メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

ただ飲んでも効果は微妙……その葉酸はちゃんとあなたの体で役に立つように飲んでいますか?

葉酸妊娠初期に特に重要といわれる栄養素。
だけどこの「妊娠初期」が案外曲者。

通常妊娠が分かる頃には、実は既に胎児は成長しています。
だからこの「発覚前」、生理が遅れていると気づく前に、母体内にないと困るのが葉酸です。

つまり着床時には母体内に葉酸が十分ないと手遅れなのです。

今、葉酸サプリメントが流行っていますが、実は多くが石油由来

これは薬剤としての葉酸の働きはあるものの、飲み方や飲み続ける時期を間違えれば、
生まれた赤ちゃんのアレルギーや喘息の原因になるというデータもありましたね。(出典1)

今、日本では、厚生労働省が妊婦さんに葉酸を推奨しているため、
「妊婦さんには葉酸が必要」ということが浸透していますね。

しかし、実際に、飲んでいる方は、その葉酸がどんなものか分かって飲んでいるのでしょうか?

なんでもそうですが理由や目的もわからず、ただ「飲めば大丈夫」、ではなく、
作用機序などをきちんと理解できれば、効果的で賢い摂取ができますね。

そもそも葉酸とは


葉酸はいわゆるビタミンB群の一種です。
メディアの影響もあり、「妊活=葉酸」というイメージも大きく、
葉酸は妊娠初期だけ特に重要と思っている方が多いようですが、
葉酸は、鉄・ビタミンB12と合わせて、赤血球の三大構成要素でもあります。

つまりどれが欠けても健康的な赤血球が作れないということになります。
赤血球は酸素を運ぶ重要な因子です。
血がなければわたしたちのからだは日々細胞を作れません。

赤ちゃんに葉酸が必要な訳



ママのお腹の中の赤ちゃんは、お母さんの血液で成長します。

「葉酸だけをサプリメントでしっかりとってるから大丈夫」、
という安易なものではありません。

栄養は摂ってOKではなく、生体有効率が重要なのです。

妊娠初期には特に葉酸は通常の2倍以上必要になると言われています。

なので最低妊娠する3ヶ月前にはしっかりした血液を作るような食事をしておくことや、
そもそもが普段から当たり前に健康を保つような食生活をしておくことが、最大の妊活となるんです。

ママからの最大のプレゼント「健康な血液」



有経女性は往々にして貧血傾向があると言われます。(出典2)

過多月経子宮内膜症などがあれば当然貧血の危険性があがります。

いつか赤ちゃんを産むかもしれないすべての女性に必要なのが、
「普段からの葉酸」と葉酸が働くためにも必要な各ビタミンやミネラルのバランスを保つこと。

食事がめちゃくちゃで「葉酸サプリを飲むだけ」では「葉酸を撮摂っているつもり」で、
満足しているに過ぎない場合もあります。

ビタミンもミネラルも、量・質とそれぞれのバランスが必要です。

そして体内で活用されているかどうかが一番重要なんです。

飲んでも、ザルのようにスルーしてしまっていたらどうでしょうか?
飲んだつもりが効いていない、ということになります。

ましてや葉酸不足の貧血を示すデータや数値はありません。
貧血だってある程度の数値でも自覚症状がないこともあります。

葉酸の吸収には、亜鉛が必要です。
またビタミンCも必要です。

実際は消化の前段階としてよく噛んで唾液を十分に分泌させること、
その後胃酸が十分に分泌されていることが葉酸を、体内で有効利用するためには必要です。

胃酸は「貧血対策」にも重要ですよ。

葉酸が体内で働くためには、亜鉛・ビタミンC・ビタミン&・B2・B12の栄養素が必要です。

細胞に必要不可欠な葉酸


DNAやRNAの生合成や赤血球や胎児は「盛んに分裂して成長」しています。

胎児は受精した直後から、ものすごいスピードで細胞分れるを繰り返します。
この時にスムーズに分化し、正しい細胞をコピーすることが大事で、そこに葉酸が重要な働きをするのです。

妊娠を望んでいつでも赤ちゃんをウエルカムな子宮や母体にしたい女性はもちろん、
成長期のお子様にも、常に細胞を新陳代謝しているすべての方に葉酸はマストな栄養素。

難しい話ですが、DNAを作る前段階で「葉酸回路」という代謝サイクルがあるのですが、
ここでビタミンB12が不足していればこの葉酸回路は働きません。

ビタミンB12を吸収するのには胃酸の中にある内因子という成分がマストなので、
胃酸が出ていなければ、この葉酸回路もうまく働くことができない。
つまりDNA合成に差し障る、ということになります。

