メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

冬の不快な静電気。静電気が身体に与える可能性のある意外な悪影響とは?クレイを使って静電気体質を改善しよう。

arikawatoshiko
クレイを用いたセルフケアを提案する、クレイセラピー教室リップルを主宰しています。 30歳で出産以降、毎月寝込んでしまうほどの頭痛、肩こりに悩まされてきました。 鎮痛剤の乱用に不安を感じ、自然療法に出会い、クレイセラピー、アロマテラピー、ハーブ療法、穀物菜食を学び、 オーガニック食品、ナチュラルコスメ、ノンケミカル生理用品を使う生活を送っています。 コスメは、現在は自分で手作りするようになり、ワークショップを定期開催しています。 2015年2月より、国際クレイセラピー協会加盟校 クレイセラピー教室リップルを主宰しています。 老若男女問わず、デトックスに役立つクレイの使い方を伝えながら、自然の恵みを取り入れた生活を応援しています。 プライベートでは、大学生と高校生の息子がおり、子育ての相談を受ける機会も多いです。

冬のお悩み、静電気

冬になると、多くの人が悩まされる静電気。


girl-212022_640
あの「バチッ」とした衝撃、不快ですよね。
私も、以前は冬になると、車に乗り降りするときや店員さんからお釣りをもらう時に、頻繁に「バチッ」と衝撃を受けていました。

でも、クレイを日常的に使うようになってから、冬の静電気の発生がかなり抑えられるようになったんです。
静電気は、不快なだけでなく、身体に悪影響を及ぼしますし、時には発火などの原因となる恐れもありますので、できるだけ発生を抑えたいものです。

今回は、静電気発生のメカニズムと、身体への影響、そして、静電気対策として
マイナスのイオンを豊富に含むクレイが役立つ、ということについてお伝えしていきます。

lightning-399853_640

そもそも、静電気ってどうやって発生するの?



静電気の多くは摩擦によって発生します。


物質と物質が接触することで、静電気が発生するのです。

人は、動いていれば何かしらと接触し、そこに摩擦が発生しますから、生活していくうえで静電気は簡単に発生すると言えます。

人体に静電気が発生するということは、物質と人体の間に電子(-)のやり取りが起きる現象です。

プラスのイオンとマイナスのイオンのバランスが崩れたときに、電子を放出させたり補ったりする現象が、
「バチッ」と「静電気が起きた」と感じられるのです。


「電子」「プラスのイオン」「マイナスのイオン」って何?

plasma-ball-2282449_640
あらゆる物質は「原子」でできています。

この「原子」は、中心に陽子と中性子、その周りを電子が取り巻いている構造をしています。

中心にある陽子がプラス(+)、周りにある電子がマイナス(-)。

学生時代の理科や化学の授業で習った覚えのある方も多いでしょう。

プラスとマイナスの数が同じであれば、原子は安定した状態ですが、このバランスはすぐに崩れてしまいます。


というのも、原子同士は、常に電子(-)のやりとりをする性質を持っているから。


物質同士が接触することで、電子のやり取りは簡単に発生します。


電子(-)の数が陽子(+)と比べて多くなったり少なくなったりすると、
その原子はバランスを取り戻そうとして、周囲の原子と反応しやすくなります。


原子から電子が減るとプラスのイオンとなり、電子が増えるとマイナスのイオンとなります。


この、電子のやり取りが起きるときに「静電気が起きた」と感じられるのです。

seidenki

静電気が身体に与える可能性のある悪影響とは


静電気が身体にどのような影響を与えるのでしょうか。
一例を挙げてみます。

・カルシウムやビタミンCが流出する可能性がある
・免疫力が低下するリスクがある
・血流が悪くなるリスクがある
・肩こり、頭痛が出やすくなるリスクがある
・空気中の埃やダニなどを引き付けやすくなり、アレルギーが悪化する可能性がある


セルフ式のガソリンスタンドで給油する際、静電気除去シートを触ってから給油するようにと指示があります。

車のシートから立ち上がる時に静電気を人体に溜めた状態になるので、放電してからガソリンを扱わないと、
発生した電気が揮発したガソリンに引火して爆発するという危険な事故にもつながります。

refuel-2157211_640
冬に静電気が発生するのは仕方ないと考えがちですが、こうして読むと怖くなりますね。

静電気1

静電気が発生しやすい人、しにくい人がいるのはなぜ?


