メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

マメに消毒する人ほど感染症にかかりやすい|鍼灸師が実践している手を洗いすぎない生活のススメ。

小室聡子
はなこ治療院院長。鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、レイキセラピスト、産業カウンセラーとして、心と身体、スピリット全体の調和を目指した施術を行なっている。開業以来、性別、年齢、症状を問わず2万人以上を施術。臨床以外にも、小児はりやお灸の一般向け講座のほか、プロ向けの講演を主宰し、東洋医学の普及に努めている。アメブロ『東洋医学の教科書 by鍼灸師はなこ』(https://ameblo.jp/hanalog89)では、女性ならではの視点で鍼灸や病気の情報を発信中。https://hanako-do.jp

冬から春にかけて、感染症予防や花粉症などの
アレルギーのためマスクをしている人が増えますね。

また、外出後の手洗いはもはや常識。
消毒用のエタノールを持ち歩く人もいらっしゃいます。


もしかしたら、その行動こそ感染症にかかるリスクをあげているのかもしれません。

鍼灸師の私が患者さんと接するなかで気づいたこと、
日頃免疫力を上げるために心がけていること、
また、免疫力アップの東洋医学の知恵をお伝えします。


手洗い、マスクを徹底している人ほど感染症にかかっている?!



昨年末から今年にかけて、インフルエンザが猛威を振るいました。
今年はA型、B型どちらも流行り、なんと両方に感染する方も!
ここ数年は、ノロウイルスの流行も止まりません。

鍼灸院で毎日大勢の患者さんと接していますが、
風邪やインフルエンザ、ノロウイルス、食あたりにかかりやすい方ほど、
清潔を心がけているんです。

事あるごとに必ず石鹸を使って手洗い。その後、消毒。
家中もアルコールスプレーを使って除菌している患者さんは、
ご本人もご家族も季節を問わず感染症を繰り返しています。


アレルギーは免疫の暴走

花粉症

花粉症をはじめとし、様々なアレルギーで苦しむ方が、
昔より増えたと感じませんか?

今は乳幼児でもアレルギーと診断され、薬を飲む子も少なくなりません。

感染症にかかりやすくなるのは、免疫力が弱いからなのですが、
アレルギーは、免疫細胞が暴走している状態です。

真逆の動きに思えますが、どちらも清潔志向が原因になっているもの。

大人だけでなく、子どもたちも手洗いが徹底され、
菌を除外しすぎる生活が、感染症にもアレルギーにもかかりやすくしているのです。



鍼灸師の私が実践した感染症にかからない生活


感染知らずのはずが…

私はもともと田舎育ちで、小さい頃は外で遊んだそのままの手で、
おやつを食べるような子どもでした。

大人になってからも途上国への旅行、
マリンスポーツが趣味で、清潔志向は全くなし。

それでも風邪やインフルエンザの患者さんに間近で接しても、
一度も移ったことはありません。
予防接種を受けていないにも関わらず、です。
海外でも食あたりになることもありませんでした。

仕事柄、患者さんを触る前には石鹸で手を洗いますが(これは今も行なっています)、
感染症予防に、うがい手洗いをすることはなかったのですが…。

ここ数年、海外や海へ行くことも減ったことや、
世間の清潔志向の流れも影響されたのか、
薬用ハンドソープを使い、マメに手を洗うようになったんです。

すると-
菌やウイルスに負けて、気管支炎、中耳炎、膀胱炎などに次々に感染。
しかもなかなか治らず、最終的には普段は避けていた抗生物質を使うことに。
さらに、アレルギー性鼻炎にかかり薬が手放せなくなるようになってしまったんです。


