メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

スーパーに並ぶキムチ・梅干し・味噌などの発酵食品は添加物だらけ。本物の発酵食品の選び方と無添加オーガニックの発酵食品の魅力とは

池田 純一
1991年4月3日生まれ 知人に勧められて様々な健康法を試すうちに 身体について学ぶ事が楽しくなり、 健康や医療系のジャンルを専門にしたライターとして活動中。 勉強する事が大好きで、将来は「健康について知らない事は無い」 位の知識を吸収したいと思っている。

スーパーやコンビニで売られている発酵食品は食べないで下さい


「発酵食品は腸内環境を整えるから健康的」というのは
IN YOU読者の方であればご存知の方は多いと思います。


だからといって、スーパーやコンビニ等で販売している発酵食品をたくさん食べるのはオススメしません。
何故なら、巷で簡単に入手出来る発酵食品は添加物が大量に入っているケースが多く、食べる事でむしろ健康レベルが低下する恐れがあるからです。

また、

・発酵が充分に出来ていない
・発酵菌が死んでいる


等のようなそもそも発酵食品の定義を満たしていない「発酵食品もどき」もたくさん存在します。
そこで今回は巷に蔓延っているニセ発酵食品をいくつか紹介していきます。

この記事を読んで一人でも多くの方が、身体に悪い発酵食品を避ける事が出来れば非常に嬉しいです。

充分に漬け込んでいないキムチ

キムチは添加物が使用されている発酵食品の代表的な食品です。

市販のキムチに使用されている主な添加物はぶどう糖果糖液糖、増粘多糖類、調味料、酸味料等があります。


EAF537A5-6E1E-41A6-8C00-8DE07A1DEF77
これらの添加物は本来のキムチの製造過程では必要ありません。
また、通常のキムチは14日以上の発酵期間が必須なのに対して、
市販のキムチはコストダウンの為に短期間しか漬け込んでいないのでただの「浅漬け」の状態です。

キムチの健康効果は長期間漬け込む事による乳酸菌の増殖にあるので、
短期間しか漬けていない市販のキムチでは本来の健康効果は期待できません。

そして、味覚面でも熟成期間が短いと旨味成分が欠ける為、その部分を
補う為に添加物を大量に投与して人工的な味を作り出しています。

●オススメの無添加、農薬不使用野菜を使ったキムチ


もはやただのスイーツになったヨーグルト

「発酵食品といえばヨーグルト」というイメージをする方は非常に多いと思います。
しかし、一般的にコンビニやスーパーで販売されているヨーグルトが健康的なのかはかなり疑問です。
まず、市販のヨーグルトにはフルーツやジャムで味付けをしている食品がたくさんあります。

56917C1A-6BF8-486B-8458-5E585AC84BC1
上の写真を見てもお分かり頂けるようにかなり奇妙な色合いをしています。
ヨーグルト自体は健康的であっても、これらの安価な果物や添加物が混入している食品は明らかに不健康な食材です。
もはや発酵食品というよりもスイーツとして認識した方がいいでしょう。

「では、何も入っていないヨーグルトなら問題ありませんよね?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、

残念ながら何も入っていないヨーグルトであっても
「スクラロース」や「アセスルファムK」等の人工的な甘味料が多く使われていて、かなり甘い味付けになっているケースもあります。


B8B0A5CF-183B-40A5-A1D1-BA6123AA0341
是非ヨーグルトを買う際は裏側の商品表示をしっかりチェックしてから購入して下さいね。
可能ならばオーガニックのヨーグルトを買うことをオススメします。


伝統的な製造法を捨てた納豆

納豆が身体にいい事は日本人であれば誰でも知っていると思います。
ですが、それも「本物」の納豆であればの話です。

昔ながらの手法で作られた納豆は、自然のワラに付着している納豆菌が繁殖・発酵する事で完成します。

しかし、このような手間がかかる製造方法では大量生産は出来ないので、
スーパーで買える納豆は天然のものではなく、開発された納豆菌を使っているのです。
こちらは身体に害があるわけではありませんが、納豆本来の健康効果は損なわれてしまうでしょう。

最近の納豆は「〇〇菌入り!」といった宣伝文句を使った商品も増えていますが、
余計な成分を入れる前に古来から伝わる伝統的な正しい納豆を作って欲しいものです。

また、納豆に付いているタレと辛子は本物の醤油等ではなく、調味料等で加工されて作られたものです。

B2D48923-892D-499B-B27B-6982DD8CF7E3
更に、巷では紫蘇入りや卵かけごはん風味のタレが増えていますが、
この特殊なタレの味付けにも添加物が投与されています。

添加物で味付けした梅干しやぬか漬け

Umeboshi
梅干しやぬか漬けは健康的な発酵食品でありながら、
塩分が多い事から少し敬遠され始めた食品でした。

そこで食品業界は「減塩加工」した漬物を開発しています。
しかし、梅干しであれば本来は梅の重量の10〜15%の塩を使わなければならないのに、
減塩をするという事はやはり添加物で味を補わなければいけません。

