メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

腰痛の場所でわかる!東洋医学的にみたその原因と治療法

石原貴司
鍼灸師、マッサージ師、サイマティクスセラピスト。東洋医学セラピスト養成講座主催。 伝統的東洋医学による鍼灸臨床を15年以上実践。ガン、鬱、難病、内臓疾患などの治療を行う。その中で病は1対1の物理的治療のみで完治するものではなく、その人の置かれている環境から変えていかなければ本当の治癒は起こらないと痛感。スピリチュアリズム、波動療法、シャーマニズムなども研究する。 更に近年、電磁波や地球環境の影響による病が増えていることから、生命の源である周波数から調整出来るセラピーを求めサイマティクスに出会う。10年以上にわたって伝統的東洋医学と最先端の量子医療を融合させたセラピーの研究と治療を続けている。 物理的肉体だけでなく精神や環境にダイレクトに働きかけ治癒に導く、また社会の波長を高め病気が無い未来を創造するための可能性を秘めたサイマティクスを広めるために活動中。 【サロンHP】 https://lasalute111.com/ 【サイマティクス、セラピスト育成】 https://lasalutekyoto.wordpress.com/ 【ブログ】 https://ameblo.jp/la-salute8/

腰痛は体の異常を教えてくれる信号です!

外傷以外の腰痛のほとんどは内臓の異常や気の停滞を知らせる生体反応です。

また一般的にギックリ腰といわれる急性的に起こる腰痛は、
神経過敏による筋肉の異常な収縮や組織の水分不足などから起こることがほとんどです。
このような状態を起こしやすいのがカゼの前後や冷え、アルコールを飲み過ぎたとき。

ギックリ腰は「重いものを持った」とか「無理な姿勢をした」など、
物理的な要因から起こるという認識をお持ちだと思いますが、
外傷や骨のずれと関係しているものは実際にはそう多くはありません。

ギックリ腰になった経験のある方は思い当たることがあると思いますが、
「多分あの時におかしくなったのだろう」とか「確か昨日重いものを持った」など、
ハッキリと「この時から悪くなった」と分からなくても
無理に原因を探されたことはありませんか?

臨床では、
「多分重いものを持ったと思う」
「夜、変な格好をして寝てたと思う」
という推理的表現をよく耳にします。

もちろん実際に物理的要因で起こっているものもありますが、
背筋力の平均は男性30代でおよそ130kg、女性30代で80kgと言われています。

こんな重力を持つことはまず無いはずなので、
これ以下のもので筋肉を傷めるとするなら、
それは筋肉自体に問題があったということであり、
そのまま痛みが慢性化してしまう場合は「自己治癒力が弱っている」ということでもあります。

筋肉に痛みや問題が起こる原因

■神経興奮や神経過敏による筋肉の収縮と硬直、筋肉を弛緩させる働きの低下
■血液循環の障害により、筋肉を養う栄養素や酸素が上手く運ばれない
■貧血や赤血球の異常により、組織に酸素の不足が起こる
■外的要因の冷えなどによる筋肉の柔軟性不足
■組織の水分低下による筋肉や靭帯などの柔軟性不足、組織の繊維化

などが考えられます。

上記のような異常の根本的な原因になるのが各臓器の働きの異常です。



痛みや問題の原因を東洋医学の五行でみると


木(肝臓、胆のう)の氣の異常→神経の高ぶりや神経過敏→筋肉や靭帯などの過剰収縮
火(心臓、小腸)の氣の異常→血液循環不良、体温低下、血圧上昇や体温上昇に伴う水分低下、水分吸収能の低下→筋肉の柔軟性の欠如
土(消化器全般)の氣の異常→水分吸収の低下、消化吸収の低下により、筋肉の柔軟性維持に必要な水分、栄養素が減少
金(肺、大腸)の氣の異常→カゼなどによる筋肉の炎症や発汗過多による水分低下
水(腎臓、膀胱)の氣の異常→高血圧、頻尿などによる水分低下、腎機能低下による水分吸収能の低下

と捉えることが出来ます。

引用:名古屋大学医学部附属病院 総合診療科「五行説と五臓」


五行の生理的働き

また五行にはそれぞれ、組織や精神に対する生理的働きがあります。
実はこの五行の生理的働きが東洋医学では一番の基礎となる大切な理論です。

■木→身体内部の組織や精神を収斂させる働き、エネルギーを生み出す働き
■火→組織や精神を同じ状態を維持するため働き、エネルギーを隅々まで運搬して温める働き
■土→組織や精神を緩める・衝撃を和らげる働き、食物の消化など物質を変化させる働き
■金→エネルギーを発散させる働き、皮膚や精神を収斂させる働き
■水→組織を潤す働き、水やエネルギーを引き込む働き


痛みの原因になるのは五行のどれ?