静電気が人体に発生するのは、いくつかの原因があります。

まず、身に着ける衣服が関係します。

次に、静電気が起きやすい人は、帯電体質とも言えます。
静電気は、空気が乾燥している冬に起きやすくなります。
夏は、空気中に湿気が多い=空気中に水分が多い状態です。

水は電気を通しやすいので、身体が帯電しても、すぐに電気を放出できるため、静電気を感じることが少ないのです。
つまり、静電気を溜めやすい身体=水分が少ない身体ということです。

意識して肌の保湿をしたり、水分補給をこまめに行うと良いでしょう。
また、運動で汗をかくことも大切ですね。

bottle-2032980_640
さらに、体内がマイナスのイオン不足(プラスのイオンが多くなっている状態)になっていることも一因です。
マイナスのイオン不足とは、電子(-)が足りない傾向にあるということ。

この状態が続くと、赤血球同士がくっつきやすくなり、血がドロドロになる原因にもなり、
血流悪化による肩こり、腰痛、冷え症、さらには動脈硬化の原因にもなりかねません。

heart-2176218_640
さらに、空気中の埃、ダニ、花粉などを引き寄せやすくなるので、
アレルギー症状の悪化などの原因にもなりやすくなる可能性もあります。

クレイが静電気改善に役立つ!?

hair-113313_960_720
クレイには、種類によって差はあるものの、マイナスのイオンが大量に含まれています。
そのため、クレイパックを肌に載せることによって、マイナスのイオンを身体に取り入れることができます。

マイナスのイオンを補給することで、プラスに偏っている体内のイオンバランスを調整し、
原子が正常な状態に戻り、結果として静電気の発生を軽減することができるのです。

クレイは、日常的に使用すると、その都度マイナスのイオンを取り入れられるので、
静電気が気になる季節は、上手に活用すると良いでしょう。


静電気対策の一つとして、クレイを取り入れてみましょう。

160328_aroma11812
一番簡単な方法は、クレイを使って手を洗うことです。
クレイには、汚れや臭いを吸着する働きがあるので、石鹸の代わりにクレイを使用することもできます。

手のひらに、小さじ1杯程度のクレイパウダーを出します。

クレイ手洗い2
そこに少量の水を足して、薄いクレイペーストを手全体に塗り広げていきます。


クレイ手洗い1
塗り広げたら、ぬるま湯で十分に洗い流します。

クレイ手洗い3
クレイは皮膚の皮脂を取り除くので、肌が乾燥したと感じる人もいますので、使用後はハンドクリームなどで保湿しておくと良いでしょう。
同じように、洗顔にクレイを使うこともできます

手洗いと同様に、少量のクレイを手の平に出し、水を加えて顔全体に塗り広げ、すぐに洗い流します。
洗顔後は、しっかり保湿しましょう。

クレイを使い続けていると、静電気が発生しにくくなるだけでなく、春の花粉症が楽になったと感じる人も多いです。

allergy-1738191_640
私も、長年花粉症に悩まされてきましたが、クレイを使うようになってから、症状が緩和され、今では薬を使わなくても済むようになりました。

上に書いたように、マイナスが不足している身体には、花粉を引き寄せやすくなってしまいますが、
クレイを使うことでイオンバランスが整ってくると、花粉が身体に付きにくくなり、結果的に花粉症の症状が楽になったと感じられる人も多いのです。

静電気対策の一つとしてクレイを活用し、快適な冬を過ごしましょう。


IN YOUMarketで天然のクレイを試してみない?

IMG_4524
フランスで採掘された純度80%以上のクレイ。
環境汚染から守られたフランス・シェヌ・デ・ピュイ火山群の麓にある
サン・ポリアン村で自社鉱山のクレイを採掘している方と提携し、
フランス各地より選りすぐられたクレイを厳選しています。
クレイは、美容大国フランスでは薬局・薬草販売店や自然食品の店で売られていて、さまざまな病院やクリニックで粘土療法が行われ、
化粧品の原料としても注目を浴びているなくてはならないものです。
市販のクレイの中にはどこで採掘されたものかわからないものや、純度が低いものがありますが、
このクレイは何度も採掘場に足を運んで産地を見ていますし、高い純度が特徴なので、安心して使えます。

オススメの記事

古代から使われてきた現代人の救世主「粘土=クレイ」とは。クレイの正しい選び方と、クレイパックの作り方。

どこにでも咲いている雑草で身を守る!薬毒や公害、化学物質から守る力を持つスーパー雑草:セイタカアワダチソウ。その効果と生活への取り入れ方。

知ってしますか?卵巣癌の原因になったとされるベビーパウダーの起訴。タルクに囲まれて生活する現代女性が知っておきたい表沙汰になったタルク問題。

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

arikawatoshiko
クレイを用いたセルフケアを提案する、クレイセラピー教室リップルを主宰しています。 30歳で出産以降、毎月寝込んでしまうほどの頭痛、肩こりに悩まされてきました。 鎮痛剤の乱用に不安を感じ、自然療法に出会い、クレイセラピー、アロマテラピー、ハーブ療法、穀物菜食を学び、 オーガニック食品、ナチュラルコスメ、ノンケミカル生理用品を使う生活を送っています。 コスメは、現在は自分で手作りするようになり、ワークショップを定期開催しています。 2015年2月より、国際クレイセラピー協会加盟校 クレイセラピー教室リップルを主宰しています。 老若男女問わず、デトックスに役立つクレイの使い方を伝えながら、自然の恵みを取り入れた生活を応援しています。 プライベートでは、大学生と高校生の息子がおり、子育ての相談を受ける機会も多いです。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