メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

農薬でガンになった人も…農薬があなたの体にもたらす被害とは。農薬が心身を侵すメカニズムと悪影響を避けるための方法

ZuYu
2011年の震災をきっかけに、食の大切さ、 健康の大切さを知り、独自に勉強を始める。医療現場にて末期癌が快方に向かう、 化学療法の強い副作用が数日で消えるなど、 奇跡のような出来事を次々と目の当たりにし、 自然治癒力を高める為の適切な指導が素晴らしい結果をもたらすこ とを体感。現在は、より実践的な食養生の探求、 現代人の悩みに合致した健康食品の開発研究にも携わる傍ら、世の中に埋もれている本当に素晴らしい技術や製品を世の中に広めるべく、活動を行っています。 オーガニック料理ソムリエ/代替医療/健康食品の開発研究 BLOG:Zuyu Lab

私たちにとって、食事とは生きていく上でとても大切な習慣の1つですが、
皆さんも既にご存じの通り、現在の日本は流通する食品の質が低下しており、
食材1つをとっても本来の効果効能を体感することが難しくなっているものと思われます。

まだお薬がない時代は、民間療法として様々な治療法が主に口伝によって伝えられてきました。
確かに迷信とされるものも多いようですが、のどのイガイガ・不調にはレンコンのすりおろし汁が良いなど、
試してみると意外に効果を感じる民間療法も少なくはありません。

しかし、そのような効果効能を十分に発揮しようと思えば、
やはり農作物そのものが“できるだけ元気で健康的”であることは、
とても大切なのではないかと思います。
そこで、皆さんがご存じの内容と重複する部分も多くはなりますが、
農薬などの薬剤が“結果として心身にどのような影響を与えているのか”、
その内容について今一度触れてみたいと思います。

農薬等は心身にどのような悪影響をもたらすと考えられるか

“薬”には腸内細菌を減少させる効果がある


今年の始め、海外において「薬剤が腸内細菌群に与える影響」についての論文が発表された事実はご存じでしょうか。
これは抗生物質や向精神薬など、薬剤の種類に応じて特定の腸内細菌が減少してしまう、
という趣旨の内容ですが、まだ、具体的な内容についてはご存じでない方もたくさんいらっしゃると思います。

この内容のテーマでは、あくまでも扱っているものが“お薬”であり、農薬ではありません。
しかし、どちらもその元をたどれば全てではないにせよ“石油”をベースに加工されているものが多いという事実があります。

石油に関しては、加工の工程は目的に応じて様々な変遷を辿るため、
結果としては“全く違う成分・もの”として流通することになりますが、
総じて有機生命体にポジティブな影響を与えるものはありません。
石油をベースに作られたもので免疫力が向上することは少なくとも今のところ存在していませんし、
“薬”という冠がついた場合は人や動物・細菌などを問わず生きているもの(細胞)にダメージを与えることは明らかです。

また、さらに言えば農薬や、除草剤、殺虫剤や殺菌剤などは“虫や植物などの生命体が死滅する効果”があるから使われるわけですが、
そういったものが少なからず残留している食品を食べると考えれば、
私たちと共生している細菌群が影響を受けることは容易に想像することができます。

口内細菌群、腸内細菌群、皮膚常在菌など、
私たちは意識していないところで多くの微生物に支えられて代謝活動を行っています。
先進国ではとかく“除菌・殺菌”と言われますが、
本来必要なはずの有益な菌まで減らしてしまいますと、
結果的に体内の細菌バランスが崩れ、様々な異常が起きることは間違いありません。
また、そのような事実に対し警鐘を鳴らす専門家も増えているのです。

【参考記事】
抗生物質だけでなく数多くの医薬品が腸内細菌にダメージを与えていることを権威ある業界誌が発表。薬品の真実について

期間限定、数量限定!超貴重な農薬化学肥料不使用のりんごセット

¥ 4,500 ~ ¥ 12,501(税込)

