メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

お酒を飲まない人も要注意|即入院レベルの激痛を伴う膵炎は、足音を立てずに進行する。〜現役鍼灸師がお伝えする今日から始める予防習慣〜

福原真一郎
鍼灸師。あん摩マッサージ指圧師。 鳥取大学の農学部で生物学や化学を学んだ後、鍼灸師とマッサージ師を別に取りに行ったので、長く東洋医学について学んできました。 今は整骨院で東洋医学と薬膳、栄養学の知識を活かして、治療と生活指導を行っています。

慢性膵炎の症状が知りたい。
下痢が続き、左脇腹の痛みがでてきた。
眠れないほど痛い。

・・膵炎かもしれない。
そう思った時にはもう進行している可能性があるのが、膵炎です。

こちらでは発見が遅れやすく静かに進行する膵炎の症状と対処法についてお伝えしていきたいと思います。

膵炎とは


慢性膵炎の早い時期の症状では腹痛や背部痛が主な症状です。

その他にも、
  • 吐き気
  • 腹部膨満感
などがあります。

一定以上に膵臓が破壊されると腹痛は軽減することが多いのです。

ですが、膵臓本来の働きが弱くなるので、消化酵素の分泌が低下して
  • 体重減少
  • 脂肪便
  • 下痢

などの症状が起こり糖尿病の症状が起こることがあります。

男性の場合は圧倒的に飲酒が原因です。

ですが膵炎は飲酒歴がない人でも起こります。
特に女性は飲酒してなくても起こりやすいのが特徴です。


アルコールの多量摂取は、膵臓だけでなく胃や肝臓など、消化器系にも悪影響を及ぼす事は知られています。

しかし、実は具体的なメカニズムについては全てが分かっているわけではないのです。

もちろん、長年のお酒の過剰摂取が膵炎の誘引なのは間違いありません。

膵炎はまだ謎の多い臓器の一つで、自ら分泌した酵素によって自らの細胞が消化され炎症を起こすのです。

急性膵炎を起こす一番多い原因はお酒の飲み過ぎです。

そのため膵炎は20~40代の男性に多く見られます。

原因ははっきりしていなところもありますが、
お酒を飲まない人の場合は食生活に由来する場合が多いのです。

原因不明の場合は特発性膵炎と呼ばれ、急性膵炎は比較的若い30~40代から発症が見られ、
慢性膵炎は主に50~60代に発症が多く見られます。


アルコール性慢性膵炎では非アルコール性慢性膵炎に比べ,
膵石灰化,膵仮性嚢胞,糖尿病などの合併症の発症頻度が高い.