体調不良脱出のため、手を洗わない生活を心がける

手洗いをし始めてから、体調が変わってきているのを感じ、
私はまず日常のほとんどの手洗いをやめることにしました。

今もトイレの後に流水だけで洗う以外は、
外出先から帰った後も、食事の前も手は洗いません。

咳をしている時は、エチケットとしてマスクは使用しますが、
病院や人ごみへ行くときでも、
感染予防のためにマスクをすることもありません。

今の日本の常識では考えられないことですが、
意識して手を洗わなくなってから、
薬を使わなくてはならない感染症はゼロ。

花粉症の症状も今年は出ておらず、
天気の良い日は、洗濯物や布団も外に干しています。

明らかに、免疫が正常に働いていることを感じています。

販売開始まで2年の歳月をかけ、安心と美味しさにこだわったガーナ産無農薬モリンガパウダー・モリンガティー・モリンガタブレット

¥ 1,976 ~ ¥ 11,372(税込)


過度な手洗いで肌のバリアが消えている



私たちの皮膚には様々な常在菌が存在し、
皮脂膜を作ってバリアを張っています。
石鹸を使い頻繁に手を洗うとこの常在菌が減ってしまい、
バリアが壊れてしまうのです。

手洗いは流水で10秒

皮膚のバリアを壊さないためには、これで十分なのです。
特にアトピー性皮膚炎や湿疹なども洗い過ぎないことが大切です。

また、薬用ハンドソープは洗浄力が強過ぎるだけでなく、
有害な成分が含まれていることも。
昔ながらの石鹸素地だけの固形石鹸がオススメです。


免疫力アップには菌トレ



免疫細胞は全身に存在しますが、7割は腸のなかにいます。
腸が「人体の免疫本部」と言われる所以です。

腸の中の免疫細胞の役割は、外敵から戦うだけではありません。

免疫細胞同士がチームが組んで、
体にとって味方なのか敵なのかを判断したり、
日頃から細菌と戦うトレーニングをしています。

こうして免疫細胞が多種多様な細菌に触れ、
トレーニングを繰り返すことで、
病気を引き起こす菌やウイルスが体内に入ってきた時に、
協力して立ち向かうことができるのです。

消防士が火事がないときにも毎日訓練をしているのと同じですね。



東洋医学による免疫力の考え方



東洋医学では人は本来、自然治癒力を持っており、
それを高めることが免疫力アップに繋がると考えます。


「衛気」が免疫力を司る

東洋医学では、「衛気(えき)」というものが
外邪から身体を守ると考えられています。

「衛」という字は「守る、防ぐ」という意味です。

衛気は、日中は身体の表面を巡って身体を守り、
夜は体内に入って五臓六腑を巡っています。

つまり東洋医学では、感染症にかかりにくい人は
「衛気が十分に作られ、しっかり巡っている人」なのです。


衛気は後天の気が作る

「気」は人間の活動源であるエネルギーです。
両親から受け継いだ「先天の気」と
飲食物から作られる「後天(こうてん)の気」があります。

衛気はこの後天の気から作られます。
しっかり食事を摂ることで後天の気が充実します。

また、消化吸収を主る脾(ひ)、
気を巡らす肺(はい)の働きを高めることが、
衛気を作り、全身に巡らす力に繋がるのです。

脾は、温かくバランスの良い食事を摂ることが何より大切です。

肺は適度な運動をすることでその働きが高まります。
皮膚との関係も深いので、乾布摩擦で皮膚を鍛えるのもいいでしょう。

安全な野菜を手軽に摂取できる!『無農薬・無化学肥料・無畜産系肥料』野菜パウダー 1〜4個セット

¥ 3,000 ~ ¥ 11,200 (税込)



免疫力を高める腸活のための食事

1,000種類およそ100兆個(1,0000兆個という説もある)の腸内細菌。

私たちが口にするものをエサとして、
腸内細菌が繁殖し、日々腸内の環境は変わっていきます。

腸内細菌は自分好みのエサを欲しがり、
食の好みは腸内細菌によって決められているといわれています。

あなたがジャンクフードばかり欲しくなるとしたら、
ジャンクフード好きな腸内細菌が繁殖しているせいかもしれません。


腸内バランスを整える食材


腸内細菌が食事の好みを決めている

腸内細菌にとって最良のエサは食物繊維です。

食物繊維は悪玉菌の増殖を減らすだけでなく、
免疫の暴走を抑えるブレーキ役である
Tレグ(制御性T細胞)の生産に欠かせないものです。

神奈川県の総持寺の修行僧たちに、
アレルギー症状が改善された人が続出し、
腸内細菌を調べたところ、
このTレグを生み出すクロストリジウム菌が
多く存在していたことが分かりました。

