メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

子どもの幸福度1位のオランダの教育から学ぶ日本のお母さんが持ちたい考え方|あなたの子どもが世界一幸せになる方法

井村 政子
本物の健康へ導く予防医学指導士・ヨガインストラクター。2児の母。 大学から出産までの8年間、在宅で両親の介護をしていました。 その経験から、健康の大切さに目覚め、 多くの自然療法、代替療法を勉強実践。 結果、自分や家族のアレルギーや 不調も改善しました。 「私に関わった人全員、ピンピンコロリ」を目指し、 予防医学セミナーやカラータイプカードを使ったオリジナルの健康カウンセリングをおこなっています。 ブログ→https://ameblo.jp/solmaneyoga

「オランダの子供は世界一の幸せ者」と言われています。
日本と何が違うか気になりませんか?



WHOの「世界幸福度ランキング」では、
毎回北欧諸国が上位を占めているのをご存知だと思います。

ゆりかごから墓場までと言われるように、
福祉がしっかりしていて、
男性の家事時間も世界一長い、
寝たきり率はとても低く、
日本のように胃ろうや過度の医療行為はしない、
私にとってとても憧れの国です。

では、ユニセフの「子供の幸福調査」というものがありますが、
このランキングで世界一幸せな子供も
フィンランド・ノルウェー・デンマークの子供達なのでしょうか?

答えはNOです。

実は1位はオランダなのです。

ちなみに「世界幸福度ランキング」ではオランダは6位です。

オランダと言えば、
チューリップ・風車・背が高い・お金にシビア・ドラッグが合法
というくらいのイメージしかありませんでしたが、
世界一幸せな子供ってどんな子供なんだろう?
と興味が湧いた私は、
オランダについて調べてみることにしました。

子供の幸福度調査は、何をもって幸福としているのか



世界には様々な基準で幸福度を調査している機関があります。

細かい項目を設けている物もありますし、
その国の人たちの主観(自分は幸福かどうか)を点数化し、
ランキングにしている物もあります。

それでは、「子供の幸福度調査」は何を基準に調査しているのでしょうか。

物質的豊かさ

子供の相対的貧困率
子供の貧困ギャップ
子供の剝奪率

健康と安全

乳児死亡率
低出生体重児出生率

教育

就学前教育就学率
高等教育就学率
ニート率
PISAテストの平均点

日常生活上のリスク

肥満児の割合
毎日朝食を取る割合
10代の出生率
飲酒の割合
いじめを受けたことのある子の割合

住居と環境

1人あたりの部屋数
居住に関する問題
殺人発生率
大気汚染

これらを総合してランキングが出されています。

「日本は物質的にも豊かだし、教育水準も高いから上位なんじゃない?」
と思われたかもしれません。

日本は31ヵ国中6位。決して低い順位ではありません。
ただ、31ヵ国と対象が少ないんです。

世界幸福度ランキングは150ヵ国以上が対象国になっていて、54位でしたから。

これを31ヵ国中6位を高いと見るか、低いと見るか・・・。

順位だけでは、わかりませんので、細かく内容を見ていきたいと思います。

日本の貧困状況はかなり深刻だった。

目先のことだけでなく、国政にも興味をもとう



私がまず最初に気になったのが、
物質的豊かさが21位と、日本は下位にあることです。

特に先進国の中で一番貧困率が高く、
7人に1人の子供が貧困と言われています。

そして、子供の剝奪率の高さも気になりました。
剝奪率とは以下8項目のうち、2項目以上が欠如している割合を示しています。

⓵子供の年齢と知識水準に応じた本(教科書は除く)
⓶屋外レジャー用品(自転車・ローラースケート等)
⓷屋内ゲーム(子供一人に付き1つ以上の知育玩具・積み木・コンピューターゲーム・盤ゲームなど)
⓸修学旅行や学校行事の参加費
⓹宿題するのに十分な広さと照明のある静かな部屋
⓺インターネットへの接続
⓻新品の衣服
⓼誕生日、命名日、宗教行事などのお祝い