この中で特に痛みと関連するのが、
木の収斂過剰による筋肉の痛みや関節の痛み、神経の高ぶり(風)による痛み
火の温める作用の過剰による炎症

です。

前回投稿した記事にも記しましたが、現代病と同様、
痛みも「火」と「風」が原因のものが多いということなのです。
(前回の記事はこちら

ただ東洋医学では腰は水が集まるところとされており、
水分の異常によっても腰痛は起きやすくなります。

また部位的に胃腸とも関連が深いため
胃腸の異常が腰痛の原因になっているケースも少なくありません。

痛みの部位による内臓との関連

痛みの部位によっても五行(各臓器)のどれに問題があるかを
大まかに見分けることができます。

痛みの部位別にどの臓器の氣の流れに問題を起こしているかとその治療点を記していきますね。

肌色のテーピングの部位が痛むときは、肝臓、胆のうの気の流れの異常




貧血、神経の昂り、イライラ、強い緊張やストレスにより誘発されます。

木から起こる痛みは筋肉や腱、靭帯の収斂から起こるので、
動く時に収縮している組織が引き延ばされるためギクッと走るような痛みが多くなります。

ギクッと痛みが走る、一般にいわれるギックリ腰はこのタイプが多いでしょう。
また引き攣れるような痛みも特徴です。

女性の生理痛や貧血による痛みも
お腹から腰にかけて引き攣れるような感じが現れることが多いようです。

このタイプの腰痛は肝臓、胆のうの氣の異常が疑わるので、
肝臓に負担をかけるアルコールは控えてください。

またストレス、イライラ、時間に追われるセカセカ、睡眠の不規則などを避けましょう。

治療は背中の赤いシールのポイントと、足の赤いシールのポイントを治療します。



治療はオイルマッサージの要領で優しく押し流すイメージで行います。

東洋医学では「痛みは氣の滞りから起こる」というルールがあるので、
停滞している氣血を押し流す、というのがセラピーの基礎的なイメージです。


無着色・無香料で、保存料や防腐剤など化学物質は一切無添加。 未精製で、自然のままのモリンガオイル100%オイル 1〜2本セット

¥ 5,292 ~ ¥ 9,720 (税込)

> 商品の詳細はこちら


腰の黄色のシールで示した部位が痛むときは五行の土の乱れ=胃腸の気の流れの異常


飲食過多、胃の痛み、下痢や便秘などにより誘発されます。

胃腸の機能は東洋医学では「脾」と表され、
組織を弛緩させる働きを担うと言われています。

従って胃腸の機能の異常は筋肉を緩めることができず
緊張や疲労から回復させる力が弱る、
もしくは逆に組織が緩みすぎて邪が停滞すると考えられますので、
これらが元で筋肉を傷めてしまうケースが多々あります。

また胃腸は内臓の中でも熱量の多いところとされており、
熱による痛みの場合には重い鈍痛が多く、
下痢や冷飲が過ぎて冷えた時にはキリキリしたような比較的鋭敏な痛みが起こりやすくなるのです。

食べ過ぎ飲み過ぎを控える、夜8時以降の食事を避ける、
冷たいものを控えるなどの養生を行ってください。

背中の黄色いシールのポイント、足の青いシールのポイントを治療します。


腰の緑のシールで示した部位が痛むときは五行の水=腎臓、膀胱の氣の流れの異常です。


東洋医学では腎臓が水を引き込む、水で火を消し炎症を抑える、
水でクールダウンすることで神経の興奮を抑えるとされています。

このような働きに異常が起こったとき、腰の緑のシールの部位あたりに腰痛が起こることになります。

また、カゼやインフルエンザなどの高熱のときにも強い痛みが現れます。

カゼやインフルエンザの高熱を冷ますために水が消費され、
その結果水が集まっている腰から水分が奪われて腰痛を起こすのです。

また関節の水分を消費されるので関節や体の節々が痛みます。

この部位の腰痛は腰に水分が減少しているため、強い刺激は禁忌です。

筋肉は水分を失うと、干物のように繊維が硬くなり傷つきやすくなります。

そのため腰は少し温めて水分を引き寄せるイメージで手当てをするか、
柔らかいゆっくりした軽い刺激のオイルマッサージ程度にします。

また足の緑のシールのポイントを治療します。
アキレス腱の内側や足の後ろのポイントがこのタイプの腰痛の治療ポイントとなります。


またこむら返りは足の緑シールの部位に起こり易く、
汗をかいた後など水が足りないときに起こるのでこの部位を治療します。

また、こむら返りが起こる土台は神経過敏なので
肝経と胆経=足の赤いシールのポイントをマッサージしてください。

一般的な腰痛の治療

一般的に行われている腰痛の治療は、筋肉の損傷といいながら揉みほぐしたり、
神経痛といいながら強い電気刺激を与えたり、
冷えから来ると言いながらシップをしたりと、矛盾のある治療が氾濫しています。