> 商品の詳細はこちら

裁判では発がん性が認められた事例も


農薬等を製造販売している海外の大手モンサント社(今はドイツ・バイエル社に買収されています)を相手に
米カリフォルニア在住の男性が「除草剤が原因で末期癌になった」として訴訟を起こしていましたが、
今年の8月、ついに因果関係が裁判によって認められた(原告が勝訴した)というニュースが話題になりましたよね。

モンサントに関しては、すでにその他にも多数の裁判が起こされており、
例えばスリランカでは“慢性腎臓病を引き起こす”として、
ラウンドアップの使用が全面禁止になった過去があります。

また、アルゼンチンとフランスでは成分の1つグリホサートが“奇形を生じさせる恐れがある”として研究者が証言を行っています。

引用:http://www.afpbb.com/articles/-/3185756

農薬不使用のものをお勧めする農家さんの存在


私は個人的に、様々な所で農作物を購入する機会がありますが、最近になってとても驚いたことがあります。
それは、ある所で農作物を販売されている複数の農家さんが、
そこで販売されている農作物に対して、一般に卸しているものではなく、
家庭用に無農薬で作ったものだから安心安全で美味しいですよと明記されていたのです。

つまり、農薬等を使用しているものは“安全ではない”と認識されているからこそ、
そのような形で表記されているのだと思うのですが、1つの農家さんだけでなく、
複数の農家さんがそのように書かれているという事実を目の当たりにすると、やはり少し驚きます。

農作物の栽培は自身で行ったことがないため、
農薬等を不使用にすることによる農家さん側の弊害・苦労は私にはわかりかねますが、
このように一般に卸す用と家庭用とを分けて販売しなくてもいいような時代が来る事を祈っております。

一般消費者が取れる具体的な対策とは?

表面に付着している薬剤などを落とす


農作物の表面に付着している農薬などであれば、いくつかの方法を用いることである程度落とすことが可能です。
農薬は種類によって水溶性のもの、脂溶性のものに分かれますので、農薬の落とし方については若干の工夫が必要です。

具体的な落とし方に関しては、以下の過去記事に詳しく記載されていますので、ぜひご一読いただければ幸いです。

【参考記事】
すべてオーガニックのもので揃えるのは難しい、そんな時簡単に始められる農薬の落とし方。継続できる家計に優しいオーガニックライフを始めませんか

オーガニックグレードの農作物や製品を選ぶ


経済的に差し支えないようであれば、可能な範囲からでもオーガニックあるいはオーガニックグレードの農作物や製品を選ぶことは、農薬等から受ける被害を少しでも減らすためにはとても大切な選択です。
私たち消費者がどのようなものを選択し、購入するかは結果として「どのような製品が残っていくか、増えていくのか」への投票のようなものです。

海外でオーガニック野菜などが安価で購入可能なのは、それだけ応援する人々が多く、
大きな支持を得ているからに他なりません。

宮崎県綾町のように一定の組織・集団レベルで“オーガニック・有機”の栽培を後押しできるような環境が整えられれば、
より強力な発展が望めるものと思われますが、先ずは一人でも多くの消費者が
「安心・安全な農産物にお金を消費する」という流れを作ることが先決なのかもしれません。

デトックスを実践する


今、日本国内は経済的に厳しい状況が続き、
消費そのものが冷え込んできていると捉える専門家も少なくありません。
続く増税や値上げ、不安定な雇用形態で働く人々も多く、
各家庭の経済状況は上向いているどころか、低下傾向にあると言えます。

また、健康に気を遣いたいと思っていても、国内ではオーガニックな農作物の価格が決して安くはありません。
とても安価で販売されている方もいらっしゃいますが、「高価なので続かない」という声を少なくありません。

そこで実践して頂きたいのが、安価な方法でデトックスを実践するという方法です。
そこで、以下にいくつかの方法をご紹介させていただきたいと思います。


・キレート作用のある食品を多用する

特定の化学物質や重金属などをキレート・排出する作用のある食材は色々と販売されています。
これに関しては、どのようなものをデトックスしたいのか、
その目的に応じて食べるものをある程度変えなければいけないので、
多少は知識がなければ実践することが難しいかもしれません。

