メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

6000人以上の女性に触れてきたセラピストが感じた「女性特有の苦しみ」とは? |女性の本質を理解し苦しみから解放される5つの方法

本田康子
2000年よりマッサージセラピストとして活動開始。 アロマテラピー、リフレクソロジー、オシレーション、タラソテラピーなど東西様々な療法や技術を学び、独自のフェイシャルやヘッド技術なども提供、延べ6000人以上の女性の身体や心に触れた経験を持つ。 オーガニック化粧品会社やホテルスパにて、セラピストやエステティシャンの人材育成にも長年従事。 26年関西に暮らしてきたが、家族の病気をきっかけに自身の生き方を見直したく、2019年4月より故郷の福井県へ移住。 マッサージだけでなく、女性が求める商品やライフスタイルの提案など、女性が心地よく幸せに生きるためのサポートをライフワークとする。

令和という新しい時代が始まり、
より良い人生にしていきたいと願う人も多いのではないでしょうか?

私は、20年近くマッサージセラピストとして延べ6000人以上もの女性と接し、
その身体や肌、心に触れてきました。

多くの女性に触れ分かったことは、
幸せになりたいと願いながら、苦しんでいる女性がとても多いということ。
そして、その苦しさを感じる根っこや女性の本質は皆同じであるということ。

カウンセリングやマッサージを通して、
その苦しさから解放され、女性が本質を取り戻すためのあることに気づきました。

女性の苦しさの原因とその解放、
そして女性の本質を活かし生きる方法をお伝えしたいと思います。


苦しさを感じている女性の傾向



年齢や性格、見た目、仕事や家庭環境などに関係なく、
苦しさを感じている女性にはいくつかの傾向があります。
施術やカウンセリングで感じた態度を指しますが、
普段の生活にもあてはまることは多いでしょう。

まず、お伝えしておきたいのは、
このような傾向の人が悪いと言いたいのではないということです。

良い悪いとジャッジするのではなく、心に苦しさがあることの基準と考えてください。
「自分は今少し苦しいのかな?」と気づくきっかけにしてほしいのです。

【威圧的で壁がある】
威圧的で、自分の身体や心の状態をあまり言いたがりません。
また、疲れやストレスなどを感じていても最初は否定します。

【好意的だが壁がある】
笑顔が絶えず好意的ですが、自分の身体や心の状態をあまり言いたがりません。

【他人の話ばかりする】
話がとまらず、それが他人の噂話や批判であることの多いです。

【自分の苦労や病気の話ばかりする】
こちらも話がとまらず、それが自分の苦労話や病気の話であることが多いです。

このようなタイプに分かれます。

最初の2つは、威圧的と好意的という真逆ですが、どちらも人に対して壁があります。
そして、後の2つは他人の話と自分の話と真逆ですが、どちらもとにかく話をしています。

真逆の態度や真逆の内容なのに、行動は同じなのです。

女性特有のや悩みを抱える現代女性の救世主!こだわり天然ヒノキ椅子と野生・農薬不使用のよもぎの「自宅でカンタン日本製よもぎセラピーセット」

¥ 8,640 ~ ¥ 129,600 (税込)

女性の苦しみは根っこが同じ



実は、私自身も以前、前述の最初の2つのように
威圧的、好意的の両方の壁を持つ傾向にありました。

お客様の苦しい心を解放してあげたいと心理学を学ぶうちに、
自分がこの傾向であったことに気づいたのです。

どうしてこのような態度、行動になるのか?

その理由は2つです。

「架空の敵と戦っている」
「架空の問題を作っている」


この架空とは、
「他人の目線を気にするあまり勝手に作られるもの」です。
分かりますでしょうか?

私の例を挙げます。

私は、昔から「成功したい」「人が羨む生活をしたい」と思っていました。
そのため、「できる女」や「稼いでいる」を装うようになっていきました。

そうするとどうなっていくと思いますか?

「人からみじめだと思われたくない」
「お金がないように見られたくない」
このように、人からの目線を異常に気にするようになってしまったのです。

それがいつしか
「あの人、私のことみじめな女と思っているかも」
「貧乏と思われたに違いない」
というように、相手の心の中を勝手に想像するようになりました。

これが「架空の敵と戦っている」状態です。

実際には誰からも責められていないのに、
勝手に相手を敵にして負けないように頑張る、これを繰り返していたのです。

そして、
「この服装がだめなんだ」
「何も資格がないから馬鹿にされるんだ」
などと、架空の問題を作り出していました。

まさに独り相撲、これでは心が疲弊してしまうのは当たり前です。

人の話や自分の話ばかりしてしまう傾向の人も同じです。
戦っているから、誰かにその勝ちを認めてほしいのです。

私の場合は、成功して認められたい、という思いからでしたが、きっかけは様々です。
仕事、お金、恋愛、子供、どんなことも戦うためのきっかけになりうるのです。

このように苦しさの根っこは「架空の敵と戦う自分」だったのです。


苦しさは本質からずれているというシグナル



体の病気でもそうですが、痛みや苦しさは何かを教えてくれています。

心に苦しさがあるということは、
「本来あるべき姿から外れているよ」という本来の自分からのシグナルなのです。

架空の敵と戦い勝った場合、得られるのは「優越感」です。

優越感は、その瞬間は気分の良いものかもしれません。
しかし、また次の敵が現れるため、戦いを繰り返し苦しくなります。

苦しくなるということは、その戦いや優越感は「本当に求めているものではない」ということ。
女性の多くはそのことに気づかず、戦いを続け、本質からどんどんずれてしまうのです。

どうして女性はこのように戦うようになってしまったのでしょうか?