実際に梅干しには果糖ぶどう糖液糖や調味料、酸味料等の添加物が使用されています。


● オススメのオーガニック梅干し


DBC4951C-445B-47AF-A872-A302C6512DC3

健康よりも生産効率を優先した味噌

104A6302-52B6-4E20-9416-31E4C0FA4870
調味料でもある味噌は他の発酵食品に比べて口にする機会が多いと思います。
だからこそ日頃から使う味噌はスーパーの安価な商品で妥協するのではなく、本当に身体に良いものを使うべきです。

特に避けなければいけないのは、「ダシ入り」と表示されている商品です。

普通の味噌の製造過程においてダシが組み込まれる事はあり得ない為、添加物によって人工的に作られたダシの可能性があります。

また、味噌には「天然醸造」と「速醸」という2つの製造方法があり、
一般的に売られている味噌は速醸で作られた商品です。

加熱をせずに1年以上寝かせる天然醸造に対して、速醸は味噌を加温出来る部屋において強制的に発酵させるやり方。
熟成期間も短期間で済むので、大量に生産して販売するにおいては非常に効率的です。

ですが、加熱してしまうと味噌に含まれる健康的な酵素までも
死んでしまうので、速醸で作られた商品を食べても本来の健康効果は期待出来ません。

● オススメの無農薬味噌


どうして市販発酵食品はこんなにも添加物が多いの?


実は、ここまで「発酵食品もどき」が巷に出回っているのにはちゃんとした理由があります。

そもそもある程度の期間を菌の発酵にあてなければいけない発酵食品の伝統的な
製造方法は、非常にコストがかかるケースが多いので大量生産には向いていないのです。

ですので、一部の強いこだわりを持って作っている生産者の方以外は
伝統的な製造方法を捨て去り、工場で添加物を使用しながら作っています。


また、発酵食品の旨味は発酵期間によって変わるのですが、
スーパーに置いている時間やお店に運んでいる時間にも発酵が進んでしまうので味が一定にならないのです。

ですので、そのまま販売してしまうと「この納豆、この間食べた時と味が違うんですけど…」
のようなクレームが予想される為、菌の発酵を意図的に止めたり添加物で味を作ったりしなければいけません。

本物の発酵食品を食べて欲しい



私は健康効果が高くて味も美味しい本物の発酵食品が大好きです。

実際に添加物が一切入っていないキムチやしっかりと発酵された納豆を食べた事があるのですが、初めて食べた時は本当に感動しました。
市販の発酵食品とは味の次元が全く違いますし、体感出来る健康効果も完全に別物なのです。

あの時の感動は一生忘れられません。

だからこそ、多くの人が「健康になりたい」と思って発酵食品を食べているのに知らないうちに添加物を食べている悲しい現状を少しでも変えたいと思います。
もっと手軽に本物の発酵食品が誰にでも入手出来る日が来ればいいですね。


あなたにオススメしたいオーガニックな朝ごはんに必須アイテム「無農薬味噌汁」とキムチ

電視みそ 炭とイオン化した水(電子水)が自然栽培米と出会って起きた「奇跡」。これ以上はない、こだわりの味噌と甘酒。今すぐここをクリック!

お味噌と甘酒を作っている麹屋さんは岡山県で60年以上続く老舗。
自然に逆らわず、自然の力を最大限に生かした味噌作りをモットーにしています。
蔵のすぐそばには清流が流れており、もともと自然に恵まれた味噌作りに適した場所でしたが、
時代の流れが様々な環境変化をもたらし、目に見えないところで品質に影響を与えるようになっていったそうです。
味噌作りの工程で使う水は全て電子水を使用しています。
また、味噌蔵は、床・壁・天井の全てを備長炭で覆った炭蔵。
味噌蔵特有の発酵臭を感じないほどに空気が清浄に保たれているのだそうです。
このお味噌は、原材料にも究極のこだわりがあるのです。
それは、「奇跡のりんご」の木村秋則さんの指導を忠実に守って作った
自然栽培米(岡山県産)と自然栽培大豆(北海道産)を使っていること。
自然栽培は、化学肥料や農薬を使わないのはもとより、有機肥料や堆肥すら使わず、太陽・水・土の力だけで栽培します。

0328102002_5abaedc24826f


オススメの記事

海外では昔から注目されてきたシリカ水。その効果とは?放射性物質除去にも影響?発がん性の噂は本当?天然のシリカと添加物の(微粒)二酸化ケイ素の違い。シリカ水で健康な体づくりのサポートに取り入れる方法。

あなたが飲んでいるコーヒーに含まれる添加物の実態。缶コーヒーなどの市販コーヒーの添加物についてどれだけ知っていますか?

いまやブームから定番となりつつある甘酒。でもその甘酒、添加物まみれではないですか?正しく甘酒と付き合うために知っておきたいオススメの甘酒の選び方。

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

池田 純一
1991年4月3日生まれ 知人に勧められて様々な健康法を試すうちに 身体について学ぶ事が楽しくなり、 健康や医療系のジャンルを専門にしたライターとして活動中。 勉強する事が大好きで、将来は「健康について知らない事は無い」 位の知識を吸収したいと思っている。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