私がビタミンB12を摂る理由



ビーガンの方はビタミンB12欠乏を起こしやすいので、妊活中は特に注意が必要です。

例えば「チェーン店のコーヒーを1日数杯のみながら葉酸サプリを飲んでいます」とか、
「毎晩夕食は20時以降にがっつり食べて朝はお腹が空かないから食べません」では、
胃酸の分泌を低下させるため、葉酸サプリを飲んでも、葉酸が体内に吸収されていない可能性が高くなります。

なにを摂るかは選ぶ必要がありますが、その前になにをやめるか、も大事ですね。(出典3)

ちなみに「葉酸やビタミンB12の摂取が虚血性心疾患の予防に効果があるのではないか」と、
研究も進められているようです。

葉酸は、やっぱり全世代に必要不可欠。
ホモシステイン代謝 薬学雑誌 橋下隆男・篠原佳彦・長谷川弘2007;127巻

ネットで検索すると、いくらでも情報が出てくる葉酸サプリ。

様々な情報が氾濫しているので、迷ってしまいますね。

しかし「健康」や「妊活」は流行でもなんでもありません。
流行り廃りではないのです。

栄養の摂り方を見直してみませんか。



すべての栄養素は食べ物から摂取するの基本の基本。

その基本を念頭に置きつつ、忙しい生活を余儀なくされている女性は、
なるべく自然に近い形のサプリメントや健康補助食品を摂る必要があります。

毛髪ミネラル検査などで現在のミネラルバランスなどのほか、重金属の蓄積などがないかもわかるので、
データを見ながら、サプリメントや強化したほうがいい栄養をピックアップするのもおすすめです。

調べた後は必ずプロに考察してもらいましょう。

そして赤ちゃんを授かりたい場合は、その子が「一生つきあうカラダ」をつくるために、
ママであるあなたが母体や血液を創ることが大切。

健康は流行やブームではありません。

あなたやあなたの先に続く命が健康であれるように、そして続いていくように。
普段から葉酸だけではなく、バランスのとれたクリーンな食事やサプリメントなどを利用して、
基本は食べ物からしっかり栄養をとってください。

「ただ食べればいい」訳ではないです。

食べたものや飲んだものはきちんと消化吸収して、からだにちゃんととりこめなければ無意味です。

いまいちど口にするものや「食べ方」を見直してみませんか?


最後に



葉酸でいえば、健康的な食事と同じ感覚で摂れる、こちらがおすすめ。

無添加のレモンだけでできた葉酸サプリ


一般的な葉酸サプリに使用される「合成葉酸」は摂れば摂るだけ良いというものでなく、
それ自体が合成添加物

また、葉酸は推奨摂取量と上限摂取量が近い栄養素なため、過剰摂取に気をつける必要があります。

葉酸サプリを過剰に服用したことで先天異常になる神経狭窄が減ったというデータもあります。(出典4)

しかし、私が見つけたこの葉酸サプリは「食事性葉酸」
食品に含まれる葉酸と同じなので、過剰摂取を心配する必要はないのですって。

また原材料もオーガニックのレモン。

私は、妊活目的ではありませんが、血を元気にすることは様々な病気のリスクを回避することができるため、
この葉酸サプリを毎日飲んでいます。

妊活中の方ならなおさらおすすめです。

赤ちゃんの体づくりを決定づける妊活中・妊娠中・授乳中のママ、
今摂っている葉酸サプリの質を、是非皆して見てください。

無添加のレモンだけでできた葉酸サプリ



この記事を読んだあなたにおすすめの記事

■妊活は実は胎児期から始まっているという事実。病院が教えてくれない妊娠前のからだづくりとは?

■造血のビタミン!「葉酸」の効果と多く含まれる食べ物。不足すると表れる欠乏症状。なぜ妊婦は意識的な摂取が必要なの?その重要性をお伝えします。

■全ての妊活女性と妊婦に知って欲しい市販葉酸サプリメントの知られざる実態。市販葉酸サプリを比較しました!赤ちゃんの為の正しい葉酸サプリの選び方。


出典1
Folic acid late in pregnancy may increase childhood allergy risk
   
出典2
有経女性における鉄欠乏状態の検討-泌尿器科・皮膚科クリニック来院患者を対象として-
出典3
妊活は実は胎児期から始まっているという事実。病院が教えてくれない妊娠前のからだづくりとは?
出典4
葉酸は神経管閉鎖障害の発生リスクを低減する : 妊婦の 認知率・葉酸摂取率(2006年)

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