私の主観にはなりますが、数十年前から男女平等や女性の権利などが主張され、
無意識の内に女性が女性であることは不利だ、と感じてしまったことがひとつの原因に思えます。

生理や結婚、妊娠、出産、子育て、介護、など女性は男性とは違う大きな役割があります。
幸せなことなのに苦痛に思えることもあるでしょう。

そんな自分はだめだと、揺れ動く心や身体を隠し、
必死に頑張ってしまったことの結果なのかもしれません。

これは、多くの女性と話すうちに感じたことです。


女性の本質とは?

揺れ動くのが女性

お客様の身体に触れている時、いつも感じることがあります。

それは、身体が緩まる瞬間があるということ。
顕著な方は、その瞬間に静かに涙を流したり、言葉を発する方もいます。

身体が緩まる瞬間とは、手の温かさ、柔らかさ、優しさに触れ、
固まっていた身体と心が緩み、少しだけ本来の柔らかさを取り戻す瞬間なのです。

本来、女性は柔軟性があり、心も身体も柔らかい存在です。
つまり、揺れやすいのです。

芯がないのではありません。
揺れ動く性質であるということ。

現実社会や架空の敵と戦う内に、身体は緊張で固まり、
心も厚く高い壁の中で身動きが取れなくなります。

それが、柔らかさを取り戻すとどうなるでしょうか?

壁があった人は、それが少し剥がれ、自分の話をしてくれます。
他人や自分の話ばかりしていた人は、逆に無言になるのです。

その瞬間が、本来の「緊張せず心も身体も自然に揺れる状態」なのです。

敵などいない「安心感」で緊張は解け、
他者と繋がる「満ち足り感」で心が揺れ動いても問題がないのです。

揺れや柔軟性は、逆に言うと折れにくく、芯はぶれません。

「信念や理想はぶれずに芯に据え、心と身体は揺れ動くままに柔軟に生きる」
これが女性の本質であると言えるでしょう。

女性は揺れるからこそ強く、ぶれずに行動できる



緊張がなく心も身体も揺れる状態とは、あくまでも状態を指すのであって、
ただぼーっと暮らしましょう、と言っているわけではありません。

会社員、起業家に限らず、活躍している女性たちは、
この女性の本質の状態をうまく保っています。

自分を認め信じているため、架空の敵を作って戦い疲弊することはありません。
自分も他人も尊重でき、柔軟に行動できるのです。

それには常に自分と向き合うことが必要です。

自分の理想は何か?
仕事をする上で大切にしたいことは何か?
家族とはどんな関係でいたいのか?

常に自分に問いかけ、自分の本心を理解し、その上で必ず行動しています。
柔軟であるからこそ他者の意見を受け入れ、妥協ではなく双方が繁栄できる方向を考えていく。

これこそが、女性の本質を活かす生き方と言えるでしょう。

家族みんなで活性酸素を賢く除去!毎日自宅で水素浴が出来る夢のようなアイテム「My水素バス」

¥ 88,560 税込

女性が苦しさから解放され本質を活かし生きるには

女性の本質を活かすには、自分と向き合い、
今の身体と心の状態、そして本来あるべき状態を知ることが大切です。

自分と向き合うために大切なこと

自分と向き合うために行ってほしいのが、
「自分の全てを受け入れ許す」ことです。

自分が何を感じ、どんな行動をするかを知っていくと、
自分を否定したくなることがあります。

こんなことを思ってしまう自分はダメだ、
こんな行動をとる自分は最低だ、
などと自分を否定してしまうのです。

しかし、どんな感情も行動も、過去や現在に関係なく全て受け入れること。
この過程なくしては、本当に自分と向き合うことはできません。

女性は、感じて受け入れる性です。

まずは、どんな自分も「受け入れる」、
そして、それが自分の最善であったと自分を「許す」。

これだけで、
「敵」も「問題」も何もなかったことに気づくことができます。

実際に、私自身も「受け入れて許す」ことを続け、心の苦しさから解放されていったのです。

身体からのアプローチ



いきなり自分の心に向き合うことが難しい人は、
まず身体からアプローチすると良いでしょう。

身体と心は繋がっていて、身体が緩み、緊張がとけたり、
人のぬくもりを感じることで心の壁も剥がれていきます。

マッサージをする

有効なのは、やはりマッサージです。
直接肌と肌が触れるオイルマッサージをおすすめします。

緊張が解け、感情が揺れ動く本来の自分に戻る瞬間を感じ、
その時溢れる感情をそのまま受け入れてあげてください。

1日の終わりの贅沢な時間をこれで。フルーツとハーブでできた完全オーガニックのマッサージオイル3種【お好みのものを1本から選べます】

¥ 5,500 ~ ¥ 16,300(税込)

