場合、
エネルギーが足りなくなると、骨と肌のタンパク質を使ってしまうので、眠る前に摂るのも実はおススメです。

4560FCBF-6704-4727-A09E-2DA211E6B460
ニームや蕎麦のはちみつは虫歯にも良いはちみつなので、歯磨き後でもOKです。

食べた時に甘い!と感じるかもしくは美味しい!と感じるかで必要としているかどうかがわかる。

体調や体質によって味が人によって違う!?

2755AFBA-1C06-4512-B9A4-2BF1BD108A07
はちみつもどの花で取れたかによって、鎮静や活性など効能も変わってきます。
色々なはちみつがありますが、

舐めた時に「甘っ!!!」という時は
体には糖が足りている時だそうです。

美味しーい!という時は、糖を必要としている時なので、
カラダの声を聞いてみるのも楽しい時間です。

糖質制限はほどほどに・・・・

糖質制限も賛否両論ありますが、あまり過度に糖質制限をするとリスクがあります。
糖質制限をしている方はおそらく、
糖質制限する事で、糖の次に使われる脂質(中性脂肪)からエネルギーを使うことを利用してダイエットをしようという目的だと思いますが、

症状がある方の場合、その使われる脂質が、飽和脂肪酸ベースなら良いかもしれませんが、
植物油脂など酸化しやすい油が多い場合は、炎症となってしまうことも起こり得ます。

B4B0F380-ED2E-4232-9307-AF00A709190E
白砂糖や小麦粉など、たしかに摂りすぎては害にもなるものもありますから適度な糖質制限は良いと思いますが、
良質なエネルギー源としての糖や炭水化物はある程度摂ることをオススメします。

知っておいた方が良いはちみつの使いかたと気をつけた方が良いこと


はちみつの良いところは沢山お伝えしてましたし、IN YOUなどでも調べてればまだまだ良い事は出てきます。
しかし、気をつけたい事もあるのですが中々情報としてはあまり知られていません。

知らないで使っているとそれは害になってしまうこともあります。
はちみつを使うための注意点を上げていきます。

はちみつを使う時の注意点

えっ?!普通にやっている人が多いけれど・・・・実は、はちみつをすくう時は金属のスプーンはNG

08BEC4FC-36A7-4E3A-96A0-0DFE458E59F6
はちみつは金属を溶かす作用があります。
ですのではちみつをすくう時は木のスプーンなどを使いましょう。

美味しいマヌカハニーは毎日はNG

1B0DAB4C-CCE1-4AB6-95FF-9BA449B06FC6
マヌカハニーは抗生剤に代わるほどの強力な抗菌作用があります。
よく風邪予防のために毎日摂っている方をSNSなどで見かけますが、
強い数値のものは抗生剤を毎日摂っているようなもので、逆に腸内細菌を殺し、胃を荒らしてしまう原因になります。

マヌカハニーを摂る時は、喉が痛い時などに限定し、
使う数値も症状によりますが、定期的に摂取される場合は特に12プラス以下がオススメ。

また世界的にマヌカハニーが有名になったことで、
大量生産されているものは、質が落ちてきていると言われていますので、購入の際にはしっかりとしたエビデンスや、信念を持っている会社の良いものを選んでくださいね。



はちみつは非加熱以外は毒と同じ!? はちみつに加熱はNG

A45FAC62-1983-46FD-9FA0-00FFE5F62C1A
そもそも、はちみつは非加熱のもの以外は毒と書きましたが、
アーユルヴェーダでは熱のある時にとってはいけない、
はちみつを40度以上にあたためてはいけない
とされています。

C94111EF-2818-4560-A814-19B651030E78
はちみつはカラダの中のアーマ(未消化物と言われる毒)を浄化してくれると言いますし、
ピッタ(火)性疾患(出血、炎症など)、カパ(水)性 疾患(アレルギーなど)を鎮静すると記述されています。

しかし熱がある時に摂るはちみつは、
体内で毒が生じ命取りになると記述されています。

普通はアグニ(消化の火)によって、
食べ物は消化されますし、消化不良には温熱療法をすれば改善されますが、はちみつが毒性を持つと、これは対立する療法になり、危険とのこと。
ですので、熱がある時には、はちみつは摂るのはやめましょう。