1日20gの食物繊維が含まれる精進料理が、クロストリジウム菌を増やす鍵。

特に納豆、オクラ、山芋、めかぶなどのネバネバ食品には
水溶性食物繊維が多く含まれ、腸内細菌の一番のエサになります。

また、精製されていない穀物や根菜類、
キノコ類には腸をきれいにする不溶性の食物繊維が含まれます。

こちらも腸内環境を整えるには欠かせません。


脾・肺の働きを高める食材

脾の働きを良くする温性・甘味の食材

穀類・イモ類・しいたけ・肉類

肺を潤す涼性・甘味・酸味の食材

穀類・山芋・青魚・百合根・白クラゲ・梨・柿

まとめ



インフルエンザやノロウイルスが流行るたびに、予防の大切さが叫ばれ、
日本人の清潔志向はますます高まっていくようです。

しかし、手洗いやマスクなどの予防を徹底する人が増えても、
感染症が減るどころか、毎年のように流行を繰り返しています。

菌やウイルスを遠ざけることが感染症予防ではなく、
自然治癒力を高め、それらに触れても跳ね除けられる身体を作ることが大切です。

腸内細菌は約2週間で全ての菌が交代されるといわれています。

流水のみで10秒の手洗い。
食物繊維の多い食事。


まずは2週間。ご自身の生活を変えてみませんか。


IN YOU Marketのオススメオーガニック商品

<たっぷり2.5-3.5ヶ月分でお得!>ミネラルならこれ1つ。あなたの毎日が輝き始める無味無臭「飲むミネラル」 by Minery(ミネリー)

¥ 18,225 (税込)

日本初上陸!IN YOU限定。EUオーガニック認証取得済み!ヴィーガン・プロバイオティクス(乳酸菌)サプリメント

¥ 5,457 ~ ¥ 33,100 (税込)

巷に溢れる「なんちゃって水素水」は卒業しよう!しっかり活性酸素ケアができる画期的なアイテム「いつでもどこでも高濃度の水素が吸える&水素水が自分で作れるMy水素ボトル」。

¥ 96,120 税込


この記事を読んだ方にオススメの記事

あなたの人生の目的がわかれば、見えない力でシンクロが起きる!人生に奇跡を起こす「マヤ暦」の教えとは?(概要編)

洗濯に洗剤や石鹸は必要なかった!?肌荒れ・トラブルの心配無し。 石鹸を使わない安心でエシカルな洗濯法とテクニック5つ

あなたの体調不良の原因…もしかして【重金属】かも!?放射能と戦うスギナでお馴染みの驚異のデトックスミネラル【ケイ素】で重金属を除去して、倦怠感やうつを改善!

IN YOUライター募集中!


あなたの時間を社会のために有効活用しませんか?
年間読者数3000万人日本最大のオーガニックメディアの読者に発信しよう!


 IN YOU Writer 応募はこちらから 



『NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク 第3巻:【第4集】万病撃退! “腸”が免疫の鍵だった』NHKスペシャル「人体」取材班編

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

小室聡子
はなこ治療院院長。鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、レイキセラピスト、産業カウンセラーとして、心と身体、スピリット全体の調和を目指した施術を行なっている。開業以来、性別、年齢、症状を問わず2万人以上を施術。臨床以外にも、小児はりやお灸の一般向け講座のほか、プロ向けの講演を主宰し、東洋医学の普及に努めている。アメブロ『東洋医学の教科書 by鍼灸師はなこ』(https://ameblo.jp/hanalog89)では、女性ならではの視点で鍼灸や病気の情報を発信中。https://hanako-do.jp
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