ヨガや瞑想をする



まずは自分だけで身体を緩めていきたい人には、ヨガや瞑想がおすすめです。

ヨガも瞑想も、呼吸に集中します。
深くゆっくりとした呼吸は、身体の様々な流れを整えるだけでなく、
自分の心と向き合う時間にもなります。

リラックスしてゆっくりと呼吸しながら、
湧いてくる様々な自分の感情を受け入れ許していってください。

食事や睡眠を見直す

また、食事や睡眠を見直してみるのも自分と向き合うきっかけになります。

なんとなく食べるのではなく、本当に身体が欲しているものを食す、
また、テレビを見ながらではなく、食事に集中し、味や感覚を感じることが大切です。

睡眠も同じで、自分が心地よいと感じるリネン、照明や香りなど心地よさにこだわってみてください。

超希少!スポーツアドバイザー使用の有機「レモングラスエッセンシャルオイル」

¥ 2,225 ~ ¥ 3,105 (税込)

心からのアプローチ



文字通り、直接心と向き合います。

ただし、頭の中で考えてばかりでは、なかなか本音と向き合えません。
自分の感情や心の内を書いて、目で確認しながら自分と対話してみてください。

また、パソコンではなく、自分の字で活字で書くようにしましょう。

最初は、文字で見るのも心が辛くなることがあります。
それでも大丈夫です。

「この時嫌だった」「そう思う自分が嫌い」など思ったままに書き出します。
そして、どんな風に感じてもそんな自分を許して、受け入れてあげてください。

これは、どんなカウンセリングや人からのアドバイスよりも心が癒されます。

また、好きなことは遠慮せずにやってみたり、
好きな食べ物を食べたり、周りを好きなもので満たす、
そんなことも自分と向き合うことに繋がります。

自分の好きなことに素直に手を伸ばすこと、これこそが自分を受け入れることに他なりません。

揺れる自分を受け入れてしなやかに生きよう



女性が苦しさを感じるのは、その本質である柔らかさと揺れを失った時に起こります。

まずはそれを取り戻すこと。
何を感じても良い、と感じることを許していくこと。
そして、好きなものに素直に手を伸ばすこと。

もし、今何かに苦しんでいたり、心がモヤモヤしているなら、自分の心と向き合ってみてください。

今何を感じているか、どんな気持ちなのか、それを確認することが第一歩です。

「敵」も「問題」もなかった。

それに気づくことから始まります。
もう架空の戦いはやめましょう。

自分の人生は、自分が選び自分で創っていくことができるのです。
それを知ってほしいのです。

揺れ動く心のまま、本来の自分を受け入れてしなやかに生きていきましょう。

IN YOU Marketのオススメオーガニック商品

<たっぷり2.5-3.5ヶ月分でお得!>ミネラルならこれ1つ。あなたの毎日が輝き始める無味無臭「飲むミネラル」 by Minery(ミネリー)

¥ 18,225 (税込)

日本初上陸!IN YOU限定。EUオーガニック認証取得済み!ヴィーガン・プロバイオティクス(乳酸菌)サプリメント

¥ 5,457 ~ ¥ 33,100 (税込)


世界に1人のあなたをパーフェクトにする世界に1つのオートクチュールオーガニック・フレグランス ”Fivele” (フィヴェール)【IN YOU Market 限定販売】

¥ 35,160 ~ ¥ 37,800 (税込)


この記事を読んだ方にオススメの記事

子育て中の方は必見。これからのオーガニックな子育てとは?|グローバル化が進む日本教育の最先端をご紹介します。

不幸な人は、不幸な音楽を聴く傾向がある?!|普段聴いている音楽を変えるだけで、あなたの人生が変わる?心身を修復するソルフェジオ周波数とは。

大人もこどもも試してみて。 看護師が教える実はこんなにたくさんあった!おうちでお手当て「咳のホームケア」7選

IN YOUライター募集中!


あなたの時間を社会のために有効活用しませんか?
年間読者数3000万人日本最大のオーガニックメディアの読者に発信しよう!


 IN YOU Writer 応募はこちらから 

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

本田康子
2000年よりマッサージセラピストとして活動開始。 アロマテラピー、リフレクソロジー、オシレーション、タラソテラピーなど東西様々な療法や技術を学び、独自のフェイシャルやヘッド技術なども提供、延べ6000人以上の女性の身体や心に触れた経験を持つ。 オーガニック化粧品会社やホテルスパにて、セラピストやエステティシャンの人材育成にも長年従事。 26年関西に暮らしてきたが、家族の病気をきっかけに自身の生き方を見直したく、2019年4月より故郷の福井県へ移住。 マッサージだけでなく、女性が求める商品やライフスタイルの提案など、女性が心地よく幸せに生きるためのサポートをライフワークとする。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