慢性膵炎の合併症と長期予後~ 大槻 眞


膵臓は

  • アミラーゼ
  • リパーゼ
  • トリプシン
糖質に脂質、たんぱく質の全ての消化酵素を出すと同時に、
血糖値を上下させるホルモンを分泌するのです。



そのため、過剰な消化酵素を出す食生活や血糖値の乱高下を招く生活は注意が必要です。


基本的には
  • 暴飲暴食
  • 天ぷらやカツなどの揚げ物
  • クリームやチョコレートなどの脂肪食
などがお酒以外の原因になります。

最も状態が悪いのはお酒と一緒に揚げ物などを食べることです。

そのため普段から外食でお酒を飲んでいる人が、
膵炎には圧倒的に多いのが特徴です。


膵炎の種類


同じ膵炎でも急性と慢性では症状が少し違います。

急性膵炎の症状は、食後に突然起こる上腹部の激痛です。

その痛みは広く背中から上腹部の左やわき腹左肩へまで拡散するのが特徴です。

激しく血液まで吐くこともあるので血圧低下によるショック症状が出て命の危険にさらされることもあります。

膵臓の周りが炎症を起こす間質性の場合は軽症ですが、出血性の場合は死亡率が高くなります。

急性膵炎の原因の多くは・・・


  • 過労
  • ストレス
  • 夜更かし
  • 暴飲暴食
  • 胆石
などです。

日々忙しく、生活が不規則な働くビジネスマンもなりやすいと言えるでしょう。

膵液の大量分泌や細菌感染などが起こると、
膵液の流れが滞り自らの酵素で膵臓は溶けてしまい炎症が起こります。


膵液の大量分泌や細菌感染は体力が落ちているときほど起こります。

そのため、過労や夜更かしは最大の敵となります。

さらに夜遅くまで暴飲暴食を重ねていると著しく胃腸の機能低下を起こします。

加えて胆石が出来やすいのはコレステロールをとり過ぎることです。

そもそもコレステロールは肝臓から作られるので、食事からの過剰な摂取は身体の負担となります。

そのため脂っこい食事を続けていると胆石の原因となります。


慢性膵炎は膵臓に繰り返し炎症が起こった状態です。

膵臓全体が硬くなって本来の働きが失われた状態です。

膵臓は消化力や血糖値の調節を担当するので、その機能が低下すると身体に様々な症状が現れます。

慢性膵炎の主な症状は、
  • 腹痛
  • 体のだるさ
  • 食欲不振
  • 下痢

などがあります。

急性膵炎との違いは痛みが少なく、痛む部分はお腹であること。

さらに痛みが持続するのも特徴で、消化不良から下痢も起こしやすいのも特徴です。

比較的に我慢できないほどの症状ではないので放っておく人も多くいます。

ですが悪化すると死につながるのが慢性膵炎の怖いところです。

東洋医学から見た慢性膵炎の原因


東洋医学から見た膵炎はどうでしょうか?

現代医学では明らかに膵炎の症状があっても、
血液検査では膵炎とは診断されないということが起こります。


なぜなら膵炎の基準となるアミラーゼとリパーゼの血中濃度は発症初日には上昇しますが、
その後3日から7日で正常レベルに戻るため日にちが経っていると発見されづらくなるからです。

東洋医学では血液検査の数値よりも普段の状態から判断します。
さらに脈診などから診れば膵臓の反応が弱っていることも多いので、腹部の圧痛から判断することは可能です。

脈の弱りと腹部の圧痛から膵炎が判断できれば、膵臓の機能向上とあわせて食事指導を行います。

東洋医学から考える膵炎の食事療法


  • 禁酒
  • 禁煙
  • 低脂肪食
  • カフェインの制限
  • 香辛料を減らす
などがあります。
特に男性はアルコールが原因の場合が多いので禁酒が重要です。

腹痛と下痢が続く人は要注意。
膵炎の食事療法の基本は良いものをとるよりも、悪いものを減らすことが基本です。

そのため食事全体の量を減らすことも有効です。

        
  
身体が芯から温まるカフェインレス|農薬不使用・在来種のあけぼの米でつくるこだわりの籾付き玄米茶

¥ 2,592 ~ ¥ 4,968 (税込)

> 商品の詳細はこちら

東洋医学の養生法


実は東洋医学には膵臓の概念はありませんが、膵臓のホルモンの機能は腎にあり、
消化酵素の機能は脾にあると考えています。


東洋医学では慢性膵炎による脾の機能低下には六君子湯(りっくんしとう)と呼ばれる漢方薬を用います。

六君子湯は
  • 胃腸の弱り
  • 食欲不振
  • みぞおちのつかえ
  • 疲れやすさ
  • 貧血
などに効果があるとされています。

これらの症状はまさに慢性膵炎と一致しており、実際に六君子湯が慢性膵炎の改善に効果があることが実証されています。
六君子湯の働きは胃腸の働きをよくして水分の滞りを解消します。