ただ、特定の重金属を対象にしたい(例えばフッ素や水銀)など、
目的が定まっているようであれば、このような方法は特にお勧めと言えます。

・腸内環境を整える

腸は異物を判断し、ブロックする、排出するといった優秀な機能を持つ器官です。
今では様々な原因によって腸の機能が低下し、リーキーガット症候群などを潜在的に患っている方も少なくありませんが、
腸を健康な状態に導くことができれば、体が余分なものを取り入れないように頑張る力が高まります。

無添加の発酵食品を摂取する、食品添加物を避ける、こうじ水や昆布水といった気軽にできる腸活を継続するというのも、とてもお勧めの方法です。

・“食べる事の可能な炭”を摂取する

国内において、炭は厳密には食品ではなく、食品添加物としての扱いになっていますが、
この炭類には昔から言われている通り様々なデトックスの効果があることを海外の医師が既に証明している所です。
比較的安価で手に入り、気軽に実践可能なことから、最近は人気が高まっているとも聞きます。

炭に関する詳細については、以下の記事を参照頂ければと思います。

【参考記事】
炭の類まれな驚くべき性質。腸閉塞の症状改善・致死量の有害薬剤を炭で排出することに成功した信じ難い事例も。医師も推奨するチャコール療法とその実態について

日本古来の天然素材「竹炭」の知られざる効能パワー。水質浄化や空気清浄、デトックス、無限大の使い方が広がる万能竹炭の活用法。

まとめ


「農薬を使用した農産物」よりも「オーガニック・無農薬」の方が良いという意見をお持ちの方は、
潜在的にはとても多いのではないかと思います。
しかし、様々な事情があり、オーガニック。無農薬などのものに継続的な投資を行うことが厳しいと言われる方も決して少なくはありません。

であれば、“有害物質の悪影響を軽減する”という手を打ちながら、低コストで気軽に実践可能な方法から試していくのもいいのではないでしょうか。
今は無農薬の食品も比較的高価で取引されていますが、どんな製品でも同じように“広まれば広まるほど安価で流通させることができる”という原則があります。

ただ、オーガニックなものを取り入れることも大切なのですが、
皆さんが健康を守るためには、あくまでも“できる範囲から工夫されていかれれば、よいのではないか”と、私は思います。
無理のない範囲でできることも沢山ありますので、ぜひ色々とお試し頂ければ幸いです。

この記事を読んだ方におススメの商品

久司道夫氏考案の特別レシピ。農薬不使用!マクロビオティック式ブラジル産酵素ペースト

¥ 19,224 ~ ¥ 162,000(税込)

> 商品の詳細はこちら

IN YOU限定販売!洗う前に「洗う」という新習慣!強力な洗浄力と確かな安全性を兼ね備えた無添加の除菌用洗浄水

¥ 3,672 ~ ¥ 11,016(税込)

> 商品の詳細はこちら

おススメの過去の記事

東洋医学で考える「中庸」と「気」の重要性。これからの季節は”肺”を整える食材で乾燥から身を守る

腰痛の場所でわかる!東洋医学的にみたその原因と治療法

「遺伝子組み換えでない」の表示を信じてはいけない!日本の食品業界が規制厳格化に反対する理由

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ZuYu
2011年の震災をきっかけに、食の大切さ、 健康の大切さを知り、独自に勉強を始める。医療現場にて末期癌が快方に向かう、 化学療法の強い副作用が数日で消えるなど、 奇跡のような出来事を次々と目の当たりにし、 自然治癒力を高める為の適切な指導が素晴らしい結果をもたらすこ とを体感。現在は、より実践的な食養生の探求、 現代人の悩みに合致した健康食品の開発研究にも携わる傍ら、世の中に埋もれている本当に素晴らしい技術や製品を世の中に広めるべく、活動を行っています。 オーガニック料理ソムリエ/代替医療/健康食品の開発研究 BLOG:Zuyu Lab
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