また、ハーブティーに入れて飲む場合もありますが、
それは効能というよりも風味を楽しむという意味で、入れるなら少し冷めてからがおススメです。
もちろん肉などと一緒に加熱調理することも向きません。

プラスチック容器のものはNG

前置きで書きましたが、プラスチックにはBPAと言われる環境ホルモンが含まれているものが多いです。
それがはちみつに溶け出してしまうので、購入する時はBPAフリーの安全なものや、もしくはガラス瓶に入ったものがおススメです。

92158611-B4F1-49C6-A79A-1D634EFDCF2F

1歳未満には与えない

赤ちゃんの腸はみんなリーキーガットと言われており、腸の吸収が網目の大きいザルのような状態の事を言います。

F44992CD-EA58-4816-BF9C-B4F822DBFB4D
早めの離乳食は、吸収されたくないものまで通してしまい、
この事がアレルギーの原因とも言われています。

昨年、6ヶ月の赤ちゃんにはちみつを与えたことによるボツリヌス菌の中毒死がニュースになったのが記憶に新しいところですが、
これはまだ腸内細菌が整っていなく、リーキーガット状態で余計なものまで通す腸の状態だから起こったと考えられます。

私の娘は、低月齢の頃に誤診により抗生剤が入っており、その事でリーキーガットが他の子よりもひどい事が波動測定器メタトロンにより分かりました。
私は腸の未発達を考慮して、離乳食は本格的には10ヶ月頃から与え始めました。

はじめはおかゆでしたが、これもメタトロン診断後のアドバイスにより、ボーンブロスのスープに変えてから皮膚が良くなりました。
B80AEA35-1E13-4437-9399-2FDB55D5206D
その時の記事はこちらです。
https://macrobiotic-daisuki.jp/rikigato-2-87383.html

これらの事から、はちみつは娘には様子を見て、2歳ごろから与えようと思っています。
はちみつ以外の良い糖として、加工されていない黒糖も挙げられますが、
こちらも同じく天然のものでボツリヌス菌がありますので、乳幼児には不向きです。

はちみつと食べてはいけない食べ合わせ


完熟の果実とはちみつ、牛乳の組み合わせ

体力、活力、勇気の低下、重い病気、勃起障害を起こすとされています。
また、完熟の果実とギーも対立する組み合わせになるため悪いとされています。
172623E0-F928-471F-A952-35A1AE31DEFD

ギーとはちみつの同時摂取は禁忌


・はちみつと同量のギー
・はちみつと同量の雨水
・はちみつと同量のハスの趣旨
・はちみつを食べた直後の熱湯


死をもたらすとまで、
教典には記載されています。

BFC1D02A-4E0C-466E-AC48-91153EDF1450
ギーとはちみつの組み合わせは、
それぞれが話題になってから良く組み合わせて使っている方を拝見しますが、

5000年の歴史のあるアーユルヴェーダの教典では禁忌事項です。

摂る際は時間をずらしたり、
はちみつの代替え品の糖を使うなど工夫してみましょう。


肉や魚のタンパク質とはちみつも良くないと記載されていますので、
単体では健康に良いからといって組み合わせには注意して使いましょう。


また、はちみつが最も合うのは、
カパ(水)ピッタ(火)の方ですので、

ヴァータ(風)体質の方は過剰摂取は避け、
心配ならば、加工してない黒糖などで糖とミネラルも補給すると良いでしょう。

ピッタの方は摂った方が良いものに甘いもの、
避けた方が良いものに酸味があるので、
酸味のあるフルーツとはちみつは過剰摂取などに気をつけましょう。

はちみつは単体で使うのがポイントかもしれませんね。


情報だけに囚われず、自分のカラダの感覚も大事に

ギーとはちみつ

それぞれが注目されているだけに、2つを同時に摂るのがNGということに驚いた方もいるのではないでしょうか??