つまり身体の水分を滞らせている原因を取り除き、水分代謝を向上させる生活習慣が大切です。


身体の水分代謝を向上させて慢性膵炎を改善する生活習慣は、


  • 腹八分目
  • 冷たい飲み物を控える
  • 利水作用のある食事をする
  • 寝る3時間前の食事は控える

などの胃腸にやさしい生活がメインとなります。
過剰に水分を摂取しすぎるのも注意が必要です。

籾付きの玄米を丸ごと黒焼き!ミネラルが豊富な黒焼き玄米サプリメント

¥ 8,640 (税込)

> 商品の詳細はこちら

慢性膵炎に、オススメの食べ物


利水作用とは身体のむくみを改善する食材で、

  • 春なら菜の花、大葉
  • 夏ならきゅうりやスイカ、ハト麦、トウモロコシ
  • 秋なら白菜やブドウ、なす
  • 冬ならしじみや昆布、みかん
などになります。

最も大切なのは良いものを取ることに加えて身体に悪い影響を与える生活習慣の改善なので、まずは生活習慣の改善から始めましょう。

炭と水で作られた健康な大地で育つ農薬、肥料、除草剤不使用のキウイ・ポンカン・みかんジュース・ポンカンジュース ・ゆず果汁・ゆず味噌

¥ 1,545 ~ ¥ 10,250 (税込)

> 商品の詳細はこちら

生活習慣を見直そう


急性膵炎の激痛とは違って、慢性膵炎は腹痛や下痢が主な症状となります。

そのため、知らないうちに症状が徐々に悪化し死の危険にさらされることもあります。

たかが腹痛と下痢と甘くみずに長期に渡る不調の際には注意が必要です。

男性ならアルコールの飲み過ぎ、女性ならチョコレートやケーキなど、高脂肪食が習慣になっている人はリスクが高くなります。

日頃から胃腸にやさしい食生活を心がけましょう。

大切なのは身体に良いものをとることより、身体に悪い生活習慣を改善することです。


生活習慣を改めませんか?

日本古来の手火山式で燻された、うま味調味料や加工助剤不使用、天然だし100%のだしパックとだしパウダー

¥ 3,780 ~ ¥ 4,320 (税込)

> 商品の詳細はこちら
全て国産、天然魚使用!化学調味料も食塩も不使用。厳選材料のオリジナルブレンドだし&煮干しだし 2、3個セット

¥3,500 ~ ¥ 4,980 (税込)

> 商品の詳細はこちら
無農薬の赤紫蘇、世界が認めた奇跡のキノコ「越後白雪茸」を惜しみなく配合。究極のアンチエイジングドリンク

¥ 20,196 (税込)

> 商品の詳細はこちら
日本初上陸!IN YOU限定。EUオーガニック認証取得済み!ヴィーガン・プロバイオティクス(乳酸菌)サプリメント

¥ 5,457 ~ ¥ 33,100

> 商品の詳細はこちら

この記事を読んだあなたにおすすめの記事

万病の元「陰性体質」から身を守る究極の「黒炒り玄米茶」驚異のパワー。強力な解毒作用から冷えとり対策まで

冷え性対策・膀胱炎などの腎トラブルにも【乳製品不使用】体ぽかぽか味噌と酒粕で作る養生玄米リゾットの作り方

300種の酵母が作り出す複雑な味と香りを持つ醤油。しかしその醤油、遺伝子組み換えや脱脂大豆由来かもしれません。本当に安全な醤油の選び方。

IN YOU ライター募集中!

あなたの時間を社会のために有効活用しませんか?

年間読者数3000万人日本最大のオーガニックメディアの読者に発信しよう!


 IN YOU Writer 応募はこちらから 

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

福原真一郎
鍼灸師。あん摩マッサージ指圧師。 鳥取大学の農学部で生物学や化学を学んだ後、鍼灸師とマッサージ師を別に取りに行ったので、長く東洋医学について学んできました。 今は整骨院で東洋医学と薬膳、栄養学の知識を活かして、治療と生活指導を行っています。
あなたにお勧めの記事
関連記事

minery

LINE@

mailmagazine

minery

me

minery

ページ上部へ