これが引き金となり、慢性化したり、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などに
進行することも少なくありません。

基本的に、痛みがあるということは神経が興奮している=電気伝達が盛んである、
ということですので神経を鎮静させる必要があります。

従って当院では一般的な低周波治療で電気を流したり、
強い揉みほぐしのような興奮が起こる治療は行っていません。

痛みのある部位、またはシールで示した治療の部位をアロママッサージの要領で柔らかく押し流す、
こういう手技によって神経を鎮静させながら氣の流れを改善して治療します。

腰痛をお持ちの方の養生としては、
アルコールは神経を興奮させるので痛みがある間は絶対禁止です。

炎症(腫れ、熱、発赤)が無ければ温めるのが良いのですが、
コタツやカイロで長時間温めすぎると乾燥して筋肉が潤わず治りが遅くなります。

温めて良いか冷やすのが良いか分からない時は軽くお風呂に入ってみて、
疼くようなら一時的にシップを、心地よく痛みが軽減するようなら温める方が良いでしょう。

腰痛の原因は上記のように様々なので原因にあった治療が必要です。
筋肉が弱っている、鍛えないと治らないなどの理由で運動を行うと
悪化することが多いので注意してください。

有酸素運動などは有効ですが、強い痛みが軽減してから行って下さい。

オールマイティな腰痛の治療ポイント



どのタイプの腰痛にもある程度有効で、
特に慢性化している腰痛に効果的な治療ポイントがあるので
最後にそれをお知らせしておきます。

写真の赤いシールのポイントがそれです。

胆のうの氣が流れる経絡(氣が流れるルート)上のツボです。
太ももの外側の中央部辺りが「風市」というツボです。

風は神経過敏を表しており、痛みは神経の興奮によって強くなりますから
このツボを穏やかに緩めることで神経の興奮を抑え、痛みを緩和する作用があります。

また五行の木の収縮させる働きもやわらげる効果があり、
筋肉の収縮を緩和し痛みを改善します。

このような作用のツボですから特に強い力で揉んだりほぐしたりするのではなく、
気持ちよい、あるいはやや軽い痛みがあるくらいの圧で優しく、
指圧かオイルマッサージの要領で刺激してください。



これから寒くなる季節、腰痛も増えてきます。今から足湯などで下半身を温め、
氣を下ろして神経を穏やかにしておくと腰痛の多くは予防できます。

健康維持のためにも、ぜひ足湯などを行ってみてください。

この記事を読んだ方におススメの商品


【お得な3個セット】世界中で最も厳しい基準を持つドイツ産最高品質タブレット「エスタービタミンC 1,000㎎」60粒

¥ 15,225(税込)

> 商品の詳細はこちら
自然栽培在来種「手摘みそら豆珈琲」と珊瑚礁の土壌で育った「白胡麻」と「そら豆の種白胡麻の種」

¥ 1,080 ~ ¥ 2,799 (税込)

> 商品の詳細はこちら

おススメの過去の記事

東洋医学と陰陽五行から見たあなたの「顔色タイプ」で体調・不調チェック!最近ファンデの色が合わなくなった?着ていた服の顔映りが悪くなってきた?それ「顔色」のせいかも?
この世のものは全て5つの要素で成り立っている!東洋医学・薬膳「五行学説」の考え方を1から徹底解説します。
イライラしたり疲れやすくなっていませんか?夏と陰陽五行の「心」の関係。心と肝をケアして夏を乗りきって!

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

石原貴司
鍼灸師、マッサージ師、サイマティクスセラピスト。東洋医学セラピスト養成講座主催。 伝統的東洋医学による鍼灸臨床を15年以上実践。ガン、鬱、難病、内臓疾患などの治療を行う。その中で病は1対1の物理的治療のみで完治するものではなく、その人の置かれている環境から変えていかなければ本当の治癒は起こらないと痛感。スピリチュアリズム、波動療法、シャーマニズムなども研究する。 更に近年、電磁波や地球環境の影響による病が増えていることから、生命の源である周波数から調整出来るセラピーを求めサイマティクスに出会う。10年以上にわたって伝統的東洋医学と最先端の量子医療を融合させたセラピーの研究と治療を続けている。 物理的肉体だけでなく精神や環境にダイレクトに働きかけ治癒に導く、また社会の波長を高め病気が無い未来を創造するための可能性を秘めたサイマティクスを広めるために活動中。 【サロンHP】 https://lasalute111.com/ 【サイマティクス、セラピスト育成】 https://lasalutekyoto.wordpress.com/ 【ブログ】 https://ameblo.jp/la-salute8/
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