アーユルヴェーダは元々は伝承医学とされていて、はちみつもお薬代わりです。
わたしたちは、健康情報が出ると、すぐにその情報だけを鵜呑みに商品に手を出してしまいます。
そして、健康志向を意識して、それが自分に合うかどうかも分からないまま、カラダの声を無視したまま、毎日摂り続けたりする方も増えています。

10355DF1-95AD-4AE7-89A6-4534B52AB75C
食べ物の熱性冷性や、カラダに入ってからの代謝のルート、カラダの仕組みを知ること。
そしてなによりも一番は、それをしてカラダが心地良いのかどうか、
そしてそれを本当にカラダは欲しているのか

もっと五感を研ぎ澄ませることが大事だと常々思います。

だからこそ、わたしは最近、健康は気にするけれど、心の軽やかさで選ぶ。

98497CCA-6BCC-4F8B-9C1E-6A427DC2A9AD
カラダの欲しているものを食べる。
F6421347-62A6-4A4F-B2B1-88C1271C8A6C
そして、症状や体調が変わってきたとき、改善したい時は、知識を持った上で感覚で選ぶ。
その視点を行き来できる柔軟さが大事だと思います。

6A042E00-8685-48FE-BDCE-C040C13574BD
今回は「知識」としての食べ合わせの注意点を書きましたが、
人類は古代からの食べてきたものの変化とともに存在しています。

アレルギーがたくさん出始めたのも、食事や医療の変化です。

そういった歴史や、昔からある知恵、
そして日本人としての食、考え方などについても
もう一度見直して、今を生き抜く力に変えていっていただければ嬉しいです。


農薬不使用の「生蜂蜜」をチェック!

PR: Recommended items by IN YOUMarket
1025161741_59f03a9589f95 抗菌パワーが市販蜂蜜の3倍ほど!非加熱にこだわった農薬不使用の完熟蜂蜜今すぐここをクリック!
今回ご紹介するのは、アルゼンチンの大自然で育まれた、ふわふわの生蜂蜜。
加熱していないので、酵素が生きていて、美味しくて元気になる蜂蜜です。
非加熱の蜂蜜ならではのピュアな味わいと、豊富な栄養が特徴。
ふわふわ、ムースのような食感で、そのまま食べても、スイーツのようなおいしさです。
今まで食べたどの蜂蜜とも違う、練乳のようなトロリとした食感、
ナチュラルな甘さとすっととろける口どけの良さ、鼻に抜けるような心地よい蜜の香り。
山奥にある現地の養蜂家を一軒一軒訪ねて良質な蜂蜜だけを直接仕入れているから、顔の見える生産者の蜂蜜が味わえるのです。

オススメの記事

近年スーパーでよく見かける「種なし果物」の危険な裏側。発ガン性リスクのある植物ホルモンやエックス線で処理を行うことも。

たった一つの市販タンポン製品によって片足を失った女性モデル。タンポンやナプキンに使われる合成素材が引き起こす、死の危険もある恐ろしいトキシック症候群とは?

海外で危険性が認知されているにも関わらず日本ではなぜか「安全」とされているアトピー薬の恐怖。ステロイドが引き起こす負のループ。強制抑制した炎症は、肺からも出てきます。

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AYANO
ライター/ホリスティックイベントプロデュースFor meディレクター/ホリスティックセルフケアマスター/アーユルヴェーダアドバイザー/ハーバルアストロロジー修了/インテグレイテッド心理学/醸師 喘息や薬漬けの病弱な幼少期を過ごす。 20代でヨガに出会い、カラダとココロの世界に興味を持つ。 2012年単身渡印。 ヨガやアーユルヴェーダを学び帰国。 ホリスティックセルフケアマスター140h修了。 ヨガ講師、醸師、星座別体質、アーユルヴェーダ、心理学、量子力学などを織り交ぜた講座やWSを企画、開催。 「星とカラダとココロ」「健康オタクから見たスピリチュアル」「自分らしく生きる」等、 カラダとココロの健康、星、宇宙、子育て、思想など独自の視点でホリスティックな記事を執筆中。 2016年クリスマス女の子出産。 できるだけお薬を使わない自然な子育てを実践中。 あれダメこれダメの視点ではなく、本来あるカラダの機能を邪魔せず、選択肢を増やすために、カラダの仕組みなどの勉強会やイベントなど開催している。 https://www.instagram.com/aynoooooooo/
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