日本は、
「インターネットへの接続」
「宿題するのに十分広さの部屋の割合」
が少なかったようです。

日本の住宅事情を考えると、
部屋の広さはしょうがないのかもしれませんね。


それにしても、先進国と言われる日本で、
これだけ物が溢れているように見えて、
これらを子供に与えられない家庭があることに衝撃を受けました。

貧困のため与えられないのか、
それとも、子供は贅沢させてはいけない。
物を与えすぎてはいけない。
そういったことが理由なのかは、この調査ではわかりません。

ただ、子供の相対的貧困率22位、子供の貧困ギャップ26位と、
国の貧困の程度を示す順位がかなり低いのです。

相対的貧困率は、
国民の大半が「当然」と思う環境で生活できない子供の割合の多さであり、
貧困ギャップはその貧困がどれだけ深刻な状態化を示すものです。

つまり、貧困ギャップが26位と低い日本の子供達の貧困度はかなり深刻だということになります。

子育世代の収入が低い事が問題にもなっていますよね。

子供の幸せを考えた時に、
それぞれの家庭の問題だけでは片づけられないのが現状です。

朝食が食べられない子供のための「子ども食堂」も、
各地域で盛んになってきています。

「人生って楽しい。大人になるのが楽しみだ」
子供にはそう思って毎日を送って欲しいですよね。

そう思えない子供達が多くいることに、胸が痛みます。

痩せ願望の強い女性が子供の幸福度も下げている



【健康と安全】のなかで、

低出生体重児出生率が最下位となっています。
2500g以下で生まれる子供の割合が一番多いのです。

低体重児の原因は、遺伝的な物や母体側の胎盤の状態など
様々な原因が考えられます。

医療の進歩より母体や赤ちゃんになにか問題があった時、
早期に赤ちゃんを取り出すことが出来るようになったため、
低体重児の割合が増えていることも理由にありますが、
これは各国でそこまで大きく差は出ないと考えられます。

日本の低体重児の割合が極端に多い原因は、
日本女性の痩せ願望から来るもの
だと専門家は言っています。

妊娠中に太りたくないと思い、極度に食事制限をしたり、
栄養の知識がなく偏った食事をしていたり、
喫煙や飲酒も低体重児の原因になります。

つまり、赤ちゃんの健康のことよりも、
自分が痩せていることの方が大切。という、
考えのお母さんが多い国。ということなのです。

低体重児のリスクはご存知の通り、
感染症を起こしやすかったり、脳や様々な障害を引き起こします。

成長後も糖尿病になりやすいなど、低体重児の健康リスクは高いのです。
子供の健康は何にも代えられません。

(参考:先進国における子供の幸福度 日本との比較特別編終版)

☆あなたの毎日が輝きだす!Minery(ミネリー)飲むミネラル

日本の女性は不幸?オランダの女性は幸福?



女性の幸せとはなんでしょうか。

それは人それぞれ違いがありますが、
時間・仕事・お金・パートナーとの関係・子供との関係。
これらが満たされることは、
多くの女性にとって幸せと感じることなのではないでしょうか。

経済協力開発機構が加盟国に行った家事時間の男女差がデータがあります。

家事時間の男女差

1位ノルウェー・・・・男女差31分
2位スェーデン・・・・男女差53分
11位オランダ・・・男女差110分
24位日本・・・男女差237分

日本男性の家事のしなさに驚きませんか?
そして、日本女性は家事をしすぎなのかもしれませんね。
家事をしている時間が237分ではなく、時間差が237分ですから、
4時間以上家事をしていることになります。

食事も海外の場合、簡素な場合が多かったりしますよね。
そういった生活様式や考え方の違いも家事時間に反映されているようにも思いますが、
それにしても、家事をしなさすぎの日本男性。

「イクメン」「家事メン」という言葉がはやるくらいですから。

日本の男性にとって家事参加は特別な事で、
家事や子育てを積極的にしてくれる男性は
賞賛に値する存在だから、そういった言葉が流行るのでしょう。

頑張れ日本男性!!と思いますか?
その男性を育てているのはお母さん。女性です。

両親で子育てをするものですが、
メインはお母さんが子育てをしているというケースがほとんどですし、
子育てにおいて「母親」の影響力は強いしょう。


1位のノルウェーとは家事時間の差が3時間半以上あります。
時間と気持ちの余裕が出てきます。仕事も出来てしまいますよね。

☆働くお母さんの強い味方!世界初・フェリチン鉄が摂れる鉄サプリメント「まめ鉄」

オランダの働き方改革



オランダ政府が女性の社会進出を促進するため、
新たな法律を作り、パートタイマー率が77%と非常に高くなりました。

日本のパートタイマーと違い、
オランダのパートタイマーの地位はフルタイムと変わらないのです。
これは家計の収入増加に繋がりますよね。

収入が上がれば、子供の貧困率や剝奪率も下がります

日本は保育所の問題など、女性が働く環境は整っているとは言えません。
収入を得る機会を奪われるだけでなく、
「自分のスキルを活かせる喜び」「働く喜び」、
これらも日本女性は剝奪されてしまっているのです。

日本とオランダの教育の違い




オランダでは「イエナプラン」という教育法を採用している学校が多くあります。
日本の学校のように暗記や計算に重きを置かず、
コミュニケーションや多様化する社会に適応するために
必要な自立を促す教育がされています。

宿題も受験戦争も通知表もない。
(通知表はありますが、勉強の評価ではない)

大人は、子供に対して納得するように説明をします。
そして大人が見本になるように行動することを心がけるようです。

親子で話し合うので、子供は親の言うことに納得し、本質を理解します。
そして、大人の行動を真似しようとするのです。

子供を所有物としてでなく、一人の人間として対応しているのです。

日本はどうでしょうか?
子供を所有物と意識している人は少ないかもしれませんが、
先回りして心配したり、子供に説明せずに「○○だから○○しなさい」と、
一方的に親の言い分を押し付けたりしていませんか?

オランダで育った子はどうでしょう。
親と子で言い分が違っても、
親はを話を聞いてくれて納得する形で提案してくれる、
勉強に関して優越をつけずに、
「片付けが上手にできるようになった。」など
日常生活や性格を評価してもらえる。

このような教育法が、
自己肯定感の高い、自立した子供に育つ秘訣なのではないでしょうか。

☆最高のブレインフード!奇跡のハーブ「ブルーグリーンアルジー」

世界一幸せなお母さんの子供が、世界一幸せな子供!



●ご主人が家事に積極的
●好きな仕事で収入も得られる
●自分の時間がある
●子供は自主性があり自己肯定感が高い。

シアワセではありませんか?

もちろんオランダの女性が全てこの状況だとは思いませんが、
環境は日本よりはるかに整っているというのは確かです。
幸福度ランキング上位の北欧諸国も子供の幸福度調査で上位を占めています。
北欧諸国も男性が家事をするのが当たり前どころか、育休を取る事も普通ですよね。
日本で男子が育休を普通に権利として取れますか?

日本だけを見ていては、「これが当たり前」と思ってしまいます。
男性が家事をしないのも、子供が出来たら働きづらくなるのも、
成績が良いことが大切なんだと学問だけをひたすら頑張ることも。
しかし外をみれば「当たり前ではない」のです。

子供は親の幸せを願います。
お母さんの笑顔が大好きです。
お母さんを喜ばせるために、健気に色々な事をしてくれるでしょう。
時に、子供と思えない気遣いすらすることもあります。

つまるところ、
お母さんが幸せになってしまえばいいのです。

「家族のために」と自分を犠牲にしたり、言い訳をせず、
お母さん自身が幸せと思える環境を作り出していいのです。

世界一幸せなお母さんの子供は、
世界一幸せな子供なのです。


今回ご紹介したユニセフの子供の幸福度調査では、
その国の本当の子供の幸福度はわかりません。
もっと多方面の調査が必要だと思います。

ただ、日本の10代の自殺率が突出して多いこと、
自己肯定感が低いことは事実です。

あなたのお子さんは幸せですか?
お母さん自身は幸せですか?


この記事がそんなことを考えるきっかけになれば嬉しいです。

毎日が幸せに感じる!IN YOU Marketのおすすめアイテム

<1日200円の健康習慣!>ミネラルならこれ1つ。あなたの毎日が輝き始める無味無臭「飲むミネラル」 by Minery(ミネリー)カナダ原生林から誕生!重金属・農薬テスト済|たっぷり2.5-3.5ヶ月分でお得!

¥ 18,225 ~ ¥ 87,766 (税込)

世界に1人のあなたをパーフェクトにする世界に1つのオートクチュールオーガニック・フレグランス ”Fivele” (フィヴェール)【IN YOU Market 限定販売】

¥ 35,160 ~ ¥ 37,800 (税込)

【IN YOUオリジナル】世界初!全ての原材料がオーガニック・ケミカルフリー・シュガーフリー・非加熱。血糖値を上げないパーフェクトチョコレート

¥ 4,417 ~ ¥ 8,024

【IN YOU Market限定!】最強にこだわった乳酸菌入りヴィーガン・オーガニックアイスクリーム(3フレイバーから選択可能)

¥ 5,573 ~ ¥ 7,390 (税込)

こちらの記事もおすすめです!

日本の教育、このままでいいの?子どもの幸福度世界1位のオランダに学ぶ、オランダと日本の教育の違いと、オランダ流子どもが幸せに生きるための方法。

レジ袋やストローが存在しないオランダ|オランダのエコ生活に学ぶ日本人にとって「無料」が当たり前のプラスチック製品に頼らない生活

<徹底比較>幸福度の高いオーガニック先進国オーストラリアで目の当たりにした似てもつかない幸福度の低い日本社会とのギャップ。なぜ彼らはあんなに幸せそうなのか?

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

井村 政子
本物の健康へ導く予防医学指導士・ヨガインストラクター。2児の母。 大学から出産までの8年間、在宅で両親の介護をしていました。 その経験から、健康の大切さに目覚め、 多くの自然療法、代替療法を勉強実践。 結果、自分や家族のアレルギーや 不調も改善しました。 「私に関わった人全員、ピンピンコロリ」を目指し、 予防医学セミナーやカラータイプカードを使ったオリジナルの健康カウンセリングをおこなっています。 ブログ→https://ameblo.jp/solmaneyoga
あなたにお勧めの記事
関連記事

youtube

LINE@

mailmagazine

minery

me

minery

5 precent

ページ上部へ